直鰭 さん プロフィール

  •  
直鰭さん: 俎の上の鱚
ハンドル名直鰭 さん
ブログタイトル俎の上の鱚
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sillagoetc/
サイト紹介文広島にて、投げ釣りでのシロギスをメインに季節に応じて釣りをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/12/27 23:04

直鰭 さんのブログ記事

  • ダイワ純正クーラー用タッパー
  • 先日、釣具屋店内を徘徊していた時のこと。クーラーのオプショナルパーツコーナーであるものが目にとまりました。それがこれ。プルーフケースPC-1020αという名の、普通のタッパーですね(笑)お値段は確か、800前後したような・・・。で、なぜわざわざこんな割高なタッパーを買うか?というと、クーラーにぴったりなんですよ。クーラー内寸を測って手当たり次第にタッパーを探せば、もしかすると割安なぴったりタッパーが見つかる [続きを読む]
  • 11/17 足を伸ばしてキス天国へ
  • 昨年もそうだったのですが私、11月はなんだかんだでキス釣りに行ってない事が多かったのです。ゆえに秋の落ちギスを経験してから、時間を置いて越冬ギスへ突入するケースが多く、落ち→越冬の中間を探れず終いに。ただ、釣り人から「え、まだキス釣れるの?」と言われがちなこの季節でも、探られてないだけでまだまだ釣れるはず。そこで、以前から「遠いけどキスの密度が凄い」と聞いていた、ちょっと遠い某地へ向かいました。2時 [続きを読む]
  • 投竿の最高出力
  • これまでずっと自分の中でモヤモヤしていたのが、投げ竿のパワーの限界。特に並継はその圧倒的パワーゆえ、チヌやカレイ位の魚では最高出力を出しきる事が出来ず、その性能の限界を試せませんでした。実は先日・・・昨年同様、堤防から投げ竿でブリを捕獲!その中で見えてきたのが、投げ竿って想像以上にパワーがある、ということ。並継投げ竿(サーフランダー405CX)でブリを釣った時は・・・泳がせで延々と4時間待った末に、ドラ [続きを読む]
  • 遠征と反省
  • 先日、長崎方面に遠征へ。釣果だけをみて結論を言うと、「貧果」ただ、今回の釣行から学べた事は数多くありました。1. 専用釣具は必要前にキャスティズムのジグ使用を目的とした深溝化の記事を書きました。今回の遠征では、サーフランダー並継+キャスティズムで100グラムのジグを半日ほど投げ倒したのですが…。当たり前ですが投げ竿ショアジギ回遊待ちの長期戦は無理!まず第一に、竿が長すぎ&重すぎ。速攻でスタミナが削られ、投 [続きを読む]
  • 10/8,11 癒しの落ちギス
  • アオリイカ激シブ、タチウオは疎ら。本来釣り物に悩むはずのシーズンの秋が今年の広島は不調の模様で…。今月4度アオリに行ってなんとも冴えない釣果となっているので、ここは一度原点回帰でキス狙いに。8日は「ほぼ確実に釣れる場所」へ出撃。という事で実験も兼ねて、誘導仕掛け&大鉤からスタート。投げ込んでサビいたらしばらく放置する、というシステムで警戒心の強い大キスを狙うつもりだったのですが…まぁ釣れない!たまに [続きを読む]
  • キャスティズム25QDでジグを使いたい
  • 遠征釣行で行くような場所では度々ナブラが発生します。で、それを狙うとなるとショアジギングタックルが必要な訳ですが…これが高いのなんの。自宅の釣具と睨めっこしながら、何とかナブラ迎撃用のタックルが用意できないかと考えた結果…キャスティズムがいた!軽い上に、ハンドル長も70mmと、ジギング用リールにぴったりな長さ。ただ、青物相手に1.5号のpeでは心もとない。3号くらいは欲しいところ。そこで…プロカーゴss4500ス [続きを読む]
  • 9/24 心温まる160?エギングの旅
  • またまたエギングそろそろブログ名を俎の上の泥障烏賊にしないといけないかもしれませんね…笑まあこの季節限定なのでご勘弁。実は毎度毎度釣り場は変えておりまして、墨跡や実釣戦績を元にどこが釣れているのかを探ってます。今回は一応、「マシだよ」と聞いたポイント。まあランガンすれば一箇所につき2杯くらいはチェイスあるだろうと思ったものの…ぜんっぜん居ない!!アオリイカ!!!明らかにイカの数より釣り人の方が多い [続きを読む]
  • 9/21 アオリ外れ年に足掻く
  • 私はアオリイカを食べるのが大好きです。刺身で良し、加熱して良し。魚の様に個体差もさほど無く、大体どれを食べても美味い!私の釣り欲は食欲と直結しているので、今秋はアオリのエギングに頻繁に行っております(笑)準備も楽ですしね。実は以前行った2回の釣行で、「秋イカにM(ミディアム)クラスの竿は硬いのでは?」という事を感じておりました。広島で釣れる秋イカのサイズは200g前後。300gオーバーは良型です。特に今年は数も [続きを読む]
  • 9/13,14秋イカ外れ年?
  • 今回は2日連続の秋イカ釣行。ただ…今年の広島秋イカは、例年と同じ様ではどうやらうまく行かないようでして…。DAY1 近場にて写真詐欺ですね(笑)この角度から撮るとイカがやたら大きく見えますが、実際は胴長10センチ前後。結論から言うと、釣果はこれだけ。この他に2度あたりがあり、1度目は足元で軽ーくエギを抱いたのと、2度目は走ったのに合わせ遅れてバラし。うーん、大貧果。まあ私の腕が大したことないのと、寝坊したのが [続きを読む]
  • 9/4小さめ秋イカ
  • 9月に入り、パラパラと聞くようになったアオリイカの釣果報告。ただ、どれもこれもサイズが極小で、中には2号エギを使って釣ると言う人も。そこで、「もしかすると水温高めな南の方なら大きいのでは?」と目論み、普段行かない遠くの釣り場に出撃。エギはあえて2.5号をチョイス。流石に2号だと、釣れるイカも小さすぎるので…豪雨災害の濁りも収まり、海は素晴らしい透き通り方。広島の瀬戸内海でも、南の方まで行けば素晴らしい透 [続きを読む]
  • サーフリーダーci4+の詳細なクリアランス調整録
  • 先日、サーフリーダーの詳細なメンテ記録を書いて欲しいとコメントをいただき、張り切ってメンテナンス録を書いておりました。書くうちに、「ガタつきの原因ごとにメンテすべき場所がわかる、トラブルシューティング的な記事がかけると良いなあ」と思い始め、ゴリつきの原因解明方法みたいなのを纏めておりました。しかし、少し前のこと。他のSNSにてサーフリーダーをメンテなさっている方を目撃。すると、何とギアを交換なさって [続きを読む]
  • 8/19 盛夏の小キスと先日の絶望
  • サーフリーダーのメンテナンス記事をアップするために書いているのですが、書いているうちにどんどん膨らみ、なかなか完成形にまで持って行けておりません…(汗)小さな事に拘りが強い人間ですので、一度拘り出すとなかなか完成しないのです。少々お待ちください。では本題です。盛夏の小キス釣りようやく朝晩が涼しくなり、昼間も湿度が低いカラッとした暑さになりました。こうなると日中の釣りに行くのも楽ですね。今回はキス釣 [続きを読む]
  • 8/7 季節外れメバルと青物の影
  • 今回の釣りは、波穏やかな内湾。久しぶりにのんびりアナゴ釣りでもしようかという魂胆です。アナゴ自体、仕掛けを放り込んだらあとは放置の釣りなので、繊細にアタリを取ったりする必要がありません(飲ませれば良いので)。その空き時間に、ジグヘッド&エサの釣り。ジグヘッドに青虫やオキアミを付ければ、メバル、アジは勿論、シーバスやマダイ、チヌなんかも狙うことができますからね。アナゴの仕掛けを2つ打ち込み、いざジグヘ [続きを読む]
  • 釣りと写真
  • かつて、釣れた魚を自慢しようと思えば魚拓という手段が使われていました。では、今はどうでしょう?勿論、ランカークラスの大物やメモリアルフィッシュは今でも魚拓にしたりしますが、大体スマホでサッと撮影して済ませますよね。ちょっと自慢したいならSNSにでも投稿して。スマホのカメラの機能進化はめざましく、下手なデジカメを使うより、スマホでパシャっと撮った方が手軽にそれなりの品質で撮れてしまいますからね。例えば [続きを読む]
  • 7/22酷暑堤防キス投げ釣り
  • 気づけば春ギスのシーズンは終わり、キスの最盛期とも言える梅雨前を逃してしまうという大失態を犯してしまいました。今年の7月は過去にないほどの異常な猛暑となっており、いくら釣り好きといえど日中は全く釣りができないほどです。昼下がりの暑さは殺人的なレベル。半日釣りをするだけでも優に1リットル以上は飲み物が必要です。そんな気候なので、今回は朝早く起きて初開拓の堤防へ出撃。割と有名なポイントで、釣具屋の釣り場 [続きを読む]
  • 外道を食す:トウゴロウイワシで肴作り
  • 先日、ある機会に釣れたトウゴロウイワシ。画像では伝わりにくいですが、12,3cm程と大型のトウゴロウイワシ。そのためか分からないのですが、妙に食いが渋く、2匹しか釣れませんでした^_^;イワシと名前にはついていますが、どちらかというとボラに近い仲間らしいですね。前から見た感じも完全にボラのそれ。逆三角形型に、羽のように飛び出した胸ビレ。初めて釣った時はイナっ子?イワシ?と困惑したものです。知名度も低く、「な [続きを読む]
  • 釣った魚で口が肥えた?本当に?
  • 私の趣味は魚釣りであると同時に、魚料理も趣味です。まだ人に自信を持って見せられるようなクオリティのものは作れていないので、ブログ等のSNSにはアップしていませんが、釣った際は大体毎回何かしらの料理を作っています。外道の料理なんかは上げでますがね(笑)美味しい、美しい魚料理を作るためにはどうしたらいいか。ここに拘り出すと実は大変奥が深い。ただ、釣り人と接していると、時々いるのが…「いつも釣りたての美味し [続きを読む]
  • バチ抜けでアジが釣れた日の話
  • 日付つきで記事にこそしておりませんでしたが、少し前の夜、筏から短時間釣りをしてました。何だかんだで人生初のアジングでしたので、備忘録として纏めておこうと思います。自己ベストのカマスをバラすタイトルどおり、痛恨のミスをしてしまいました。…その日の夕まずめの事です。水面で散発ボイルが発生しているという実に美味しい状況でした。岸からではそうそうボイルが発生することはないですからね…。(河口は除いて)ボコォ [続きを読む]
  • 6/17激流に抗う
  • 久しぶりに投げで大物が釣りたくなり、急流すぎることに定評のある某島へ出撃。餌はアオムシとホンムシという、無難な感じで。マダイが混じる可能性もあると過去に聞いたので、あえて虫エサ系に。それにしても、あけぼの釣具さんの本虫は生きがとても良いですね〜!今回購入したホンムシは動く動く!良い買い物でした。それはさておき。日中はあまり釣れないだろうと踏み、エサの消費を抑える意味で一本竿から。その傍、タコが釣れ [続きを読む]
  • キャスティズム的メバルサビキ考
  • 先日のThe Fishing、キャスティズムでしたね〜。個人的に驚いたのが、青物のボイルのシーン!仕掛けをジグに付け替え、ぶん投げてタダ巻き。それで60?70?cmくらいのブリが釣れていましたからね。私もちょうど先日、五島へ遠征した際に同じような場面に出くわし、結局釣れず終いの苦い思いをしているので先日の放送は大変参考になりましたね。今度からはショアエビングではなく、ジグ単体で釣ろうと思います(笑)それはさておき。5 [続きを読む]
  • 5/27バレまくりシロギス
  • 久しぶりにキス投げ。まだ時期的にトロロ藻が怖い時期ですが、釣り場はある程度海流があり、アマモが生えるような砂底なので大丈夫!…が、それが仇となる事を出撃前の自分は知りませんでした…。仕掛けは3セット用意。タックルは…振出キャスティズム23号&サーフリーダーci4+後ろのスペースがあまり広くなく、地面も砂浜ではないため、405の並継だと逆に扱い辛いと判断し、キャスティズムを使用。同じキス釣りでも、湘南のような [続きを読む]
  • 5/11ちょっとだけメバリング
  • ものすごく久し振りに釣りをした気がすると思えば、前に釣りに行ったのがほぼ1ヶ月前!私にとって釣りは体力がある程度ある時の気晴らしなので、体力が底をつきかけている時などはどうも行く気になれないんですよね…。格好つけて言うならば釣りは私にとって文化的な活動なんですね(笑)自身を体力的に追い込んでまでやるのはどうも性に合いません。で、その1ヶ月ぶりの釣りは、久しぶりのメバリング。メバリングをしに行ったと言う [続きを読む]
  • サーフリーダーci4+のゴリつき解消作戦
  • 私のキス釣り一軍リール、シマノSAサーフリーダーci4+程よい値段で、軽く、よく飛び、それなりに見た目も良い。これまで完璧とも言えるリールだと思っていたのですが、1つ致命的な欠点が浮き彫りに。それが、回転のガタつき。ギアの噛み合わせがどこか悪い為に、負荷を掛け続けると回転がガタつくのです。同じサーフリーダーのオーナーさんにも、きっと同じ現象に悩んでいる人をパラパラと見かけます。そして、このタイプの故障で [続きを読む]
  • アサリ、ナマコ、漁業権?
  • 潮干狩りシーズンですね。ですが、ここ最近はどうもアサリが激減しているらしく、公式のアサリ掘り場だと予め大量に撒かれていて、地表に見え見えになっているような所も…。私が求めているアサリ掘りはそういうのではないのですよ!!!自然界で生きているアサリを掘り当てる。それこそが楽しみなのです!!そこで、合法的にアサリを取りたいなぁと思い、広島県の漁業権について調べたのですが…はい。これが地図(例として江田島 [続きを読む]
  • 4/19 リフレッシュ春ギス
  • カレイ最盛期ですね〜ただ、投げカレイ…こんな事言っちゃうと投げ士としてよろしくないんですが、色々と面倒臭いんですよね…。沢山の釣竿とリール、仕掛け、高額なエサ…。午後が空いたので釣りに行く事にしたのですが、準備片付けが面倒なのでシロギスに決定。ただ…この時期のキスは春ギス。基本激渋です。ボーズもザラ。そのため、この際リフレッシュだと割り切って、トラギスでも釣れれば良いや!という事で、クーラー氷無し [続きを読む]