ままま さん プロフィール

  •  
まままさん: 老犬とポラロイド
ハンドル名ままま さん
ブログタイトル老犬とポラロイド
ブログURLhttp://bassotto.hatenablog.com/
サイト紹介文愛犬(ダックス♀)17歳。いつまでも続いてほしい、でも決して長くはない、老いゆく愛犬との大切な日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/12/18 11:22

ままま さんのブログ記事

  • <54> 今年も一緒にゴーヤチャンプルー
  •  苦味野菜大好きマインのために今年の夏もゴーヤのプランター栽培をした。昨年の初挑戦に続き2回目。狭いベランダゆえ、今年も一苗勝負である。 昨年、近所の花屋で売れ残りの1株が100円だったのを軽い気持ちで買ってきて、結構楽しめたものだから、今年は最初からやる気満々。わざわざ地下鉄に乗って沖縄県のアンテナショップに出向いて、じっくり苗を選ぶという力の入れようだった。 結果としては、昨年とは別の意味で楽しか [続きを読む]
  • <53>少し間があいてしまいましたが、元気です。
  •  しばらくご無沙汰してしまいました。私が忙しかっただけで、マインはいたって元気です。8月末で17歳6ヶ月になりました。 それにしてもこの夏はきつかったですね。マインにとっては散歩に行けないのが大きな悩みでした。本犬的に散歩が大好きというわけではないものの、飼い主として「マインの健康維持に散歩は大事!」と信じているところがあるので、散歩に行けないと私の方がやきもきしてしまいます。 早朝にしたかったのです [続きを読む]
  • <52> 老犬が七夕に願うこと
  •  西日本の豪雨で大変なことになっている方のことを思うと、とても心が痛むのだけれど、そんな中でもちょっと笑えることがあったので、もしかしたら今、気持ちが滅入っている方でも、少しは楽しんでいただけるかもしれないと思い投稿(お気を悪くする方がいらしたらごめんなさい)。******************************* こういう類のものはあまりやらないのだが、なぜか毎年、七夕になると手を出してしまうのが「うそこメーカー [続きを読む]
  • <51> 過保護を反省……。
  •  相変わらずごはんの話。 マインのごはんは私が小皿に取り分けながら食べさせていた。いつだったか、歯周病がひどくて、なかなか食べなかった時にそのやり方をしてから、なんとなくそれが定着していた。 しかし先日、久しぶりに長時間の留守番をさせなければならなくなった(そういう仕事は基本的に入れないようにしているが、実入りの問題は切実だ)。 予定では、朝7時に家を出て、帰ってくるのは夕方6時頃。普段はその間に朝 [続きを読む]
  • <50> 老犬だってたまには味の濃いものが食べたい(らしい)
  •  マインは12歳の頃から手作りごはんを食べている。たいていはパクパクいってくれるからいいのだが、時々気が進まないらしいことがある。そういう時は途中で食べるのをやめて、少し離れたところで、こちらにお尻を向けて足を舐めていたりする。 初めてそんな様子を見せた時は、調子が悪いのかとあせった。食べることが大好きなマインにとっては一大事。だが、そこで非常食用に買ってあった市販のレトルトごはんを開けると食べる気 [続きを読む]
  • <49> オーダーメイドで背中開きの服!
  •  高齢になってからマインには年中、家の外でも中でも服を着せている。理由は何よりも冷え防止。子どもの頃からどちらかといえば寒がりだったが、年をとってからはその傾向がますます強くなった。5月になってもまだ寝る時はフリースのブランケットを敷いている(日によって気温差が大きいこともあって、コットンのブランケットと2つ並べてあるのだが、本犬は必ずフリースを選ぶ)。 だが、目が悪くなってからは、「かぶり」の服 [続きを読む]
  • <48> 老犬のお楽しみおやつ
  •  マインは一日何回かおやつを食べる。昼夜を問わず、目がさめると、ちょこっと食べたいのだ。以前のように「ちょうだいちょうだい」という顔をすることはないけれど、音も立てずにキッチンに入り、流し台の前あたりでじっと佇む。その迫力は子犬の比ではない。こちらを向いているわけではなくても、いやむしろ全然違う方向を向いていることで、一種の凄みが加わる。こうなると、こちらに有無を言わせない威厳に近いものがある。  [続きを読む]
  • <47> 17歳でも食欲旺盛
  •  マインは17歳になっても食欲旺盛である。食べることが大好きなので、その喜びが失われていないことは、飼い主として非常にうれしい。 以前と変わらず手作り食だが、同じものを続けても平気なので助かっている。「これ飽きた」は言ったことがない。食べない時は何かしら具合が悪い時である。 私の朝はマインのごはん作りから始まる。とは言っても、野菜、肉、乾物をお鍋に入れて煮るだけだが。 ここで入れる野菜は、下ゆでして [続きを読む]
  • <46> 老犬トリミング事情
  •  ひさしぶりにマインのトリミングをしてもらった。最近はかかりつけの動物病院にお願いしている。 最近は、というのは、マインが10歳の時に今の場所に越してきてから去年までは、トリマーさんが一人でやっている近所のサロンに連れていっていたのだ。丁寧で上手で、何よりマインがそのトリマーさんになついていたので頼りにしていたのだが、去年、その方が体調を悪くされて閉店してしまった。 近所には他にもトリミングサロンが [続きを読む]
  • <45> 17歳になっても全力疾走
  •  マインは何かと極端な性格だ。これは飼い主の私にとてもよく似ている。私も穏やかな人生とか安定した生活とかには縁がないらしいとは思っているが、さすがにマインの歳になったら(80歳とか90歳とか?)ちょっとは落ち着く予定である。だが、マインはいまだに容赦ない。 それに、へそ曲がりでもある。これも私にとてもよく似ている。周囲が期待するとやらない。期待しないとやる。でも、私について言えば、わざとではない。まし [続きを読む]
  • <44> [3/8修正]「気」の上がりすぎを抑える春のサラダ
  • (3月8日、赤字部分修正しました。H先生から直接ご教示が!ありがとうございます) 去年、マインは16歳の誕生日を迎えてしばらくして、てんかん様発作を2回起こした。話には聞いていたが、あの時は「もしかしたら、このまま死んでしまうのではないか」と思った。  脳腫瘍が原因の発作であれば、その後も何度も繰り返すと聞いていた。だが、とりあえず2回でおさまったこと、その後、腫瘍があるらしい症状は何も出ないことから [続きを読む]
  • <43> 17歳になりました
  •  マインが17歳になった。 17歳にもなると、単純にうれしいと言うより、しみじみしてくる。この17年間を思い返すと感慨深い。 年齢のわりには元気と言っていいのだろう。でも、元気だと言っていると、いきなり調子を悪くするので、あまり大きな声では言わないほうがいいのかもしれない。 もっとも、耳はもう多分全然聞こえていないし、目は光と影がゆらゆら見えるくらいだろうし、トイレもよくわからなくなっている。まあ、そん [続きを読む]
  • <42> 気難しい老犬に合格をもらったマッサージ?
  •  マインは年を取ってきてから、触られたり、撫でられたりするのを嫌がるようになった。飼い主としては、ちょっとさびしい。「だっこだっこ」と言ってきたり、飼い主さんのひざの上で幸せそうに寝たりするという老犬ちゃんの話を聞くと、ついついうらやましくなる。 特に目や耳が悪くなってから、その傾向が強くなってきたので、やはりびっくりしたり、怖かったりするのだろう。たしかに子どものころから、無謀なことをすることも [続きを読む]
  • <41> 大きなブランケットで老犬ぬくぬく
  •  この冬はとにかく寒い。散歩もさせたいのだけれど、これほど寒いと躊躇してしまう。晴れていれば、昼間に10分程度は出るが、なにしろ体が地面に近いダックスフンドのこと。いくらニット+腹巻+コートで臨んでも、アスファルトの冷気を思えば無理は禁物。そそくさと撤収する。 家の中ではひたすらぬくぬく。エアコンは23度設定で入れっぱなし、乾燥もよろしくないので加湿器もつけっぱなし。その状態になってから丸々一ヶ月の検 [続きを読む]
  • <40> 落葉散歩は安定のホフク前進
  •  1月にしては暖かかった昨日、マインと一緒に少し離れた大きな公園に出かけた。 大きな公園といっても「お出かけスポット」とか「公園ランキング」とかに出てくるような公園ではなく、地元の人しか利用しない(しかも地元の人にとっては、ただの通り道だったりする)ので、のんびり散歩ができる。 大きな木がたくさんあって、秋から冬は落ち葉でいっぱいになる。この季節になると、私はマインをそこで歩かせたくなる。 マイン [続きを読む]
  • <39> やっとお正月?
  •  仕事を納品したら、新しい年になってすでにほぼ1週間がたっていた。クリスマスもお正月もよその国のことのように過ぎた。ひたすらパソコンに向かうだけの作業だったので、その合間にマインがいろいろ手を煩わせてくれるのはとてもありがたかった。「トイレ、どこだったかね」だの、「お茶いれてもらいたいんだけど」だの、「ごはんはあっためてもらえないかい」だの、「小腹が空いちゃってさ」だの(いずれもおばあちゃん風)に [続きを読む]
  • <38> 老犬の時間
  •  寒くなったせいもあるのかもしれないが、最近、マインはまたトン……と老化の階段を降りた気がする。 おそらく目が一層悪くなった。散歩をしていても、縁石や段差に直前まで気がつかない。たまに走る時は、その「闇雲」感がハンパない。 他の犬と出会っても気がついていない。つっかからなくなったのはいいけれど、ああ、見えていないんだなと思う。 家のなかでは、時々じーっと佇んでいて、それでも立っているだけでも足の筋 [続きを読む]
  • <37>冬の陽射しで老犬ぽかぽか
  •  いま暮らしている部屋は冬の間、晴れていれば陽射しがたっぷり入る。住み始めた時はマインが老犬になった時のことなんて想像していなかったけれど、そうなってから本当に良かったと思う。体が冷える老犬に太陽の光は強い味方。お灸よりも効果があるらしい。 ここに住んで6年。私の勝手でマインにはその前も合わせて2回も引越しをさせてしまったけれど、ここはマインと私の終の住処だと思っている。狭くても私は持ち物が極端に少 [続きを読む]
  • <36> 白内障と冬の散歩時間
  •  人間とまったく同じ理由で、犬も年をとるほど散歩が大事だと思うようになり、マインも嫌がることはないので、せっせと朝夕散歩をしていたが、日が短くなるにしたがって夕方の散歩が難しくなってきた。夕方の散歩としては5時台か6時台がマインにとってもちょうどいいようなのだが、5時になるともう暗い。暗くて何が困るかといえば、白内障がすすんできたせいなのか、車や自転車のライトが眩しくて、ちょうど目に入ったらしい時に [続きを読む]
  • <35> 最後の一果 ー 遅まきながらゴーヤの片付け
  •  今年初めてやってみたプランターのゴーヤ栽培。手持ちの長方形のプランターは40センチx 20 センチ x 20センチくらいで、一般的にゴーヤ栽培に推奨されているサイズよりは一回り小さかったが、まあ最初だしと、プランターを買い直すまでのことはせず、近所の花屋で売れ残っていた「沖縄願寿」というゴーヤの苗を100円で1株買ってきて植えた。 結果的に言えば、頑張って立派なネットを張ったものの、葉っぱはそれほど茂らず、は [続きを読む]
  • <34> 秋。肺や喉の乾燥に梨シャリシャリ
  •  マインに鍼灸治療をしてもらっているH先生に聞いた話の受け売りだが、自然界には季節ごとに病気の原因になる6つの要因「六邪」があり、その6つとは風、寒、暑、湿、燥、火。 秋はその中で「燥」、つまり乾燥が強くなるので、肺や喉に注意しなければならないそうだ。そして、やはり季節ごとの悪影響には季節の食べ物が良いとのことで、梨を勧められた。 とりたてて咳などをしているわけではなかったが、口をくちゃくちゃさせて [続きを読む]
  • <33> 老犬お散歩事情 
  •   マインは16歳7ヶ月の今でも毎日2回、朝と夕方に散歩に行く。もともと散歩は好きで、嫌がる様子もまだないので普通に続けている。 もっとも、散歩の仕方はかつてとはまったく違う。最近の散歩は3つのパートに分かれている。パート1は抱っこ(!)である。その間に足や肉球、お尻や背中をマッサージ。そうしていると次第に自分で歩く気になってきたり、あるいは「う」がしたくなってきたりして、「下ろせ下ろせ」とジタバタし始 [続きを読む]
  • <32> 頑固な老犬とベビー用マットと防水シーツ
  •  マインは子どもの頃から、ペット用のベッドを使っていない。いくつか買ったことはある。でも、どんなにふかふかでもしっくりしないようだった。何度乗せても出てきてしまった。 その代わりに使っていたのは、普通の座布団。私が一度結婚した時に持たせてもらったものだ。当時はまだ嫁入り道具などというものがあり、その一つだった。その時、母は古い布団を打ち直しに出したと言っていた。つまり、これもまた何十年ものの綿であ [続きを読む]
  • <31> 炭水化物として無塩そうめん・うどん
  •  マインは時々、血液検査で腎臓関係の数値が引っかかる。時々、歯周病のせいではない口臭がする時がある。やはり、消化機能は落ちてきているのだろう。16歳6ヶ月。それなりの年だ。 鍼灸治療と食養指導をしてもらっているH先生にも、「腎臓の負担にならないように少しタンパク質を少なくしましょう」と言われた。肉も魚も大好きなマインには辛いが、腎臓を守るためであれば仕方ない。 それでも、タンパク質を減らしたら、マイン [続きを読む]
  • <30> 新しいカメラで撮ってみた
  •  ずっと気になっていることがあった。それは、マインは毎日、楽しいだろうか、ということ。「幸せなワンちゃんね」とは、よく言ってもらえる。たしかに、できることはしてやっている。2週間に1回、H先生に鍼灸をお願いし、毎月、その時々の調子に合わせて漢方薬局で漢方を処方してもらっている。ごはんはH先生の食養指導を受けて作ってやっている。そんなこんなで健康面では、気になることは少なからずあっても、16歳6ヶ月という [続きを読む]