たぬきさん さん プロフィール

  •  
たぬきさんさん: たぬきさんのぽんぽこブログ
ハンドル名たぬきさん さん
ブログタイトルたぬきさんのぽんぽこブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/t-a-n-u-k-i-3/
サイト紹介文住友林業で建てた家で、自閉症の長男と乳児の次男をのんびり育児しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供265回 / 359日(平均5.2回/週) - 参加 2016/12/22 00:27

たぬきさん さんのブログ記事

  • 胃腸炎
  • 昨日の夕方まで元気だった息子。夜の12時頃、突然の嘔吐そしてさらに2時間後、下痢をしました。そしてさらに1時間後、また嘔吐しました。嘔吐下痢症は突然やってくるけど、子供、特に自閉症児のそれは、かなり大変です喋れないから何も予告できないし、すぐパニック起こして走り回って吐物を撒き散らすし、簡単な指示も聞けないしで、もう、てんやわんやでしたくしくも昨日は、たぬ夫さんが夜勤の日たぶんいてもオロオロするだけ [続きを読む]
  • 我が家の格付け
  • お口の恋人、ロッテのチョコパイ。小さい頃から、たぬきが一番好きなお菓子です(じいちゃんばあちゃんの家に行くと、たぬきの好物だからと、毎回大量に用意されていました)プチチョコパイなるものもあります。これは、たぬきはあまり好きではありません。サイズが小さいだけでなく、味も絶対、普通のチョコパイのが美味しいと思います生地の色も違います。普通のチョコパイは生成り色のスポンジで、プチチョコパイはチョコ生地 [続きを読む]
  • 独語
  • 息子が最近できるようになったこと。音声指示でのおなか、頭、お口などの部位の聞き分け、ビーズ通し、2Dマッチング(丸と四角のみ)、など。なんか、遅々たる成長なのですが、何度も書いてますが、遅々たる成長だからこそ、一つ一つ、『昨日できなかったこれができる』に気づけるのが、自閉症児育児の醍醐味のような気がします。ABAセラピーをやっていると、それが100パーセント、自分の努力の結果だと実感できるところもよいで [続きを読む]
  • 面接
  • 最近、息子が通っている事業所での親子療育の時、(ちなみに、親子療育は、今週のセラピーの振り返り→e-learningでの学習→来週の課題設定の三部構成です)事業所の新規職員採用面接が、私がe-learningを受けている横のブースで行われていますe-learningはビデオ視聴で、ヘッドホンをつけて受けているのですが、まあ、横の会話が気になって仕方ない(笑)どんな人が次は採用されるのかな、ちゃんと、子供が好きで、この仕事に熱 [続きを読む]
  • 時折襲う
  • 毎日、前向きに前向きに、と、自分に言い聞かせているけれど、時折ふと、汚泥のように、ぶわっと、マイナス思考の波が襲ってくる日がある。今日はそんな日。息子の発達は、以前書いたけど、ほんの少しゆっくりめで、でも、そこまで問題は無いように感じていた。リハビリもずっと通っていたし、家でもやっていたし。歩き始めが遅かったのには、ヤキモキしていたけど。でも、発達の進み方以外で、気になっていた点はいくつもあった [続きを読む]
  • 最終目標
  • 最近、息子の障害を、少しでも関わりあう人たちには、きちんと説明するようにしていますたぬ夫さんは、『今はまだそこまで(年齢的に)目立ってもないし、別にそんなことしなくてもいいんじゃないか。まわりからも、おいおい自然とわかるようになるんじゃないか』と言うけれど。私は、年齢的に幼く可愛くて、誰から見ても、『可愛いね』と言ってもらえる今のうちに、息子を取り巻くであろう人たちを、少しでも増やして、そして、 [続きを読む]
  • 保育園の帰り、息子、ついに、一人で靴を履くことができましたきちんと両手で靴を持って、足を入れて、マジックテープをぺったんして。脱ぐのも上手。息子は、歩き始めたのは1歳4ヶ月。安定したのは1歳半の頃でした。それでも、靴が嫌いで、なかなか履いてくれなくて。ファーストシューズは買ったものの、ほとんど履かないままサイズアウトしました。家の中で慣れさせても、履かせた瞬間から大粒の涙を流して、嫌がって暴れてた息 [続きを読む]
  • あなたの知らない
  • 息子を育てていて、いつも、『あなたの知らない世界』ってやつやなと思いますなってみないと他人事。なってみないと分からない。(ホント言うと、なってみても、いまいちよく分かってない)障害者の親というのは、そんなポジションなんだと思います。耳が聞こえて、目も見えているのに、顔立ちは普通の子と何にも変わらないのに、2歳以降に分かる障害があるんだなという驚きから始まり。専門病院の予約の取れなさや、電話のつなが [続きを読む]
  • 何しよ
  • 子たぬきさんの乳児期を思い返してみると、生後3ヶ月くらいまでは、こわくてあんまり外出もできていなかった気がしますリハビリと通院以外は、もっぱら家に引きこもり。夕飯の買い出しで、スーパーに行くくらいかな。それでも、当時住んでいた分譲賃貸で、先住民のおばさま方に、『こんな小さいのに、連れ回しちゃ可哀想よ』なんて言われると、『そうなのか…』とシュンとなって、また引きこもり。ものすごくかんが強くてよく泣く [続きを読む]
  • 成長色々
  • 昨日から、音声指示を開始しました音声指示というのは、今までは、こちらがバイバイしたらバイバイし返すといった感じの、単なる『まねっこ』だったのが、『バイバイ』と、言葉で指示しただけでバイバイできるという、言葉を理解→実際の動作につなげる、というものです。これ、セラピーで始める前から、実は最近できてきつつありました最近といっても、おとといくらいからなのですが。夜にお二階に上がって、子たぬきさんが自分 [続きを読む]
  • 傷つくってほどでもないんだけど
  • もやもやとした気持ちにさせられる言葉を、同じ人から二つ、言われました。一つ目は、『あなたなら乗り越えられると思って、こんな子が生まれてきたのよ』という言葉。これ、本当によく言われます。なんか、『神様は乗り越えられる試練しか与えない』の亜種的な。我が子が、乗り越えるべき試練みたいに言われるのは、なんか違う気がするし、あんまり好きな言葉では無いです。死産した時も、同じようなこと言われたけど、なんだろ [続きを読む]
  • ギフト
  • 最近、子たぬきさんができるようになったこと。トマトとブロッコリーとピーマンと人参が食べられるようになった。お薬が、水で溶いただけで飲めるようになった。トイレの便座にまたがれるようになった。帽子がかぶれるようになった。今朝からできるようになったこと。冬用のダウンが着れるようになった。寒い冬、袖のあるアウターを着ることが、今まで全くできなかった子たぬきさん。去年と一昨年の冬は、ポンチョで誤魔化してい [続きを読む]
  • 責任の所在は我にあらず
  • 単身赴任確定後、たぬ夫さん、寝不足の日が続いているらしい最初は、たぬきが一人で大丈夫かな?という心配だったらしいが、今は、自分が一人で大丈夫かどうかの不安がハンパないらしい昨日の会話。『とりあえず週末に掃除と洗濯しに来るから、毎日のごはんとゴミ捨てだけ頑張って』『ゴミ捨てかぁ、、、自信ないよ』『(なんでや、、、)分別して、まとめて、ゴミの日に捨てるだけたい。弁当とか食べたら、すぐに軽く洗わんとい [続きを読む]
  • 負けてるよ
  • 単身赴任話から派生して、夫語り。たぬ夫さんという人。これまで、良い面ばかりをクローズアップしてきましたが、人間なので、悪い部分もちょっとはありますその際たるものが、生活能力の異様な低さです。6年の付き合いで、何度言い続けてもいまだ改善されないのは、①ゴミをゴミ箱に捨てられない②洗濯物を洗濯カゴに入れられない③身の回りのものを自分で用意できないです。お布団も、ベッドメイキングを忘れて、端にたたんで置 [続きを読む]
  • きたよ
  • ついにきた。たぬ夫さんの異動。来年度の4月の異動が、こんな時期に言われるなんて、かなり早い。人事からの確認で、『○○になりますがいいですか?』という電話があったみたいまぁねー、仕方ないよね。いつかは来ると分かってたことだ。頑張れば通えないこともないけれど、まあ、単身赴任が無難だと思います。運転しんどいだろうし、毎日のことだし。で、たぬ夫さんから、『行っていい?一人で大丈夫?』と聞かれたけど。うーん [続きを読む]
  • 未来が見たい
  • バイバイを覚えた息子。デスクセラピーをしようとしたら、椅子に座るなり、バイバイするようになってしまいました課題提示する前に、とにかく『バイバイ』。『はーい』とか、『バンザイ』とか、『飛行機』とか、他の課題を提示しても、する前に、とにかく『バイバイ』。『バイバイ』しながら、他の課題を提示されるものだから、なんだか混乱して、『バイバイ』と『バンザイ』を繰り返したりしてましたうん。ママが悪い。『バイバ [続きを読む]
  • 塗りました
  • ↑の記事で書いた、見切り材の間違い。結局どうなったかと言うと、、、塗りましたアフターさんいわく、見切り材を交換となると、引き込み戸の向こうの壁を壊さないといけなかったり、さらにサイドの床材まで剥がしたり、とにかく大工事になると言われ。『とにかく色の違和感だけ少なくしてもらいたい』と言ったら、床補修業者さんが、塗りに来ました。びっくりしたのが、床材ごとに、『だいたいこんな色』っていう塗料があるのか [続きを読む]
  • 嬉しい
  • 息子が、今日、たぶん、『バイバイ』をマスターしてくれましたこれまで、気分で何度かできることはあっても、なかなか定着しなかった『バイバイ』。今日のセラピーで、ほぼパーフェクトにできて、パパが仕事に行く前と、夜のおやすみ前にお二階に上がる前、『バイバイ』してみたところ、ちゃんと手を振ることができました嬉しい。息子はなぜか、『バイバイ』のことを、『バイデー』(←?)だと思っているみたいで、『バイデーバ [続きを読む]
  • コウノドリ第5話感想
  • 昨日のコウノドリのテーマは、死産でした何度かブログにも書きましたが、たぬきが、初めての妊娠で死産したのは、4年前。今でも鮮明に覚えてる、、、と言いたいところだけど、日にち薬とはよくいったもので、4年経ち、断片的な記憶になってくれたような気がします。死産した直後、友人の産婦人科医から、『ものすごく長い時間がかかると思うけど、どうか二人で受け止めて、支え合いながら生きていってください』みたいなことを言 [続きを読む]
  • 撃沈
  • 息子のかかりつけを作りたいと思い、狙っていた児童精神科の、来年の初診受付が今日から始まったので、初診受付の予約時間いっぱい、電話に張り付き、ストーカーばりにかけ続けたのですが、ただの一度もつながりませんでした6年かけ続けて、一度も繋がってないという人がいるので、覚悟はしていたのですが、、、こんなにもつながらないとは。他に評判のいい病院も探したいのですが、どこがよいのかもさっぱり分からず。どこで情報 [続きを読む]
  • 療育園プレ
  • 先週中頃から、子たぬきさん風邪でダウン、豆ちゃんにもうつって咳と鼻水ぐずぐず、大人たちにもうつり、みんなでダウン、そのうち子たぬきさんだけ元気になり、でも相手できる人がおらず、、、と、散々な数日間を過ごしていました今日になり、やっと、豆ちゃん以外は回復しました(豆ちゃんは、今日また病院に連れて行きました)そんな今日は、朝から療育園のプレに、子たぬきさんを連れて行きました。9時〜11時半までの半日の参 [続きを読む]
  • お茶かよ
  • 寝ぐずり子たぬきさん最近、主寝室で、たぬきand豆ちゃん、子たぬきさん部屋で、たぬ夫さんand子たぬきさん、のペアで寝るようになりました。子たぬきさんは、まだ、一人で階段の上り下りが覚束ないので、一度子たぬきさん部屋に上げれば、寝ぐずりはするものの、諦めて寝てしまうことが多いです。ちなみに、お昼寝したいときは、たぬきかたぬ夫さんの手を引いて、階段上って、率先して自分の部屋に行きます(自分の部屋をちゃん [続きを読む]
  • 超早期療育
  • 今日は、豆ちゃんのリハビリの日でしたリハビリ開始時、タイミング悪く寝ていた豆ちゃんまず、横向き訓練とマッサージを、入念に行いました。今日から背中のマッサージも開始、肩甲骨から背筋のマッサージの仕方を教えてもらいました豆ちゃん起床後、リハビリ用椅子(通称、『王様の椅子』。豆ちゃんのサイズに合わせて作ってもらった特注です)を使って、椅子に座ってのリハビリを行いました体を起こすことで腹筋を鍛えられるの [続きを読む]
  • サイン
  • 豆ちゃんに授乳したり、抱っこしたりしていると、子たぬきさんが私の手を引っ張り、ベビーベッドの方まで連れて行きますそして、私の後ろに周り、そっと押してきます。『そいつ(豆ちゃん)をそこに置いて、俺にかまえ』ということらしい豆ちゃんのオムツを替えている最中は、子たぬきさんが右から左から私の体を押してきて、替えるのにかなり時間がかかります。豆ちゃんにかまうのが気に入らないというのが、行動からひしひし伝 [続きを読む]
  • セラピスト
  • 昨日は、子たぬきさんの親子療育の日でした。いつものセラピストさんが出張でお休みらしく、いつもと違う、若い(ちょっとギャルっぽい?)先生。で、いきなり、『では、おうちでのセラピーのように、やってみてくださあい』と言われました。いつも、親子療育のときは、その週にあまりうまくいかなかった課題や、セラピー中の困りごとなどを聞き取りしたあと、親はビデオでABAについて学びながら、子供はセラピストからのABAセラ [続きを読む]