Pomta さん プロフィール

  •  
Pomtaさん: ぽんたのドイツ観測所
ハンドル名Pomta さん
ブログタイトルぽんたのドイツ観測所
ブログURLhttp://pomta.info
サイト紹介文何故かドイツに定住してしまった私の日記です。主にサッカーや車、ドイツ語、政治経済など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/12/28 19:39

Pomta さんのブログ記事

  • バカンスを取って、一体何をするのか
  • 以前同じタイトルで記事を書いたので、今回はそのリライトである。現在バイエルン州の学校は夏休みの真っ只中であり、多くの家族連れが長期休暇=バカンスを取っている。そういう訳で近所もすこぶる静かで、人通りも普段より少ない。ドイツの場合、週に5日働く被雇用者は年間最低20日の休暇を取得する権利がある。しかし、この休暇の日数は一般的に雇用者との労働契約で取り決められ、殆どの場合20日より多く、30日だったりする事 [続きを読む]
  • トニ・クロース、メスト・エジルを批判する
  • ロシアW杯もフランスの優勝で幕を閉じおよそ1ヶ月が経った。バカンスを過ごしていたドイツ代表選手たちも軒並みチームに合流し、一部の国では既にシーズンが開幕した。ドイツ代表は最新に発表されたFIFAランキングで1位から15位に急落し、9月6日には新たに開幕するUEFAネーションズリーグの初戦で世界ランキング1位となったフランスとの試合を控えている。監督はひとまずヨアヒム・レーヴが留任し、心機一転、新たなメンバーで再出 [続きを読む]
  • クラウドSim搭載Wifiルーター、グローカルミーを使ってみた感想
  • 先月末に日本に一時帰国していたが、毎度帰国のたびに厄介なのがネット環境の構築である。国際ローミングなどは高すぎて当然論外だ。空港でスマホやSIMカード、或いはルーターをレンタルする方法もあるが、これも結構な高額になる上に、返却などに手間がかかる。そういう訳で私の場合、プリペイドのデータSIMカードを日本のアマゾンで購入し、目的地である実家に着いた時にSIMを差し替えて日本でも外出時にネットに入れるようにし [続きを読む]
  • EUはサマータイム制度の是非を問うアンケートを実施中
  • 日本ではオリンピックに向けてサマータイムの導入が検討されるそうだが、逆にEUでは現行のサマータイム制度の廃止が本格的に検討されている。現状EUにおいては3月末の日曜日に通常時間(ウィンタータイム)から時計の針を一時間進め、10月末の日曜日にこれを元に戻すというルールである。元々は夏場の日照時間を有効に使うという省エネの目的で導入したこの制度も、実は意味のない事が判明している。それどころか逆に時間調整による [続きを読む]
  • EUはサマータイム制度の是非を問うアンケートを実施中
  • 日本ではオリンピックに向けてサマータイムの導入が検討されるそうだが、逆にEUでは現行のサマータイム制度の廃止が本格的に検討されている。現状EUにおいては3月末の日曜日に通常時間(ウィンタータイム)から時計の針を一時間進め、10月末の日曜日にこれを元に戻すというルールである。元々は夏場の日照時間を有効に使うという省エネの目的で導入したこの制度も、実は意味のない事が判明している。それどころか逆に時間調整による [続きを読む]
  • 潰そうとすればするほど躍進するAfD
  • ARDによる最新のドイツの政治トレンドが発表され、AfDが過去最高の支持率を記録した。その支持率は17%となり、ドイツ2大政党の一つであるSPDの18%に肉薄している。一方与党最大勢力であるCDU/CSU連合は29%となり、記録的な低さとなった。人間の負の感情を利用し、下品かつ明らかに人種差別的な発言で民衆の支持を得る右派ポピュリスト政党が躍進している事は、私から言わせれば実に喜ばしくない事実である。そして、ここ最近におけ [続きを読む]
  • ミュンヘン空港、保安検査のミスにより大混乱に陥る
  • 先週の土曜日のミュンヘン空港は大混乱に見舞われた。私はたまたまその前日にミュンヘン空港を利用して日本へ帰国していたので、その写真をネットで見たらギョッとしてしまった。私自身も乗り継ぎの国内線でちょうど台風で欠便も相次ぎ、やれやれとの思いで何とか目的地に着く事ができたのだが、もしもこの日に飛行機をブッキングしていれば確実に日本へ帰る事は無理だっただろう。原因は一人の女性が空港の保安検査を潜り抜けて、 [続きを読む]
  • メスト・エジルをドイツ代表から排除してはならない
  • ドイツ代表がW杯を去ってから既に2週間は経ち、今日は決勝戦である。選手たちもバカンスを満喫している最中だ。当然ながら既にメディアでも敗退について多くの検証がなされ、ピッチの上のドイツ代表のパフォーマンスについては概ね出尽くした感もある。所詮はスポーツでありファンにとっては娯楽だ。勝つ事もあれば負ける事もある。9月からはネーションズリーグが始まり、2年後にはEUROがある。気をとりなおして再出発すれば良い、 [続きを読む]
  • ロシアW杯ドイツ惨敗の理由その2 : 真のリーダーの不在
  • サッカーに限らず、組織においてリーダーの存在は極めて重要である。いくらモチベーションが高く、優秀な個人が揃っていても、皆が人間である以上異なる考え方があって当たり前だ。一つの状況に対して幾つもの解答が存在する。それを一つの方向へ導き、かつ個々の能力を活かせるようにチームをまとめあげるのがリーダーである。とりわけ、サッカーにおいてピッチ上で監督がコントロール出来る部分は多くない。刻一刻と変化する状況 [続きを読む]
  • ロシアW杯ドイツ惨敗の理由その1 : 自らに対する過大評価
  • 先週アルディに行ったらドイツ国旗模様のアイスが虚しく叩き売りされていた。まさかドイツがGLで敗退するとは思わず大量に仕入れたんだろう。確かに、これは誰にとっても想定外だった。しかし初戦のメキシコ戦を見たときに、多くの人は「これはやばい」と感じた。そして実際にグループリーグの3試合を通じて見ても、殆どの時間帯でドイツのサッカーは敗者に値する酷いものだった。それは私から言わせれば、特定の選手の不調や、ミ [続きを読む]
  • ベルギー戦で日本代表が問われた「キャラクターテスト」
  • ドイツ語に”Charaktertest”=「キャラクターテスト」と言う言葉がある。読んで字の如く単なる性格診断に聞こえるが、この言葉はサッカーでよく使われる。逆境に陥った時や、真価を問われる場面で、チームがどんなリアクションを見せるか、それがテストされていると言う意味だ。そして、私にとって昨日のベルギー戦は、まさに日本代表のキャラクターテストと言える試合だった。私はファンとしてポーランド戦、他のチームの試合結 [続きを読む]
  • W杯は結果が全てなのか、ドイツ代表のファンへの謝罪から考える
  • 昨日のポーランド戦で日本代表は、晴れてW杯のKOラウンドへの進出を決めた。それは大きな成果と言って良いだろう。私は前回のW杯で日本代表の戦いぶりには非常に落胆したし、今回は前評判も低かったので殆ど期待していなかった。ところが、蓋を開けてみれば運にも助けられたにせよ、最初の2試合で期待以上の結果、そして内容を見せてくれた。この2試合が終わった時点では、ファンとして非常に満足だったと言える。しかし、昨日のポ [続きを読む]
  • ドイツの決定力を大きく劣化させている、トーマス・ミュラーの絶不調
  • 土曜日の劇的な勝利の余韻がまだ冷めやらぬドイツであるが、明日には早くもグループリーグ最終戦の韓国戦が控えている。ドイツはグループリーグの突破を確実なものにする為には、この試合を2点差以上で勝利しなければならない。1点差での勝利ではスウェーデンがメキシコに勝利した場合、そのスコア次第ではドイツの敗退もあり得る。韓国は普通に考えればメキシコ、スウェーデンよりは力は劣るが、今大会は強豪国は軒並み苦戦してい [続きを読む]
  • 強固な守備を誇るスウェーデンを、ドイツは攻め倒すことが出来るのか
  • 明日W杯のグループリーグの第2戦であるスウェーデン戦が行われる。初戦のメキシコ戦でまさかの敗北を喫したドイツは、もしもこのスウェーデン戦でも敗北すればグループリーグでの敗退が決定的な状況だ。仮に引き分けても、自力での突破の可能性は潰えてしまう。先立って行われる韓国対メキシコ戦の結果によって若干状況は変わってくるが、何れにせよドイツは絶対に勝たなければならない。一方、初戦に勝ったスウェーデンはドイツ戦 [続きを読む]
  • 何故メスト・エジルは不当な批判に晒されてしまうのか
  • ドイツ代表の10番を背負うのはメスト・エジル。異論はあるかもしれないが、現代サッカーで最高のトップ下の一人と言って良いだろう。私はこの選手の大ファンでもある。そのボールタッチ、テクニック、広い視野から予想もしない箇所へ通すそのラストパスは魔術的でもある。最近はエジルのプレーも見慣れたせいか驚きは少なくなったが、エジルがドイツで頭角を現してきた頃ドイツは現在ほど技術のある選手を揃えておらず、そのプレー [続きを読む]
  • グループリーグを突破する為に、ドイツは何をするべきか
  • 昨日のメキシコ戦からの惨敗から一夜明け、世間は怒りを通り越した白けムードが漂いつつある。無理もない。実力が今ひとつでも、テストマッチはダメでもW杯本番ではキッチリ仕上げて結果を出すのが我が国の代表チームであり、毎度ベスト4までは進出して来た。「予定では」これから一ヶ月間続くサッカー祭りが始まる筈だった。それが、やる気なし、チームはバラバラ、近年で最も優勝を期待されるチームがあの有様である。下手をすれ [続きを読む]
  • コンディションは最悪、組織も最悪、メキシコに惨敗したドイツ
  • 知っての通り、今日はW杯のドイツ代表の初戦であるメキシコ戦が行われ、ドイツは0-1で敗れるという番狂わせを許した。私はドイツ代表の試合は何度も観戦して来たが、今回のチームは私が見た中では過去最強だとも思える布陣であり、それに相応しいだけの素晴らしい内容をこれまでも見せて来たので、期待は大きかった。しかし、今日は全てが「有り得ない」と頭を抱える程酷い試合だったと言える。確かにまだこれでW杯は終わりでは無 [続きを読む]