盛岡食いしん爺 さん プロフィール

  •  
盛岡食いしん爺さん: 盛岡食いしん爺日記
ハンドル名盛岡食いしん爺 さん
ブログタイトル盛岡食いしん爺日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/luhan-yongyong/
サイト紹介文食いしん坊が、年を重ねて「食いしん爺」となり、各地を巡り、美味しいものを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2017/01/01 22:49

盛岡食いしん爺 さんのブログ記事

  • 盛岡 「小綿商店」のパンとスープ
  • 近頃「パン」に興味がある。盛岡で古いパン屋は「横澤パン」そこから歴史を辿ってみようか、なんて想っていた。 先日、ある人から盛岡の上堂のホームセンター近くの、「小綿商店」のスープとパンが美味しいという情報。 <スープもパンもとても美味しかった> たしか前にも、その存在は聞いたことがある。近頃、どうも「行ってみたたい!」と想ったはずなのに忘れていることが多い。「きちんとメモしよう」と手帳に書いた [続きを読む]
  • 職人の織りなす、手さばき、盛岡「重兵衛」の味を千円ランチで
  • <音楽が出ます、音量に注意> 平安時代の延喜式に「鮓(すし)」のことが出ているらしい。遡ること千年の歴史があるとは。 「鮨」よく見ると「魚」が「旨」い、なるほど鮨も寿司も当て字なんだろうと察しがつく。五目寿司、手巻き寿司、稲荷寿司など縁起がいい。 時代を遡れば、織田信長が明智光秀を叱りつけたのも徳川家康に出した鮒鮓。若い頃、初めて鮒鮓の話を近江出身の人から聞いた時、とても驚いた。発酵させたら大変な [続きを読む]
  • 中野製麺から買って、作った「ラーメン」と「餃子」美味い!
  • <音楽が出ます、音量に注意> 昼下がり、紺屋町から若園町の方に歩いてた。総合福祉センターの建物を過ぎたら、中野製麺の店。売店という感じ。 通り過ぎて、数歩、戻った。せまい店の中に「麺」「餃子」などがある。ほう〜、なんかよさげ。その日はあまりいい事が無かった。「よし買うぞ!」と決めた。入るなり、「細麺と餃子! 下さい」変に力んでしまった。 店を出るとなんだか、がぜん調理をする気が湧いてくる。スーパ [続きを読む]
  • 盛岡の「いなだ珈琲舎」で珈琲職人を観察
  • <音楽が出ます、音量に注意> 美味しい珈琲と過ごす時間は、暮らしの一部になっている。 もうすぐやって来る凍てつく盛岡の冬だって、コートの雪を払って、テーブルに二つの珈琲が並ぶ。カップの湯気が行き交う言葉に絡まり、心も温もる。 盛岡界隈には、小さな宝石の様なカフェが多く、一つ一つが違う輝き。それぞれのカフェで、過ごすスタイルも違う。人と語らう。一人で想い巡らす。打合せに丁度良い大きなテーブルのある店 [続きを読む]
  • 食いしん爺の平成最後の「秋」は、一人静かに
  • <音楽が出ます、音量に注意> 毎年、紅葉を見に山に登る楽しみ。栗駒の見事な紅葉、時間がなかなか取れなくても、八幡平や網張のリフトを乗り継いで鍋倉辺りの野生のリンドウ。 ところが平成最後の秋は、履いてないトレッキングシューズ。8月の半ばからの関節の不調は続き十月には帯状疱疹。 中旬を過ぎて、たいぶ回復してくると秋を眺めたくて、うずうず。なにせ晴れの日が続き、今朝も快晴。 リハビリをしよう。鞍掛山の [続きを読む]