踏台 さん プロフィール

  •  
踏台さん: シンガポールの自転車海苔
ハンドル名踏台 さん
ブログタイトルシンガポールの自転車海苔
ブログURLhttps://ameblo.jp/cavaliere345/
サイト紹介文シンガポールを自転車で移動し華語(マンダリン)を話し、単身赴任ですがほぼ100%自炊しています。
自由文休日は詠春拳をし、エニタイムでトレーニングをし、歌台を観に行き、たまに絵を描いて過ごしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 296日(平均3.1回/週) - 参加 2016/12/27 17:26

踏台 さんのブログ記事

  • チリクラブはお好きですか?
  • ジャンボシーフードのチリクラブ  このヒト月ほどの間にチリクラブ含む肉蟹もしくは膏蟹を5回くらい食べてしまいました。元々私はチリクラブはそんなに好きではないのですが、シンガポールの名物といえばチリクラブみたいになっているので、訪星者と一緒に食事に行くとそういうことになってしまいます。 先月は友人の河内さん(仮名)が来られたのでジャンボシーフードで食べて、ジャカルタに行ったのでBandar Djakarta, Anco [続きを読む]
  • 地名の話
  •  シンガポールの地名について、いろいろと思うところがあるので書いてみます。まずは一見バラバラに見えますよね。つまりは中国語の地名がありマレー語、英語、インドの言語らしきもの、といろいろあります。そして中国語の中にもマンダリンと福建語とがあります。広東語はないのかな。  例えばJalan Besarという通りが私の住居の近くにありますが、Jalanはマレー語で「道」、Jalan jalanだと散歩です。Besarというのは「大きい [続きを読む]
  • 豚金ラーメンを食べに行ったら
  • 今朝はまた自転車でエニタイムに行こうと思ったけど朝から雨でなかなかやむ気配がなかったのでMRT で行きました。HillV2というところ。ブキバトのあたりでMRTでいうとHillviewの駅です。ビューティーワールドの次の駅です。漢字では山景。シンガポールには山がないので丘でも山と呼ぶのか。私がシンガポールのエニタイムで35箇所目に来たこの店舗はできたてのようでなかなか良かったです。新しくて設備も揃っているのにまだ会員が [続きを読む]
  • 今日はジュロンウエストまで
  • 今日もエニタイムを回るために走ってきました。自転車で行きましたが一番暑い時間帯も走ったので疲れました。総走行距離は53kmぐらいと大したことはないのですがトシを取ってきたら暑さが堪えます。ウエストコーストの辺りはなんか南港に似ています。古いDHB がたくさんあって緑もそこそこあるけどその他には何もない。朝のうちはまだ涼しかったので余裕の表情。実はここは高速道路に入っていてこの先に制限速度90km/hの標識が出 [続きを読む]
  • シンガポールで私が一番美味しいと思う油鶏麺
  • 写真はスチームのチキンとチャーシューとチンゲン菜と煮玉子の麺です。多分明日も食べます。 すみません。前回私がシンガポールで一番だと思うチキンライスの店をご紹介しましたが、あまりにも不便な場所だったので文句を言われました。いくら美味しいと言ってもわざわざあそこまで行くほどかと訊かれたら自信を持っておすすめはできません。 しかし今週もあの近辺で仕事をしているため毎日通っているのですが、初めて麺を食べて [続きを読む]
  • シンガポールのエニタイムフイットネス(ただいま32店舗利用済み)
  • シンガポールのエニタイムには現在32箇所行きました。全部回るにはあと六ヶ所ほどなのでカウントダウンみたいになってきました。行ったことのある32箇所は下記の通りです。一番好きなのはテロブランガーです。設備が揃っているのにそんなに混んでいないからです。平日の朝に毎日利用しています。次に好きなのはバレスティアです。設備は一般的ですがスタッフが一番フレンドリーです。土日の朝に利用しています。もうすぐ日本に帰 [続きを読む]
  • ダンドゥットのライブ
  • この週末に中部ジャワであるウウッセリーのライブ告知をインスタで見つけたのですが、金曜日なので行けません。土曜日だったら何とかして行くのですが金曜日の夜8時に会場到着は無理でしょう。こうやって情報が入れば助かります。もう少し早くわかればもっと嬉しいのですけどね。 にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ダンドゥットレゲエ
  • インドネシアってけっこうレゲエが好きですよね。ダンドゥットにもレゲエがよく取り入れられています。そういえば、クレヨンしんちゃんの好きな曲はそのものズバリ、ダンドゥットレゲエでした。週末に例によってウウッセリーのダンドゥットをつべで漁ってたらこれまたレゲエな曲がありました。何か知ってるような曲でもしかしてボブマーリーの曲かもと思いました。don't worryというタイトルはdon't worry about a thing というボ [続きを読む]
  • 徒歩による日帰り海外旅行
  • 今日は徒歩による日帰り海外旅行に行ってきました。また例によってジョホールバルです。JB です。JB はこれまでタクシーで往復するというブルジョワ的退廃と揶揄される方法で2回行ったので今回は是非ともハードな方法で行きたかったのです。先ずは6時に起きてゆっくり朝食を摂ってトイレも済ませて7時に家を出ました。地下鉄を乗り継いでウッドランドの次の駅のマーシリングで降りて歩いてゥッドランドのイミグレまで行きます。約 [続きを読む]
  • Ra Kuat Mbok
  • この曲はいろんなヒトがカバーしていて誰がオリジナルなのかわからないのですが、とても好きな曲です。  まずイントロ。ディープパープルのオルガンのソロのちょっとアラブっぽいメロディを想起させるような、いや、パガニーニのちょっと切なくなるピチカートを彷彿させるようなメロディから入り、ブリブリに歪ませたギターのリフ、これが日本人の好きなメロディでコブシまで効かせてしかもツインで弾く、ここだけでもうツカ [続きを読む]
  • シンガポールで自転車に乗るときの注意
  •  シンガポールの自転車海苔というタイトルなのに自転車のことを書いていないという指摘がまたありましたので、自転車のことを書きます。  シンガポールで自転車に乗るときの注意です。前に書いたのは歩道のL字側溝の段差のことでしたが、もっと気を付けなければいけない事がありました。それは左折の巻き込みです。  日本の教習所では左折時にクルマは自転車やバイクが巻き込まれないようにあらかじめクルマを左に寄せるように [続きを読む]
  • 劉徳華という歌 その後
  •  数日の間にいろいろ調べてみましたが、結論を言うとよくわかりません。とりあえず歌詞をグーグル翻訳に掛けてみたら以下の通り、アンディ・ラウ(劉徳華)とは関係のない歌詞でした。 Andilau (ジレンマと混乱の間) 分散したいが、まだ愛したい続行したいが痛い私は繰り返し彼を許します再挑戦を繰り返すAndilau andilau andilauジレンマと混乱の間愛は心を邪魔する私はどのようにしなければならないAndilau andilau andilau [続きを読む]
  • シンガポールでの筋トレのすすめ
  •  筋トレはをなぜやるかとは考えない、何を目指すかとか何の為にやすらぎに背を向けてというようなことは考えないことにして、もう当然やるという前提で筋トレをどうやるかを考えることにします。ということは筋トレのすすめではありませんね。正しい筋トレのすすめというべきでせうか。  シンガポールでは中華系のヒトはあまり筋トレしていませんね。というかシンガポーリアンは運動神経が鈍く身体能力もそんなに高くないと私は [続きを読む]
  • 劉徳華という歌
  • Nagaswaraというレコード会社の看板ダンドゥットシンガーのSiti Badriah の歌でアンディラウという曲があって、劉徳華みたいと思ったのですが、さすがに偶然だろうと、インドネシア語だろうと思ったのですが、アルバムの中にジャカルタ・ホンコンという曲もあるし、もしかしたらホントに劉徳華を歌っているのかも知れません。明日調べてみます。ちなみにサビではアンディラウを連呼。グーグル翻訳ではアンディラウ部分は翻訳され [続きを読む]
  • 最近買ったティシャツ
  •  また最近買ったTシャツをアップします。最近はワンサイズかツーサイズぐらい大きめのTシャツを買っています。つまり2XLかXL。なぜなら何度も言いますが、脱げないから。バルクアップしているとだんだん着るモノがなくなっていきます。筋トレしているヒトはみんなそうではないでしょうか。で、ツーサイズ上のタンクトップがラクだから普段はそれでいることが多いですね。  これはコットンオンのXL。なぜかナゴヤ。S$15。  こ [続きを読む]
  • 南半球の渦(うず)は逆回りか
  •  先日ジャカルタに行ったときに是非ともやりたいことが、ひとつありました。ダンドゥットを生で聴くということ以外に。  それは「南半球のうずは時計回りか」どうかというのを確認することです。北半球の渦は反時計回りで、南半球ではその逆になるというのを昔から聞いていたので試してみたかったのです。 洗面所で試した結果が以下の通りです。  反時計回りでした。ジャカルタは南半球だと思っていましたが、実は北半球だっ [続きを読む]
  • ダンドゥットの勉強
  •  シンガポール関係のブログとしてアクセスを増やすにはどういうことを書けば良いか、いえ、どういうタイトルにすればイイか昨日少しわかったような気がしてたのですが、またこういう誰も興味なさそうなことを書きます。  ジャカルタに行ってからまたダンドゥットが好きになって最近ダンドゥットしか聴いていません。ホントにいま何を聴いても楽しくて、MixerBoxで動画を観まくっています。  それで、しばらくダンドゥットを聴 [続きを読む]
  • シンガポールで私が一番美味しいと思うチキンライス
  • シンガポールのご飯で肉骨茶とならんで私がよく食べているのが海南チキンライスです。先週来た河内さんは「海外に来てまでそんな貧乏くさいモン食えるか。」と言っていましたが、常駐者は食べるのです。で、これまで数多くのチキンライスを食べてきた私がシンガポールで一番だと思うチキンライスを紹介します。たぶんこれを見ても誰も行かないと思いますけど。なんせ辺鄙なところにありますので。場所はMRT センバワンの駅から北 [続きを読む]
  • 紙錢
  •  もうお盆も終わりましたが、今週の月曜日ぐらいまではうちの近所でも燒金紙をしていました。こんな大きな金網の中で大量に紙を燃やしていました。迷惑な話で横を通ると熱いし煙たいし、また風に煽られて燃えている紙が舞い上がってあぶないし、何より環境に悪いのでやめてほしいですね。 実際台湾の方でも、いまどきこんなことをするのはよくないと批判されて、仏教関係者もそんな紙を燃やすよりお布施でもしてもらった方がよ [続きを読む]
  • 中華ポップスのカバーのダンドゥット
  • 中華ポップスをカーバしているダンドゥットは、むかしはメリー・アンダニがよく歌っていました。彼女は謝謝你的愛、愛情故事、吻別などをうまくダンドゥットにしていました。一番好きだったのがこのケチュパンペルタマでオリジナルはいまや台湾一の嫌われ者黄安が歌っていました。とても中華風のゆったりとしたメロディがこんなにポップなダンドゥットに生まれ変わっています。 黄安のオリジナル。 これがまたたくさんのヒトが [続きを読む]
  • ダンドゥットをめぐる旅 (ジャカルタ旅行)
  •  今回は日本から来た友人との旅行で、しかも最近ちょっとお世話になっているヒトなのでどちらかというとケアしなければいけない立場、でも向こうはジャカルタには数え切れないぐらい来ているヒトでつまりは大人しくついて行くというのが最高の対応になるため、ダンドゥットを聞きに行くというのは全く頭にありませんでした。  ダンドゥットというのはインドネシアの大衆音楽で、フツーのバンドにクンダンと呼ばれる両面太鼓(打 [続きを読む]
  • ジャカルタ旅行
  •  ジャカルタに行ってきました。DKI(デカイー)です。首都特別州です。 ジャカルタはなぜかシンガポール駐在員には旅行先として人気がなくて周りのヒトもみんな行ってなかったりします。治安が悪い、観光する場所がないというのが理由のようです。なのでインドネシアでもゴルフをしに近くのバタム島やビンタン島に行ったり、またはバリに行ったりするようです。  でも私は都市が好きなので東南アジア最大の都市であるジャカルタ [続きを読む]
  • ILO ILO 爸?不在家 (シンガポール映画)
  •  学校で問題を起こしてばかりいる一人息子家楽(ジアルー)に手を焼いた両親は、二人目も生まれることだし、とフィリピーナの住み込みメイドを雇うことにする。そのメイド、泰莉(テリー)は、子供部屋で家楽と寝起きを共にすることになる。というのが大雑把なあらすじというか紹介。  この映画イイですよ。何がイイかというとぼーっと何も考えずに画面を眺めているだけで何かシンガポールの生活がわかったような気になるところ [続きを読む]
  • Mr. Unbilievable (シンガポール映画)
  •  これはたぶん私がシンガポールに来て初めて観た映画だと思います。たぶん日本人で観たヒトはいないんじゃないでしょぅか。シンガポールのローカルでもいま一緒に働いているヒトは誰も観ていなかったようだし。  シンガポールの歌台(ハングリーゴーストフェスティバル)の歌手が、歌台人気が没落していく中で何とか新しい切入点(切り口)をということで、英語の歌詞の歌を作ってステージで歌ったことで師匠の逆鱗に触れて追い出 [続きを読む]