かわっぺ さん プロフィール

  •  
かわっぺさん: 写鉄の部屋
ハンドル名かわっぺ さん
ブログタイトル写鉄の部屋
ブログURLhttp://ginkota.blog.fc2.com/
サイト紹介文デジタル一眼に変えてからはまってしまった、各地で撮った鉄道写真のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 310日(平均3.6回/週) - 参加 2016/12/18 18:04

かわっぺ さんのブログ記事

  • ラストスローライフ
  • 私の最も好きな鉄道車両、キハ58・・・因美線の恒例みまさかスローライフ〜いずれ行きたいと思っておりましたしかし新津のキハ5258も末期で忙しく、また西日本管内でも大糸線や越美北線等、金沢のキハ58が活躍していた時代だったので、どうしても遠方の因美線まで手が回らず(爆)キハ58で運転されるのが最後となった、22年秋になってやっと行くことが出来ました(泣)乗ったことはあるけど撮影は初めての因美線・・・撮影地も全く [続きを読む]
  • 姨捨公園
  • 日本三大車窓で有名な、篠ノ井線姨捨〜ここの周囲は様々なポイントがありますが、姨捨公園から撮るこのポイントも何度も行っております長編成も入るし背後は信州の山々、架線柱も奥でいいポイントですね(笑)この日はしなの鉄道の復活湘南色169系が、松本まで行くということでここ姨捨公園で待ち伏せ!3両とちょっと短いですが(苦笑)HMもなく、国鉄時代そのままのスタイルでVカットでした [続きを読む]
  • 高山線西区間のキハ58
  • 増発試験で一時期運行されておりました富山-越中八尾の短い区間でしたが、国鉄色のキハ58が復活ということで、北陸出張の際にはよく撮りました昼は仕事(苦笑)のため、どうしても夜が多くなりがちでしたが・・・西富山駅は対向ホームでローカルな雰囲気の為、バルブ撮影にうってつけ!カラカラとアイドリング音を立てて佇む国鉄色のキハ58〜最高の夜でした [続きを読む]
  • キハ181はまかぜ
  • 大サロを撮った後は、終焉の近かったキハ181はまかぜ撮影に切り替えましたキハ181は大好きな車両の一つで、乗り鉄でよく山陰に行っていた時に撮って乗ってしておりました(笑)キハ82が現役だった時代は”まがい物”なんて言われておりましたが、私はその時代からキハ181の方に魅力を感じておりましたキハ82よりも角ばった武骨な顔、折戸、500PSを誇るDML30エンジン音・・・しかしなんといっても一番の魅力はこの車両最大の特徴、 [続きを読む]
  • 播但なにわ
  • 山陰線を戻ってきたなにわは、和田山から播但線に入りました山陰線の竹野から追いかけて行って2発目、撮影場所は忘れました(汗)播但線まで来ると、気持ちのいい青空が広がりました青空を生かすため、縦構図で1枚〜 [続きを読む]
  • DDなにわ
  • 一時期よく運転されていた、福知山山陰播但とぐるっと回るDD51サロンカーなにわです大阪から福知山山陰と下って行き、香住だったかで戻ってくるところを撮りました竹野ー城崎温泉辺りだったと思います無難な編成写真ですが(苦笑)7両フルで朝日を浴びて行くDDなにわは美しかったです [続きを読む]
  • 鳩原ループ日本海
  • 北陸本線西の定番ポイント、鳩原ループ俯瞰ここで何度か寝台特急日本海撮影にチャレンジしました日本海牽引の機関車は、上りの敦賀でのみ交換が行われておりましたつまり大阪→敦賀→青森→敦賀(ここで機関車交換)→大阪と、これで運用を組んでおりましたここ鳩原は、上り日本海が敦賀を出てすぐのところ・・・なので列車が来てみないと、牽引機がローピンなのかトワ釜なのか?わからずドキドキ(笑)の場所過去二度ほどトワ釜で [続きを読む]
  • タンゴエクスプローラー
  • 北近畿タンゴ鉄道(現 京都丹後鉄道)のエース車両、KTR001系色もさることながら、ハイデッカーなデザインもかっこよかったですかつて福知山線経由で新大阪まで乗り入れ、華やかな運用についておりましたが、平成23年3月で廃止されてしまいました福知山線下山付近で183系を待っていたら、たまたまやって来て一枚〜この頃は国鉄色だった183系ばかりを狙っていたので、タンゴエクスプローラーはこれ一枚のみ・・・もっとちゃんと、 [続きを読む]
  • 西の183系
  • 183系と言えば、千葉や上越線でおなじみの直流特急型電車ですが、JR西日本の福知山線や山陰線にも現れたのにはびっくり(苦笑)からくりは、485系から交流機器を取り外しただけのもの!それに183系と名付けるとはねぇ(笑)見た目は485系とほぼ変わりなく、赤帯の下に細い赤線が入っただけでした写真は福知山線の定番ポイント、川代渓谷のこ線橋から〜まだ特急北近畿の時代でした [続きを読む]
  • 渡らずの鉄橋
  • 数ある飯田線の名所の中でもかなり有名な場所でしょう!城西と向市場の間にある鉄橋で、地質の関係で一度川の対岸に渡り再び戻る鉄橋が出来たそうです絵になるいい鉄橋なんですが、写真のように車両の顔の部分にケーブルが来てしまうので、どうしても奥で切らざるを得ません・・・撮影名所だけに惜しいことです(苦笑) [続きを読む]
  • 119系
  • 200キロ近い路線長と100近い駅の数・・・景色はバラエティーに富んでいて、私も大好きな路線の一つです旧国が置き換えられた後、長らく飯田線のヌシだった119系飯田線旧国時代にギリギリ間に合わなかった私には、飯田線と言えば119系と165系でしたその119系もいよいよ置き換えが進み、末期の頃やっと撮影に(苦笑)写真は昔から有名な、長篠城のポイントです川の合流の崖上に長篠城があったんですね、この辺りは武田と織田徳川の決 [続きを読む]
  • 長野電鉄2000系
  • 地方私鉄の名車でした昭和30〜40年代は地方私鉄も元気で、あちこちで自社オリジナル車両を走らせておりましたこの長野電鉄2000系は、志賀高原や湯田中温泉への観光客輸送を背負う特急車両として、長年長野電鉄の看板車両でした末期にはデビュー時の茶色や、通称”リンゴカラー”と言われたこのツートンに戻され、有終の美を飾ったのは記憶に新しいところこの時は屋代線廃止前のイベントとして、普段入らない屋代線を走破する団体列 [続きを読む]
  • 青函トンネル飛び出し
  • 青函トンネルの本州側は公園になっており、トンネルの出口がすぐ間近に見られますちゃんとした展望台があり、青函隧道の銘板とトンネルを出てくる列車を入れて撮れる、撮影名所です写真は789系特急白鳥〜JR北海道の新型車両も、青函トンネルをくぐって本州へ顔を出していたのは、10年ちょっとの期間でした車両はまだ道内で活躍していますが、もう二度とこの光景を見ることは出来ません今ではここを北海道新幹線が走っています [続きを読む]
  • 蟹田海バック
  • 津軽海峡線で海を入れられる定番ポイントでした海峡線撮影経験者ならわかると思いますが、沿線の他の場所は晴れていても、蟹田付近のこの辺だけ霧や雲に覆われることが非常に多く、特に早朝に通過するはまなすの撮影には難儀させられましたそれほど高い山等もないのですが・・・不思議ですねぇこの日も青森は晴れていたのに、蟹田周辺だけ霧に覆われ日差しもなし(泣)はまなすの時間では光線が良くなかったので、こういう天気の日 [続きを読む]
  • 本命の
  • 八戸行を撮った後、折り返しで久慈行として来るタラコ編成を同じ場所で待ちます久慈方面行こそ砂浜も入る本命アングル雲一つない青空の元、タラコ3連が行く八戸線のキハ40系列もついに置き換えが発表され、この光景ももうすぐ見られなくなります置き換え前に、キハ40系列と海のシーンをもっと撮りたいものです [続きを読む]
  • 八戸線
  • 平成22年夏、八戸線初めての撮影です乗り鉄で来て腕木信号機やタブレットは撮ったことありましたが、本格的な撮影は初めてでした撮影地もよくわからなかったので、とりあえず有名ポイントの陸中八木-有家間へ〜陰の日本海、陽の太平洋と言いますが、同じ海でも日本海より明るい感じがしたのは気のせいでしょうかね(笑) [続きを読む]
  • 福島臨海の腕木信号機
  • 福島臨海鉄道の名物はなんといっても腕木式信号機でしょう!なかでも宮下駅が撮りやすくメジャーポイントでした平成22年のこの時代に残っていたのは、津軽鉄道金木駅とこの福島臨海鉄道だけでしたしかしながら震災後の改修の兼ね合いで、福島臨海の腕木信号機は最近姿を消したそうです古き良き時代の鉄道遺産も、もうほとんど見ることは出来なくなりました [続きを読む]
  • 福島臨海鉄道
  • 福島県浜通り、常磐線泉駅から分岐する貨物専業の鉄道です国鉄DD13タイプのディーゼル機関車、貨物もタキやコンテナもありと、地味ながら脚光を浴びる鉄道〜写真の場所は常磐線泉駅から分岐してすぐの定番ポイントです後ろの貨車はこれまた人気の通称”安中貨物”の東邦亜鉛貨物列車タキと今では貴重なトキ併結で、貨物鉄には非常に人気のある貨物列車ですこの写真は平成22年夏撮影なのでタキは新しく更新されましたが、安中貨物は [続きを読む]
  • 末続俯瞰
  • ED75と海を入れて撮るというのは、なかなか困難なことでした(苦笑)撮るとしたら、羽越本線の工臨のED75700位しかチャンスはなかったでしょうか?そんなある時、常磐線で海を入れて撮れる俯瞰があるという話を耳に〜常磐線というと、海に近いところを走りながら、海を入れて撮れる場所は極わずかという印象だったので、早速探してお友達と撮りに行きました場所は末続駅近く・・ネットで仕入れた情報と航空写真で、なんとか登り口 [続きを読む]
  • 虹と急行色
  • リバイバルひかり最後の撮影・・・有名撮影地の豊後清川ー三重町の鉄橋にやってきました様々なアングルで狙えるこの鉄橋、あまり時間がなかったのでサイドアングルで構えますこの頃には猛烈な雨も上がり、息苦しいほどの湿気と気温〜ふと空を見ると、なんと虹が!列車が来るまで持つかわからないけど、一か八かとりあえず広角アングルで・・・その瞬間急行色4連の気動車が、轟音を立てて鉄橋を渡っていきましたこの後大分へ車で向か [続きを読む]
  • 豪雨
  • さらに阿蘇山を越えてリバイバルひかりを追いかけましたこの日は天気が不安定で、滝のような雨が降り始めました駅間は忘れましたが、細い道路と並行して走っている箇所があったので、カーブを見つけてかぶりつき・・・激しい雨の中”急行”表示のキハ65を先頭にやって来る車体の裾から流れ落ちる雨粒〜ずぶ濡れになったけどいい絵が撮れました [続きを読む]