SYATOKU@相続遺言専門 法律家 さん プロフィール

  •  
SYATOKU@相続遺言専門 法律家さん: 家族をテラス 法律家
ハンドル名SYATOKU@相続遺言専門 法律家 さん
ブログタイトル家族をテラス 法律家
ブログURLhttps://www.family-terrace.com/
サイト紹介文<訴訟>筆者は行政書士。セキスイハイムでデシオ3階建てを建てたが、欠陥住宅だったため訴訟を起こす。
自由文筆者は行政書士。東京セキスイハイムでDESIO(デシオ)3階建てを建てましたが、ひどい欠陥住宅だったため訴訟を起こします。家族や大切な人を「照らす」居心地の良い「terrace(テラス)」のようなサイトを根差しています。ハウスメーカーと闘う手段を記述します。エネファーム(2階床暖房)×太陽光7キロ×蓄電池12キロ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/12/18 16:55

SYATOKU@相続遺言専門 法律家 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【欠陥 ハイム】建築士不在が招いた悲劇「ガタガタ玄関」
  • 普通 ハウスメーカーで家造りをする場合は、営業担当・設計担当・インテリア担当・現場監督・大工さん等の職人…が 1つのチームとなって、一軒の家を造り上げていくものです。まずは建築士を交えての綿密な話し合いから始まり、三者での打ち合わせを重ねながら間取りや採光、動線などを考慮して設計が進んでいくと思います。しかし、ハイムの場合はスタートの時点から違います。営業担当が一人で、ほとんど全ての設計をします。社 [続きを読む]
  • 【欠陥 ハイム】介護用住宅なのに車椅子もキャスター付き椅子も使えない床!
  • 我が家は、祖父との同居の為に 介護用住宅という前提で建てた家です。にも関わらず、2階LDKの床は 車椅子やキャスター付きの椅子が使えない床だということが判明しました。施工後に突然そんな事を言われても、一体どうすれば良いのでしょうか?まさかの事実に唖然としました!高齢の祖父は、食卓テーブルで食事をする時に 自力で椅子を引くことができません。高齢の方と同居なさっていらっしゃる方はご存知だと思いますが、脚力が [続きを読む]
  • 【欠陥 ハイム】”洗濯機”を使えなくするセキスイハイム
  • 前回の記事では風呂場の段差が発生することをセキスイハイムのコンピューターが察知しなかったことを書きました。【欠陥 ハイム】セキスイハイムの”危険な”コンピューター実は我が家の欠陥住宅には、まだ風呂場、脱衣所で問題があったのです。それは日常的に使う「洗濯機」を置く洗面脱衣所において「洗濯機置場」を周辺より「15センチ」も高くされたのです。この洗濯機置場の床下いうのは「洗濯機パン」のことではありません。 [続きを読む]
  • 【欠陥 ハイム】セキスイハイムの”危険な”コンピューター
  • 我が家は2階にリビング・ダイニング・キッチン(LDK)があります。当然、風呂や洗濯機といったものも2階にあります。私はお風呂で音楽を聞くのが好きなのでトクラス(ヤマハ)のサウンドシャワーというスピーカー付きの風呂にしたかったのです。しかし、セキスイハイムは2階にハイム製以外の風呂を置くと段差が発生してしまいます。風呂に段差がは発生することは足を滑らせる恐れがあり、とても危険ですので仕方なくセキスイハイム [続きを読む]
  • 【VSハウスメーカー】打ち合わせで必要な「三種の神器」其の一
  • 日本という国は諸外国に比べたら訴訟も少ないし、契約書を交わす数も量も少ないです。なぜでしょうか?それは日本という国は相手が悪い人間ではないという「性善説」の立場に立っているからです。つまり相手のことを信頼して、「口約束でもちゃんと守ってくれる」という先入観があるのです。しかし、法律家の立場として言えばそれは大きな間違いです。皆さんがお家に鍵をかけるのと一緒で、危機管理意識というのを持っておかなけれ [続きを読む]
  • 【欠陥 ハイム】引越会社も「ドン引き」家具が通らない階段
  • 我が家は東京セキスイハイムの立川展示場でデシオ店長T氏のもとでデシオ3階建てを建てたら、とんでもない欠陥住宅であったとお話しました。今回ご紹介するのは、欠陥「階段」というものが頭がぶつかる以外にも、家具や冷蔵庫といった生活必需品が通ることすらできないということです。「引越し業者もドン引き!」な現代の闇、欠陥ハウスメーカーで建てるとどうなるかに迫っていきます。仮住まいへの引っ越し ハウスメーカーや地元 [続きを読む]
  • 【欠陥 ハイム】ハイムの驚きの隠蔽工作「そりゃないぜヽ(`Д´#)ノ」
  • 前回の記事で東京セキスイハイムの立川展示場でデシオ3階建てを建てたら頭がぶつかる欠陥住宅だったことを報告しました。【欠陥 ハイム】あなたは頭がぶつかる階段でいいですか?そして頭がぶつかることで一番問題なのは「3階」を「行政書士事務所」として使うことを事前に立川店長のT氏に告げていたのにもかかわらず、私(約178センチ)の頭が階段に簡単にぶつかる形状で依頼人を事務所に招くことが困難となってしまったことです [続きを読む]
  • 【欠陥 ハイム】あなたは頭がぶつかる階段でいいですか?
  • 東京セキスイハイムの立川展示場でデシオ3階建てを建てました。しかし、その完成した家はとても契約前の約束とはかけ離れているとんでもない欠陥住宅だったのです。私は行政書士という法律職です。法律家のハシクレとして今後同じような被害者が増えてはいけないと思い、このブログを執筆致します。私は関係ないと思っているそこのアナタ! 明日は我が身だと思ってこのブログを読んで頂けるとうれしいです。通ると頭がぶつかる階 [続きを読む]
  • 仏式起工式と地鎮祭の違い
  • 我が家はお寺様にお願いして仏式(浄土真宗本願寺派)起工式を執り行いました。地鎮祭が主流である風潮の中、なぜ仏式の起工式にしたのか。」機械的な儀式は嫌だった殆どの方は苦労して節約してやっとの思いで家を建てるわけです。にもかかわらずハウスメーカーが提携している特に意味もなく縁もゆかりもない神主様に数万のお金を払って頼むのはお金が勿体無いとは思いませんか?無論日頃から神道に関心がある方や、ご縁のある神主 [続きを読む]
  • 過去の記事 …