ルフェア さん プロフィール

  •  
ルフェアさん: 秘密のポエム
ハンドル名ルフェア さん
ブログタイトル秘密のポエム
ブログURLhttp://himitupoem.blog.fc2.com/
サイト紹介文口には出さないけど形にしたい想いを詩っぽく呟いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/12/26 19:54

ルフェア さんのブログ記事

  • 壊れたラジオ
  • 泣いてる泣いてる今日もあの人は泣いてるふとした時に聞こえる小さな声 声 声すすり泣く そして呟く終わらない声 止まらない声無限に続く言葉ずっとずっと あの部屋で聞こえる今日も明日も明後日も幻?違う これは現実あの人は今日も泣いているそして嘆く死 死 死 死死を願って嘆く毎日 毎日 毎日壊れたラジオは止まらないスイッチがあればいいのに停止のボタンはどこ?壊れたラジオは治らないまた今日も聞こえるあの部 [続きを読む]
  • 空と星
  • 星空とか宇宙とか大自然に触れるとよく言う自分はちっぽけとか悩みなんて些細なこととかそんな事感じて吹っ切れたなんてそんな楽観的になれるわけないだろ星見て解決するなら世の中もっと平和だろうさああ そうだよ 俺はひねくれてる世間一般 そんな考えが大嫌いだいつも不満ばかりああ そうさ どうせ腐ってるんだ分かってるよ毒まみれの人間だってでも それでも 感じるこの空の下にいると俺は今俺は今 生きてるまだ生きて [続きを読む]
  • 一歩
  • あと一歩進めばすべて終わるのに後ろ 振り向かずにはいられなくてあと一歩 歩き出せば何もかも終わるのにただじっと足元を見つめて前へも後ろへも行けない何があるの?この先に何も期待できないのにあの時から結局変わってないのにずっとずっと望んだ答えをただ引き延ばしていつまでここに 居続けるの?手を伸ばした先が見えたらいいのにそこにあなたが居ればいいのにそんな事は無駄な事だとまた囁くあと一歩 あと一歩あと一歩 [続きを読む]
  • 生きているだけ
  • 生きているだけで許してくれる世界はある?誰かの為にとか何かの為にとかそんなものに縛られない世界はある?生きた屍なんてそんな言葉 言わないで生きている価値がないとかそれをあなたが決めるの?私の生死をあなた達が判断しないでクズとかゴミとかそんな言葉よく言えるねそんなに完璧なの?何も知らないだけでしょ?私の何を知っているの?毎日浮かぶ誘惑と囁きを必死で否定しているのに何もないように笑っているだけでバカ扱 [続きを読む]
  • 欠片
  • いろんな欠片を手にもって皆凄いだろうと話してる私はこれを持っている僕はこれを持っているこんな欠片を持ってる自分は凄いだろうと自慢してる私もいろいろ持っているけどそんなに見せびらかしたくないそんな事をしなくても私はいつも必死だから私は日々生きているからEND [続きを読む]
  • 箱入り人形
  • 少し大きな人形だけどこの箱しかないから仕方がない少し首を曲げないと入らないけどこの箱しかないから入れてしまおう手足も曲げないと腰も少し折らないと入らないけどまぁ大丈夫だろうどうせ人形だからさぁ 入った隙間が全くないけどいいだろううまく収まったよかったよかったEND [続きを読む]
  • 捨てた声
  • 言えない 言えない通りすぎる人々心は叫んでる 泣いてるでも言えない首をつかんでも声は出ないこの悲しみ この苦しみどこへ行くの?言えない 言えない涙流れても怖い 怖い言えない 言えないただ静かに耐えるだけ私の中でうずくまる私どんなに嘆いても声は出せないこの壁の中でただずっと耐えるだけEND [続きを読む]
  • 歌っていた頃
  • あの頃はよく歌ってた恥ずかしさもなく思うままに叫んで泣いて 感じるままに自分は孤独だと歌ってた空に響け この声が誰かに届けばいいと思いっきり歌っては心を晴らしてあの頃はあの頃で大変だったと私なりに一生懸命だったとあの時は感じていたのにいつのまにか歌うことも歌っていた歌詞でさえ忘れて時間に押し流される毎日を過ごす事だけで精一杯で歌っていたあの頃はまだ余裕があったんだと初めて気づいたEND [続きを読む]
  • 傘を捨てて
  • 突然彼女は傘を放り出しヒールを脱ぎ捨て雨の中へと走り出した「はは つっめたぁい」笑いながら両手を広げ俺の前でクルクル回り始めるいくら夜の誰も通らない道とは言え誰かに見られたら・・・唖然とする俺を尻目に彼女は楽しそうにクルクル踊っている飛び跳ねたりバレリーナみたいに舞ってみたり全身に水をまとって飛沫がレースのように広がり軽やかな声が響いた彼女は自由だったどこまでもどこまでも自由だった「私ね一回これが [続きを読む]
  • 闇の番人
  • 君は知っているかい?闇にもいろいろあるんだよそうだね・・・例えば古井戸のような闇ジメジメしてかび臭いしっとりまとわりつくような空気吸い込まれると戻ってこれないよ廃墟のような闇無機質で鋭利だ吹き抜ける風はとても冷たい迷い込めば切りつけられるよ底なし沼のような闇息苦しく閉鎖的だ引きずり込まれたら後はもう沈んでいくだけ一番恐ろしいのは無かもしれないねあそこには何もないよ上も下もない君は消滅してしまうよ中 [続きを読む]
  • 敵対
  • <余談コーナー>はい!今回は珍しく余談コーナーからの始まりです映画とかゲームとか小説でも敵同士で恋人になっちゃう設定ってよくありますよね私・・・そういうのが大好きなんですーー( *´艸`)ムフフハラハラドキドキ!ぶつかり合う視線と息遣いだけで交わす無言のやりとりキャーー(*ノωノ)たまりません(*´Д`)ハァハァ敵として別れるのかそれとも二人で逃亡するのかエンディングもいろいろですということで今回は敵対する恋人同士を [続きを読む]
  • たんぽぽ
  • どこに行っても どんな場所でも粘り強く 辛抱強く入り込んでただ 生きていくどんなに小さな広さしかなくてもどんなに窮屈でも耐えて 耐え抜く小さくて目立たなくて誰にも知られなくても私は花です私はどんな場所でも生きていけますEND※写真はPixabayよりお借りしています保存、直リンクはしないでください加工はご自身でお願い致します [続きを読む]
  • 好きだけどさ
  • 「ねぇ」「うん?」「ねぇってばぁ」「なに?」「こっち むいてよ」「いまね だいじなの」「なにが?」「とにかく だめなの」「わたし じゃま?」「ちがうよ そうじゃないよ」「じゃぁ こっちむいてよぉ」恥ずかしいから向けないよEND※写真はPixabayよりお借りしています保存、直リンクはしないでください加工はご自身でお願い致します [続きを読む]
  • もういいんだ
  • もういい もう何も言わなくていいもういいんだ こっちにおいで分かってるよ だからもう何も言わなくていい君はもう何も考えなくていいこれからは起きたい時に起きて眠りたい時に眠って食べたいものを食べて行きたい所に一緒に行こうあれやこれやと頭をいっぱいにしなくていいんだ叫びたいのなら君を誰もいない静かな場所に連れて行こうそこで思いっきり言いたい事を吐き出して言いたいように叫んだらいい涙が止まらないならいく [続きを読む]
  • 貝の声
  • 私の声は小さいです気づいてくれる人はあまりいませんイエスもノーも分かっていても言えませんいろいろ考えちゃって奥の奥でひそひそこそこそいろいろ思ってますでも声は出ません声はちゃんとあるんですよでも出せないんです勇気が出ないんですだから黙ってぽつん嫌いじゃないんです波の音を聴いているだけで幸せだからずっとこのままじゃいられないのは分かってますでもイエスもノーも言葉にできない私の声は小さすぎますEND※写 [続きを読む]
  • 学校帰りの夕焼け
  • 坂道の上網目のような電線と建物そして明るい色を全部混ぜてスープにしたみたいな真っ赤でピンクでオレンジな太陽こっちはもう夜だけどあっちはまだ夕焼け学校は大嫌い人がいっぱいでやる事も意味不明な事ばかりでできないとすぐ負け組扱い嫌な事ばっかだったでもその帰りのあの坂道の上のバス停で携帯いじりながら溜息ついて見上げた太陽はまるで映画だった大人になった今はあの時あの瞬間あの場所にいた私は間違いなく映画や漫画 [続きを読む]
  • 花束を
  • 僕は君よりも大変だったいろんな事を経験したよでも僕より大変な人もいるそれも事実皆が君の事をそんなことで泣くなって言っても僕は言わない泣いていいよ苦しいことは事実だから僕は泣けなかったけど泣けなかったから君には泣いていいよって言うんだ僕がしてほしかった事を君にするんだだから僕は君を責めないよ君が僕にとって無関係でそばにも行けない人でも僕は手を伸ばして君にこれをあげるんだ冷たい言葉を投げかけるより僕は [続きを読む]
  • 綿毛
  • このタンポポの綿毛みたいに私の気持ちも飛んでいけたらいいのに想いは見えないけど存在する物だってなんかでやってたそれが本当の話なら私の想いはきっとこの空いっぱいに飛んでるあなたの傍にもきっとゆらゆら漂ってるはずなのに言葉や仕草でしか伝わらないルールそんなのなくなってしまえばいいのに私の想いは今 どこにいますか?今 あなたのそばにいますか?END※写真はPixabayよりお借りしています保存、直リンクはしないで [続きを読む]
  • 警戒心
  • 優しく微笑みながら優しい言葉しか言わないその人のそばには行きたくない先頭に立って拍手喝采をあびているその人のそばには行きたくない不安になるから私の眼は汚れてる見たままの姿はもう信じない群がる人だかりから離れてただ眺めるだけあの人は本当に大丈夫なんだろうかそばに近づき握手をした途端ニヤリと笑って私の腕を捻り上げないだろうかいいカモを見つけたともう関わりたくない私の心は汚れてるでもそれでもいい人の群れ [続きを読む]
  • もう一人の女の子
  • 時だけが流れて置いてけぼり時計が止まったみたいに幼くて大人ってなんだっけ?大人になったのに分からない幼かった頃のほうが私は大人で今はいくつか分からないいい加減時計を直して私も流れていかないと分かっているのに相変わらず心は置いてけぼり頭と心は正反対でいつかバラバラになってしまいそう小さなオルゴール片手に鼻歌歌う小さな女の子私はいつまであなたを守れる?いつまであなたを隠していられる?いつのまにか私はあ [続きを読む]
  • ガラス窓の向こう
  • ぼんやりと映る自分の顔手でそっと触れながら雨音を聞くガラスの内側と外側この境目が国境のように重い「ねぇ 私はどうしてここにいるの?」呟き声は溜息になるだけ外も内もそう変わらないいる場所が違うだけそれなのにこのガラスは鉄格子ありふれた言葉で言う鳥は自由って言葉あれは本当かな?鳥なら自由になれる?風なら縛られない?海なら境目はない?何をそんなに求めているのか何をそんなに楽になりたいのかただなんとなく外 [続きを読む]
  • A君とBさんの会話
  • これは詩って言えないと思うんですけどまぁたまには、こういうのがあっても良いですよね。会話だけで表現してみました。ダラダラ長文・・・内容はお察しのようにそんなに明るい内容でもないのでなんでもOKな方のみお願いします。 [続きを読む]
  • バトン:告白されちゃった!!
  • 今日もバトンでごめんなさい(>人<)たまにはお遊びモードで面白そうなのでやっちゃいます!私のブログには関係ない内容なので隠しますね(´∀`*;)ゞ長くなりそうなので、なんでもOKな方は覗いてみてくださいこれ・・・かなり個人的な内容になりそうだけど大丈夫かな(笑)やる前からドキドキです(〃ノωノ)また明日からは真面目モードに切り替えます [続きを読む]