すばる さん プロフィール

  •  
すばるさん: すばるのノート
ハンドル名すばる さん
ブログタイトルすばるのノート
ブログURLhttp://subaru-note.main.jp/
サイト紹介文創作詩をちょこちょこ綴ります(^^) 気が向いたときにノートを開いてみてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 238日(平均4.2回/週) - 参加 2016/12/28 23:20

すばる さんのブログ記事

  • 正直に言うよ
  • 走れって言ったのに 走らないのは あしが重くて 痛くて 走れなかったから わかったよ そうだったの ゆっくりゆっくり 歩いていいの [続きを読む]
  • にっこり
  • 口角をあげてみた すると 顔が変わったよ すると 雰囲気が変わったよ すると 人が寄ってきたよ 口角のあがった人が マントなんか羽織らなくても 笑っていることに気が付いた [続きを読む]
  • 奇跡
  • 奇跡が起きる きらきらした瞬間 わくわくした未来を 想像するとき 起こるべくして起きる 奇跡が起きる 目の前がひかりになる この瞬間を大切にしたい もっと もっと [続きを読む]
  • 通り雨
  • スコールのような 激しい雨に 車から一歩も出られず しばらく浸っていることにした 胎内の錯覚を覚えるような なんとも心地よい嵐 車はとまっているのに まるで動いているかのよう &... [続きを読む]
  • おやすみなさい
  • おやすみなさい あたたかな声 しずかな声 やさしい声 どのおやすみがいい 夜だから恋しくなる おやすみなさい [続きを読む]
  • 夜のあこがれ
  • 遠いお空を追いかけて 歩いてゆく道すがら またたく光はちらばって 僕の瞳に流れゆく あこがれの君は無限大 美しい漆黒のミステリー 見上げることしかできないのに 僕はそっと手をのべ... [続きを読む]
  • 十字路
  • 十字路 右へ行こうか あるいは左へ行こうか 近道はどこ じゃあ 右へ さて、また十字路 じゃあ 左へ 近道って聞いたから どうもまた十字路 どこまでもたどりつかない ... [続きを読む]
  • 青天
  • からりと どうやってもつかめない青天は明るい 時折あたる風で知る 天はどこまでも遠いのだ それでもいつも見つめてくれる 青い明り あたたかくて美しい 雪のような静けさ [続きを読む]
  • 頭の虫
  • 頭の中に住んでいるもの それは感情の虫 今夜はどうもあばれるから 心の雫があふれだす 頭の中に住んでいるもの それは理性の虫 今夜はどうも大人しいから 心の雫がとまらないのだ [続きを読む]
  • WAY
  • 一番安全なところを歩いてちゃ 本物はつかめないよ 次の瞬間 この世にいるかなんてわからない 今の瞬間 悔いの残らない人生を [続きを読む]
  • ワーピング
  • ワーピング よぼよぼの絨毯に放り出された からっぽになりたくて 緑の柔毛に包まれたかったのだ ワーピング 眩しい日に 私の心を慰めてくれるのは この居場所だけ [続きを読む]
  • 夜になると
  • 夜になると 不安がどっと押し寄せる 光で紛らわしていた日常が 急に見えなくなるから あの人からの連絡を 待ちわびるわたしは幸せなのだ いつか あの人の手に触れることができるのを ... [続きを読む]
  • 君の幸せ
  • 君が考える幸せは 君の幸せなのだから 胸を張って 君の幸せのために 生きればいい たとえ どんな結果が訪れようと 君が望んだ道を歩めば それが幸せそのものなのだ [続きを読む]
  • 目に見えるもの
  • 目に見えるものは 全体のほんの一部しか見えていなくて 知らないものの多さに うすうす気づいていながら 見たものだけしか信用できない ほら、それでも あなたの信じたいものを あなた... [続きを読む]
  • あなたは何者 この心を動かすのはなぜ この心をざわざわさせるのは何 その正体は いつまでもわからない わからない わからない なぜ やってきたの あなたは何者 わた... [続きを読む]
  • 真っ青な景色に出会って まるで天空に浮かんでいるような まったく知らない異国にいるような そこはゆったりとした青がきらめく海 日常とは無縁の秘境は 心に好奇と静寂を与えてくれます [続きを読む]
  • つり橋
  • 見えないものを手探りで 渡ってきた長いつり橋 この先のことはわからない 向こう岸はまだ見えないから できるだけ下は見ないように 一歩ずつ歩いてゆけば きっとあちらにたどり着ける ... [続きを読む]
  • つぶやき
  • 言葉に出したら なんだか叶うような気がする そうして 部屋でボソリと呟いてみた SNSは使えるのに 本当の声は使えない ネットワークは画面の中 ぼくを知らないソサエティ &nbs... [続きを読む]
  • パワー
  • いつものアスファルトが光る じりじりと砂粒を 光らせる太陽は いつも思いっきり わたしに飛び込んでくる わたしは思わず手をかざしながらも やはり触れたくなって 指の... [続きを読む]
  • 桜の花言葉
  • 道の途中で 流れてきた花びらに 足をとらわれた やさしくて はかない ピンク きっとどんな物語も ロマンスへと変えてしまう そんな、やさしくて はかない ピンク あ... [続きを読む]
  • 夜空の波
  • パステルカラーの街が沈む ぼうわりのぞいた三日月が 空に明りをそえている 濃紺の天井は 星空という海 名もなき石を浮かべながら 夜という幻をつくりだす わたしが生ま... [続きを読む]
  • 好き
  • 好きは執着 恐るべしストーキング作用 目の前の事象に囚われて しがみつきたくて 離れられなくて 狂いの中に 居場所を感じるんだ 好きは未着 つかめない 届かないもの... [続きを読む]