ショウ さん プロフィール

  •  
ショウさん: お部屋探しお助け隊
ハンドル名ショウ さん
ブログタイトルお部屋探しお助け隊
ブログURLhttp://oheyasagashi-otasuketai.com/
サイト紹介文マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。
自由文マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 335日(平均1.2回/週) - 参加 2016/12/24 14:59

ショウ さんのブログ記事

  • コミュニティ・救援物資・防火管理者・防災士
  • こんにちは。防災の地震関連16弾です。災害が起こった際にスムーズに行動できるように、いかにして防災力を高めるかといった事を一緒に見ていきたいと思います。コミュニティづくりマンション全体の防災力を高めるためにも居住者同士の日頃からのコミュニティづくりが大切となってきます。災害が起こった時に急に助け合うために共同作業を行うというのは意外と難しいと思います。実際に災害が起こった集合住宅などを見てみると日頃 [続きを読む]
  • 災害対策本部・居住者名簿・防災備蓄品・防災訓練
  • こんにちは。防災の地震関連15弾です。今回は地震が起こった後に混乱せずスムーズに行動できるためにしておきたい事に関してです。それでは一緒に見ていきましょう。災害対策本部の設置大規模な災害が発生した際には一人一人が別々に行動するより災害対策本部などを設置する事が大切です。こうする事でこれからの方針を立てやすくなりますし情報の共有化が行え被害の拡大を阻止でき、活動をスムーズに行う事ができるようになるので [続きを読む]
  • ガス漏れ・通電火災・マイコンメーター・コンロの機能
  • こんにちは。防災の地震関連14弾です。今回は地震が発生した後に引き起こされる二次災害に関して一緒に見ていきましょう。救援活動の妨害をしない地震が発生すると二次災害である火災が起こります。大規模な地震の際は木造住宅が多い地域では延焼につながります。火災が発生しても道路には建物や電柱が倒れ、消火栓などが壊れ、様々な倒れた物で道をふさがれている状態です。場所によっては地割れや陥没も起こっていたりします。災 [続きを読む]
  • 地震後の火災(初期消火・周囲へ声掛け・避難方法)
  • こんにちは。防災の地震関連13弾になります。今回は地震が発生した際に起こる二次災害である火災に関して一緒に見ていきたいと思います。消火器の定期点検消火器を自宅に備えておくようにしましょう。マンションの場合は各フロアに一定間隔で備え付けられていたりします。一戸建ての場合は各家庭で備えておく必要がありますがすぐに使えないようでは意味がありません。キッチンで火災が発生した際に家の外に出て持ってこないと使え [続きを読む]
  • 地震保険(歴史・補償される上限金額と内容)
  • こんにちは。防災の地震関連の12弾になります。今回は地震によって被害を受けた際の保険に関して一緒に見ていきたいと思います。地震保険地震保険というのは1964年に起こった新潟地震の後に、創設に対する社会的要望が高まり新潟地震から2年後の1966年(昭和41年)から地震保険に関する法律と地震再保険特別会計法が施行され地震保険が誕生しました。販売と保険金支払い業務は民間の保険会社が担当しますが保険金の総支払額の上限 [続きを読む]
  • ペット(備蓄・しつけ・健康管理・行方不明対策)
  • こんにちは。地震関連の第11弾です。今回はペットを飼っている人が地震発生に備えるべき事に関してです。耐震対策ペットと一緒に住んでいる人は多いと思います。人間とは違いペット独自に地震に対して備えておかなければならない事もあります。ペットも人間と同様に大きな地震が起こればビックリして急に走り出したりします。そんな時に家具の下敷きになって死んでしまったペットは過去の大きな地震でも実際に何件も発生しているの [続きを読む]
  • 地震直後の対応③(キッチン・風呂場・ベランダ)
  • こんにちは。防災の地震に関する第10弾です。今回の地震発生直後の対応は主に室内に関してとなります。それでは一緒に見ていきましょう。キッチン大きく揺れていない時であればすぐにコンロの火を消してください。都市ガスの場合は大きな揺れが発生すれば自動的に止まる機能が付いていたりします。昔から言われている「地震だ!火を消せ!」の通り行動してコンロで火にかけた料理や油で火傷をしてしまっては意味がありません。火 [続きを読む]
  • 地震直後の対応②(エレベーター・エスカレーター)
  • こんにちは。防災の地震に関する第9弾です。地震はどこにいる時に発生するかわかりません。今回も場所ごとにどういった対応をすべきか一緒に見ていきましょう。エレベーター近頃のエレベーターは大きな地震を感知すると自動的に最寄りの階に停止するようなシステムになっています。しかしそういった機能が備わっていない旧式のエレベーターに乗っていた場合はすぐに付近の階のボタンを押してそこから脱出しましょう。仮に扉が開か [続きを読む]
  • 地震直後の対応①(路上、車、電車、地下街、店舗)
  • こんにちは。防災の地震に関する第8弾です。地震は自分がどういった場所で遭遇するかわかりません。こういった場所であればどう対応したらいいか、まとめてみましたので一緒に見ていきましょう。路上にいる時上から何か落ちてくるかもしれません。カバンを持っていればまず頭部を守りましょう。そして周りに何もない広場などへ移動しましょう。移動する際は周囲に立っている建物の瓦やガラスの落下、ブロック塀、自動販売機が倒れ [続きを読む]
  • 情報伝達(緊急地震速報、災害用伝言ダイヤル)
  • こんにちは。防災の地震に関する第7弾です。今回は地震発生後の情報伝達に関して一緒に見ていきましょう。緊急地震速報これまで大きな地震が発生した際に携帯電話から不気味なメロディが鳴った事があったと思います。人が集まっている電車内とかで一斉に音が鳴るから、何ともいえない緊張感のある雰囲気になりますよね。だからこそ意味があるのだろうなとは思います。地震波にはP波とS波があり、緊急地震速報はこの異なる2種類の [続きを読む]
  • 防災グッズ②(食料、薬、自転車)・非常持ち出し袋
  • こんにちは。防災の地震に関する第6弾です。今回は前回に引き続き防災グッズの方と非常持ち出し袋に関してお話させていただきます。非常時に必要な食料「非常食を用意してください」と言われたらあなたは何を用意しますか?ベタに乾パンや非常食としてセットで売られているものを購入しますか?それでも悪くはないと思いますが非常食が自分の好みの味とは限りませんよね?非常時には選んで食べられない状態です。そんな時の食料が [続きを読む]
  • 防災グッズ①(充電器、簡易トイレ、カセットコンロ)
  • こんにちは。防災の地震に関する第5弾です。今回は地震に備えて家で準備しておきたいものに関して一緒に見ていきたいと思います。防災グッズを用意しておく地震が発生してから必要なものを購入しようと思っても周囲も同じ事を考えますので店に大勢が殺到し、まず購入できないと思います。事前に必要なものを調べて購入できる物は揃えておきましょう。カセットコンロガスが止まってしまうかもしれません。その際はガスコンロの代用 [続きを読む]
  • 地震発生前に家の各部屋でしておきたい対策
  • こんにちは。防災の地震関連の第4弾です。今回は地震対策として建物内部で事前に行える事をご紹介していきます。建物内部ですべき地震対策家具の配置に問題はないか?部屋にある大型家具の固定は必ず行うべきです。でもその前に安全性の点から家具の配置はそこが本当に妥当なのか改めて確認はしておくべきです。家具が倒れてしまえばドアをふさいでしまうとか廊下が歩けなくなってしまうようでは危険です。マンションの場合は特に [続きを読む]
  • 建物の耐震性能・耐震ドア・定期メンテナンス
  • こんにちは。防災の地震関連の第三弾です。今回は耐震対策で建物自体にどのような対策をしていけばいいのかを一緒に見ていきましょう。建物の耐震性能地震が頻発する日本で生活する上で、自分が長時間過ごす自宅や職場の建物の耐震性能って気になりますよね?国土交通省が2013年度に発表したデータによりますと耐震性がないと判断された建造物はなんと全国に900万戸あります。これは全体の約18%です。この数値を聞いてどう思い [続きを読む]
  • 阪神淡路大震災・新潟地震・東日本大震災
  • こんにちは。今回は地震に関する第二弾です。住宅選びと防災はセットで考えるべきです。その地域にこれまで大きな災害はなかったか?もしあればどのような対策が必要か日頃から考え備えておく事が大切です。それでは今回も有名な地震に関して一緒に見ていきましょう。阪神・淡路大震災阪神・淡路大震災とは兵庫県の淡路島北部を震源とする1995年1月17日午前5時46分に発生した地震でマグニチュード7.3の直下型地震です。気象庁震 [続きを読む]
  • 阪神淡路大震災・新潟地震・東日本大震災
  • こんにちは。今回は地震に関する第二弾です。住宅選びと防災はセットで考えるべきです。その地域にこれまで大きな災害はなかったか?もしあればどのような対策が必要か日頃から考え備えておく事が大切です。それでは今回も有名な地震に関して一緒に見ていきましょう。阪神・淡路大震災阪神・淡路大震災とは兵庫県の淡路島北部を震源とする1995年1月17日午前5時46分に発生した地震でマグニチュード7.3の直下型地震です。気象庁震 [続きを読む]
  • 阪神淡路大震災・新潟地震・東日本大震災
  • こんにちは。今回は地震に関する第二弾です。住宅選びと防災はセットで考えるべきです。その地域にこれまで大きな災害はなかったか?もしあればどのような対策が必要か日頃から考え備えておく事が大切です。それでは今回も有名な地震に関して一緒に見ていきましょう。阪神・淡路大震災阪神・淡路大震災とは兵庫県の淡路島北部を震源とする1995年1月17日午前5時46分に発生した地震でマグニチュード7.3の直下型地震です。気象庁震 [続きを読む]
  • 地震のメカニズム・防災マニュアル・関東大震災
  • こんにちは。今回は地震に関してです。住居を選ぶ際、その地域の防災力や住居自体の耐震性や地盤の問題は大きく影響します。命がけで購入した住居が災害によって命を失ったり借金だけが残ってしまったという人も現実に数多く存在するのです。どこに住むのかという事やどういう構造の家に住むのかという事は非常に重要です。人間は収入を増やす事にはすごく関心があります。もちろん大切な事ですが、このような大きな財産を所有した [続きを読む]
  • 地震のメカニズム・防災マニュアル・関東大震災
  • こんにちは。今回は地震に関してです。住居を選ぶ際、その地域の防災力や住居自体の耐震性や地盤の問題は大きく影響します。命がけで購入した住居が災害によって命を失ったり借金だけが残ってしまったという人も現実に数多く存在するのです。どこに住むのかという事やどういう構造の家に住むのかという事は非常に重要です。人間は収入を増やす事にはすごく関心があります。もちろん大切な事ですが、このような大きな財産を所有した [続きを読む]
  • 地震のメカニズム・防災マニュアル・関東大震災
  • こんにちは。今回は地震に関してです。住居を選ぶ際、その地域の防災力や住居自体の耐震性や地盤の問題は大きく影響します。命がけで購入した住居が災害によって命を失ったり借金だけが残ってしまったという人も現実に数多く存在するのです。どこに住むのかという事やどういう構造の家に住むのかという事は非常に重要です。人間は収入を増やす事にはすごく関心があります。もちろん大切な事ですが、このような大きな財産を所有した [続きを読む]
  • 地震のメカニズム・防災マニュアル・関東大震災
  • こんにちは。今回は地震に関してです。住居を選ぶ際、その地域の防災力や住居自体の耐震性や地盤の問題は大きく影響します。命がけで購入した住居が災害によって命を失ったり借金だけが残ってしまったという人も現実に数多く存在するのです。どこに住むのかという事やどういう構造の家に住むのかという事は非常に重要です。人間は収入を増やす事にはすごく関心があります。もちろん大切な事ですが、このような大きな財産を所有した [続きを読む]
  • 不動産価値を高める⑦(事前に揃えておく書類)
  • こんにちは。不動産価値を高める第7弾です。不動産価値を高めるためには必要なものを事前に揃えて準備しておくという事も非常に重要です。それが揃っていなかったばっかりに価格が大幅に抑えられてしまう事もあります。どのようなものを揃える必要があるのでしょうか。順番に見ていきましょう。ドラマや映画などで家の金庫に権利証が入っていたり「この権利証はもらって行くからなぁ!」といったセリフを見たり聞いたりした事があ [続きを読む]
  • 不動産価値を高める⑥(傾斜制限・既存不適格・容積率)
  • こんにちは。不動産価値を高める第6弾です。今回も引き続き容積率を高める方法です。それでは見ていきましょう。傾斜制限傾斜制限というものをご存知でしょうか。日当たり、風通し、安全性などにおいて周囲への配慮するために建物の高さが制限されたりするなど建築規制上のルールの事です。斜線制限には北側斜線制限、道路斜線制限、隣地斜線制限があります。街中で一戸建てやマンションで建物の上部が斜めに切り取られたような形 [続きを読む]
  • 不動産価値を高める⑤(容積率・前面道路の幅員)
  • こんにちは。不動産価値を高める第5弾です。今回は容積率の引き上げ方についてです。不動産価値を高める上で非常に重要な手法です。それでは順番に見ていきましょう。容積率の定義と資産価値に与える影響容積率というものをご存知でしょうか。その土地に建設できる建物の延べ床面積を定めたものです。延べ床面積というのはその建物内の床面積の合計の事です。計算式は次の通りです。容積率=延べ床面積 ÷ 敷地面積土地の面積が10 [続きを読む]
  • 不動産価値を高める⑤(容積率・前面道路の幅員)
  • こんにちは。不動産価値を高める第5弾です。今回は容積率の引き上げ方についてです。不動産価値を高める上で非常に重要な手法です。それでは順番に見ていきましょう。容積率の定義と資産価値に与える影響容積率というものをご存知でしょうか。その土地に建設できる建物の延べ床面積を定めたものです。延べ床面積というのはその建物内の床面積の合計の事です。計算式は次の通りです。容積率=延べ床面積 ÷ 敷地面積土地の面積が10 [続きを読む]