独断偏見妄言録 China's Threat さん プロフィール

  •  
独断偏見妄言録 China's Threatさん: 独断偏見妄言録 China's Threat
ハンドル名独断偏見妄言録 China's Threat さん
ブログタイトル独断偏見妄言録 China's Threat
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/stopchina
サイト紹介文中国は人類の命運を左右する21世紀最大の不安定要因
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/12/23 12:29

独断偏見妄言録 China's Threat さんのブログ記事

  • 安倍晋三というバカ
  • 来年の消費税増税を何が何でもやるつもりらしい。安倍晋三というバカは、バカなりに「消費税は景気を冷やす」ということは理解しているらしい。そのため、大型の経済対策を実施するつもりだそうだ。何のための消費税増税か?財務省の言い分は、たぶん、税収の安定化だろう。景気動向に左右されずに安定した税収が得られるということだ。しかし、消費税上げに伴って、国民の節約志向はさらに強まり、消費は落ち込み、景気は悪化する [続きを読む]
  • 殺人熱波が4億の中国人を移民に駆り立てる
  • 50年以内に北京、天津を含む中国北東地域は凄まじい熱波により人が住めなくなる、という予測がNature Communicationsに掲載された。気候変動によりもたらされる高温と、発達した灌漑施設が原因の高湿度により湿球温度が上昇する。湿球温度が体温35°Cを超えれば、汗の蒸発による冷却メカニズムが働かなくなり、身体は急速にオーバーヒートして死に至る。農民などが戸外で作業すると数時間で死亡する環境になり、食料の生産がで [続きを読む]
  • 汚鮮された政界:朝鮮飲みという証拠
  • 枝野と小池百合子、おまエラもか!!!枝野はやっぱりそうか、という感想。驚きはない。だが小池百合子については意表をつかれた。かなり保守的な発言が多かったのに、どうして?そういえば、自民党国際人材議員連盟の会長で移民推進派だったこともあるし、納得できなくもない。移民推進派が全員あちらの方とまでは言えないだろうけど。ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」から以下の写真を拝借した。 [続きを読む]
  • 人口侵略:埼玉・西川口に中国語だけで暮らせる新チャイナタウン
  • 安倍晋三による我が国の破壊がここまで進んでいることに愕然とする。日本が侵略されつつあることに気づかない脳天気な日本国民は、やがて泣きを見るだろう。新たに出現したチャイナタウンは、これまでの日本人相手の中華街とは根本的に異なる。西川口は中国人のための中華街なのである。中国人客だけで商売が成り立つのだ。池袋が中国人のための中華街になって久しいが、埼玉にも出現していたのだ。北海道のニセコも中国人に占拠さ [続きを読む]
  • このままでは日本は中国の属国になる
  • 発足当初の安倍政権は、民主党政権が残した無残な廃墟の中に登場した、輝かしい希望の光だった。しかし、消費税8%への増税にともなって輝きは急速に消えていった。結局のところ、安倍政権の5年間は日本が更に衰退した5年間となった。経済政策はアベノミクスと囃し立てられたが、消費税増税と緊縮財政という致命的判断ミスにより、デフレ脱却に失敗した。金融緩和により円安になり、輸出が息を吹き返し、株価が上昇した。失業率 [続きを読む]
  • 単純労働者50万人計画阻止のための妙案
  • 売国奴・安倍晋三とその手下の自民党・国賊議員共がたくらんでいる単純労働者50万人受け入れ、というとんでもない悪巧みを阻止するにはどうすればいいか考えてみた。過去の拙ブログを読み返してみると、安倍晋三は率先して移民受け入れを推進してきたことがわかる。根っからの売国奴なのだ。売国奴・安倍晋三が本性を現す:単純労働者50万人受け入れへ 2018年05月30日高度人材に1年で永住権:3分の2が中国籍:売国奴・安倍 [続きを読む]
  • 予言:安倍晋三というバカは間もなく退陣する
  • バカは死ななきゃ治らない売国奴・安倍晋三がある日突然改心して国家・国民のための善政をする、という夢物語にかすかな希望をつないでいたのだが、それは無理だとわかった。バカはいつまでたってもバカのままだ。そういえば「安倍さんを降ろして、その先はどうするんだあ!」という安倍信者みたいなのがいた。チンパンジーがトラックを運転していたら、とりあえず止めるのが先でしょう。バカなんですかね?? by 適菜収来年度予算 [続きを読む]
  • 売国奴・中西宏明(経団連会長)
  • 経団連会長「外国人労働者受け入れ拡大を」2018年6月11日日テレNEWS24経団連の中西会長は、政府が進める外国人労働者の受け入れ拡大について、日本が多様性(=ダイバーシティ)を増すためにも、そうすべきだとの見解を示した。政府が外国人労働者の受け入れ条件を緩和する方針であることについて、経団連の中西会長は、日本は人手不足対策のためという以前に、多様な人種を受け入れる必要があるとの考えを示した。中西会長「もっ [続きを読む]
  • 売国奴・安倍晋三が本性を現す:単純労働者50万人受け入れへ
  • 外国人、単純労働にも門戸 政府案「25年に50万人超」2018/5/29日本経済新聞政府が検討している新たな外国人労働者受け入れ策の原案が29日、明らかになった。日本語が苦手でも就労を認め、幅広い労働者を受け入れるのが特徴だ。2025年ごろまでに人手不足に悩む建設・農業などの5分野で50万人超の就業を想定する。日本経済が直面する深刻な人手不足を背景に、単純労働分野における外国人への事実上の門戸開放に踏み切る。 政府は [続きを読む]
  • 防衛費「GDP比2%」目安 自民が提言案
  • 防衛費「GDP比2%」目安 自民が提言案 NATO参考に2018/5/24日本経済新聞 自民党の安全保障調査会は24日の幹部会合で、政府が今年末に見直す防衛大綱や中期防衛力整備計画(中期防)に向けた提言案をまとめた。将来の防衛予算確保の参考値として、北大西洋条約機構(NATO)が目標としている「国内総生産(GDP)の2%」を明記する。実現性は乏しいが、中国が軍備を増強し、日本の安全保障環境は厳しさを増してい [続きを読む]
  • 縮小する日本経済:アベノミクスの失敗
  • 1〜3月実質GDP、年率0.6%減 9期ぶりマイナス2018/5/16 8:50日経 内閣府が16日発表した1〜3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.2%減、年率換算では0.6%減だった。マイナスは9四半期ぶり。消費や設備投資、住宅投資が振るわず、内需が勢いを欠いた。輸出の伸びも鈍化した。(後略)Japan’s economy shrinks in January-March quarter1〜3月期日本経済が縮小May 15 at 9:35 PMW [続きを読む]
  • 私は産経新聞の購読をやめました
  • 産経を応援しようと思って、これまで購読してきたが、今では毎月3,043円の支払いが重荷になってきた。そういうわけで4月一杯で購読をやめた。産経さん、ごめんなさい。購読をやめて1週間になるが、不便は感じない。ニュースはネットでいくらでも読むことができる。およそ1年後には消費税が10%になるそうだが、その痛手を軽減しようと思えば、新聞の購読をやめるのが手っ取り早い。消費税増税の家計への影響は、個別の商品の [続きを読む]
  • 文旦ジャムで花粉症がなおった、らしい
  • 私は長年花粉症に悩まされてきた。発症当初の数年間は何も対策を取らなかったので、春は死ぬほどつらい季節だった。近所の医者に処方してもらった薬を飲むようになってから症状は大幅に改善された。それでも、一時的にひどく悪化することが1シーズンにつき1〜2回は必ずあった。医者にもらった薬はセレスタミン:朝1錠レミカット2mg:夜1カプセルこれをシーズンの1週間前から飲み始めた。マスクは鬱陶しいのでつけない。そ [続きを読む]
  • 米中貿易戦争:日本に急接近する中国にダマされるな
  • 米国の対中強硬姿勢が鮮明になる中、中国は露骨に日本への急接近を試みている。真の日中友好などあり得ないことは中国の長期的な世界戦略から明らかである。単に現在の苦境から逃れるための日米離間工作を試みているに過ぎないと認識すべきだ。日本人は世界情勢に無知でお人好しだからダマせると考えているのだろう。自衛隊と中国人民解放軍の交流事業6年ぶり再開 主催者の笹川平和財団が都内で歓迎会2018.4.17産経自衛隊と中国 [続きを読む]
  • 安倍晋三の後継として細田博之氏が良いと思う
  • 安倍晋三の政治には我慢がならない。野党のゴミどもとは全く別の理由でだ。安倍晋三は移民を本格的に受け入れようとしている。移民ではなく外国人労働者だと強弁する。国民を馬鹿にした許しがたい欺瞞である。この一点だけでも安倍晋三を引きずり下ろすには十分な理由になる。経済政策もでたらめであり、デフレ脱却を掲げながら、消費税増税を強行し、緊縮財政により日本の国力を弱めることに邁進してきた。安倍移民受入内閣保守ブ [続きを読む]
  • 9条改正私案
  • 9条改正についての私のブログ:本質を見失った改憲論議 (2018年03月08日)自民党としての最終案(3月25日現在): 9条の2第1項 前条の規定は、我が国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、法律の定めるところにより、内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する。 第2項 自衛隊の行動は、法律の定めるところに [続きを読む]
  • 外国人の子供急増に悲鳴:壊れていく日本
  • 運動会で6か国語放送…外国人の子供急増に悲鳴2018年03月31日読売「保護者とも意思疎通ができない」「教員の負担も限界」。 日本語を習得できていない外国人の子供の急増に、教育現場からは悲鳴が上がる。 横浜中華街に近い横浜市立南吉田小学校では、全校児童約740人の半数以上が外国籍などの子供だ。保護者が帰化して日本国籍になっていても、家庭で使うのは母国語のみという子供もいる。昨秋の運動会では英語や中国語など [続きを読む]
  • 中国の宇宙ステーション落下日が迫る
  • 中国の宇宙ステーション「天宮1号」が大気圏再突入した際に燃え尽きなかった破片は4月1日か2日に地球に落下すると、米国の宇宙ゴミ追跡サイトが予測した2018年03月26日スプートニク日本以前の報道では、落下が4月に起きる可能性は60%、3月と5月がそれぞれ20%だと予測されていた。正確な落下地点はまだ明らかではない。天宮1号は2011年9月に打ち上げられた。2016年3月、中国は同機のミッションが成功裏に完 [続きを読む]
  • 米国の第6世代戦闘機
  • The US Air Force just gave a sneak peek of its plans for the next generation of fighter jets米空軍が次世代戦闘機計画の予告をしたDaniel Brown Mar. 26, 2018, 06:00 PMBusiness Insider●米空軍研究所が第6世代戦闘機の概念設計ビデオを発表した。●ビデオは高エネルギー・レーザーを発射して敵戦闘機を破壊する様子を描いている。https://youtu.be/HPZpp_Y6Er8関連エントリー:国産戦闘機開発を断念か:理由は予算不足 [続きを読む]
  • 貿易戦争というより、グローバリズムへの反撃
  • The world is on the brink of a trade war世界は貿易戦争の瀬戸際にあるMarch 23, 2018CNN Money米中双方が貿易戦争に発展しかねない非難合戦を始めた。今後何が起きるかが最も懸念される。トランプ大統領は火曜日、5兆円相当の中国から米国への輸出品に関税を課すと発表した。中国は直ちに3000億円相当の米国からの輸入品に新たな関税を課すと反論した。(後略)米中貿易戦争、身構える世界 共倒れを警戒対中制裁6兆円、 [続きを読む]
  • ついに中国系アメリカ大統領候補出現:恐るべき未来の前触れか
  • 米大統領候補に名乗りを上げた起業家、ベーシックインカム導入を訴え2018.2.13MIT Technology Review アンドリュー・ヤンは、2020年の民主党大統領候補に出馬しようとしている。ヤンの使命は、自動化に対する政府の備えを持つことだ。(後略)Andrew Yang アンドリュー・ヤンヤンの両親は台湾からの移民。大陸系(外省人)かどうかは不明。表面上は台湾系なので、アメリカ人の抵抗感が少ないという計算に基づいた人選(北京による [続きを読む]
  • 国産戦闘機開発を断念か:理由は予算不足らしい
  • Japan May Scrap Its Homegrown Fighter Jet日本は国産戦闘機を断念か東京は西側戦闘機(たぶんF-35)の改修を検討との情報Mar 13, 2018 By Kyle Mizokamipopularmechanics.comコスト高騰の犠牲となって、戦後はじめての日本の国産戦闘機の開発計画(ATD-X)が死んだと読売新聞が伝えた。戦闘機開発のコストが高すぎることにより、プロジェクトへの熱狂に冷水があびせられたのだ。F2後継機、国産断念へ…採算面で疑問視する声2018年 [続きを読む]
  • 人種差別主義者の称号は名誉:バノン氏
  • バノン氏、仏右翼会合で「人種差別主義者の称号は名誉」2018.03.11CNN.co.jp(CNN) トランプ米大統領の側近だったバノン前首席戦略官は10日、訪問先のフランスで右翼政党「国民戦線」の会合に出席し、「人種差別主義者と呼ばれることは名誉の印」などと発言した。バノン氏は演説で聴衆に「皆さんを人差別主義者と呼ぶ人には呼ばせておきなさい。外国人嫌いと呼ぶ人、移民排斥主義者と呼ぶ人には呼ばせておきなさい。その称号 [続きを読む]
  • 朝鮮半島の今後を予想してみた
  • プロローグトランプのここ1年の北朝鮮政策は、北による先制攻撃を誘いだすことを目的としていた。大掛かりな軍事演習、ステルス爆撃機の飛来、斬首作戦、そして厳しい経済制裁などの「おどし」に耐えられなくなった金正恩が先制攻撃に打って出ることを狙っていたのだ。北の先制攻撃に反撃するという大義名分のもとで核施設やミサイルを破壊することができれば、米国は国際社会からの批判を受けることなく「北の非核化」という目標 [続きを読む]