サトケン さん プロフィール

  •  
サトケンさん: 生活保護で生活してみた
ハンドル名サトケン さん
ブログタイトル生活保護で生活してみた
ブログURLhttp://satob.seesaa.net/
サイト紹介文35歳童貞生活保護受給者がAV男優登録しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 294日(平均2.8回/週) - 参加 2016/12/24 09:43

サトケン さんのブログ記事

  • マッチョと綾瀬ナンパ〜マイナスのタグを使う
  • REIというマッチョから連絡が来て、綾瀬で飲む事に。金が無いから日高屋で飲もうみたいな流れになるが、事前に調べた「串のこたに」へ行く。綾瀬は「大松」か「串のこたに」が良いらしい。こたにサワー100円、普通のサワーなのに激安だ。俺のナマポの話でテンプレみたいな質問が続く。ブログに書いた内容を反芻するようなやり取り。彼に限らず他人と会話する時は、事情聴取のようだと感じる。俺は人間はつまらないと思っているので [続きを読む]
  • 金も仕事も女も無いから筋トレしてきた
  • 昭和の文豪のように酒を飲み、肝臓っぽい所がちょっと痛くなったりして、いよいよ俺このままだと死ぬなと思って考えた結果、ジムに通う事にした。そう、結局男が行き着く先は筋トレしかない。近所のティップネスへ。駅前のジムも他二軒見たが、ティップネスが最強だった。ゴールドジムが評判いいけど、俺にはティップネスのファミリーっぽい雰囲気で十分だ。プールも風呂も入れるしね。入会手続きで45分程かかる。webエントリーし [続きを読む]
  • 「働きたくない」→俺「生活保護」→「イラネ(^_^;)」
  • 最早テンプレ化した生活保護あるある。こういう人にこう言うとこーなる雇われ仕事がつまんなくない時点で、その人生つまらんと思うけどね。結局みんな仕事も悩みも大好きなんだよね笑こんだけ苦しんでそれでも生きて頑張って、みんなに応援されてる俺スゲーみたいな状態なんだから、幸せだよね。でも仕事って怖いなと思う。この前ある人に言ったけど一日8時間しか働かないとしても通勤含めて10時間以上奪われてる。昼休憩入れた [続きを読む]
  • 苦手な場所に行く理由
  • 誰しも苦手な事や場所があると思うけど、俺は結構好きだったりする。西村博之の「無敵の思考」に似たような事が書いていたが、飛行機で「デブが隣に来たら超楽しいな」みたいな予想をして実際にそうなると楽しいという。逆に得意な事・場所では予想外の事がおきたりする。例えば、俺は将棋がそこそこ好きなんだけど、将棋サロンとか行くと想定外の事がおきる。「サロンだから強敵ばかりかな」と思ってると意外に相手が弱かったり、 [続きを読む]
  • 50円AV男優になります
  • AV男優に再登録した事は前に言ったけど、登録したばっかとはいえやっぱ仕事は来ない。男優も数は少ないけど実際に仕事が来るのは①イケメン②優男③面白キャラらしい。不細工なオッサンが思いつきでポンと登録しても、簡単にハメさせて貰えない。しかもスカトロとかSMは得意ジャンルとして申請してないので、なおさら来ない。貪欲に何でも出来ると言えば、不細工でも仕事は来るらしい。でも嫌だよね、めんどくさいし。若くて可愛い [続きを読む]
  • Abemaがちょい古のDTイジリに本気出してきた
  • 全ての童貞と元童貞に捧げる新番組スタート!耳を「はむはむ」される!DTテレビ♯1https://abema.tv/channels/special-plus-2/slots/8jzuVhwG264XMR暇だから出たいなー。出演してる女の子もめちゃめちゃ可愛いし。チェリー宮村とかこういう番組に向いてると思うんだけどね。お約束のボケ、本物宮村の万能性はもう証明されてるからなー。https://youtu.be/RPckCa-f1ek?t=3h5m12s俺の毒舌と宮村のキッズ向けギャグって、ある意味敵な [続きを読む]
  • 働けど働けど我がナマポ楽にならず
  • 生活保護は働き損のシステム。収入の基本控除というのがあって、月に1万五千円くらいまでは労働収入があっても全く減らない。だけど、1万5千円以上稼いだ場合超えた分は保護費が減額されていくというクソシステム。あなたの給与収入の総額 基礎控除額(一人目)0〜15,199円 0〜15,199円15,200円〜18,999円 15,200円19,000円〜22,999円 15,600円23,000円〜26,999円 16,000円27,000円〜30,999円 16,400円31,000円〜34,999円 [続きを読む]
  • 失敗力
  • 能力が高い人ほど色々計算した結果、何もしないというのが多い。俺が人間を見る時は、能力よりどんだけバカな事できるかなーと思って見てる。つまり、失敗力があるかないか。ホリエモンで言うところの、バカは最強バカは打席に立つ回数が多いスペック高いのにやらない人って俺からすると、「お前ウサギのくせにスタート地点から一歩も動いてへんぞ」(西野風て感じ。もったいないなー。イケメンで頭が良い奴が、「他の人がどう思う [続きを読む]
  • 歯は大事
  • 医療費は基本無料なんで、せっかくだから歯周病治療という名目で歯石を取って貰った。医療券というA4の紙を出すとその病院は一ヶ月無料になるわけ。保険の範囲ならどれだけ通ってもね。ヤバイでしょ生活保護。ま、実際はこれでもカツカツになるけどね。4回くらいで全部取り終わってスッキリ。取るのは結構痛いけど、回数分ければ耐えられる。歯石の歯周病リスクと虫歯リスクをちゃんと理解できれば、ベネフィットの方が遥かに高い [続きを読む]
  • 愛嬌ある無能は愛される
  • 見てるとあらゆる点でどこにでもいるダメなオッサンで、別に面白いわけでもないし、クズさも大した事が無いというか、処世という小賢しさはかなりある人達なんだよなー。こういうのが世間的にはウケるのは昔から。昔からスナックのママとか、クズ系男子が大好きで家に置いたりしていたもんだけど、要はみんな大好きだったんだね。喋れる猫というか、パンダみたいな感覚で。足立区のマンションに住まわせたらウザいけど、一晩奢るく [続きを読む]
  • みんな幸せになっちゃう(;´Д`)
  • 前に心屋仁之助さんのブログ読んでいて、「みんなが楽をしたら、みんな幸せになっちゃう!」みたいな事が書いてあった。そうなんだよなーみんなが楽をしたら、普通にみんな幸せになっちゃう。やばいよね笑みんな幸せになったら大変じゃない?だって、俺達はカルマを背負っているから、クソ暑い満員電車に安っぽいスーツを着て、押し合いへし合いしながら退屈な会社に行って、しょうもない上司や同僚の顔色を伺いながらつまんない仕 [続きを読む]
  • 童貞タラレバ男
  • 俺も舌と顎の病気にならなかったら楽に成功してただろうなー。まず20年前からITの時代が来るのはわかってたから、適当にプログラミングはマスターしてどこの会社でも入れただろうし、その上で公務員試験とか受けて技術系採用でウハウハで、超モテただろうな。てかドロップアウトする前は普通にモテたしね。女なんてそんなもんだよね。下らないオンラインサロンに入って、アホな事することもなかったろうし、単に一般的で平均的な健 [続きを読む]
  • 欲望は好奇心から生まれる
  • VRカフェ&バーのWARPZONEに行ってきた。S氏のイベントで、2500円でかなりおいしいスリランカカレーも食べれてVRも体験できる。しかもぷよぷよダブルスで世界一になったという、てまさんも来るという事でテンション上がる。弓ゲーがシンプルながらおもろい他にはバイオとか飛行ゲーとか色々やったけど、眼鏡かけてないとVRも見えない。あれクリアして欲しい問題だな。てまさんスリランカカレー結局酒を4杯もノリで飲んじゃって2,40 [続きを読む]
  • 弱者に居場所はない
  • 東京に来てオンラインサロンに入ったり、時に強引に色んな人と会ってアホな事をたくさんしてきた。やはり想定通り、どこにも居場所はなかった。俺が生きてこれたのは、親の保護と岩手という競争のない田舎の中で、世間のしがらみの中で守られてきただけなのだ。一応形だけ付き合ってくれている人間もいるが、障害者枠のような扱いなのだろう。彼らは優しいから、俺のような人間でも完全に無視する事はない。優しく、その席に座って [続きを読む]
  • 答え合わせを終えて
  • 最後の最後に、「ポジティブバカになって色んな事をやったらどうなるか?」という暇な実験をしていたのだが、結論は当然に「何も変わらない」という事だった。社会も結果しか見ないですよね。他人の苦労なんて可視化できるはずがないし、興味もない。普通に持病のせいで何も出来ないだけだった。当たり前だよね、物理的制限があるんだから。それで、小学生時からの自分の哲学に戻す事にした。人生は遺伝子で決まるイケメンはモテる [続きを読む]
  • ダンケルクが神過ぎてホラー映画並に怖い
  • どんな話かというと、第二次世界大戦のイギリス軍とフランス軍がダンケルクという場所まで追い込まれて、そこから40万人を撤退させるという物語。空爆と魚雷で終始パニック状態という。浜や船で無防備な状態で爆撃機が来る時の、蛇に睨まれた蛙感は半端ない。それを懸命に守ろうとするイギリス空軍の孤軍奮闘っぷりも熱すぎる。超追い詰められてるこっちは結構イケてるクリストファー・ノーランという超有名な監督の作品。インセプ [続きを読む]
  • GO TO JAIL
  • 千代田線からは日比谷で降りる。日本一美しい交番なのではないかという日比谷公園前交番を横切り、日比谷公園を700mほど進むと現れる。千代田区霞が関1−1−1東京地検日本の権力と頭脳の中枢。本来であれば無縁のエリートの庭に踏み入れる事になったのは渋谷での痴態を咎められたから。これを着て行こうかなと思ったが、知人に止められやめた。警察でやったのとほぼ同じ内容の尋問。ただ末端のカス警官とは違い、下品さは微塵 [続きを読む]
  • 猫ひろしみたいになりたい
  • うぃーっすども最近改めて思うんだけど、ゴキブリって気持ち悪すぎるなってことあと女っていいよな笑みたいな女以外で飽きない快楽ってないですよね映画とゲームと酒とハワイくらいじゃない?あとはカツ丼とペペロンチーノとピザと寿司とかなんで女って性格はゴキブリ並に汚いのに、ボディーだけエロいんだろう???これで世の男子は人生狂わされてきたタモリみたいになりたいとか言ってる人がいるクソ度胸あるし、人たらしだから [続きを読む]
  • 女に殴られたい
  • hatashiaiの練習会のため、高田馬場に行ってきた。ダンス用のためのレンタルスペースでミット打ちとか軽くスパーとか。スーパー糖質制限(3食糖質抜き)のストレスで逆に食いすぎたのと酒太りでリバウンドして、77kgまで体重を戻してしまい、全く動けない。終わった後ファミレスで交流会。C宮村という童貞仲間は強い相手とばかりやってすごいね〜、俺は弱い相手としかやりたくねーなみたいな事を連呼。いやマジで凄いわ。プロモー [続きを読む]
  • カイは凄い奴だ
  • このクソ度胸、見上げた根性である。堀江サロンでやってる格闘技イベントの王者に喧嘩を売ったおチビちゃん。ヒッチハイクブロガーのダテカイである。ギャル狩り、路上バーで渋谷を血の海にしてきたこの漢が遂に王者古賀に宣戦布告ときた!やべーあほやこいつ実は俺もチョー暇でモテたかったから、hatashiai出たいと言ったんだけど、なぜか古賀さんとやりそうになって即効断ったというチョーダサい経緯がある。だってこんな奴だぜ [続きを読む]
  • 最悪な状況を楽しむ
  • 無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21 - ひろゆきはホリエモンと対極の人間かと思っていたが、本や動画を見てほぼ同じような人間なのだと理解った。彼らだけではなく、成功者に通じるものだろう。・絶対に自分だけは上手くいくと思っている。・ライフスタイル全般に合理主義を貫く。・苦境を楽しむ。ひろゆきが使い切れないほどの金があるのに徹底した節約生活を貫くのも、自己規制によって日常のゲーム性 [続きを読む]
  • 路頭に迷わない人を助けるべき
  • 最初に断っておくが誰かに対するあてつけとかではない。私の周りには、極めて短期だがリアルホームレス体験をしている若者が数人いる。彼らは私のように生活保護といった、国や社会に依存した生活をしていない点で心底尊敬するのだが、一つ思う事がある。考えが浅はかで、計画性が無さ過ぎる。私が言うと笑えるけど。若いのに、地元を離れ東京に出てくるだけでも凄い。凄いんだけど、本当に凄い人達は普通の人なんじゃないかな。例 [続きを読む]
  • 格闘技ってやらない方がいいと思うのですよ(ひろゆき風
  • 仙台の整骨院で月1くらいで治療してるんだけど、怪我って自然には治らないらしい。ちょっとした怪我でも何らかの障害は絶対に残ってる。普通に生きてても怪我したり病気になるんだから、自分から怪我するような事はしない方がいい。明らかなメリットがあるならいいけど。例えば金が貰えるとか、モテるとか。そんな簡単にモテないよね笑男だから格闘技やりたくなる気持ちはわかる。俺も格闘技は昔結構好きで、キックボクシングとム [続きを読む]
  • ミサイル問題に関するホリエモンは楽天的バカ
  • ホリエモン×ひろゆきが裏読みする北朝鮮ミサイル問題「金正恩を暗殺してもらうためにわざと撃っている?」http://wpb.shueisha.co.jp/2017/06/01/85605/ホリ てか、日本人は騒ぎすぎでしょ。ミサイルなんか飛んでくるわけないじゃん(笑)。んで、テレビとかも視聴率を取るために扇動しすぎ。ひろ あおりすぎているのは同意です。でも一方で、堀江さんの意見って「金正恩(キムジョンウン)とトランプが合理的に考えて行動する [続きを読む]
  • なぜ私だけが苦しむのか
  • なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記 (岩波現代文庫) - 実際のところ、聖書のヨブの受難には何の理由もない。ただ、サタンの提案で神がヨブの信心を試すために、彼は家族を殺され全てを奪われて病気になるという不条理極まる話なのだ。現実の不幸も同じである。そこには一切の理由はなく、全くの偶然である。カルマだとか努力不足とかあれこれと理由をつけるが、全てデタラメで結局『運が悪いから』である。著者のクシュナーは、 [続きを読む]