0831nuko さん プロフィール

  •  
0831nukoさん: イラストブックレビュー ぬこ☆れびゅ
ハンドル名0831nuko さん
ブログタイトルイラストブックレビュー ぬこ☆れびゅ
ブログURLhttps://ameblo.jp/0831nuko/
サイト紹介文雑読猫ぬこさんが様々なジャンルの本をイラストでレビューします。
自由文日々本と猫と酒を愛する元出版社社員40代女です。
本は、文庫から実用書、コミックに自己啓発書などあらゆるジャンルを読んでいます。
夫と娘が3人、2代目猫サバトラ(メス)と同居中。
酒は毎晩、スパークリングか白ワインが多いです。夜中、ちょっとしたつまみとワインでだらだら読書するのが至福の喜び。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/12/24 17:27

0831nuko さんのブログ記事

  • 今週印象に残った一冊
  • 肌寒いのでニットを出して動き回ると暑くて汗をかいてしまいます。体温調節が難しいですね。 みなさんはどんな1週間を過ごされましたか? 今週、印象に残った一冊をご紹介します。小林由香さんの『ジャッジメント』です。 ジャッジメント (双葉文庫)なぜ、あなたの話は響かないのか 20××年、凶悪な犯罪が増加し続ける日本で、新しい法律が生まれた。それが「復讐法」だ。復讐法は、被害を受けた内容を、合法的に刑罰として犯罪 [続きを読む]
  • 若者を食い物にする奴らを許すな!
  • 『西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII』 石田 衣良 (著)  ¥702文春文庫(「BOOK」データベースより)池袋の雑居ビルで若者が飛びおり自殺を図る。彼は急成長したチェーン店の従業員だった。無能の烙印を押され、退職を強要された末にヤケになった若者。そして、次の犠牲者が―。耳触りのいい言葉で若者を洗脳し、つかい潰すブラック企業の闇に、マコトとタカシが斬りこむ!表題作ほか3篇を収録の [続きを読む]
  • 昭和の名探偵が挑む 密室ミステリ集
  • 『神津恭介、密室に挑む―神津恭介傑作セレクション〈1〉』 高木 彬光 (著)  ¥700光文社文庫(「BOOK」データベースより)眉目秀麗、頭脳明晰、白面の貴公子。輝かしい形容に彩られた名探偵、神津恭介。彼が挑むのは密室トリックの数々。鍵の掛かった部屋の外に残された犯人の足跡、四次元からの殺人を予告する男…。不可解極まる無数の謎を鋭い推理でクールに解き明かす!いつまでも燦然とした魅力を放つ神津恭介 [続きを読む]
  • 自らつくりあげた孤独に呼応する人間を求めて
  • 『左目に映る星』 奥田 亜希子 (著)  ¥540集英社文庫(「BOOK」データベースより)唯一の理解者だった小学校の同級生・吉住君を想いながら、孤独を抱えて生きる26歳の早季子。他人に恋愛感情が持てず、刹那的な関係を繰り返していたある日、吉住君と自分と同じ癖を持つ宮内の存在を知り、会いたいと思うが、彼はアイドルのファン活動で忙しいという。彼と話すため、地方ライブに同行することにした早季子だったが [続きを読む]
  • それぞれが見つけた幸せと心に残る味
  • 『花だより みをつくし料理帖 特別巻』 ?田郁 (著)  ¥648角川春樹事務所(「BOOK」データベースより)澪が大坂に戻ったのち、文政五年(一八二二年)春から翌年初午にかけての物語。店主・種市とつる家の面々を廻る、表題作「花だより」。澪のかつての想いびと、御膳奉行の小野寺数馬と一風変わった妻・乙緒との暮らしを綴った「涼風あり」。あさひ太夫の名を捨て、生家の再建を果たしてのちの野江を描いた「秋燕 [続きを読む]
  • この上なく心地よい 女四人の共同生活
  • 『あの家に暮らす四人の女』 三浦 しをん (著) ¥734中公文庫(「BOOK」データベースより)ここは杉並の古びた洋館。父の行方を知らない刺繍作家の佐知と気ままな母・鶴代、佐知の友人の雪乃(毒舌)と多恵美(ダメ男に甘い)の四人が暮らす。ストーカー男の闖入に謎の老人・山田も馳せ参じ、今日も笑いと珍事に事欠かない牧田家。ゆるやかに流れる日々が、心に巣くった孤独をほぐす同居物語。織田作之助賞受賞作。 < [続きを読む]
  • 今週印象に残った一冊
  • 朝晩と涼しくなりました。布団が心地よくなり、朝抜け出すのに苦労しています。今からこんなんで、冬になったら起き出せるのか。 みなさんはどんな1週間を過ごされましたか? 今週、印象に残った一冊をご紹介します。蔭山洋介さんの『なぜ、あなたの話は響かないのか 信頼と価値の時代のコミュ力2.0』です。 なぜ、あなたの話は響かないのか 表面的なスキルだけではもう通用しない。「論理的な話し方」よりも、「雑談力」より [続きを読む]
  • アッコちゃんに会いたい!そしてごちそうになりたい!
  • 『ランチのアッコちゃん』 柚木 麻子 (著)  ¥580双葉文庫(「BOOK」データベースより)地味な派遣社員の三智子は彼氏にフラれて落ち込み、食欲もなかった。そこへ雲の上の存在である黒川敦子部長、通称“アッコさん”から声がかかる。「一週間、ランチを取り替えっこしましょう」。気乗りがしない三智子だったが、アッコさんの不思議なランチコースを巡るうち、少しずつ変わっていく自分に気づく(表題作)。読むほ [続きを読む]
  • 進化論をベースにした最高の体調の整え方
  • 『最高の体調  ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~ (ACTIVE HEALTH 001)』 鈴木祐 (著)  ¥1598クロスメディア・パブリッシング(インプレス)(「BOOK」データベースより)疲労・肥満・不眠・不安・病気・老化―文明病から脱却し、本来の自分を取り戻せ!!進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法。 <こんな人におすすめ>疲れがなかなかとれない仕事のパフォ [続きを読む]
  • 下着を通して自分の体の声を聞き、心に向き合って生きる
  • 『フィッターXの異常な愛情』 蛭田 亜紗子 (著) ¥626小学館文庫(「BOOK」データベースより)広告代理店に勤める國枝颯子は、うっかりノーブラで出勤したある日、慌てて駆け込んだランジェリーショップで男性のフィッター、伊佐治耀に出会う。フィッティングを通して伊佐治からいい加減な生き方を指摘された颯子は、自分を見つめ直すようになる。“女であること”を持て余している後輩の百田馨、旬を過ぎた女優の本城夕妃 [続きを読む]
  • 世界情勢がグッと身近に!地政学から世界の未来を考える
  • 『教養として知っておきたい 地政学』 神野正史 (監修) ¥1404ナツメ社(「BOOK」データベースより)国家というものはかならず地理的条件を大前提にして動くので、地政学は、そこから国家政策や方針の意図や真意を知り、未来の動向を探っていこうとする現代必須の学問です。しかしながら、それほど重要な学問であるにもかかわらず、小・中・高はもちろん、大学ですら専門的に学べるところはほとんどありません。著者が地 [続きを読む]
  • 山ちゃんは「あきらめない天才」なのだ
  • 『天才はあきらめた』 山里亮太 (著) ¥670朝日文庫(Amazonより)「自分は天才にはなれない」。そう悟った日から、地獄のような努力がはじまった。嫉妬の化け物・南海キャンディーズ山里は、どんなに悔しいことがあっても、それをガソリンにして今日も爆走する。コンビ不仲という暗黒時代を乗り越え再挑戦したM-1グランプリ。そして単独ライブ。その舞台でようやく見つけた景色とは――。 <こんな人におすすめ>芸人の努 [続きを読む]
  • 今週印象に残った一冊
  • 10月になりました。気温も上がったり下がったり、お天気も雨だったり晴れだったり。そんな中、体調を崩し、熱を出してしまった末娘。病み上がりながら、何とか頑張ってやり遂げた週末の運動会。頑張る娘の姿に、親も「ありがとう」の気持ちを感じました。先生、お友達、義母、家族の面々。みんなの助けを借りて、大きくなっています。いろんなことを成し遂げることができています。そこに、改めて感謝の気持ちを感じた一日でした。 [続きを読む]
  • 本当にあってほしい、出版界のお仕事小説
  • 『クローバー・レイン』 大崎 梢 (著) ¥734ポプラ文庫(「BOOK」データベースより)大手出版社に勤める彰彦は、落ち目の作家の素晴らしい原稿を手にして、本にしたいと願う。けれど会社では企画にGOサインが出ない。いくつものハードルを越え、彰彦は本を届けるために奔走する―。本にかかわる人たちのまっすぐな思いに胸が熱くなる物語。 <こんな人におすすめ>小説がどのように出されるのか興味がある本が好き大崎 梢のフ [続きを読む]
  • いくつもの推理が錯綜する!真実はどこにあるのか
  • 『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』 井上 真偽 (著) ¥821講談社文庫(「BOOK」データベースより)聖女伝説が伝わる里で行われた婚礼の場で、同じ盃を回し飲みした出席者のうち、毒死した者と何事もなく助かった者が交互に出る「飛び石殺人」が発生。不可解な毒殺は祟り神として祀られた聖女による奇蹟なのか?探偵・上苙丞は人の手による犯行可能性を数多の推理と論理で否定し、「奇蹟の実在」証明に挑む。 <こんな [続きを読む]
  • 名探偵は娘ラブのほっこりお父さん
  • 『中野のお父さん』 北村 薫 (著) ¥702文春文庫(「BOOK」データベースより)若き体育会系文芸編集者の美希。ある日、新人賞の候補者に電話をかけたが、その人は応募していないという。何が起きたか見当もつかない美希が、高校教師の父親にこの謎を話すと…(「夢の風車」)。仕事に燃える娘と、抜群の知的推理力を誇る父が、出版界で起きる「日常の謎」に挑む新感覚名探偵シリーズ。 <こんな人におすすめ>父と娘の素敵な [続きを読む]
  • 参考にするかはあなた次第。報復絶倒の書簡小説。
  • 『恋文の技術』 森見 登美彦 (著)  ¥670ポプラ文庫(「BOOK」データベースより)京都の大学院から、遠く離れた実験所に飛ばされた男が一人。無聊を慰めるべく、文通修業と称して京都に住むかつての仲間たちに手紙を書きまくる。文中で友人の恋の相談に乗り、妹に説教を垂れるが、本当に想いを届けたい相手への手紙は、いつまでも書けずにいるのだった。 <こんな人におすすめ>成功確実な恋文の書き方を知りたいおもしろく [続きを読む]
  • 成功のカギは相手を上手に「勘違いさせる」力。
  • 『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』 ふろむだ (著)  ¥1620ダイヤモンド社 (「BOOK」データベースより)実力を魔くよりも、はるかに人生を好転させる「錯覚資産」とは何か?ネット上で何百万人もの感情を揺さぶり続けたモンスター・ブロガー衝撃のデビュー作。<こんな人におすすめ>「錯覚資産」とは何なのかを知りたい周囲はどのように人を評価するのか、その仕組みを知りたいふろむだの [続きを読む]
  • 見えない世界とこの世界を絵筆でつなぐ生き方
  • 『世界のなかで自分の役割を見つけること――最高のアートを描くための仕事の流儀』 小松 美羽 (著) ¥1512ダイヤモンド社 (「BOOK」データベースより)いま最も注目を集めている新進気鋭の現代アーティストが語る人生論。<こんな人におすすめ>若手アーティストの生きてきた軌跡に興味がある作品がどう認められてきたか、そしてどのように生きていくのかを知りたい小松 美羽のファン 世界のなかで自分の役割を見つける [続きを読む]
  • 今月 印象に残った1冊
  • 朝晩と涼しくなってきました。 夏から胃腸の調子がいまひとつだったのですが麹で甘酒を作り、飲み始めたところ快調です!発酵食品の力はすごいですね。 皆さんにとってはどんな1か月でしたか?今月、印象に残った一冊をご紹介します。森見登 美彦さんの『恋文の技術』です。 ([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫) 京都の大学院から石川の実験所へと飛ばされた大学院生、守田一郎。先輩の谷口さんに叱り飛ばされながら、実験をひたすら [続きを読む]
  • 神様っているよね。そんな気にさせてくれる物語。
  • 『すべての神様の十月』 小路 幸也 (著) ¥734PHP文芸文庫(「BOOK」データベースより)帆奈がバーで隣り合ったイケメンは、死神だった!?死神は、これまでに幸せを感じたことがないらしい。なぜなら幸せを感じた瞬間…(「幸せな死神」)。貧乏神に取り憑かれていた雅人。そうとは知らず、彼は冴えない自分の人生を“小吉人生”と呼び、楽しんでいたのだが…(「貧乏神の災難」)。人生の大切なものを見失った人間の前に現れる神 [続きを読む]
  • 孤高な武士のような強さが美しい女の子の恋
  • 『よだかの片想い』島本 理生 (著) ¥562集英社文庫(「BOOK」データベースより)顔に目立つ大きなアザがある大学院生のアイコ、二十四歳。恋や遊びからは距離を置いて生きていたが、「顔にアザや怪我を負った人」をテーマにした本の取材を受け、表紙になってから、状況は一変。本が映画化されることになり、監督の飛坂逢太と出会ったアイコは彼に恋をする。だが女性に不自由しないタイプの飛坂の気持ちがわからず、暴走したり [続きを読む]
  • 知らないうちにたまっていくのはホコリと心の傷
  • 『あなたの人生、片づけます』垣谷 美雨 (著)¥770双葉文庫(「BOOK」データベースより)社内不倫に疲れた30代OL、妻に先立たれた老人、子供に見捨てられた資産家老女、一部屋だけ片づいた部屋がある主婦…。『部屋を片づけられない人間は、心に問題がある』と考えている片づけ屋・大庭十萬里は、原因を探りながら汚部屋を綺麗な部屋に甦らせる。この本を読んだら、きっとあなたも断捨離したくなる! <こんな人におすすめ>汚部 [続きを読む]