残しておきたい今日の1枚 さん プロフィール

  •  
残しておきたい今日の1枚さん: 残しておきたい今日の1枚
ハンドル名残しておきたい今日の1枚 さん
ブログタイトル残しておきたい今日の1枚
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ja8xej
サイト紹介文函館近郊で撮影した写真、その中のお気に入りや思い出となるもの1枚を残しておきたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供320回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2016/12/30 09:25

残しておきたい今日の1枚 さんのブログ記事

  • 一足早く“春”を演出...
  • 今朝の函館は冷え込み久々に−10℃まで下がり、日中も気温も−2℃までより上がらず「真冬日」を観測...。そんな中、五稜郭タワーでは、市民や観光客に“春”を感じて貰おうと恒例の「椿展」が行われている...。100鉢あまり並べられ苗木に赤や白、ピンクなど色とりどりの花を楽しめ、“春”を待ちきれずに咲く椿の花を観光客もうっとりと眺めていた。この「椿展」、3月下旬まで... [続きを読む]
  • “雨水”...
  • 今日19日は二十四節気の一つ、“雨水(うすい)”...。暦の上では「空から降るものが、雪から雨に変わり、積もった雪が解け始めるころ」といわれている。しかし、今年の函館は積もった雪が解けるのか心配なほど積み上がっている。それでも、近くを流れる亀田川の流れに少し春を感じられ、水面に浮かぶカモからは寒さを逃れた仕種も見られる。ただ、天気予報では明日も「雪」... [続きを読む]
  • “五稜星の夢”、あと10日...
  • 函館の冬の風物詩ともなった“五稜星(ほし)の夢”イルミネーション...。12月から史跡・五稜郭跡を「地上に降りた大きな星」に見立て、約2千個の電球を並べ仄かな灯りで五稜星形を浮かび上がらせ、幻想的で「夢」を与えてくれたこの輝きも、早いもので残すところあと10日... [続きを読む]
  • 雪に埋もれた“五稜郭”...
  • 昨日の暴風雪、道南各地は大荒れだったようだが、今朝の函館は何事もなかったかのような青空が広がる...。その青空に誘われて、五稜郭公園を歩いたが「雪の中の“五稜郭”も...」と五稜郭タワーに上った。しかし、昨日の雪は風で飛ばされたのか期待したほど雪に埋もれていなかったものの、新雪に輝く“五稜郭”と函館を見下ろす横津連峰に新鮮さを感じることができた... [続きを読む]
  • 函館市内でも“ホワイトアウト”...
  • 台風並みに発達した低気圧の影響で、東北や北海道は暴風雪が吹き荒れている...。江差町への中山峠やせたな町では“ホワイトアウト”で10数台の車が立ち往生しているとの報道もあった。午後5時頃、車を走らせようとしたが函館の街中でも“ホワイトアウト”状態で先が見えず出掛けるのを断念した。こんな天気最近では記憶にない。明日の朝はどうなっているんだろう...。ところで、昨年の今日のブログを開けてみると「函館の [続きを読む]
  • “大沼電鉄”...
  • 「七飯町郷土史研究会」の会員が1年間研究に取り組んだ成果を発表する「研究発表会」が七飯町文化センターであり、参加した...。今回は、知人が「“大沼電鉄”の歴史」についての発表。昭和4年、現在の大沼公園駅から鹿部温泉まで水産物と温泉観光客の輸送のため開通。その後、国鉄砂原線との一部並行や乗り合いバスの運行で経営難に陥り、昭和27年に廃止された。初めて耳にすることで「へぇ〜」と驚きながら聞いていたが、 [続きを読む]
  • 最深積雪量“91cm”、記録更新か?...
  • 昨夜からの降雪が5,6cm積もり、今朝も雪かきに追われる...。この雪でJRは函館−八雲間が朝から全面運休、降雪の状況を見ると函館が狙われているようだ。今朝までの最深積雪量が81cm...、これまでの函館の最深積雪量の記録が“91cm”とのこと。土曜日からまた荒れ模様の天候予報で、ちょっとして恐怖の“91cm”を更新?。もう勘弁して欲しいなあ... [続きを読む]
  • “キハ183系特急形気動車”...
  • 友人から「“キハ183系特急形気動車”が函館から撤退するぞ、写真を撮っておいたら...」とのメール。後日話を聞くと、函館−札幌間を走るJR特急北斗で使用されている気動車がより性能の良い「キハ261系」に統一され、この春で函館から消えるとのこと。この車両は、大型ヘッドマークが装備され、前方が突出したスラントノーズ型などマニアには人気の車両とか... [続きを読む]
  • 雪に埋もれる“香雪園”...
  • 昨夜から降り出した雪は今朝までに10cmほど積もり、今日現在の積雪は70cmを超えている。この雪、春まで溶けるのかちょっと心配だ。雪かきの後、再び雪見で“香雪園”に...。大きな樹木に雪が覆い被さり、“香雪園”は雪に埋もれている。管理人の話では「雪の重みで小枝が結構折れるんだあ...」とのこと。雪かきだけでなく、小枝の雪下ろしも大切な仕事のようだ... [続きを読む]
  • 2日連続で打ち上げが遅れた“冬花火”...
  • 3日連続で冬の夜空に打ち上げられる、“冬花火”...。大勢の市民が会場の若松ふ頭付近に集まったが、昨日に引き続き午後7時40分の打ち上げ開始が30分ほど遅れて始まった。その理由は、函館空港から飛び立つ飛行機の遅れで、花火の打ち上げの許可が下りないのだそうだ。寒空の中今や遅しと待たされるのは大変だが、上空に打ち上げられるとその美しさは笑顔に変える... [続きを読む]
  • 函館朝市が一夜限りの“光の夜市”...
  • 「函館海上冬花火」2日目...、その前に函館朝市が1日限り夜にオープンする“光の夜市”に立ち寄る...。夜市では、500円セール、振る舞いサービス、大抽選会などが行われ夜間は静かなはずの朝市に大勢の市民が押し寄せ大盛況...。「あさいっちゃん」の案内で朝市に踏み入れると、周辺はキャンドルの光がほのかに揺らめき、幻想的な雰囲気を醸し出している... [続きを読む]
  • 冬の夜空に煌めく“函館海上冬花火”...
  • 函館の冬を盛り上げようと開催されている「はこだて冬フェステバル」...。これに合わせて、函館の夜空に色とりどりの花火が打ち上げられる“函館海上冬花火”、今年も今日から3日連続で、毎日2千発打ち上げられる。澄み切った冬の夜空に打ち上がる花火の煌めきは、夏の花火とはまた異なる趣が感じられる。「寒さなんか吹っ飛ばせ!!」、明日は何処からから撮ろうかな... [続きを読む]
  • 大雪の後の“夕陽”...
  • 昨日までの大雪は峠を越したようだが、車道と歩道に積み上げられた雪の山、車に踏み固められた車道の雪はスリップを誘うなど、その影響は大変だ...。五稜郭公園外堀の散策路は除雪してくれているが、一面の雪は記録的な降雪量を実感させてくれる。今日の函館の日没は午後5時ちょうど...。大雪の後だが“夕陽”は春を感じさせてくれる。しかし、週明けにまた寒波が来るとか... [続きを読む]
  • また大雪、“笑うしかないわ”...
  • 昨夜からの雪が朝には20cmほど積もり、早速近所の皆さんと「まいったね!!もう“笑うしかないわ”」と言いながら雪かき...。しかし、夕方までにさらに7,8cmほど降り、結局朝から夕方まで雪かき三昧で、足腰ばかりでなく膝小僧まで笑ってる...。この大雪で、市内の道路はあちこちで大渋滞、路面電車も除雪が間に合わず運休とか。こんな大雪、ここ暫く記憶にない... [続きを読む]
  • “立春”...
  • 今日は“立春”、暦の上では春の始まりとなる...。ところが、函館には昨夜から降り続いた雪が15cmほど積もり、朝から雪かき出動。しかも湿っているため重いのなんのって、雪の置き場を探しながらの作業でうんざりする。折角、先日除雪車が入ったくれたが、それも元の木阿弥...。それでも、夕方函館港の傍を通ったっが、陽の光は少しだけ「春」が感じられる... [続きを読む]
  • 風雪に邪魔された“光の小径”...
  • 五稜郭公園の外堀沿いにキャンドルが並べられる「シーニックdeナイト」...。午後5時、実行委員の皆さんが約1000個のキャンドルを置いて点灯し“光の小径”がつくられる...。ところが、生憎の強い風と雪に邪魔されて消えてしまい、後を追うように点けて歩く。公園入り口広場の前に置かれた「HAKODATE」のキャンドルに観光客も足を止め、記念撮影をする姿も... [続きを読む]
  • “いさり火”を上から眺めると...
  • 飲み会の時間調整にぶらりと函館駅前のデパートに...。階段をゆっくりと上りながら、窓から外を眺めると函館駅前広場に華やかなイルミネーションが目に飛び込んできた...。函館山をイメージしたオブジェに、イカ釣り船の“いさり火”をイメージした大きな球状の電飾が吊されている。電飾は人の動きに反応して点滅し、函館駅から大門・松風町へと光の海が誘導する... [続きを読む]
  • 今夜の飲み会は、研修会の“打ち上げ”...
  • 一日中ホテルに缶詰にされ、研修会に参加した知人らは夕方開放された...。「お疲れさん“打ち上げ”をやろう...」と函館駅前の居酒屋に場所を用意した。疲れて酒など飲めないのではと心配したが、最初に出されたイカの活きづくりを口に放り込み「旨い!!お酒が捗るわ...」と係の方も驚くほど酒が運ばれてくる。次に函館でやる研修会は5年後?、そこまで面倒みれないかも... [続きを読む]
  • “除雪車”出動に感謝!!...
  • ここ何日かの雪で、雪かきした後の置き場に悩み、結局は車道と歩道の間に置かざるをえない状況となり、それが車道は1車線、轍も出来て行き交う車は大変な思いをしている。ところが、今日の午後、グレーダーが入り一気に積み上げた雪を掻きだししてくれた。さすがに機械の力、轍でゴツゴツしていた道路は2車線確保、まずは“除雪車”出動に感謝!!...。暫く雪は降らないで!!... [続きを読む]
  • 今夜の飲み会は、研修会に参加する知人の“激励会”...
  • 明日、全道各地から函館のホテルに150人ほど集まり研修会が開催される...。その研修会に札幌から4人の知人が参加、今日前泊で函館に来た。研修会は、朝9時から夕方5時半までの強行日程と聞き、それじゃ“激励会”をやろうと函館駅前の海鮮居酒屋に案内した...。函館は人気があり参加者が多いそうだが、確かにそれらしい人が街を歩いている。有難いことです... [続きを読む]
  • 雪の中を走り回る“エゾリス”...
  • 今朝も10cmほどの降雪があり、雪かきに追われる...。こう毎日降られると雪の置き場に困り、遂に車道と歩道の間に置かざるをえない。その結果車道は1車線、行き交う車は大変だが仕方がない...。雪かきの後、雪見にと「香雪園」に車を走らせる。この雪に“エゾリス”も大変だろうと思っていたが、なんと隠して置いたエサのドングリを探し雪の中を走り回っている... [続きを読む]
  • 今日の役員会は“懇親会”付きで...
  • 加入する団体の役員会...。通常は午後1時30分開始だが、一杯飲みながら忌憚のない意見交換を、と年に一度会費持ち寄りの“懇親会”付きで行われる。役員会は、午後5時開始、1時間ほど案件協議を行い引き続いての“懇親会”...。お酒の力なんだろうか、会議と違って次から次と色んなアイディアが飛び出してくる。これには会長も「毎回“懇親会”付きにするか」だって... [続きを読む]
  • ナナカマドの実を啄む“キレンジャク”の大群...
  • 我が家の近くの市道本通富岡線を車で走行中、突然フロントガラスの前を野鳥の大群が横切った...。慌ててブレーキに足を延ばしたが、 野鳥は“キレンジャク”で100羽ほどが一斉に街路樹のナナカマドに群がり、ナナカマドの赤い実を啄み始め、あっという間に飛び立っていく...。その間10秒ほど、鈴なりの赤い実はすっかり消えて丸坊主。残念ながら逆光でよく見えなかったが... [続きを読む]
  • 子ども達の踊りに“春”を感じて...
  • 日本の伝統芸能「日本舞踊」を子ども達にもと始められた教室の発表会が五稜郭タワー・アトリウムで開かれた...。昨年4月から教室に通っているという5歳から11歳までの子ども達の、練習の成果を披露する初舞台。出番を待つ姿には緊張感がみなぎっていたが、舞台に上がるとそんな姿は微塵も見せずに、艶やかな姿で堂々と踊りを舞う。華やかな舞台に“春”を感じる... [続きを読む]