yorebo さん プロフィール

  •  
yoreboさん: 新無常庵風流記
ハンドル名yorebo さん
ブログタイトル新無常庵風流記
ブログURLhttp://yorebo.com/
サイト紹介文現代版徒然草にできれば良いなぁと思いつつ、脈絡ないことをつらつらと書き綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/12/23 10:16

yorebo さんのブログ記事

  • 特茶
  • 俺は毎日尋常じゃない水分をとる。水分、てか、お茶。昔からノドはかわくほうだったが、薬を飲むようになってから、副作用で、やたらと水分を欲するようになった。出かけるときにはいつも、500ミリのペットボトルをカバンに入れている。これは土日でもそうだ。プラスアルファで、平日はもう一本。合計2本のペットボトルを持って出勤している。その2本で一日もつかもたないか、である。なので、近所のドラッグストアでお茶を箱買い [続きを読む]
  • 西郷どん
  • 毎週楽しみに観てる。幕末から明治にかけては、やはり、血がたぎるものがある。権力者でない、ただの貧しい若者たちが、国を憂い、国を変え、新しい国を造っていった。それに対して今の若者、ひるがえって自分が若かった時はどうか。自分ひとりのことを考えてきゅうきゅうとしていた。情けないとは思わないが、それじゃあまり小さい男だった。 [続きを読む]
  • 宴のあとに
  • あわら温泉での宴。楽しかった。一言でいえば、おっさんまみれの下ネタ大会だったのだが。飯はたいしてうまくなかったが、田舎娘丸出しのコンパニオンのおねーちゃんがついて、お酌をしてまわってくれた。ま、話は面白かったが、プロ意識がまったくない、バイトコンパニオンなのが鼻についた。それに引き換え。田舎町のひなびた温泉郷にもプロは居た。飯がおわったあと、温泉内のクラブで飲みなおし。ショータイム。何があったかっ [続きを読む]
  • 青年団
  • わが町(というか村)にも青年団がある。青年団というには、高齢化が甚だしく、さながら壮年団、老人クラブであるが。丸和会、という。本日は、丸和会の忘年会である。忘年会というには早すぎる11月3日。そこはまあ良しとしよう。福井が誇る温泉郷、芦原温泉(あわらおんせん)にて、一泊という気合の入れようである。普段はなんにもしてない会なんだけどね。正月前に、神社のしめ縄をみんなでつくるくらいで。でも、こういうつな [続きを読む]
  • デブのままじゃ終われないから。
  • 今日もちゃんと仕事した。仕事終わりで、ちゃんとジムに行った。いや、ジムに行けた。このまま終われない。デブのままじゃ終われない。ランニングマシン、辛かった。30分、何度も降りようと思ったが、粘り勝った。マシンでの筋トレもきつかったけど、プルプルで茶碗持てなくなるくらいまで、追い込めた。変わるんだ。デブで、クソな外見から。安月給でクソ貧乏な毎日から。世の中の不幸はふたつしたないんだってさ。カネのある不幸 [続きを読む]
  • ハイアンドロー
  • 最近、調子よかった。でも、今日は、てかここ1週間くらい、まあだめだな。そううつ病の宿命で、ハイがあればローが来る。だけど、今の病院にかわってから、ローの度合い違う。前は、ジェットコースターで谷に落ち込むように、地獄へ転がり込んでいたけど、今回は、ゆーっくり、静かに、着地した感じ。谷も深くはない。お薬がうまくコントロールしてくれてるんだと思う。ま、慣れたもんで、ローのときの対処法も、わかってる。あた [続きを読む]
  • 「三度目の殺人」をみたよ。
  • ネタバレ注意。良かった。眠れなかったから、録画しておいた「三度目の殺人」を何の気なしに見ていた。是枝裕和監督の作品。彼の作品は「万引き家族」が超有名。まだ観てないけど。「海街diary」と「そして父になる」はいずれも見た。それなりに面白かった。で、「三度目の殺人」。全体感。音楽が非常に良い。ピアノ曲なのだが、印象的な場面で必ず紡がれるその旋律は、画面になんとも言えない闇を演出していた。あと、雨のシーン [続きを読む]
  • 夢で逢えたら
  • 夢でもし逢えたら素敵なことねあなたに逢えるまで眠り続けたいそんな鈴木雅之の名曲。深夜にふと目覚めてしまい、何の気なしに、youtubeを探して、この曲を聴いている。もう数時間で朝。月曜の朝。一週間が始まる。最近はやる気に満ち満ちている。今週もやったるぞぅ、と思う。その前に。夢でしか逢えない、いとおしいあの人に、逢いに行こう。もうひと眠り。 [続きを読む]
  • ホットヨガを体験してきたよ。
  • ジムに入会し、本日、ホットヨガをしてきました。37度か38度くらいの部屋。湿度は、忘れましたが、とにかく蒸し風呂。そんな中で、45分間、きっちりヨガを実践してきました。期待していた、若い女性はおらず。おっと。それは置いといて、ちょっと物足りない感じでした。というのも、俺は、もっと筋トレ的な、無理な姿勢を課されることで、自然と筋肉がついていくというプログラムを想定していたのですが、筋トレと言うよりは、柔軟 [続きを読む]
  • ホットヨガ
  • 義田真也40歳、81.5キロ。9月の健康診断の結果はボロボロ。今日、精密検査に行ってきました。メタボリックシンドローム甚だしく、食事と運動をすすめられる。こりゃ仕方ない。尿酸値、いつ痛風の症状が出てもおかしくないとのこと。お薬治療適用。幸いなことに腎臓はキレイ。だけど肝臓は脂肪肝。フォアグラですわ。食ったろか。そんなこんなで一念発起。ぽちっとジムにweb入会しました。明日からプログラムに参戦します。筋トレ、 [続きを読む]
  • wanderers
  • ユーミンの歌を聴いていて、インスピレーションを受けた。「wanderers」。「放浪者」。の意味らしい。iPodは、相変わらず、ジャンルもアーティストもごちゃまぜで、でたらめに音楽を奏でている。深夜2時。静寂はどこまでも染みてきて、この世に俺ひとりしか居ないような気がしてくる。今、仕事頑張ってる。仕事が面白い。指示待ちくんから、一歩抜け出そうとしてる。自分の持ち場を「守る」だけじゃく、どうしたら「攻め」られるか [続きを読む]
  • BROTHER
  • 西千葉のヒロポン兄が元気なさそうだ。とても心配である。さかのぼること10年前、俺はなけなしの10万円だけ握りしめて、鈍行電車で福井から西千葉へと渡った。大学を卒業後、そのまま東京に居ついたが、どうにもうまく行かず、福井で雌伏していた。やりたいことなんて、てんで見つからなかったけど、東京の喧騒が恋しくなったのかな。もう一発、なんか花咲かせたいと思い、一度都落ちしてからのリベンジという、なんとも格好悪いこ [続きを読む]
  • sleepless night
  • ここのところ、快眠。昨日は西郷どんが終わる(20時45分)と同時に眠りに落ちて、6時半には起きた。日中に眠気を感じることもなく、ひどく快調な日々を送っていた。多分ね、この微妙な気温がいかんの。昨日は夜、寒くて目が覚めた。今日は、割と暖かい。いや、昨日より厚着をしたから、熱い。。。ほんの小さなことが、体調にひっかかる。俺ってナイーブなの(笑)。 [続きを読む]
  • Lost Weekend
  • 怒涛の一週間が終わった。今週は激烈に忙しかったが、乗り切った。なんとも言えない達成感がある。が、週末の予定がない。。。いつものことと言えばいつものことだけど。「週末は何してるの?」という質問が実は苦痛で、出かけるところと言えば、いとこの家に、猫と子供を見に行くこと、遊びに行くことくらい。今週もそうするかな。。。いい加減彼女だの嫁だの、子供だのが居ないと、埋まらないね。週末は。ま、週末を埋めるために [続きを読む]
  • お薬と双極性障害と私
  • このブログを愛読されている方にはお馴染みだが、私は双極性障害を患っている.いわゆる躁うつ病だ。興味のある方は過去のブログを参照されたし。本日は診察日だった。最近すこぶる調子がよく、先生はレクサプロという抗うつ剤を、処方から省いてくれた。薬が減ったのだ。私にしたら、非常に大きな喜びだが、健常な方からしてみたら、尋常じゃない量のクスリを飲んでいる。それにふと気が付いた。冒頭の写真が、私今飲んでいる薬の [続きを読む]
  • itunes
  • 朝4時45分。もう目覚めてる。熟眠感はある。ジジイか、俺は。さておき、この暇な時間を有効活用。最近ムカついていたことを片付けようと思った。基本的に、クルマに乗ってるときは音楽を聴いている。最近便利になったもので、blutoothという技術があって、ipod(iphone)にダウンロードしてある曲を、配線もなく、カーステレオにすっ飛ばして、聞けたりする。自業自得なのだが、自分の音楽コレクションは膨大で、そのすべてがiphon [続きを読む]
  • ロックとTシャツと内田裕也
  • ロッケンロール。内田裕也は好きじゃないが、私はロックが好きだ。上記の写真は、私のTシャツ。なんて意味なのか、何をモチーフにしているかてんで知らないけど、雰囲気がロックっぽいので、好きだった。が。今朝がた、ふと裏側を見ると。穴。鼻くそくらいの小さな穴だが、目立つ。ああ、これでお気に入りのTシャツも、寝間着に格下げである。これからはロックな気分に浸りながら眠るとしよう。ロックな気分じゃ寝付けないかな。 [続きを読む]
  • Chrome Castを購入したよ。
  • 手元のiPhoneでYoutubeを見ることが多くなった。今の子供なら違和感がないのだろうが、どうもあの小さな画面でちまちま見るのはコツコツとした違和感があった。Chromecastなるツールをご存知だろうか。Wi-Fi環境下にあれば、Youtubeのみならず、Netflixなども、部屋の大画面に飛ばして、視聴することができるという、googleが販売しているツールだ。販売されてからだいぶ何年も経つし、存在自体は知っていたが、そんなに携帯で動画 [続きを読む]
  • higher than heaven
  • higher than heaventhan以降が、ちょっとコトバとしてはダサい感じ。でもまあいいや。朝6時だし。大好きな氷室さんのうたのタイトルから拝借しました。そう朝6時なんですよ。休日(土曜日)なのに。昨日はあまり眠れなかったけど、そんなに疲労感もない。これ、ヤバイんですよ。Ⅱ型双極性障害(そううつ病)の私には。いわゆるハイな状態になりつつあることを暗示しています。ずーっとハイならいいんだけど、そうはいかない。ハイ [続きを読む]
  • 鶴瓶に乾杯
  • NHKの鶴瓶の家族に乾杯我が家では、鶴瓶に乾杯と、妙な略し方で呼び、母ともども、楽しみにしている番組である。いつも、心があったかくなる。家族を、フィーチャーした番組だから、いろんな家族模様の話がでる。お父さんとお母さんの馴れ初めや、苦労して子供を育てた話、もろもろ。家族に歴史あり、である。今日のゲストは、西郷どんで、人気沸騰中の、黒木華ちゃん。かわいかった。 [続きを読む]
  • 義田会
  • この三連休、東京に行って来ました!理由は、前の職場の皆様と飲むためです。そうです。そのためだけに、上京しました。義田のために、義田の親しかった人たちを集めてくれると言われたら、男として行かないわけには、行かないでしょう。8人の侍(女性多数)が、集まってくださいました。呑んで食って、さんざっぱら騒いで、本当に本当に楽しかった!前社を辞めて10年近く経つけれど、いろんな人が、愛情を注いでくださる、会いた [続きを読む]
  • 美しい言葉
  • 言葉。ときに絞り出したり、紡ぎあげたり。美しいフレーズを探してる。いつも。要はかっこつけてるんだ。でも俺の言葉はいつも借り物。刺激を与えてくれた幾千、幾万の言葉の焼き直しでしかない。俺の、義田真也の。義田真也しか紡ぎだせない言葉。そんなものを探して、俺は今日も筆を執っているのかもしれない。いろんなこと思うよ。人間の時間て有限なのに、どうしてこんなに無限の毎日を送ってるんだろう、とか。早い。時間の流 [続きを読む]
  • flowers for ALGERNON
  • 氷室京介が、ソロになってからのファーストアルバム。これも兄貴の部屋に転がっていたのを拝借して聞いたんだった。不朽の名作『ANGEL』なども収録されているが、今でもよく聞くのは、『DEAR ALGERNON」といううた。ひび割れたアスファルトの上にいらだちを吐き捨てる見せかけの今日たちの囲まれてざらついた心はどうすればいい?Youtubeでひっかけると、氷室がアコギ一本で歌っている画像に出会える。16歳でかっこいいと思えた詩 [続きを読む]
  • 四葉のクローバー
  • 雨は嫌いです。ただ、雨が降らないと、それはそれで困ることは分かっています。雨のあとの楽しみがひとつ。うちの庭のクローバーが生えていないか確認すること。とある人からの贈り物で、鉢植えのクローバーをもらいました。もうずいぶん前のことです。それは四葉ばかりかけあわせたのか、すごく四葉率が高いクローバーで。東京に居た頃にもらったもので、福井に引越すときに、持ち帰って、庭に移植したのでした。毎年、夏には暑さ [続きを読む]