Danza Espanola さん プロフィール

  •  
Danza Espanolaさん: 永遠の未完成を奏でる 天籟の風
ハンドル名Danza Espanola さん
ブログタイトル永遠の未完成を奏でる 天籟の風
ブログURLhttps://danza-espanola.net
サイト紹介文五千年後に暮らす世界中の子どもたちの笑顔のために
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 295日(平均3.0回/週) - 参加 2016/12/28 17:51

Danza Espanola さんのブログ記事

  • 自分は弱いと思い悩んでいる君へ
  • 自分は気持ちが弱い、なぜあの人やあの人のように強くなれないのだろう。強くなりたいけどどうしたらよいかわからない。弱さを克服した人の話を聞いても自分にはそんなふうにたくまくしくはなれない。自分が弱いと思ってい … "自分は弱いと思い悩んでいる君へ" の続きを読む [続きを読む]
  • 自己欺瞞との対決
  • 日本古来からの価値観 「きよきあかきこころ」 における究極のすがたの前に、最終的に立ちはだかる最強の敵を私は、「自己欺瞞」だと考えている。清らかで明朗なこころが自分のすべてであるようにと希求する意志と主張、 … "自己欺瞞との対決" の続きを読む [続きを読む]
  • 人品
  • 「人品骨柄(じんぴんこつがら)卑しからぬ…」という慣用表現がある。「人品」は中国から渡来した言葉で「骨柄」は日本で生まれた言葉らしい。 前の記事で触れた「日本人の自信を取り戻す」であるが、安倍政権は「経済の … "人品" の続きを読む [続きを読む]
  • 男らしさ、女らしさ
  • 男らしさ、女らしさは必要だと思いますか? 昨今、このような問いかけ自体がタブー化しています。特に女らしさについて男性が語るのは完全タブーですね。タブー化していない時代でも、男性が女らしさについて語ることはほ … "男らしさ、女らしさ" の続きを読む [続きを読む]
  • 『日本』という個性(9)
  • 毎年この時期になると先の大戦が話題になります。特に神風特攻隊については、マイナス評価として語られている文章をよく目にします。空の神風よりも先に、人間魚雷として実用化された海の回天で散っていった英雄も忘れては … "『日本』という個性(9)" の続きを読む [続きを読む]
  • 『日本』という個性(8)
  • 今日のテーマは「いき」です。 「いき」は漢字で「粋」とも書きますが、前者はもともと江戸っ子の「意気」であり、後者は上方(京都)の「粋(すい)」で異質なものでした。語源とその変遷についての知識的なものはインタ … "『日本』という個性(8)" の続きを読む [続きを読む]
  • 『日本』という個性(7)
  • 小学生のときに学校主催の「高原教室」があって、何泊か忘れたけれども山奥の小学校へ出向きキャンプファイヤーを楽しんだ。 『もえろよ、もえろ』などの歌をみなで歌った。 特に記憶に鮮明なのは、「星かげさやかに、し … "『日本』という個性(7)" の続きを読む [続きを読む]
  • 『日本』という個性(6)
  • 結局、幽玄に美しさを感じるのは、けっして見えない「玄」をわれわれの想像の中に置くことで、全体観が、心の中におのずと描き出されるということでしょう。 例えば今日のアイキャッチ画像の、雲海の下に別の世界があるこ … "『日本』という個性(6)" の続きを読む [続きを読む]
  • 『日本』という個性(5)
  • 前回記事からの続きです。 幽玄の美しさとはどのようなイメージなのかを考えます。 幽玄という観念が中国から輸入されて約1200年余。日本特有の幽玄へとおそらく変化していると思います。平安王朝時代に主に歌論で見 … "『日本』という個性(5)" の続きを読む [続きを読む]
  • 『日本』という個性(4)
  • 先月より、『日本』という個性シリーズを書いています。 前回の記事では『葉隠』の武士道について触れました。武士の生きざまは死にざまであり、そこに数百年以上も続いてきた「日本男児」のロールモデルを見ることができ … "『日本』という個性(4)" の続きを読む [続きを読む]
  • 『日本』という個性(3)
  • 武士道といふは、死ぬ事と見附けたり 異端の書として有名な『葉隠』にある言葉です。 新渡戸稲造の『武士道』は、江戸時代の徳川家の方針によって朱子学(儒教)を叩き込まれた武士たちの、 … "『日本』という個性(3)" の続きを読む [続きを読む]
  • 『日本』という個性(2)
  • 「愛してる」 小林麻央さんの最後の言葉を海老蔵さんが公表したとき、胸が熱くなったかたが多かったのではないかと思います。私もそのひとりです。 私の世代では「愛してる」は世間のそこらじゅうに溢れていて、言葉にす … "『日本』という個性(2)" の続きを読む [続きを読む]
  • 『日本』という個性(1)
  • 寒さには弱いけれど暑さには強いと自信をもっている私ですが、一昨日と昨日の暑さにはわずかに頭痛も覚え、体から熱さが引いていかない自覚があって、ムムムと思っていたのですが、久しぶりに昨夜から今日にかけて13時間 … "『日本』という個性(1)" の続きを読む [続きを読む]
  • 情(こころ)の芸術
  • 梅雨のシーズンは多湿で不快指数が上昇しますね。クーラーによって除湿された部屋で快適に過ごす現代人。けれど、夏の暑さ冬の寒さ、そして梅雨の多湿感をそのまま経験してゆくことによって、日本人の抵抗力のある丈夫な体 … "情(こころ)の芸術" の続きを読む [続きを読む]