0831nuko さん プロフィール

  •  
0831nukoさん: イラストブックレビュー ぬこ☆れびゅ
ハンドル名0831nuko さん
ブログタイトルイラストブックレビュー ぬこ☆れびゅ
ブログURLhttps://ameblo.jp/0831nuko/
サイト紹介文雑読猫ぬこさんが様々なジャンルの本をイラストでレビューします。
自由文日々本と猫と酒を愛する元出版社社員40代女です。
本は、文庫から実用書、コミックに自己啓発書などあらゆるジャンルを読んでいます。
夫と娘が3人、2代目猫サバトラ(メス)と同居中。
酒は毎晩、スパークリングか白ワインが多いです。夜中、ちょっとしたつまみとワインでだらだら読書するのが至福の喜び。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/12/24 17:27

0831nuko さんのブログ記事

  • トボけたふりして真理を突く 川原泉の世界
  • 『バーナム効果であるあるがある』  川原泉 (著) ¥745 白泉社 彰英高校バレー部の真世と事務長の鷹彦、そして謎の火星人・ルルーニュの不思議な交流を描いた「バーナム効果であるあるがある」、そして弓道部に入部した新入生・凜さんを描く「これから私は武士になる」の2編を収録。 <こんな人におすすめ>真面目な人間ととぼけた宇宙人とのやりとりに興味があるゆるい話が読みたい川原泉のファン [続きを読む]
  • 奇蹟を追い求める探偵が証明するトリックとは
  • 『その可能性はすでに考えた』  井上 真偽 (著)¥821 講談社文庫 山村で起きたカルト宗教団体の斬首集団自殺。唯一生き残った少女には、首を斬られた少年が自分を抱えて運ぶ不可解な記憶があった。首無し聖人伝説の如き事件の真相とは?探偵・上苙丞はその謎が奇蹟であることを証明しようとする。論理の面白さと奇蹟の存在を信じる斬新な探偵の異色ミステリ。 <こんな人におすすめ>論理展開が見事な [続きを読む]
  • 今週印象に残った一冊
  • 新しい学年に保護者会、送別会などといろんな情報が飛び交い、少々混乱気味です。子供の方が落ち着いているのかもしれません。 みなさんはどんな1週間を過ごされましたか? 今週、印象に残った一冊をご紹介します。暖 あやこさんの『14歳のバベル』です。 14歳のバベル 病院へ運びこまれた冬人は、夢うつつの意識の中で不思議な光景を見る。見たこともない建物、変わった服装。彼らは何者で、何をしようとしているのか。地上消 [続きを読む]
  • 「ナッジ」がもたらす最良の選択とは
  • 『実践 行動経済学』  リチャード・セイラー (著), キャス・サンスティーン (著), 遠藤 真美 (翻訳)¥2376 日経BP社 市場には何が足りないのだろう?ごく凡庸な我々は、様々な人生の決断において自らの不合理性とひ弱さに振り回され続ける。制度に“ナッジ”を組み込めば、社会はもう少し暮らしやすくなる。“使える”行動経済学の全米ベストセラー。 <こんな人におすすめ>行動経済学に興味がある [続きを読む]
  • 何があってもあなたを死なせません
  • 『死なせない屋』  七尾与史 (著)¥756 朝日文庫 医師免許国家試験4浪が決定した良太は、謎の美女・神楽から、彼女が三軒茶屋で営む「死なせない屋」のアルバイトにスカウトされる。あらゆる手段で依頼人の命を守り「死なせない」という神楽たちの仕事を阻むのは、殺し屋・三茶キラーと人気ミステリー小説に登場する殺人鬼!? <こんな人におすすめ>元医者と医者の卵が活躍する話に興味がある「死な [続きを読む]
  • つながり、広げて、巻き込む仕事術
  • 『進む、書籍PR! たくさんの人に読んでほしい本があります』  奥村 知花 (著)¥1512 PHP研究所 92万部を突破した『おやすみ、ロジャー』、36万部の『肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい』など、今、出版業界で大注目の書籍PR。その先駆けとなった女性のアイデアを膨らませ、人間関係をつなぎ、作り手の思いを世の中に広め、社会の役に立つ情報を提供する。本好きが嵩じてフリーランスになり、幸せを見 [続きを読む]
  • アイドルの目に映る世界に希望はあるか
  • 『武道館』  朝井 リョウ (著)¥724 文春文庫 「武道館ライブ」を合言葉に活動してきた女性アイドルグループ「NEXT YOU」。さまざまな手段で人気と知名度を上げるが、ある出来事がグループの存続を危うくする。恋愛禁止、炎上、特典商法、握手会、スルースキル…“アイドル”を取り巻く様々な言葉や現象から、現代を生きる人々の心の形を描き表した長編小説。 <こんな人におすすめ>アイドルを描い [続きを読む]
  • 『知らないうちに「カモ」になってる!』から抜け出そう
  • 『9割の人間は行動経済学のカモである  ―非合理な心をつかみ、合理的に顧客を動かす』  橋本 之克 (著)¥1512 経済界 人間はこんなにも損をしたがる動物なのか。もっと知的に、賢く生きろ。我々の常識は全部、間違っていた。読まない人は一生分の損をする。パズドラの大ヒットからイチローのメンタル、AKBの社会現象まで行動経済学は「売る側に都合の良い『判断や行動』を起こさせる」儲ける(1割のカモ [続きを読む]
  • 「さとり」って何だろう?人生の真理に出会う本
  • 『なまけ者のさとり方』  タデウス・ゴラス (著), 山川 亜希子 (翻訳), 山川 紘矢 (翻訳)¥555 PHP文庫 真実の愛のかたち、生きることの意味、宇宙の存在との関わり―究極の真理をさとるのに、つらい修行はいりません。「愛なんか」と落ち込んだ時、カベにぶつかって途方に暮れている時、感情がスレ違った時、自由と平和を求めている時、この本を開くだけでいいのです。あなたの迷いをとき、幸せへ [続きを読む]
  • 今週印象に残った一冊
  • ようやく通常運転がはじまりました!学校や幼稚園のありがたさが身に沁みます。遅れたペースを取り戻すべく、回転あげてがんばっていきます。 みなさんはどんな1週間を過ごされましたか? 今週、印象に残った一冊をご紹介します。朝井 リョウさんの『武道館』です。 武道館 (文春文庫) 恋愛禁止、スルースキル、炎上、特典商法、握手会、卒業…。アイドルを取り巻く言葉の先に見えてくるものとは。アイドルと自分自身は同じはずな [続きを読む]
  • 「やりたい事を全てやる」ために必要なこととは
  • 『属さない勇気  : まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」生き方改革』  真鍋 昌平 堀江 貴文 (著), 松本 勇祐 (著)¥972 小学館 主人公は、テレビ局の女性AD。憧れの仕事に就くも、同僚への嫉妬や上司のパワハラなど、悩みは尽きない。そんな中、近未来的な生き方や働き方を模索する人々の姿を目の当たりに。自身の価値観や思考に疑問を持ち始めた女性は、勇気を持って行動し…。忙しい現代 [続きを読む]
  • 「美」の世界への切符を持つ者と持たざる者
  • 『異邦人(いりびと)』  原田 マハ (著)¥907 PHP文芸文庫 「美」は魔物―。たかむら画廊の青年専務・篁一輝と結婚した有吉美術館の副館長・菜穂は、出産を控えて東京を離れ、京都に長逗留していた。妊婦としての生活に鬱々とする菜穂だったが、気分転換に出かけた老舗画廊で、一枚の絵に心を奪われる。強い磁力を放つその絵の作者は、まだ無名の若き女性画家だったのだが…。彼女の才能と「美」に翻 [続きを読む]
  • この衝撃的な世界が「絶対にない」と言い切れるか
  • 『殺人出産』  村田 沙耶香 (著)¥562 講談社文庫 今から百年前、殺人は悪だった。10人産んだら、1人殺せる。命を奪う者が命を造る「殺人出産システム」で人口を保つ日本。会社員の育子には十代で「産み人」となった姉がいた。蝉の声が響く夏、姉の10人目の出産が迫る。未来に命を繋ぐのは彼女の殺意。昨日の常識は、ある日、突然変化する。表題作他三篇。 <こんな人におすすめ>100年後の倫理観に [続きを読む]
  • 終われない人間の葛藤を描いた物語
  • 『終わった人』  内館 牧子 (著)¥972 講談社文庫 大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍させられ、そのまま定年を迎えた田代壮介。仕事一筋だった彼は途方に暮れた。生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?ある人物との出会いが、彼の運命の歯車を回す―。 <こんな人におすすめ>定年後を迎えた人のその後に興味がある60代以降の生きがいを描いた物語 [続きを読む]
  • スマホを落としたら、あなたに何が起こる?
  • 『スマホを落としただけなのに』  志駕 晃 (著)¥702 宝島社文庫  麻美の彼氏の富田がタクシーの中でスマホを落としたことが、すべての始まりだった。拾い主の男はスマホを返却するが、男の正体は狡猾なハッカー。麻美を気に入った男は、麻美の人間関係を監視し始める。セキュリティを丸裸にされた富田のスマホが、身近なSNSを介して麻美を陥れる凶器へと変わっていく。一方、神奈川の山中では身元不 [続きを読む]
  • 今週印象に残った一冊
  • 全く仕事が進まない・・・春休みの恐ろしさを実感しております。学校が始まるのが、子供以上に楽しみです。 みなさんはどんな1週間を過ごされましたか? 今週、印象に残った一冊をご紹介します。村田 沙耶香さんの『殺人出産』です。 殺人出産 (講談社文庫) 「産み人」となり、10人産めば1人殺すことができる。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は尊い存在として崇められていた。人々の素晴らしい行為をた [続きを読む]
  • 老いは笑いで吹き飛ばせ!爆笑老化エッセイ
  • 『よれよれ肉体百科』  群 ようこ (著)¥702 文春文庫 年を重ねると、身体は段々と意のままにならなくなってくるもの。お茶にゲホッとむせやすくなっても、写真を撮ると目の下に影ができて「子泣きじじい」になっても、身体の変化を自然に受け入れてアンチエイジングにアンチでいよう。脇腹、鼻の下、足の小指、へそ、加齢臭、尿もれ…身体各部56カ所についての抱腹絶倒エッセイ。 <こんな人におす [続きを読む]
  • 日本の不思議と出合う スピリチュアルな旅
  • 『スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅 6 』  伊藤三巳華 (著)¥950 朝日新聞出版 視えちゃう漫画家がパワースポットを歩くと何が視える、何が起きる?第6弾では長崎イチオシのパワースポット壱岐島をめぐり、遺跡や古墳、神社を総力特集! その他、イタコで有名な恐山で宿坊体験や、出世稲荷で開運祈願などをルポします。 <こんな人におすすめ>パワースポットに興味があるスピリチュアルな存在に [続きを読む]
  • 本に支配されない「本の読み方」とは
  • 『本を読む本』  J・モーティマー・アドラー (著), V・チャールズ・ドーレン (著), 外山 滋比古 (翻訳), 槇 未知子 (翻訳)¥1015 講談社学術文庫  読むに値する良書とは何か、読書の本来の意味とは何かを考え、知的かつ実際的な読書の技術をわかりやすく解説。初級読書に始まり、点検読書や分析読書をへて、最終レベルにいたるまでの具体的な方法を示し、読者を積極的な読書へと導く。単なる読書技術に [続きを読む]
  • まっすぐに、心を突き刺す青春ストーリー。
  • 『おとめの流儀。』  小嶋 陽太郎 (著)¥799 ポプラ文庫  中学1年生になったさと子が入部したのは“なぎなた部”。部員不足によりさっそく廃部の危機にさらされたが、不安しかないメンバーが揃いなんとか回避。だけど部長の朝子さんから告げられた部の目標は、「剣道部を倒す」ことで―!?13歳、部活も人生も、いざ真剣勝負! <こんな人におすすめ>なぎなたに興味があるなぎなたを通して成長していく中 [続きを読む]
  • 「スマホの使い方」を家族で話し合ってみませんか
  • 『スマホが学力を破壊する』  川島 隆太 (著)¥799 集英社新書  スマホを使用すると、偏差値が最大で10下がります。下手をすると、脳発達に悪影響を与えている可能性もあります。それでも、あなたは自分のお子さんにスマホを持たせますか? <こんな人におすすめ>子供がスマホを持ちたがっている子供がスマホをしながら勉強しているスマホが子供に与える影響について知りたい スマホが学力を破壊す [続きを読む]
  • 今週印象に残った一冊
  • 今日から4月!!本日、4月1日は末っ子の誕生日。4月1日までが早生まれで、4月2日から次の学年になるって皆さんご存知でしたか?自分は知らなくてですね、産後に教えてもらってはじめて知ったのですよ。びっくりしました。今は自己紹介ネタで使っていますが、みんな一発で覚えてくれるのでちょっと得かもしれません。 みなさんはどんな1週間を過ごされましたか? 今週、印象に残った一冊をご紹介します。山本 甲士さんの『はじめま [続きを読む]
  • 今月 印象に残った1冊
  • 3月ももう終わり。卒業関係のイベントがない年なので、わりとのんびりと過ごしています。次年度は卒園と卒業が待っているのですがあのスーツはまだ着られるだろうか・・・いまからでも鍛えたほうがいいかなあと思っております・・・ 皆さんにとってはどんな1か月でしたか?今月、印象に残った一冊をご紹介します。川島 隆太さんの『スマホが学力を破壊する』です。 スマホが学力を破壊する (集英社新書) スマホを使用すると偏差値 [続きを読む]
  • ワケあり男女がくり広げる密室エンタテイメント!
  • 『出られない五人』  蒼井 上鷹 (著)¥689 祥伝社  廃ビル地下のバーに男女六人と死体が二つ。急逝した作家を偲び、彼の馴染みだった店の跡で一晩語り明かそうという企画のはずだったのに、死体が出てくるわ、闖入者まで出てくるわで、事態は混迷の極みに。なのに、参加者は皆、地下から「出たくない」という!?秘密と誤解にちょっとした偶然が重なって、とんでもない方向へと転がっていく、密室エンタ [続きを読む]