ken2 さん プロフィール

  •  
ken2さん: 気ままな旅っていいよね
ハンドル名ken2 さん
ブログタイトル気ままな旅っていいよね
ブログURLhttp://ken2.blog.jp/
サイト紹介文バイクツーリングが好き。マラソンが好き(ラン歴7年目の51才でサブ4出来た!)。ウルトラも完走!
自由文最近はマラソン主体になってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/12/18 22:03

ken2 さんのブログ記事

  • GPZ900Rをヤフオクに出品!
  • 2年前の入手からいろいろとメンテにお金をかけたので勿体ないかも、ですが、いろいろ思うところがあって、出品してみました。https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r263001477バイクを手放すときはいつも次のバイク購入を決めてからなんですが、今回はまだその予定はありません。なので・・・、とりあえず売り急いでいる訳ではありませんが、もし売れたら、しばらくはバイクの無い生活になってしまいますね。 [続きを読む]
  • 鈴鹿スカイラインをランでヒルクライム
  • 先日の乗鞍エコーラインのヒルクライムほどではないけど、夏の連休の最後の土曜日に、またまたヒルクライムへ。場所は鈴鹿スカイライン。ヒルクライム、というからには下から走るべきでしょうが、途中の駐車場に停め、ほぼ8時に出発(もう少し早くこないと、メインの広い駐車場は開いてませんね)。スタート地点の標高は523m。キロ8分〜9分位で、とにかく、どんどん、上っていきます。平均勾配は10%弱かな振り返ったところいい感じの [続きを読む]
  • ロードバイクのメンテ その4(ボトムブラケット)
  • 次はボトムブラケット(BB)の交換です。まずはこのクランクFSA GOSSAMER MEGAEXO Compact driveの取り外しから。2本のクランプボルトを外し、左クランクの中央のキャップボルトをヘックスレンチで外し、左クランクを取り外し、右から全体を抜きます。このBBを、ホローテックⅡのレンチで時計回りに回して、外して、洗浄、磨きます。取り外したBB。これを、シマノ ボトムブラケット SM-BBR60に交換です。(その下は、後で交換する105( [続きを読む]
  • GPZ900R Ninja その17 (ミラー交換)
  • 左右のミラーの根本のクラック。とりあえず緩んだりはしていませんが、見た目にも気になるので、新品に交換です。僕のニンジャはA12なので、後期型のミラーですが、前期型の可倒式のミラーだけでなく、後期型の56001-1449(LH)56001-1450(RH)も既に廃版ですので、仕方なく、カワサキで代替品として設定されている、56001-0180(LH)56001-0181(RH)に交換しました。でも、ねじ穴を塞ぐこのゴム部品(片側で2個使用)ですが、もともとつい [続きを読む]
  • ロードバイクのメンテ その3(リアスプロケ周り)
  • 次は駆動系です。まずはチェーン。しっかり洗浄したいので切って外します。続いて、リアホーイールを外し、105(10S,CS-5600)のカセットスプロケットを外しにかかります。スプロケットリムーバーをセットして、フリーホイールリムーバー(フリー抜き)をセットして、メガネレンチで回せばロックナットが外れます。ここからギアやスペーサーを外していきます。しっかし、かなり汚れていますね。全て洗浄します。狭い車庫での作業はちょ [続きを読む]
  • 乗鞍エコーラインをランでヒルクライム
  • この夏の連休、どこか涼しいところでランニングをしたくって、ずっと天気予報を気にしていたけど、山は雷雨とかあったりでなかなかいい日がない・・・。そんな中、この日ならなんとかぎりぎり大丈夫か、と決断し、8月14日の午後に長野に移動し前泊。翌日の朝に向かったのが、乗鞍です。2002年に一般の自動車が通行禁止になって以降、いつか自転車で登ろうとずっと思っていましたが、(その当時は思いもつかなかった)ランでのヒルク [続きを読む]
  • ロードバイクのメンテ その2(ブレーキ周り)
  • 次はブレーキ。OCR ALLIANCEは基本の搭載コンポは105なんですが、ブレーキはTECTRO。車体から外し、ワイヤカッターで切断。(切るだけならニッパーやペンチでもいいかも、ですが、どちらにしろ新品ケーブル装着にはワイヤカッター必須です)ブレーキシューの表面はこんな感じ。これではホイールリムに傷が付きますね。今回はシューだけでなく、キャリパーごと交換します。ULTEGRAにするかちょっと悩みましたが、バランスで105をチョ [続きを読む]
  • ロードバイクのメンテ その1(ホイール周り)
  • 2007年に購入したロードバイクGIANT OCR ALLIANCE※写真は2017年5月10年以上乗りっぱなし。車庫保管とはいってもいろいろ劣化しているので、ここらでリフレッシュすることに。まずはホイール。シマノとかに交換したいところですが、ここはコスト優先で、気になるブレーキのスジ状の傷を、食器洗い用のスポンジの固い側を切り取って、ブレーキに挟んで無理やり走行しながら研磨です。(本当はラバーストーンなどで磨くのでしょうけど [続きを読む]
  • GPZ900R Ninja その16 (クラッチが切れない)
  • 5月のツーリングでは特に問題は無かったのですが、6月になって、なんかクラッチの切れが悪い・・・、とりあえず、レバーの距離を一段遠くして凌いでいましたが、そこから車庫に1ヶ月以上放置していたら、グリップにレバーが当る位まで圧力がかからない感じ・・・。床を見てもクラッチフルードの漏れ跡も無いし、自然にエアを噛むというのも考えにくいし・・・でも、クラッチレバーを細かく何度もニギニギしてポンピングすると圧力 [続きを読む]
  • 飛騨高山ウルトラ2018振り返り(最後に)
  • さて、記憶が残っているうちに、今年の総括を来年(?)への参考として残しておきます。【実走ペースと目標タイム】今年は昨年に対して前半は同じ位で余力を残し、後半粘って、13時間40分(出来れば30分)、という計画でしたが、思った以上にうまくいきました。※比較グラフです。後半の落ち込みがなくなっています。うまくいった要因は、やっぱり事前の走り込みでしょうね。(直前の1か月は300kmを超えましたし、そのペースもLSDではな [続きを読む]
  • 飛騨高山ウルトラ2018振り返り(80-100km)
  • 80kmを過ぎ、グリーン薬局前のエイド(82.8km)の手前で信号待ち。青になって走り出すと(一旦止まったからでしょうか)足が重くなった感じ。それになんか気をとられて、グリーン薬局前のエイドに到着した時に、無意識に、時計を止めてしまいました・・・。それに気づかないまま、エイドでは扇風機ミスト(?)とかぶり水。給水は(ポカリではなく)ボトルのお茶で次のエイドまで引っぱる計画。エイドを出てから足が慣れるまでしばらく歩く [続きを読む]
  • 飛騨高山ウルトラ2018振り返り(40-80km)
  • 第2関門のエイドを出て、少し上ったところが、コース最高地点で、そこからは怒涛の下りが始まります。-10%です!GT-2000NYの抜群の衝撃吸収性に助けられ、快調なペースでどんどん下ったのですが、途中でお腹が・・・。内臓が上下に揺さぶられている感があり、苦しくなってきた。下りの衝撃が内臓にもくるとは、初めてでした。(でも、もしかしたらバファリンで吐き気をもよおしたのかもしれませんが・・・)なんか、足はまだまだ生き [続きを読む]
  • 飛騨高山ウルトラ2018振り返り(0-40km)
  • スタートは5時。昨年ほど寒さを感じません。後で最低気温を確認すると、 2017年は9.0℃、2018年は16.0℃ とのことなので、納得です。ちなみに、最高気温は、 2017年は25.0℃、2018年は25.1℃ とのことなので、今年は曇りでも気温的には昨年並みに暑かったんですね。古い町並みなど1つ目のエイドはスルーし、昨年寄ったトイレには(若干尿意はあったものの)寄らず、2つ目のエイド手前でCCD 1secondを補給&給水して進み、美女高原 [続きを読む]
  • 飛騨高山ウルトラ2018振り返り(前日〜スタート迄)
  • 2回目の100km。昨年との違いなどを備忘録として残しておきます。まずは前日の土曜日。自宅を8時10分に出発。小牧から一般道で、指定駐車場に12時35分頃到着し、徒歩で会場へ。受付を済ませ、出店ブースで地元では売っていないアスリチューンを買ったりしても、14:00〜の説明会には十分間に合いました。昨年と同様のアドバイスだけでなく、今年はこんなスライドも(僕はチコちゃん録画して見てます!)全ては載せません(是非、会場で見 [続きを読む]
  • 飛騨高山ウルトラ2018(100km)はやり切った!
  • 雨のレースになると覚悟して臨んだ、自身2回目の飛騨高山ウルトラ100km。一転、時折日差しが射す位の暑さの中、昨年、この記事で書いた「忘れもの」を取り戻せました!時間にして35分の短縮、でもそれ以上に80km以降に力を出しきれたことに満足。(逆に完全燃焼しすぎて、来年どうするかを今は判断できない位ですが・・・)詳細は後日。※写真は前日です。 [続きを読む]
  • 余計な添加物なし?のプロテインに替えた
  • 今までずっと(それこそ8年位?)飲んでいた有名メーカーのプロテイン。何気に成分の欄を見ると、大豆タンパク質以外に合成甘味料や香料や増粘剤や植物油脂など、いろいろ入っています。まあ、そのおかげで飲みやすいし、牛乳にも溶けやすくて便利・・・なのですが、もっと健康的と思えるもの、を探して、見つけました!ホエイタンパクで、人工甘味料や香料、保存料などの添加物を使用していない、という、GOLDEN WHEY(ゴールデンホエ [続きを読む]
  • 飛騨高山ウルトラ2018のペースを考える
  • 初参加だった昨年の飛騨高山ウルトラ100km。作成したペース表の13時間42分に対し、結果は+11分の13時間53分。これはこれで、誤差が少なく成功と思っていますが、制限時間の14時間に対して余裕がないですね。僕の昨年の10km毎のペースを、他の完走者と比較すると、前半が完走者平均ペースより遅いことがわかります。じゃあ、前半を他の完走者平均くらいに上げればいい、なんて、単純には考えてはダメでしょう。実力が伴わなければ、 [続きを読む]
  • 2018年 GWのランまとめとウルトラ用シューズ新調
  • GWのランのまとめです。4月28日(土) 知多半島54km走@6分25秒(走っている時間のみの平均です)4月30日(月) 11.5kmトレラン(美ヶ原ロングトレイル)5月3日(木) 近所をリハビリラン9km走@5分59秒54kmと11.5kmトレランのダメージ(疲れと筋肉痛。怪我ではない)が大きくて、中2日休んだもののまだ筋肉痛あり。でも、ただ休むより軽く走った方が疲労が抜ける感じでした。5月4日(金) 近所の定番コースで22km走@5分47秒疲労もなくこなせた [続きを読む]
  • 2018GWツー2日目(三峰山からトレラン)
  • 二日目の朝はゆっくりと、9時過ぎにルートインを出発。途中のコンビニで山で食べるおにぎりなどを購入して、こんなルートで1時間弱で到着したのが、ビーナスラインの「ビューレスト三峰」その先に、三峰山が見えます。駐車場の入口の端にバイクを停めて、着替えなどトレランの準備。ゴールデンウィークでも、ここのトレイルに入る人はほとんどいないのに、さらに、バイクで来る人なんて、おそらく年間を通じてもほとんどいんじゃな [続きを読む]
  • 2018GWツー1日目(飛騨高山ウルトラの下見も)
  • 今年のGWのツーリングは54km走の次の日の4月29日(日)に出発、〜30日(月)の一泊二日。行先は・・・、特に目新しさはなく、・飛騨高山ウルトラの93km以降のコースの下見・美ヶ原高原ロングトレイルです。自宅出発は10時過ぎとかなり遅め。コースはこんな感じ(コースのスタートは美並ICにしています)パスカル清見は混み込みだったので、その裏手にあるキャンプサイトにて。GPZ900Rのエンジンの調子はいいです。せせらぎ街道を快走し、 [続きを読む]
  • GPZ900R Ninja その15 (冷却系とキャブOH)
  • (前記事からの続きです)もともとは冷却水漏れの修理でしたが、どうせなら、と、自分でやろうとしていたオイル&エレメント交換と、ずっと気になっていたキャブのOHも一緒に依頼。キャブについては、前オーナーのコメントの、「キャブレター清掃 (Oリング全て新品交換、バルブフロート新品交換×1箇所キャブレター同調」が、これまでのいろんな状況からちょっと信用できなかったので・・・。例えば、・低速トルクが弱すぎ→イグニッ [続きを読む]
  • ウルトラ6週前:ロング走
  • 2018年のゴールデンウィークの初日(4月29日土曜日)。飛騨高山ウルトラの6週前のこのタイミングで、ロング走をすることに。設定ペースはキロ6分30秒前後で。できれば60km行きたいけどちょっと無理かも。調子を見ながらどこまで行けるか、です。コースはいつもの知多半島。まずは花ちゃん娘カッパまで。お気に入りの堤防の上を歩きます。潮干狩りが一部で始まってました。海岸線をひらすら南下し、幡豆岬に到着。ここまで30km弱。海 [続きを読む]
  • 飛騨高山ウルトラ2018の下見
  • 長野マラソン2018当日は、昨年と同じく松本で一泊し、全員の記録が掲載された「信濃毎日新聞」を購入。(長野マラソンは当日の記録証発行が無いんですよね)で、翌日は、恒例の、「白骨温泉 泡の湯」に寄った後、高山へ。目的は、昨年出来なかった、「飛騨高山ウルトラ」の、千光寺以降のルートの下見。まずは千光寺への上り。走れる気がしない傾斜です。千光寺に到着。ここの階段もコース。写真に少し写ってますが、下から走ってき [続きを読む]
  • GPZ900R Ninja その14 (オイル交換・・・できず)
  • ニンジャのオイル&エレメントを交換しよう、と、車庫でセンスタを立て、まずはアンダーカウルの取り外し。古いマラソンタオルが活躍です。カウルの裏も洗浄。こういうことは自分でやるから出来るんですよね。カウルの表面の汚れも、綺麗になりました。次はオイルを温めよう、と、アイドリングでしばらく暖気。その時間で車体をいろいろ観察していると・・・緑色の液体を発見!冷却水ですね、これはマズイです。ここのフィンの間から [続きを読む]