野鳥少年 さん プロフィール

  •  
野鳥少年さん: 私と野鳥と日常
ハンドル名野鳥少年 さん
ブログタイトル私と野鳥と日常
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shinshinyachou/
サイト紹介文コンデジでの野鳥撮影に目覚めた小4男子と小学生ハムの海外交信記録ブログ。
自由文コンパクトデジタルカメラと三脚を持って日々、カワセミやヤマセミを観察、撮影に命を懸ける小4次男。コウノトリ大好き。毎月の探鳥会と観察会には欠かさず参加。一方、小6長男はアマチュア無線で日々、国内交信とDX。QSLカードを集めてWAJAを目指す。2017年3月には3アマを受験予定。モールス信号での交信が夢。そんな二人に振り回されつつ毎日を田舎で生きるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 358日(平均3.8回/週) - 参加 2016/12/19 19:54

野鳥少年 さんのブログ記事

  • タゲリ求む
  • 地元の野鳥の会の観察会とコウノトリ文化館のコウノトリ自然観察会。野鳥少年にとっては、どちらも鳥好きの皆さんと話したり、鳥の先生にいろいろ聞ける月に一度の貴重な時間である。同じ日に重なってしまうことが多いが、午前と午後でちょうど都合よく参加することが出来る... [続きを読む]
  • 医者より鳥見
  • 鼻水が出る野鳥少年。それでも晴れちゃったので湾へ・・。湾でアオアシシギが採餌してるのを見たら、元気出たらしい。ひっきりなしに浅瀬に顔をつっこんで、何を食べてるんだか・・図鑑によると甲殻類とか魚、水生昆虫・・肉食?脚が若干、緑がかっていてそれが名前の由来ら... [続きを読む]
  • ミヤマホオジロ再び
  • 今日は野鳥少年のぼくがお送りします。ある鳥仲間の方のブログを見て、ミヤマホオジロのきれいすぎる写真に驚きました。ぼくもミヤマホオジロが撮りたくなり、家の周りをウロウロ歩いていました。山の斜面から、チッチッと鳥の地鳴きが聞こえます。ホオジロの地鳴きではなく... [続きを読む]
  • アトリ
  • 相変わらず、土日の野鳥少年の次男は玄関を出たり入ったり。いつの間にかいなくなり、いつの間にか帰ってくる。「栗の林でエナガ見て〜、川でアトリ見れた(^^)/」とうれしそうだ。楽しそうでいいなぁ。でも、草の実だらけでコタツに入るのはやめて・・(T_T)もっと可愛いエナ... [続きを読む]
  • 鳥見な一日
  • 小学校の振り替え休日には前々から「タゲリを探す一日」をお願いされていた。目撃情報もあり、毎回田んぼを通るたびに目が乾くほど探しているが、いまだ見つけられず、悲しい。遠くの山の上は初冠雪で白くなっている。野鳥少年にヒートテックを3枚くらい重ね着させてとりあ... [続きを読む]
  • 冷たい雨
  • 雨の週末、久し振りに家族そろって過ごすので、お昼はピザを作ることにした。越してきてすぐパン教室に通い出し、もうかれこれ10年パン作りを習っている。ピザ生地をこねてると雨空が急に明るくなってきた。「うわ〜、晴れてきた」「行こか」「30秒後、出発」救急隊員並... [続きを読む]
  • いつもの湿地
  • なんだか昨日から頭痛がしていた野鳥少年。近所の診療所に連れて行くつもりで、学校が終わる時間に迎えに行った。しかし彼の頭痛はすっかり治り、今日は全然痛くならなかったわ〜と本人はいたって元気だった。痛くないなら、鳥見か〜ってことで野鳥少年を湿地に放流〜(^◇^... [続きを読む]
  • 鳥見の幸せ
  • ここのところお天気なので、野鳥少年のご機嫌も若干上向き。彼が鳥を探す横で、私もクリスマスリースの材料になりそうな実を少しづつ集めている。赤い実物は色々あるけど、やっぱり発色や形が長持ちするのはサンキライだと思う。今年はサネカヅラの実を見つけた。使えるかど... [続きを読む]
  • 湾のカモ観察
  • 今日は野鳥少年のぼくがお送りします。朝早くお兄ちゃんを学校まで送るとお母さんが言うのでぼくもついて行きました。しかし、空は曇っていて写真を撮るには光が足りません。光が出るまで田んぼを回ります。ムクドリの中にホシムクドリが混ざっているとか、カラスの群れの中... [続きを読む]
  • イカルさん
  • 無線少年の用事で久しぶりに神戸へ。その間、野鳥少年は実家近くの公園へ。この公園はあちこちで思い思いの時間を過ごしてる人が多くてみんな幸せそうだ。しかし、ちょっと林の奥に進むと富士の樹海みたいになってるとこもあるので、さすがに野鳥少年一人を放流することはで... [続きを読む]
  • きのこのその後
  • きのこ観察会で拾ってきたスッポンダケはあれから何の音沙汰もなかった。すぐにでも割れて中から姿を現すのかと思いきや、1週間経ってもカサカサ感とブヨブヨ感が増すばかりで何だか水分も抜けて行ってるような感じ。野鳥少年の机の上に置いていたが、そのうち掃除の邪魔に... [続きを読む]
  • だるま講
  • 3連休の初日。今日はだるま講というお寺の法事だった。だるまさん、というのは南インドの第3皇子だった人で、裕福な子供時代にえらいお坊さんに特別な力を見初められ修行の道に入り、その身一つで経典も持たずに中国に渡って教えを広めたらしい。禅宗の開祖だとされている。... [続きを読む]
  • 秋深まる
  • 長らく更新が止まっていたが何とか再開。この10月は天気が悪かったり、次から次へと風邪を引いたり。それでも野鳥少年の次男は、野鳥さえ見られれば機嫌はいいのだけどスクールバスの関係で小学校から帰ってくる時間が5時なのである。すでに日が暮れかけていて、こんな時間か... [続きを読む]
  • 迷い鳥
  • 野鳥少年が「今日、すごいことがあった!」と興奮して小学校から帰ってきた。朝、登校した野鳥少年を待っていた友達が「スズメが落ちてる」と連れて行ってくれたのは小学校の中庭。そこにはスズメではなくヤブサメがしゃがみこんでいたらしい。渡りの途中で校舎にぶつかって... [続きを読む]
  • 栗と柿の行方
  • 3連休の真ん中の日、また高熱を出した野鳥少年。そういえば、小学校で高熱の出る風邪が大流行していると聞いていた。と、いうわけで野鳥少年はお布団の中でゆっくりしていただくことに。一方、無線少年はアマチュア無線の全市全郡コンテストやらに参加するとかで忙しそうだ... [続きを読む]
  • きのこ観察会
  • 今日は前々から野鳥少年が行きたがっていた、きのこ観察会。最近、興味が昆虫とか植物とかちょっとずつ広がりつつある野鳥少年。しめしめ。きのこの専門の先生と一緒に里山を登りながらきのこを探す。きのこといえばスーパーに売っているきのこしか知らなかったが、ちょっと... [続きを読む]
  • 栗と冷や汗
  • 野鳥少年の友達の野鳥少女さんが、今、海岸にハマシギいるよ、と連絡をくれた。それは行きたい、いや、行かねばなるまい。という事で急きょ、日々修行中の夫と無線少年の長男に今から行ってきていいかお伺いをたてた。無線少年の答えはもちろん、ノーである。最近いつも夫と... [続きを読む]
  • 秋の田んぼ
  • 鳥見禁断症状の出ている野鳥少年も、ついに週末。休日は山向こうの田んぼに連れてってね、と前からお願いされていた。ちょうど、無線少年のお兄ちゃんを学校まで送らねばならなかったので、そのついでにお目当ての田んぼをまわることにした。行く先々でコウノトリ。今日だけ... [続きを読む]
  • 電気柵注意
  • 朝、部屋で、登校の準備をしていた野鳥少年の次男が「アカゲラかオオアカゲラの声がする!」と言って飛び出していった。50mほど先の隣家の裏の林縁には時々アカゲラが出てくる。時計を見ると7時。野鳥少年の登校時間までまだ1時間あるので、行ってきていいよ、と言おうと... [続きを読む]
  • 夕方散歩
  • 台風18号の去ったあと、川の土砂が流されて、川の景色が前と少し変わっている。透き通った広い浅瀬が出来てたり川底がえぐれて深くなってたり、見慣れた大きい石なんかも流されてたり、川も大水のたびに姿を変えている。夕方、少し体調の良くなった野鳥少年と家の前の川沿... [続きを読む]
  • 秋のモズ
  • 朝から喉の痛みを訴えてきた野鳥少年。痛くて声が出ないらしい。熱がないので、とりあえず近くの診療所に行って薬をもらってから登校した。いつ行ってもほぼ待たずに診ていただけるというありがたい地元の診療所だ。そういえば、この辺りでは郵便局も銀行も役所もほとんど待... [続きを読む]
  • 海辺の林にアリスイ
  • 今日は、野鳥少年のぼくがお送りします。今日もまた、海へ連れて行ってもらいました。今日はいつもより早く、5時すぎに出発しました。出発するときは霧の中、まだ星が出ていました。駐車場に車を停めて、海まで少し歩きます。海までつながっているその道の周りには、枯れ木が... [続きを読む]
  • チドリのように
  • 2日間の代休を満喫して「よし、あと2日だけ頑張ればまた休み」と自分に言い聞かせつつ登校して行った野鳥少年。「チドリのように生きていきたい」と言うのが最近の彼の口癖である。チドリのように、の意味すら分からない謎の発言。毎朝、家の前の電柱でモズがギュン!と鳴き... [続きを読む]