おんちゃん さん プロフィール

  •  
おんちゃんさん: 柴犬はや坊の ありYeah!ほにYeah!!
ハンドル名おんちゃん さん
ブログタイトル柴犬はや坊の ありYeah!ほにYeah!!
ブログURLhttp://hayabow.com
サイト紹介文白い柴犬「はや坊」(本名:はやたろう)との日々を、写真やイラストでお送りします。
自由文うちの家族、「おんちゃん」「おばちゃん」「はや坊」の、ちょっとしたエピソードをお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/01/03 01:04

おんちゃん さんのブログ記事

  • 「くだらないタイミング」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 先日のこと。晩ご飯を食べおわって、おばちゃんは食器を洗っていた。はや坊と私は、水を飲んでいた。すると・・・「くだらないタイミング」が、合ってしまった瞬間。でも、こんなことの積み重ねが、しあわせの形なのかな?なんて思ったりするのだ。 どんどはらい。 にほんブログ村――あとがき生活していると、「なぜかぴったりタイミングが合ってしまった」という瞬間が、たまにあります。365日 [続きを読む]
  • 「おばちゃんの、たいせつな友だちへ」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 おばちゃんには、たいせつな友だちがいる。もともとは会社の後輩だったが、気さくな人柄の彼女は、いつの間にかおばちゃんのたいせつな友だちになっていた。 先日、彼女からおばちゃんへ、久しぶりにメールがとどいた。話はハッピーな内容ではなかった。彼女の愛犬が亡くなった。とても大好きだった、パピヨンのダル。つらい時、何度この子に救ってもらったかわからない。たいせつな宝物だった。おば [続きを読む]
  • 「だし汁、うまい!!」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 パントリーに、いただきものの日本酒がある。これはね。飲まなきゃね。岩手県釜石市の名酒、浜千鳥!!でも、はや坊は酔っぱらいが嫌いらしい。近づくと、鼻の上にシワをよせる。(参照 酔っぱらいには御用心)(訳 こっつぁこー:こっちにこいよ 、 ぼんぼごいぇー:小さい子供(または赤ん坊))どんどん飲んでいると、おばちゃんがストップをかける。この上ない悲しみ・・・。(訳 よったぐれ [続きを読む]
  • 「神経を研ぎすませ!!」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 はや坊は、ときどきムダに神経を研ぎすませている時がある。寝ているはずなのに、チラッと見ただけで、身構える。いつもこう、という訳ではない。それでも普段から、寝ている時に何かの気配を感じると、しっかり様子をうかがっているのだ。目だけで。野生の名残なのか、ただの「へっつぉぬけ」なのか、とにかく特殊能力といっていいぐらいだ。 最近よく、イタズラされても寝続けている犬の動画を目に [続きを読む]
  • 「お庭の恵み」の巻
  • こんにちは、おばちゃんです。 お庭のブルーベリーが、たくさんとれた。うらなりのイチゴもけっこうとれた。そして、レモンも1個だけなった。お庭の恵みに感謝しながら、このジャムには、とくべつおいしい食べかたがある。イングリッシュマフィンをトーストして、サワークリームをぬって、その上にジャムをたっぷりのせる。おんちゃんにも、大好評。さて、食べよう。その時、はや坊は早かった。もー、まったく、おんちゃんは。こ [続きを読む]
  • 「おばちゃん、ベッドがへんなんです」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 はや坊のベッドには、クッションがしいてある。もちろん、羽毛。クッションは2つ用意してあり、定期的に交換して天日干ししている。しかし、この前、汚れたクッションを捨てたのを忘れていた。しょうがない、新しい枕はどうだ?はや坊。はや坊は、ベッドの入口で困っていた。しばらく悩んだ末、はや坊は最後の手段にでた。おばちゃんのところへかけよると、おばちゃんは、対応策を考えた。小さめの [続きを読む]
  • 「はや坊は、ベジタリアン?」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 最近おばちゃんは、ぬか漬けに凝っている。いろんな野菜で、ぬか漬けをつくる。だから冷蔵庫には、野菜がたくさんストックされている。そのため、はや坊のオヤツも、ずっと野菜。もはや、キラー・コワルスキーなみに、ベジタリアンなのだ。本来犬は肉食なので、野菜はそんなに好むものではないと思っていたが、はや坊はよろこんで食べている。はや坊に、野菜をあげるときに、おばちゃんは語り掛ける [続きを読む]
  • 「夢の中へ(その3)」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 「ひとりぼっちのはや坊」の前にあらわれた、おばちゃんとおんちゃん。夢の続きをどうぞ。 前回までのお話(「夢の中へ(その1)」の巻)(「夢の中へ(その2)」の巻) はや坊は、どんな夢を見ているのだろう? どんどはらい。 にほんブログ村――あとがきはや坊は、よく寝言をいいます。いい夢を見るんだよ。 [続きを読む]
  • 「夢の中へ(その2)」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 「恐竜時代に、群れのリーダーになっている」という夢を見ているはや坊。夢の続きをどうぞ。 前回までのお話(「夢の中へ(その1)」の巻) つづく。 にほんブログ村――あとがき一人ぼっちになったはや坊の前に、おばちゃんとおんちゃんがあらわれました。はや坊は、まだおきませんので、もう少しお付き合いを・・・。 [続きを読む]
  • 「宮古のサンマ」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 実家と親戚から、同じ日にサンマが届いた。合計20匹。去年は不漁で、全然食べれなかった。塩焼き、刺身、お茶漬け。それでは、いただきます。こりゃたまらん。塩味のついてない部分をあげる。そして、あまったサンマは、後で甘露煮にする。なんなら、すり身にして、つみれ汁でもいい。ちなみに、つみれ汁は宮古では「するみ」と呼ばれる。 ここらへんで、ちょっと調子にのりまして・・・ なんつっ [続きを読む]
  • 「敬意を表して」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 ある日曜日の夕方、買い物から帰ってきたおばちゃんが、興奮気味に話してきた。出かけるときに、カエルが車の窓にへばりついていて、それが、買い物がすんで、家に帰ってきても、まだくっついていたと、しきりに感心していた。なんとなく聞き流していたが、その夜の散歩のとき・・・急に、はや坊が足を止めた。はや坊が見ていたのは、おばちゃんが言っていたカエルが、まだいたのだ。必死にしがみつ [続きを読む]
  • 「まさか・・・夏の夜話か?」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 少し前の話。ある夏の夜、いきなりはや坊が唸りだした。 いきなり、どうした?まさか・・・はや坊にだけ、何か見えているのでは・・・?おそるおそる、はや坊の目線をおうと、つかまえて、外に逃がさなきゃ。あれ?はや坊はどこだ?まったく、はや坊は「へっつぉぬけ」だなぁ。(参照 「へっつぉぬけ」) どんどはらい。 にほんブログ村――あとがき怖い話でなくて、よかったです。はや坊は、いち [続きを読む]
  • 「2018 お盆 〜 宮古さりがたし 〜」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 宮古にきて3日目、今日宮城県にかえる。せっかくだから、はや坊に色んな所をみせてまわろう。 実家のあった場所。 3年間、歩いてかよった高校。 小学校。同級生は16人。 小学校の校庭。ここに、仮設住宅があった。 ちょっと遠いけど、いいところに連れてってあげよう。このおくに、家の山がある。そこは、「ウスコノサワ」と呼ばれている。小さなころに、お父やんと、薪にする木を切りにいった。 [続きを読む]
  • 「2018 お盆 〜 ありがだす、おまぶれんせ 〜」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 出発してから4時間半、やっと実家についた。庭に、小さな畑ができていた。はや坊も、もう慣れたもので、だいぶリラックスしている。実家では、ごちそうを用意していた。お酒もいっぱい飲んだ。 次の日、お墓参りに行った。そのあいだ、はや坊はお母やんと留守番。お母やんの話では、茶の間の一番いいところで、大きな顔して寝ていたという。その後、親戚の家を拝んでまわり、夜は中学時代の同級生と [続きを読む]
  • 「2018 お盆 〜 人にはそれぞれ季語がある 〜」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 暑い。今年の夏は、とにかく暑い。何かを間違ったんじゃないの? と思いたくなるくらい暑い。毎日死ぬ思いで仕事している。 お盆がきた。今年も、お盆は宮古へ郷帰りする。しかし、おばちゃんは風邪をひいてしまい、お家で留守番することに。また今回も、みちのく二人旅だな、はや坊。(参照 「宮古へ里帰り」の巻)ときどき、お散歩タイムをとりながら、宮古をめざす。出発してから4時間半、実家 [続きを読む]
  • 「いも俵(其の参)」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 さて、どうにかこうにか、三丁目の木綿問屋に入りこんだはや坊。頭領の計画は、成功するのでしょうか? 前回までのお話(「いも俵(其の壱)」の巻)(「いも俵(其の弐)」の巻) おんちゃ太郎は、はや坊の入った「いも俵」を土間に運んで、ドサっと置きました。しかし、俵の向きがいけなかった。なんと、はや坊は逆さまに置かれてしまいました。声を出すわけにもいかず、はや坊はガマンするほかあ [続きを読む]
  • 「いも俵(其の弐)」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 三丁目の木綿問屋に、泥棒に入る計画をたてた頭領とはや坊。さて、そううまくいきますかどうか・・・。 前回までのお話(「いも俵(其の壱)」の巻) さっそく「いも俵」の中に、はや坊を隠れさせて、頭領は三丁目の木綿問屋に急ぎます。はや坊は、気持ちが悪くなるのをガマンしました。車酔いならよくあることですが、「俵酔い」とは、なかなかあることじゃありません。 さて、店の前にきた頭領は、 [続きを読む]
  • 「いも俵(其の壱)」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 いつの時代でも、悪いことを考える輩はいるものです。落語にも、泥棒のでてくる話がたくさんあります。でも、落語に出てくる泥棒というのは、だいたい間抜けでして、「何をやってもうまくいかないから、ひとつ泥棒でもやってみようか」なんて、のんきなヤツがほとんどです。そして、いつも失敗します。もちろん、犯罪が成功することは、あってはならないことですし、なにより落語ですから、やり損な [続きを読む]
  • 「おでかけしたい!!」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 はや坊は、聞き分けがいい。ごはんを食べているとちゅうでも、「まて」をかけると待つ。(「はや坊、待って!!」の巻)遊んでいるときでも、「ベッド」というと寝床に帰るのだ。(「ベッド」の巻) おでかけのときにも・・・。 瞳に希望をやどし、しっぽにうれしさを込めて、はや坊は玄関のドアの前でパタパタする。でも、いつもつれて行けるわけではない。おばちゃんにそう言われると、はや坊は希 [続きを読む]
  • 「やってまった!!」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 私の住んでいる地域には、「江刈り」という行事がある。江刈りとは、農業用水路の草刈りのことで、この作業を行う事で、行政から参加人数分の労働費が発生する。この労働費を町内会費にあてるシステムになっているため、地域の人たちみんなで行うのだ。参加しない場合、「不労働費」として、この分のお金を別個に収めることになる。 今年も、「江刈り」の時期がきた。眠い目をこすり、江刈りの場所に [続きを読む]
  • 「うっかり、ワンツーを忘れて・・・」
  • こんにちは、おんちゃんです。 ある日のこと。暑いうえにハードな現場だったため、いつもより「へとへと」になって帰宅。おばちゃんは、まだ帰ってきていない。おばちゃんが帰ってくるまでに、ごはんの準備をしておかなければ。料理を作るのは、きらいではないのだ。すると、はや坊が、ごはんをねだってくる。期待を瞳にこめて、しつこくねだる。しょうがない、先に食べさせとこう。あ!!あまりの疲れに、ついついワンツーを忘れ [続きを読む]
  • 「おしりはデリケート hayabow’s so delicate」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 はや坊の散歩コースでは、大きめの道を2回横断することになる。その時のルールとして、一度「おすわり」をさせて、左右に車が見えなくなったら、「よし」をかける。こう躾けておけば、もしものときに大きな道路に飛びださなくなるのではないか、と思って。 調子がいいと、先におすわりして「よし」を待っている。しかし、たいていはそっぽを向いて、聞こえないふりをする。だから、何度か「おすわり [続きを読む]
  • 「ねぇねぇ、お庭に小鳥がきたよ」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 どんどはらい。 にほんブログ村――あとがきおばちゃんは、小鳥も大好きです。「もっと近くで、小鳥を見たいなぁ」という思いで、窓から見える場所に巣箱をおきました。すると、シジュウカラがすぐに住みつきました。どうやら、ヒナもいるようです。親鳥が帰ってくると、「ピーピー」と、ヒナの鳴き声が聞こえます。おばちゃんは、親鳥がエサを持ってくるのを、じっと待っています。もしかしたら、 [続きを読む]
  • 「緑の風と、弱虫はや坊」の巻
  • こんにちは、おんちゃんです。 おばちゃんにとって、まちどおしい季節がやってきた。樹々は芽吹き、草花はつぼみをつけ、緑の風が吹きぬける。わが家の庭の草木たちも、みずみずしさがこぼれだしそう。おばちゃんは、毎日それを観察している。かわいくてしょうがないのだ。散歩にいくときも、ついつい足止めされてしまう。はや坊は、はやく行こうよとねだっている。ちょっとまってね。もうちょっと、草たちと会話させて。すると、 [続きを読む]