残しておきたい今日の1枚 さん プロフィール

  •  
残しておきたい今日の1枚さん: 残しておきたい今日の1枚
ハンドル名残しておきたい今日の1枚 さん
ブログタイトル残しておきたい今日の1枚
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ja8xej
サイト紹介文函館近郊で撮影した写真、その中のお気に入りや思い出となるもの1枚を残しておきたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供355回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2016/12/30 09:25

残しておきたい今日の1枚 さんのブログ記事

  • “霜降”...
  • ( やっと、西桔梗で見つけた「マリーゴールド」 )今日23日は、二十四節気の一つ“霜降”(そうこう)...。風が一層冷たく感じられ、霜が降りる頃。暦の上では、秋最後の節気で “霜降” が過ぎると、冬がやってくる。確かに、去年のブログを見ると24日に「横津岳に初冠雪」とあった。今年も、そろそろそんなたよりが聞こえてきそうだ。この時期、畑の中に満開に咲く「マリーゴールド」目にするのだが、今年は少ない、も [続きを読む]
  • 大沼を包む“朝霧”...
  • この週末、爽やかな秋晴れが続き、まさに行楽日和...。今朝の最低気温は7℃、この気温なら大沼の “朝霧” は無理だろうなあ〜、思いつつもちょっとしての期待を込め少し早起きをして大沼公園に車を走らせる。東の空が赤みを差し始めているのに峠下のトンネルを抜けると一転暗く、小沼は深い霧に包まれている。焦る気持ちを抑え、小沼の西に位置する日暮山(303m)に向かう... 山頂から眺めると、小沼の湖面から湧き上 [続きを読む]
  • 秋色に染まる“ダム公園”...
  • 今年の紅葉はいつもより遅れているような気がする...。昨日の大沼公園も例年だと見ごろを迎える頃なのだが、今年はもう少し先との話も聞いた。午後、函館市内の紅葉スポット新中野ダム前庭の “ダム公園” に車を走らせた。風もなく小春日和の陽気とあって、こどもを連れた家族の姿が多く見うけられる。モミジが色鮮やかな赤や黄色に染まりつつも、見頃はもう少し先... [続きを読む]
  • ハロウィンナイトで“花火”の打ち上げ...
  • 毎年大沼公園で行われている「大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ」...。見ごろを迎えた大沼に浮かぶ島々の紅葉をライトアップ、クルーズ船から楽しむイベント。午後5時前、ハロウィンの仮装したスタッフが大沼公園の広場に並べられた大小200個ほどの「カボチャのランタン」ひとつひとつに灯りを灯していくと幻想的な光を放し会場の雰囲気を盛り上げていく... 紅葉された木々は公園広場と西大島橋付近 [続きを読む]
  • 季節外れ?“エゾムラサキツツジ”咲く...
  • 函館の最低気温、昨日は5.2℃とこの秋一番の冷え込み、今日は6℃で明日の予想も5℃と冷え込みは続く...。そんな中で、我が家の近くを走る市道本通富岡線 (旧戸井線) の街路樹“エゾムラサキツツジ”が少し寒そうだが、紫色の花を咲かせている。毎年、春一番に花を咲かせ楽しませてくれるのだが、どうしたことか...。そういえば、本州各地で台風による塩害の影響でサクラが咲いたという報道があった。季節外れに咲く“ [続きを読む]
  • 練習帆船・日本丸、感謝の“登舷礼”で出港...
  • 12日函館港に入港した練習帆船・日本丸...。今日、午後係留されていた西ふ頭から次港・新潟港に向けて出港した。午前10時の出港予定が4時間遅れの午後2時に変更になったが、それでも西ふ頭には30人ほどの市民が見送りに駆けつけていた。出港準備を終え、実習生は甲板上に並び練習帆船・日本丸が岸壁を離れると「帽振れ」の掛け声で、一斉に帽子やヘルメットを振る... 練習帆船が出港の際、帆桁に登り帽子を振る [続きを読む]
  • JAC特別塗装機“西郷どん”函館空港に登場...
  • ブログを見てくれている知人から「今度は“西郷どん”が飛んでくるよ...」とメールをもらう。メールを見ると丘珠便で、通常鹿児島県の島々を中心に運航しているJALグループのJAC(日本エアコミューター)が保有するプロペラ機、SAAB340型機に大河ドラマ“西郷どん”を描いた特別塗装機。今回、HAC(北海道エアシステム)函館ー丘珠の代行運航で飛んできたようだ... ところが、“西郷どん”は予定より10分以上 [続きを読む]
  • 秋の深まり感じる“香雪園”...
  • 函館の豪商、岩船家の別荘として造成された庭園“香雪園”...。園内には約150種類の樹木が植栽されており、秋にはモミジやツツジなどで赤や黄色に染まる道内でも人気の高い紅葉スポット。その“香雪園”では、ここ2,3日の冷え込みで葉が色づき始め秋の深まりが感じられる。ただ、東側の樹木は相次ぐ台風による塩害の影響で葉が枯れたのものもあり、いつもの鮮やかな紅葉が見られないかも知れない。 “香雪園” での「MOMI [続きを読む]
  • 今年2度目の寄港、大型練習帆船“日本丸”...
  • 日本を代表する大型帆船“日本丸”が、秋晴れの函館港に入港...。“日本丸”は、独立行政法人海技教育機構に所属する練習帆船「海王丸」や航海練習船「青雲丸」「銀河丸」「大成丸」と同様、船舶職員を志望する学生が乗船し、航海訓練を行っている。今年これら練習船はすべて函館に寄港したが、“日本丸” は7月に続き2度目の寄港で、1年に2度の寄港は珍しい... “日本丸” は、全長110m、全幅13.8m、総トン数2,57 [続きを読む]
  • 季節を進める“秋の雨”...
  • 昨日から冷たい雨が降ったりやんだりと鬱陶しい雨模様が続く...。天気予報を見ると来週は高い峠では雪の心配もあるとの予報で、この冷たい “秋の雨” は季節を進めているのかも知れない。夕暮れ時のベイエリアの赤レンガ倉庫群...、この時間になると観光客の姿も少ないが、雨に濡れた石畳が眩しくも感じられる。しかし、後一月もすると函館に初雪の知らせが... [続きを読む]
  • 今年7回目の開花“月下美人”...
  • 一夜限りで幻想的な花を咲かせる“月下美人”...。五稜郭タワーアトリウムの花壇にある“月下美人”の開花に合わせ、市民に鑑賞してもらおうと特別開館した。3m程の木に直径15cmほどの白い大きな花を数えられないほど咲き誇り、フルートオーケストラのメンバー2人の演奏を聴きながら、時間の経過とともに花びらを広げていく“月下美人”を眺めるという優雅な時間を過ごす...  “月下美人”はサボテン科の多肉植物で [続きを読む]
  • 今夜の飲み会は、施設見学の後、そば屋で“鴨鍋コース”...
  • 高校時代の新聞作りの仲間8人で、春夏秋冬年4回の定例会と称しての飲み会...。毎回幹事持ち回りで会場を設定しているが、今回の幹事は「いつもただ飲んでばかりいないで勉強も...」と午後4時まで十字街へ集合の案内...。8人揃ったところで幹事から、「北海道坂本龍馬記念館」 と 「函館市文学館」でじっくりと見学して、元町にあるそば屋さんに向かうとの案内から始まる... 確かに函館にいてもなかなか足を運 [続きを読む]
  • “階段のぼりチャレンジ!!” に挑戦
  • 今日10日は「体育の日」...。といっても、最近は山登りもしていないし、ウォーキングも怠けて運動らしいことは何一つしていない。体育の日らしいことをと、午後、五稜郭タワーの“階段のぼりチャレンジ!!”に挑戦することにした。タワーの非常階段を1階から地上90mの展望台まで451段、ビルだと30階に相当するという。しかも階段は45度の急傾斜... これまで何度か挑戦しているものの年々歳を重ね不安がないわけでもな [続きを読む]
  • “台風一過” の秋晴れ...
  • (大森浜に押し寄せる白波。しかし、北西の強い風に押し戻され波飛沫が沖に飛ぶ...)一時は函館直撃と心配した台風25号...。今朝早く温帯低気圧に変わり急ぎ足で道東方向に過ぎ去った。午後、風速15m近い北西の強い風が吹いたが、青空が広がりまさに“台風一過”の秋晴れ。強い台風が近づくとの予報を信じ、今日予定していた各種のイベントは軒並みに中止又は延期を余儀なくされた主催者の方は恨めしいだろうと思う。し [続きを読む]
  • ロシア軍艦“一般公開”も、乗船できず...
  • 4日函館港に入港したロシア太平洋艦隊のミサイル巡洋艦「ヴァリャーグ」の “一般公開” が、今日港町ふ頭で行われた。午前9時から午後2時まで予定で、昼食後小雨の降る中車を走らせた。ふ頭入口で所持品検査を受けふ頭に入ると、なんとロシア軍艦 「ヴァリャーグ」 の乗船口には長蛇の列、一度に30人程ずつ乗船するとあってなかなか列の解消は捗る様子はない... そのうちに 「ヴァリャーグ」 の出港が明日の予定から今 [続きを読む]
  • 冗談でしょ!! “台風25号”函館直撃?...
  • あれから1週間も経たないうちに日本列島に襲いかかる “台風25号” ...。予想進路を見ると、以前勢力は衰えず大型で強いまま九州から日本海を北上し、なんと進路の中心線が函館に上に置かれている。その日は7日の正午頃...、冗談でしょ!! とはいってみても予想する気象官が悪いわけではない。台風に備え、ジッと “台風25号” の過ぎ去るのを待つよりなさそうだ... この台風の名前はカンボジアが名付けた 「コンレ [続きを読む]
  • ロシア海軍ミサイル巡洋艦“ヴァリャーグ”...
  • 今朝、秋晴れの函館港にロシア太平洋艦隊のミサイル巡洋艦 “ヴァリャーグ” (9,360?)が入港...。鉛色の船体をした“ヴァリャーグ”は港内に入ると港町ふ頭を目指しノッシノッシといった感じで近づき、いつものクルーズ客船とは違う雰囲気を持ち、船上の兵器を見るといかにも強そうだ。今回函館港には、「ロシア領事館が函館に開設されて160年を記念して」の入港とか... 函館港には、この他大型対潜艦 「アドミラ [続きを読む]
  • 10月1日は“展望の日”...
  • 「○○の日」といった記念日は毎日のようにあるが、その日は特別由来のあるものの他以外に語呂合わせのようなものが多い。明日、10月1日は “展望の日”...。東京タワーやさっぽろテレビ塔など全国20の観光タワーでは「展望」の展をten(10)と、望を棒(1)に置きかえて “展望の日” に制定した。この日を祝して、今夜五稜郭タワー展望台の角に設置してある灯りを 「赤色」に点灯... [続きを読む]
  • 台風を前に“黄金の稲穂”の刈り取りを...
  • 道南の米どころ大野平野は、駒ヶ岳や函館山をバックに鮮やかな黄金色に染まっている。爽やかな青空の下、“黄金の稲穂”の刈り取りを迎えた田んぼの中をエンジン音を響かせながらコンバインが走り回っている...。ただ、今年は夏場の日照不足で作柄が思わしくないようで刈り取りも遅れ気味、さらに台風24号が牙をむけていることもあって作業には猫の手も借りたいとか... [続きを読む]