Marichan さん プロフィール

  •  
Marichanさん: 愉快的陳家@倫敦
ハンドル名Marichan さん
ブログタイトル愉快的陳家@倫敦
ブログURLhttp://marichan.hatenablog.com/
サイト紹介文長年住んだサンフランシスコからロンドンに引っ越しました。子連れロンドン生活日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/12/20 03:47

Marichan さんのブログ記事

  • 【ロンドンの美味しいもの】米がなければ、パイをお食べ
  • 気がつけば、日本食をあんまり作っていない今日この頃。アジア食材屋に足を運んだのも、この4ヶ月で3回ぐらいかもしれません。で、何を食べているかと言うと、イモとかパイとかばっかり食べています。だって、美味しいんだもの!!夏は暑い日が続いたロンドンですが、気温がぐっと下がる日などは、やはり濃い目のビールに、パイといったちょっと重めのご飯が、やはりホッとしてしまいます。イギリスのパイ、種類は色々ありますが [続きを読む]
  • 夏の思い出2018? ロンドンこども料理教室
  • 料理だったら家で手伝ってくれればいいものの・・・と思いつつも、夏休みベーキングを習いたいという小さいさんの要望で料理教室2件に参加した。そういえばアメリカでは料理教室に行ったことがなかったが、ロンドンでは以前も大手スーパーWaitroseの子供料理教室に行ってとても楽しかったのを覚えていたらしい。残念ながら今回Waitroseのクラスはいっぱいだったので、別のところに行ってみた。 ジェイミー・オリバーの料理教室 [続きを読む]
  • 職場の変遷日記
  • 今週から仕事復帰した、タイミングがよかったのだろう、6月にロンドンについてすぐにレジュメを送り始めて、7月にインタビューを2回ぐらいしてあっという間に決まってしまった。もう面倒だったのもあり最初にオファーをもらったところで決めて就職活動は打ち止めとした。でも引っ越し荷物も届いていない、子供は夏休み、学校も決まっていない、というか少しは遊びたい・・と思っていたら9月からでどうですかとあちらからオファーが [続きを読む]
  • ギルドホールのギャラリー
  • サラリーマンが行き交う金融街、バンクストリート。地下鉄の駅を出ると、歴史も質感も重厚な石造りの建物、銅像の数々。白い背景の街を行き交うビジネスマンは皆ダークスーツ。シャープで格好良く見えるけど、オフィスの窓から見えるデスクはコンピューターのモニターがぎうぎう、そしてデスクの上に置いてあるのはコーンフレークの箱。やれやれお疲れ様です。ちょっと自由時間があるうちにと、行きたい所に目星をつけてここにやっ [続きを読む]
  • 無料だけど、評判は?のイギリス医療初体験
  • イギリスといえば国民保険で医療費が全部タダ。バカ高い保険料を払ってもさらに高額の請求がくることもあるアメリカから来た身としては、それだけでほえええ、ありがたいと思ってしまいます。幸い我が家の場合は、雇用主が用意していたプランが悪くなかったので、それほど医療費は高くなく、出産の時もかかったのは10ドル位でした。これは本当にプランによる。しかしパパが転職し、イギリスに先に行ってしまったので、私と小さいさ [続きを読む]
  • テムズ川で30年続くボートレース
  • ロンドンと一口に言ってもとても広いですが、そんなロンドンをくねくねと流れるテムズ川で行われるボートレースを観に行きました。www.greatriverrace.co.uk1988年に始まったというこのレース、全長34キロほどあるコースを競います。船は、オールやパドルを使った手漕ぎボードであれば、どんなものでもオッケー。本気でタイムを競う競技志向のチームもあれば、仮装してワイワイ楽しくやるチームまで色々。スタートは川の東、グリニ [続きを読む]
  • 【ロンドンの美味しいもの】ロンドンでも、ラーメン
  • アメリカではずいぶんラーメンブームでしたが、多分アメリカだけでなく世界中でラーメンブームなんですね。ロンドンでもなんだかだとラーメン屋さんを見かけます。サンフランシスコ・ベイエリアにも最近進出してきた一風堂も数カ所で見ましたし、そういえばこの間行った日本祭りにも、製麺やラーメンスープのベンダーの展示が結構ありました。でも要は、こういうところから麺なりスープなり買って、出しているお店も結構あるってこ [続きを読む]
  • アメリカ大使館で再入国許可証
  • グリーンカード=あなた外国人ですけど、アメリカにずっと住んでいいですよ、という永住権。永住権を持ったままアメリカ国外に長く住んでいると、永住するという意思がないものとみなされることもある。私が色々読んだ限りでは、「永住権を持ったままアメリカ国外に出てもいいのは、一年のうち半年間まで」という理解。人によっては、半年に一回アメリカに入国すればいいのだ、と行って行き来している人もいるけれど、これはどうな [続きを読む]
  • イギリスも新学期。初めての制服
  • 今週からとうとうイギリスも新学期が始まりました。6月から始まった長い長い夏休みもとうとう終わりです。新しい環境だろうがなんだろうが結構平気でどんどん行く小さいさん、学校に行くのが楽しみで楽しみで、前日も「どう?緊張する?ちょっと心配?」と聞いてみたところ「え?そんなの全然、なーんともない!早く行きたい!学校大好き!」とジタバタ。なんだこのポジティブは。なんだこの適応力は。本当にワシの子か(笑)学校 [続きを読む]
  • 2018夏の思い出③子連れで楽しいバタシーパーク
  • バタシーの川沿いにある大きな公園、バタシーパーク。テムズ川の南側、観光ではあまり行く機会もないかもしれませんが、橋を渡ればすぐに向かい側はチェルシー、さらに進めばケンジントンと立地的にはとっても良い場所です。ロンドン到着当初はこの公園に、手持ち無沙汰な子供を連れて何度か遊びに行きました。ロンドンのいいところは、どんなに家が狭くてもコチャコチャしていても、外に出ればどーん!と広がる公園や公共スペース [続きを読む]
  • バタシーの思い出
  • ロンドン到着後しばらくの仮宿は、バタシー(Battersea)というテムズ川の南にあった。仮宿は昔ながらのテラスハウスが整然と立ち並んでいるものの、こちゃっとした感じの場所にあった。4世帯が入る二階建て。ロンドンの古い住宅は、建物が何かとても低く感じる。アメリカから来ると、スケール感が狂って、ちょっとしたミニチュアの街に住んでいるような気分にもなる。ゴミはご覧の通り、家の出入り口の前に雑然と置いてある。燃え [続きを読む]
  • 2018夏の思い出② ハイパーな日本祭り
  • 不思議なもので、高校の同窓生に海外でばったり出会う確率がとても高い。ロンドンでも、子供の日本語教室を色々探していたら、そのうちの一つの経営者が部活も一緒だった高校時代の同級生だった。渡英してすぐ連絡をとりウン十年ぶりの再会を果たすことができたが、彼女から日本関係のイベントのチケットも頂いてしまった。で7月某日、子供と行ってみたのがこちら。ハイパージャパンフェスティバル。話は飛ぶが、サンフランシスコ [続きを読む]
  • ロンドンの小学校のこと。
  • 家探しの次は、学校探しの話。子供がいると、どこに住んでもいい、というわけにもいかないのが辛いところである。やはり公園があったり環境がいいところ、他にも家族連れが多く住んでいて、子供向けの色々なアクティビティも充実しているところ、そして何より、学校が良いところ・・と色々条件が出てきてしまう。ベイエリアでロンドン出身のイギリス人と話をした時には「ロンドンの公立はどこもひどいから、私立に入れるの一択でし [続きを読む]
  • ロンドンでの家探しのこと
  • 今回の家探しは、ものすごおぉく、大変でした。何が大変だったって、子供の学校も平行して探さないといけなかったから。子供は現地の公立校に行ってもらうことにしたので、まずどの学校がいいのか、そもそもその学校に入れるのか(公立であっても定員オーバーで入れないことも多いのです)、そして私たちが渡英するタイミングで入居できるいい物件が、その学区内にあるのか・・・、と、クリアしなければいけない条件が山積み。学校 [続きを読む]
  • 2018夏の思い出① グリニッジ
  • アメリカの学校が終わったのが6月の1週目、そしてイギリスの小学校は9月からなので今年はまるまる3ヶ月の夏休みの思い出シリーズ。本当はちょっと住みたいなと思っていたグリニッジへ。テムズ川の南東、ちょっと中心から外れているので、ロンドンに観光に来ても行く機会がないことも多い場所かもしれないけれど、とてもいい感じのところで結構おすすめなのである。夫は一足先にこちらにやってきて家探しをしていたが、その間グリニ [続きを読む]
  • ロンドン引っ越し覚書き
  • 色々大変だったアメリカからイギリスへの海外引っ越し。もういろんなことが記憶から抜けているが、色々覚書き。とにかく断捨離が大変だったのは以前書いた通り。特に国が変わると空気もものの見え方もサイズ感も色々変わるので、後で荷物を開けてナンジャコリャアとなることは本当に多い。本当に手ぶらで行けるものなら行った方が良い。アメリカの郵便物の転送手続き。義実家に転送するようにネットで手配したが、「家族全員分の郵 [続きを読む]
  • ロンドンの水。
  • よく「この土地の水が合わない」と言うけれど、ロンドンに来て最初の数週間は身をもってこれを体験した。これ、単なる言い回しじゃないのよね。ロンドンの水、硬。ガッチガチに硬っ!・・って水が硬いって何やねん、硬水軟水って何が違うのん、と思いますが硬水は「ミネラルがたくさん入っている」のが軟水と違うと。じゃあミネラル麦茶は硬いお茶なのか、と言うアホな疑問は置いておいて、とにかくミネラルの含有率が「高い」のが [続きを読む]
  • 断捨離悲喜こもごも。
  • 海外引っ越しをするにあたり、家のものをずいぶん処分した。ガレージセールもやってみたが、これは一番時間をとる割に、買いにくる人の財布の紐が硬いのでなかなか売れない。客は3ドル以上は払う気がないと考えてよい。大きな家具はこの方法では売れない。子供の自転車がかろうじて20ドルで売れた。6時間ぐらい売り続けて、総額売り上げは80ドル。次はCraigslist. 不特定多数に向けて広告が打てる。ガレージに眠っていたストローラ [続きを読む]
  • たいていのことは聞いてみるもん
  • みなさんこんにちは。先日ドラッグストアでヘアドライヤーを買ったんですが、家に帰って箱を開けてみたら壊れていただけでなく、違うブランドの使い古したやつが入っていて超びっくりしたまり陳です。誰かがそうやって返品したのを、店の人が確認せずに受け取って棚に戻したんでしょうかね。しょうがないので店に持って行って新しいのに交換してもらいましたが(苦笑)こうやって普通の買い物一つとっても色々あったりするアメリカ [続きを読む]
  • アメリカからイギリスTier2ビザ申し込み。
  • さて、出発まであと数週間の予定ですが、何はともあれ滞在に必要なビザを取らないといけません。 我が家はTier 2 General イギリスのビザ、結婚用、学生用、投資家用、仕事用などいろいろありますが、我が家は会社サポートによるTier 2 Generalになります。実は大きいちゃんはすでに数ヶ月前にビザをゲットしてすでに渡英済み。ということで、私はもう何ヶ月もワンオペ育児中なんですが〜〜、まあそれはいいとして、ビザ取得 [続きを読む]