Toshikazu.T さん プロフィール

  •  
Toshikazu.Tさん: 猫の写真のブログ。
ハンドル名Toshikazu.T さん
ブログタイトル猫の写真のブログ。
ブログURLhttp://catandman.blog.fc2.com/
サイト紹介文毎日1枚ずつ猫の写真を載せます。日本全国の野良猫や地域猫など。かわいいですよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/12/24 04:30

Toshikazu.T さんのブログ記事

  • 男木島のボートの下の猫たち
  • (2018年10月 香川県・男木島)10月も中旬ですが、さすがに陽が高くなってくると男木島の猫たちも大人しくなってきます。それでもまったく見えない所に行ってしまわないだけ情け深いと言いましょうか。触っても怒りませんしね。猫を探すに適した季節になってきました。↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 男木島の人気のない秋の渚の猫
  • (2018年10月 香川県・男木島)いつも観光客にエサでも貰っているのか、長い時間付き合ってくれた濃いめの茶トラ。無防備で温厚なヤツですが、エサがもらえないとわかると私に興味をなくしてガードレールの陰にへたり込みました。砂浜と猫というと、毎年一度は行く竹富島の浜が鉄板なのですが、この子のおかげで男木島で浜猫を十分に楽しむことができました。前はここまでついてきてくれる子もいませんでしたし。何より今回は平日 [続きを読む]
  • 男木島の猫は減少しつつも
  • (2018年10月 香川県・男木島)男木島の猫の数は明らかに減少していました。もっとも一番頭数が多かったであろう時期を外しているのでどのくらい減ったかとは言えませんが、今回の訪問で見た猫は多く見積もっても15〜30匹くらい。数はそこそこですが人を恐れない子が多く、猫を追っていて会えなくて暇するという事はありません。この減った理由がまたよくわからなくて、猫全頭に去勢避妊手術は施されたものの、それだけでいきなり [続きを読む]
  • 猫島・男木島の朝
  • (2018年10月 香川県・男木島)休みの日の前日の夜8時ぐらいに何しようかなと予定を練っていて、久しぶりに男木島に行ってみることにしました。そしてつい昨日行ってきました。男木島と言えば2016年に一斉避妊・去勢が行われたとかいう話もありましたし、ネットで検索を入れてみても猫が消えただの減っただの、色々なうわさ話が飛び交うばかりで何が本当なのかよくわからない(現地住民に取材を入れたという記事同士で内容が全く [続きを読む]
  • 沼島に陽は暮れて 沼島は猫の島ではない?
  • (2018年4月 兵庫県・沼島)沼島で撮った最後の1枚。18:20頃。帰りの船は18:30に沼島を出港し、淡路島側の土生港から接続しているバスで陸の港西淡(せいだん)バス停へ、そこから三宮か舞子まで戻り、そこからJRで京都方面に戻ります。沼島で出会えた猫の数は10匹くらいです。人が住んでいる地域の広さを考えれば充分多いとは思いますが、猫の島という呼び名が似合うような島ではありませんでした。バス利用の公共交通機関では [続きを読む]
  • 沼島の路地裏の猫
  • (兵庫県・沼島 2018年4月)もうすぐ日も落ちそうな午後6時過ぎ。淡路島の南端の離島と言えどもまだなんとか京都へはその日のうちに帰れます。本来は島の人の為なのでしょうが、淡路島の便利な高速バスのダイヤはありがたいものです。JRの新快速もね。少々焦りを感じつつもいまだ数の少ない沼島の猫の写真を収めるべく猫に相対します。まるまるしてますね。多分他の猫島の猫よりも健康です。ノスタルジーを感じる島の狭い路地で迎 [続きを読む]
  • 沼島の猫だまり
  • (兵庫県・沼島 2018年4月)また別の民家の裏に猫だまりを発見。エサを貰えるらしく、民家の勝手口に向かってニャーニャー鳴いていました。こうして写真を上げていくと結構な猫がいそうに思えるのですが…きみたち朝昼はどこにいたの???↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 沼島の民家わきの猫
  • (兵庫県・沼島 2018年4月)白の地に薄く顔に模様のある猫。写真映えしそうなヤツです。この民家と民家の間には3〜4匹くらいはいるようでしたが、なかなか出てきてはくれませんでした。この子も3メートルくらいまでは寄れるものの、それ以上寄ると距離を取られてしまいます。それでも遠くに逃げないのはこの近くで夕時に餌をもらえているから…かな?↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 沼島の民家の間に潜む猫
  • (兵庫県・沼島 2018年4月)あからさまに警戒されていますが、集落内には数匹の猫のコロニーがありました。確かに朝昼ともに同じところを歩いたはずなのですが…このあたりで島の人に声をかけられたので、猫を探している旨を聞いてみた所、『あまり島内に猫はいない』『漁具を荒らすので猫に良い思いをしている人はいないのではないか』と言われてしまいました。それでも猫がこれだけ肥えているなら島の誰かは餌をあげているのに [続きを読む]
  • 沼島の護岸の猫
  • (兵庫県・沼島 2018年4月)港付近の護岸やその付近の公園、漁具倉庫のあたりをウロウロしていた猫。写真では日を浴びて眠そうにしていますが、常に警戒を怠らずに見回りしていました。一番見た回数の多かった子ですが、まったく人懐こいということはありません。時間さえ合えば姿は確認できそう。沼島へは一日5便ほど船がありますし、どうしても沼島で猫を確認したければ私の経験からは午後に来島するのがお勧めです。もっともそ [続きを読む]
  • 沼島の山の猫
  • (兵庫県・沼島 2018年4月)上立神岩へ行く途中の、少し山の方に入ったところにいた猫。時刻は夕闇せまる16:34。特に人懐こいわけでもなく、少し距離を置いてこちらをうかがっていましたが、さらに山の方にあるリサイクルセンターだか資材置き場の方に歩いていきました。沼島でとりあえず猫に会えたことは良かったですが、残念ながらよそ者に懐く猫は島にはいませんでした。ですが不健康そうな猫は見なかったので一応食うに困っ [続きを読む]
  • 台風が来る前に猫スポットへ…
  • (京都府 2018年10月6日)沼島のことについて書いている途中ですが一度中断して。台風が来る直前の朝に猫スポット…って同じことを今年3回は書いた気がします。今回の台風は日本海側へ逸れそうですが、京都はおかげでヘンテコな天気です。まず雨が降ったりやんだりです。晴れ間も出てるのに、時折ざーっときつく降ってきます。そして暑いです。梅雨に戻ったかのようなジメジメした暑さ。もう最悪。夕方にかけて近畿一帯は天気が回 [続きを読む]
  • 沼島を歩き回って7時間半後…
  • 沼島をかなり隅々まで回りました。しかし猫はいません。この日、気合を入れて前日に洲本まで来て一泊し、朝一番で沼島に渡ったのですが…残念ながら朝の時間帯なら猫に会えるだろうと踏んではいたものの、空振りにおわりました。事前の情報でも島に猫がいるような、いないような感じで、猫が存在する確信は得ないままでしたが、まさかここまで会えないとは…4月の半ばといえど少しづつ暑くなり、歩き疲れて海水浴場にあったベンチ [続きを読む]
  • 淡路島の離島、沼島(ぬしま)
  • 淡路島の南側にひとつ人が住んでいる離島があります。その名も沼島(ぬしま)。淡路島側の土生(はぶ)港自体があまり栄えた場所ではないので行くのは結構手間ですが、公共交通機関でも京阪神地区からであれば日帰りも可能な島です。京都にもここで獲れたハモが送られてくるのだとか。私は縁がないですが、島の中でもハモ料理が頂けたり、民宿もあるようです。ワカメが干してありました訪れた日は4月も半ばを過ぎたころの、とても [続きを読む]
  • 10月の30℃
  • (京都府 2018年9月)そういえば同じ時期、何年前かは忘れましたが10月3日に札幌に行ったことがあります。札幌駅を出たら自分ただ一人を除いてはみんな長袖で驚いた記憶が鮮明に残っています。というかあれは恥ずかしかった。空港まではまだ半そでの人が多かったのだけど。朝晩はやや肌寒いものの、まだ関西は昼間となれば半そでで割とちょうどいいくらい…色々難しい季節の変わり目、風邪をひかないようにしたいもんですね↑クリ [続きを読む]
  • 階段の出待ち兄弟
  • (京都府 2018年9月)ここ最近は悪天候が続き、夏の間撮りまわっていた工場夜景もぱったり行けなくなったせいか、無駄に部屋の中の整理にこだわるようになってきました(というか今までが無頓着だったんですが)京都ヨドバシのニトリにたびたび行っては棚を買ったりハンガーラックを買ったりあれやこれやと買いながら少しづつ部屋が片付いていきました。今は古い棚を捨てて新しいものを買うかと考えてはいますが、なんか無駄な出 [続きを読む]
  • 台風が去って暑さ戻る京都
  • (京都府 2018年10月1日)台風が過ぎて今日も昨日と同じスポットへ行ってみました。今回の台風は京都市内ではあまり雨風ともにそこまで強くはなく、周辺や猫たちには特に被害はありませんでした。台風交じりで昨日今日という連休だったので、貴重な連休が残念なことになりましたが、実は今週末の土日も連休なのです。でも週間予報見るとこれまた全国曇り&雨なんだよなあヒドイ。↑ いただけると、毎日更新が長続きできる [続きを読む]
  • 嵐の前の猫もふもふ
  • (京都府 2018年9月30日)台風がやってくる前にいつもの猫スポットに行っていました。会社は臨時休業になりました。まあ俺は最初から休みの日(振り替えは当然なし)だけどな!!!京都はこれを書いている午後3時前でも大して天気は荒れていません。ただし公共交通機関がかなり狂っているので注意せんといけませんね。前の台風でも結構粘って動いてた京都市バスも午後5時には全区間運休らしいですし。地下鉄だけは動くみたいです [続きを読む]
  • 猫と紅葉と。
  • (京都府 2016年11月)2年前の写真ですが、秋が近づいてきましたね。今朝は久しぶりに上着を着て家を出ました。ところが帰る頃には半そででも歩いていると汗ばむくらいでした。おまけに台風とはどうなってんだよ…↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 棒を抱える子猫
  • (京都府 2018年9月)また台風が来ますね。しかも自分の次の連休が30日と1日なものだから台風直撃で…またかよって感じ正直、連休中(単発休みでも)に家にこもるのは嫌なんだけど仕方ないかなあ↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 冬を越える野良猫たち
  • (京都府 2018年1月)倒れた木の下、穴になった部分を寝床にする猫たち。昨日の記事の猫とその兄弟2匹です。この猫スポットにおいては猫にできる精いっぱいの防寒です。食べ物は充分に与えられているので、こうして寒さをしのぎつつ、やつれることもなくみんな冬を越しました。↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • トレイル上の水飲み場の猫
  • (京都府 2018年1月)母猫は以前から見知った猫で、遭遇したのは今年の一月。京都でもうっすら雪が積もり寒さの厳しい日でした。山道のちょっとした水たまりが猫スポットの水のみ場だったようです。水を飲んだ後は兄弟猫の寝床にそそくさ帰ろうと私の目の前を横切って行こうとしたので『ちょっとまてよ』と呼び止めたら大層びっくりしていました。ですがその日のうちに膝の上で暖を取ろうとしたのでこの猫も最初から人懐こい子で [続きを読む]
  • じゃれる親子
  • (京都府 2018年9月)親は人懐こく、子は人間を恐れないので人前でものびのび遊んでいます。子猫は遊ぶことに夢中なので親猫をほっぽりだすことも多々あります。ほぼ生まれつきに近い形で猫に対しても人に対しても社交的な子猫は将来どんな猫になるのでしょうね。↑ いただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 病弱のヤマは過ぎたか
  • (京都府 2018年9月)もしこの子が育児放棄されたのなら、もしかしたらその体の弱さゆえに見捨てられたのかもしれません。兄弟のハチワレは体が細く、目の周りが若干病気。この黒はハチワレに輪をかけて体が小さく細く、一月後に生まれた子猫といい勝負なくらい。生まれてこのかたずっと鼻と目も具合悪そうにしています。とはいえ、ここまで成長してきて大分抵抗もついたようで最近はかなりマシになってきました。気候も落ち着い [続きを読む]
  • かりそめの親子
  • (京都府 2018年9月)横に並べてみました。そういえばこの2匹、茶トラはかりそめの親代わり(しかも♂)なのは前に書いた通りなのですが、本来の黒猫の母猫がスポットにいるのを見かけましたが、他の子育て中の♀に追いかけられて逃げていきました。育児放棄をしたのか、近づくに近づけないのかは猫のみぞ知るところです。確かなのは、放置された子猫らは既に自分たちだけで生きていける世渡りの上手さを身に着けてしまったという [続きを読む]