newpharmacis さん プロフィール

  •  
newpharmacisさん: 薬剤師を辞めたい100の事例と解決法
ハンドル名newpharmacis さん
ブログタイトル薬剤師を辞めたい100の事例と解決法
ブログURLhttp://newpharmacist.net/
サイト紹介文薬剤師を辞めたいと思った時の対処法を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/12/22 20:48

newpharmacis さんのブログ記事

  • 2018年夏のボーナス後の薬剤師の高額求人を紹介!
  • 夏のボーナスを貰って転職を考える薬剤師も多いと思いますが、今回はそんな2018年の夏のボーナス後の高額求人を紹介していきたいと思います。 一般的にボーナス後は仕事を辞める薬剤師も多いため薬剤師市場が活性化します。すると必然的に高額求人も出やすくなりますが、果たして診療報酬改定後の最初のボーナス後である2018年の夏のボーナス後はどうなのでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。 激レアの1000万円求人はあるの [続きを読む]
  • 「自分は薬剤師に向いていないので辞めたい」と考える人へ
  • 調剤・監査ミスを繰り返す。薬の知識を問われても答えられない。何度言われても同じミスをする。周りに感じる劣等感は計り知れない。自分は能力のない薬剤師。 自分は薬剤師に向いていないので辞めたい。あなたは今そう考えていませんか? しかしあなたは現状を不幸と感じていると思いますがむしろ「良かった」と考えるべきです。 なぜならあなたは人生で訪れるかも分からない、薬剤師としてのターニングポイントに早い時期に出会 [続きを読む]
  • 薬剤師の年収VS看護師の年収【2018年7月版】
  • 以前に薬剤師と看護師の年収を比較する記事を書きました。その時の結論を簡単にまとめると都市部は薬剤師も看護師も年収600万円程度の求人が最高地方だと薬剤師は悲惨な状況だが看護師は最高で600万円を越える求人もあるとなりました。薬剤師の年収VS看護師の年収【2017年7月版】 そして2018年は診療報酬改定の年。そして改定後数カ月経ちましたが、この改定により病院・調剤薬局共に大きな打撃を受けたところも多いかと思います [続きを読む]
  • 【2018年5月】年収1000万円の薬局薬剤師求人を発見!!
  • 薬剤師の高額求人の中でも年収1000万円の求人はかなりレアです。売り手市場の2018年の段階でもほぼ見かける事はありません。 そして仮に年収1000万円の求人があるとすれば調剤薬局の求人になると思いますが、2018年は診療報酬改定の年にあたり、薬剤師の求人においても条件は悪くなる一方です。 しかし今回そんな中でも年収1000万円の薬剤師求人がありましたので紹介していきます。なお、今回紹介していく年収1000万円の求人は将 [続きを読む]
  • アイセイ薬局の45万円よりも高い初任給の薬剤師求人
  • 調剤薬局チェーンのアイセイ薬局の新卒薬剤師の初任給が最高額の45万円というニュースが話題になりました。薬剤師1年目から月に45万円をもらえるという時代に驚いた人も多いと思います。新卒薬剤師の初任給、最高はアイセイの45万円 しかしこの「アイセイ薬局の初任給が45万円」には罠があります。もし高い初任給を欲しいがためにアイセイ薬局に就職する際は注意してください。 アイセイ薬局は本当に月45万円もらえるのか?まず [続きを読む]
  • 関西の薬剤師求人に強いメディカルプランってどうなの?
  • 関西エリアに特化した薬剤師求人サイトがあります。それはメディカルプランという求人サイトです。 薬剤師の求人・転職サイトは多くの企業がありますがエリア特化型の求人は珍しく、その中でも有名な薬剤師求人サイトがメディカルプランです。しかしそのメディカルプランってどうなの?と思う人もきっと少なくないと思います。 そこで今回は実際に関西エリアに特化した薬剤師求人サイトのメディカルプランで実際に薬剤師求人を検索 [続きを読む]
  • 地方薬剤師が東京で高年収の職場に転職する簡単な方法
  • 地方出身の人や地方の大学を出た薬剤師の方で東京での就職・転職を考えている人も多いのではないでしょうか。実際に東京は薬剤師の求人も多いため、転職することは正直難しくありません。 ただ東京は薬剤師の数も多く、若干過剰気味であることも否めないのが現状です。そうなると東京への転職を考えている薬剤師が結果的に悪条件で転職してしまう可能性も高いです。 そこで今回はそんな地方出身者が東京で薬剤師として働くための [続きを読む]
  • 派遣薬剤師ってこんなに貰えるの?高額薬剤師求人の紹介!!
  • 薬剤師の働き方の1つとして派遣薬剤師として働く働き方があります。そもそも派遣薬剤師とは個人が調剤薬局と雇用契約を結ぶのではなく、個人が薬剤師派遣会社と契約を結ぶものになります。 ではなぜこのような面倒なシステムがあるのかと言えば、労働契約上の規定の問題もありますが、一番の単純な理由は薬剤師がいない企業に薬剤師を斡旋することが可能になるからです。 薬剤師は人手不足のため単純に求人を出しても働く人が見 [続きを読む]
  • 2018年3月の薬剤師の高額求人は〇〇〇万円!?
  • 2018年度の診療報酬改定の内容も公表され、一段と厳しい変革を迎える薬剤師業界です。しかしそんな中でも薬剤師は未だに売り手市場。高額年収の薬剤師求人も非常に多いです。 そこで今回は高額年収の求人だけを集めました。 今回も「年収○○万円まで可」「年収○○万円の実績あり」「〜○○万円」と言った将来的な年収を示唆する求人は紹介しません。あくまでも初任給として高額な求人のみを紹介していきます。 2018年3月の高額薬 [続きを読む]
  • 大手ドラッグストアの薬剤師初任給を調べてみた
  • 薬剤師の就職先として人気が高いのがドラッグストアになります。人気の理由は昨今のドラッグストア業界は業績を伸ばし続け薬剤師の需要も高まった結果薬剤師の年収がかなり高い事が人気の秘訣です。 またドラッグストア=OTCという概念はひと昔の話しで、今では調剤薬局を併設しているドラッグストアも多く、調剤経験を積むことができる事も人気の理由の1つとなります。では気になるのはドラッグストアは一体いくらの年収なの [続きを読む]
  • 薬剤師がやりがいを求めて転職すると99%失敗する理由
  • 毎日の仕事に不満を感じて、やりがいを求めて転職する薬剤師も多いです。しかし薬剤師がやりがいを求めて転職すると99%失敗します。今回はそんな「やりがいを求めて転職を考える薬剤師」について触れていきたいと思います。 薬剤師のやりがいって何?そもそも薬剤師にとってやりがいとは何でしょうか? ・大病院で専門的な知識を発揮しチーム医療に貢献できる職場・患者からの信頼が厚く多くの人に感謝される職場・職場仲間からも [続きを読む]
  • 2018年冬の薬剤師高額年収は一体いくら?
  • 今回は2018年1月、薬剤師の高額年収を探してみました。1月と言えば12月にボーナスを貰った薬剤師が退職し、薬剤師の求人市場が活性化し始める時期です。そんな中において一体いくらの高額求人が見つかるのでしょうか。ぜひご覧ください。 2018年1月に薬剤師の年収1000万円求人はある?今回検索した結果年収1000万円の薬剤師求人は ゼロでした。 年に数回しか現れない勤務薬剤師で年収1000万円の求人はやはり激レアです。ただ年収1 [続きを読む]
  • 薬剤師の転職が失敗する「ある理由」とその対策
  • 薬剤師ほど転職が簡単で、そして転職が難しい職業は他にありません。つまり薬剤師は転職に失敗しがちです。 そこで今回は薬剤師が転職で失敗してしまう理由と、どうすれば転職が失敗しないで済むのかという話しをしていきたいと思います。 もしこれから転職を考えている薬剤師の方はぜひ参考にしてみてください。 薬剤師の転職の成功とは?そもそもあなたは転職の失敗・成功をどのように判断していますか?例えば年収500万円の薬剤 [続きを読む]
  • MRが薬局への転職を成功させるための魔法の1ステップ
  • 最近では製薬会社が早期退職を募りMRの人員削減を行う企業も少なくありません。しかし薬剤師免許がある人ならば安心。すぐに再就職先が見つかります。ただMRのままの感覚で調剤薬局や病院に転職すると絶対に失敗します。その典型的な例が高額年収を求める事です。高年収を求めすぎた結果トラブルを招いてしまっては本末転倒です。 そこで今回はMRが高年収を得ながら薬局への転職を成功させる方法を紹介したいと思います。ぜ [続きを読む]
  • 冬の北海道の高額薬剤師求人は安定の高額年収
  • 調剤薬局の大手であるアインホールディングスやツルハホールディングスの創業の地である北海道ですが、北海道と聞くと年収が高いイメージがあありますよね。しかし北海道の薬剤師の年収は全国平均で言えば平均以上になりますが実際は527万円で第18位となっており、特に北海道の薬剤師の年収が高いという訳ではありません。都道府県別 薬剤師年収ランキング(2017年版) ただ薬剤師の高額求人を検索すると北海道の高額求人がヒット [続きを読む]
  • 薬剤師が仕事を辞めれない理由はあなた自身
  • 今は薬剤師不足のためにいざ退職を考えていても、中々辞めさせて貰えない薬剤師の方も多いのではないでしょうか。「来月いっぱいで退職させてください」「仕事を辞めようと考えています」と上司に告げても「もう少しだけ続けてくれないか」「代わりの人が入るまで頑張ってくれないか」と言われ挙句の果てには「今は辞めさすことはできない」と一向に退職を受理されない場合もあるでしょう。では仕事を辞めれないのは会社のせいと考 [続きを読む]
  • 薬剤師が自分の「市場価値」を簡単に知る方法
  • あなたは自分の薬剤師としての価値をどのように判断していますか? 豊富な知識がある、年収800万円をもらっていた、管理者経験があるなど薬剤師としての価値を図るものは沢山あります。一方で「薬剤師の価値など不要。自分の仕事をこなすだけ」と言う方も決して少なくないでしょう。確かにあなたの価値は周りに評価されるものではなく自分で決めるものと考える事も間違いではありません。 ただあなたがもし転職を考えた時に、あな [続きを読む]
  • 冬のボーナス直後!薬剤師の超高額求人は900万円!!
  • 薬剤師の方も多くの企業で2017年冬のボーナスの支給が終わった頃ではないでしょうか。薬剤師業界においては「転職のタイミングはボーナス後がベスト」と言われており、実際に高額年収の求人も多く存在します。 そこで今回はボーナス支給直後の薬剤師の高額求人を紹介していきたいと思います。 本当にボーナス支給後は薬剤師が辞めるタイミングでベストなのか?普通の時期よりもおすすめなのか?一体いくらの年収で募集されているの [続きを読む]
  • 男性薬剤師はやっぱりモテる!その理由は必然!?
  • 男性薬剤師はモテます。「モテるかモテないかはその人次第」と言えばそれまでになりますが「薬剤師」という職業において言えば男性薬剤師ははっきり言ってモテます。ではどうして男性薬剤師はモテるのか?そしてどうしてモテないのかという事について今回は紹介していきたいと思います。 理想の年収で圧倒的有利な薬剤師婚活中の女子へのアンケートに良くある質問が「あなたが求める理想の年収は?」となります。しかしこの質問は [続きを読む]
  • まだ大手調剤薬局チェーンの安い給料で消耗しているの?
  • 薬剤師になれば安泰と言われている薬剤師業界でもお金に困っている人も決して少なくありません。 例えば奨学金を借りていた人。私立薬学部であれば年間約200万円の学費がかかりそれに生活費もプラスされて、おまけに最短で6年間かかる費用が必要になりますので薬学部に在籍していた際に結構な額の奨学金を借りていた人も多いかと思います。そしておそらく多くの薬剤師の方が想像以上の奨学金の返済のため苦しんでいるのではないで [続きを読む]
  • 冬のボーナス直前!最高額の薬剤師求人は一体いくら?
  • 2017年の冬のボーナス時期が近づいてきました。多くの薬剤師の方はボーナス支給後に辞めるというのが一般的なため、その考えていくとボーナス前の薬剤師の求人市場は活性化しておらず、あまり高額年収の求人がないと考える人も多いのではないでしょうか。逆に薬剤師の転職タイミングとしてはボーナス後がおすすめとも言われています。しかし実際はボーナス前の段階でも高額の求人が多々ありましたので、今回は中でも最も高額だった [続きを読む]
  • 一人薬剤師(薬局・病院)の職場を3分で超簡単に探す方法
  • 薬剤師の働く上で他の薬剤師と一緒に仕事をするのがどうしても苦手という人も少なくありません。そして薬剤師の職場は「狭い職場」として有名です。すると薬剤師として働くことに多大なストレスを感じている人も多いでしょう。そこでおすすめなのが一人薬剤師の職場になります。ただし安易に一人薬剤師の職場を選んでしまっては大きく後悔する事に繋がりますので、今回は少しでも良い職場を見つけるために一人薬剤師の簡単で正しい [続きを読む]
  • ムカつく薬剤師がいて辞めたい人は100%辞めた方がいい
  • ムカつく薬剤師がいても辞めれないGさん【年齢】26歳【職場】薬局【年収】500万円【休み】普通【人間関係】最悪【経歴】転職歴1回以前働いていたドラッグストアを辞めて地元の調剤薬局に転職した。年収的にはそのままドラッグストアに残っていた方が良かったが、将来の事を考えて調剤経験も必要と思いこの度転職を決意した。そしていざ入社した調剤薬局は自分を含めて薬剤師が4人(パートを含む)事務員が3人の薬局だ。しかしそ [続きを読む]
  • 薬剤師が転職で高年収を求めるなら2018年初めが最後のチャンス
  • 薬剤師が転職するのにおすすめするタイミングをネットで検索すると「ボーナス支給後が求人が多くて転職におすすめ」としているのが目につきます。そしてそれは確かに間違ってはいませんが、もし今転職を少しでも考えている薬剤師の方は今動き出さないと大変な事になります。それはどういう事かと言えば薬剤師が好条件で転職をするには2018年の初めが最後のチャンスとなるからです。 そこで今回はどうして薬剤師の転職のタイミング [続きを読む]