ありんこ さん プロフィール

  •  
ありんこさん: stitch by stitch in メルボルン
ハンドル名ありんこ さん
ブログタイトルstitch by stitch in メルボルン
ブログURLhttps://ameblo.jp/stitchmelbourne/
サイト紹介文オーストラリアで主婦兼オンラインショップを経営。大好きなオーストラリアの魅力をお伝えします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2017/01/03 10:29

ありんこ さんのブログ記事

  • 自閉症スペクトラム3才7ヶ月
  • 2月に申請していたNDISと呼ばれる、国の障害者基金がようやく下りることになって、先月から2週間に1回で始めたスピーチセラピーも毎週行けることになりました。毎回いっぱい私に対する課題が出るので、親は大変ですが、ボボは色んなオモチャで遊べるので楽しんでる模様!1回45分のセッションでまだ1ヶ月なので、そんなにすぐに効果が出るわけないとも思いますが、ここ最近著しく成長しているボボ。使える言葉も増えてきたし、私 [続きを読む]
  • 母滞在記
  • 今年に入ってココが生まれてからボボの自閉症診断がでたり、幼稚園が始まったりでバタバタしていましたが、その間にも楽しいことが沢山あったので、振り返って記録しておこうと思います。まずは母との時間。1月10日出産予定だったので正月早々1日に日本を出てきてくれた母。2日に到着、6日の早朝には病院駆け込みだったので、ボボと少し慣れたところで面倒を見てくれてとっても助かりました。夜中3時に義両親に電話して来てもらわ [続きを読む]
  • 離乳食始めました
  • もうすぐ5ヶ月になるココ。前回書いたように離乳食はゆっくり遅めに始めよう〜って思ってたのに、急展開でスタートする羽目に。一番の理由は4ヶ月に入って、急に2〜3時間おきに夜中起きるようになったこと それまではずーっと、夜8時半に寝かせたら2時半くらいまで寝て、その次は6時半とか、実質夜中起きるのは1回で超楽ちんだったのに。。(楽しすぎ?)もしかして体が大きくなってきて、母乳じゃ足りずにお腹空いてる? [続きを読む]
  • 最後のチャンス
  • 1月に生まれた娘のココも4ヶ月。4ヶ月といえば、早い人は離乳食も開始しますよね!我が家は二人目だし面倒なので、まだまだいいかな、と思っているんですが、それ以外にも離乳食開始を遅らせたい理由が。。離乳食開始=授乳の量が減る=痩せにくくなる。(笑)そうなんです、今回の出産は私の人生最後の(苦労せずに)痩せるチャンス。もう一人は年齢的に無理なので!小学校の時からガリガリに痩せてて、大学の時でも洋服はxxsでも [続きを読む]
  • 親として
  • メルボルンで手ぬぐいを中心とした日本雑貨を販売するnuno and stitchのアリーです。最近周りの子や少し年上ぐらいの子に興味を示すようになったボボ。自閉症スペクトラムの子は人にあまり関心を示さない言われるので、嬉しい傾向! でも一つ問題が。これも典型的自閉症スペクトラムの特徴になってしまうと思うんだけど空気がよめない。例えば幼稚園で双子の子がいて2人で追いかけっこをよくしてるのだけど、そこに加わりたいボ [続きを読む]
  • 診断されるまでの道のり④
  • メルボルンで手ぬぐいを中心とした日本雑貨を販売するnuno and stitchのアリーです。引き続きボボが軽度自閉症スペクトラムと診断されるまでの道のりを書いてみたいと思います。診断されるまでの道のり①診断されるまでの道のり②診断されるまでの道のり③さて年が明けて出産も無事終えた頃、シャノンからメールで診断の結果がきました。すごく長い診断文で産後すぐの私の頭にはスッと入ってこなかったんですが(英語ですしね。。 [続きを読む]
  • 診断されるまでの道のり③
  • メルボルンで手ぬぐいを中心とした日本雑貨を販売するnuno and stitchのアリーです。引き続きボボが軽度自閉症スペクトラムと診断されるまでの道のりを書いてみたいと思います。診断されるまでの道のり①診断されるまでの道のり②さて、我が家で自閉症スペクトラム診断のための質問表に夫のドギーと一緒に答えていくことに。かなり沢山の質問があって1.まったくない 2.ときどき当てはまる 3.いつも当てはまる といった感じ [続きを読む]
  • 診断されるまでの道のり②
  • メルボルンで手ぬぐいを中心とした日本雑貨を販売するnuno and stitchのアリーです。引き続きボボが軽度自閉症スペクトラムと診断されるまでの道のりを書いてみたいと思います。診断されるまでの道のり①小児科に行った後、夫ドギーにプチ(ブチ?)切れした私ですが、ココは夫婦で喧嘩ではなく協力していかないといけない場面なので、ちゃんと仲直りしました。笑 私としては「自閉症」と聞いた瞬間母親として感情的にショックが [続きを読む]
  • 診断されるまでの道のり ①
  • メルボルンで手ぬぐいを中心とした日本雑貨を販売するnuno and stitchのアリーです。ボボが軽度自閉症スペクトラムと診断されるまでの道のりを今回は書いてみようと思います。2歳検診の時にはナースに「あと2,3カ月して話さないようならスピーチセラピーした方がいい」と言われていたんですが、私自身は「男の子だしバイリンガルだし、ボボのペースで話したくなったら話せばいいさ」と気楽に構えていました。(のんきな母)でも [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム
  • 1月に生まれた娘も10週になりました。メルボルンで手ぬぐいを中心とした日本雑貨を販売するnuno and stitchのアリーです。実は先日、3歳になる息子のボボが軽度の自閉症スペクトラムと診断されました。最初に自閉症と聞いた時には、私が思い描いていた自閉症とボボのギャップに受け入れられず困惑したり、この子は将来就職も結婚もできないのか、と勝手に思いつめたりしましたが、今は自分なりに理解して受け止めています。と [続きを読む]
  • 生後2週間
  • 我が家の癒やしのムスメっ子よく寝る(昼間)し、おっぱいもよく飲むし、とってもいい子にしています。ほんと昼間はコアラのごとくよく寝るので、我が家にあるコアラのぬいぐるみに因んでココと名付けてしまおう昼間は。。と何度も強調してしまうのは、昼夜逆転して夜中の2時頃パッチリお目々が開いていることがあるから!(夜行性?)(夜中バージョン)昼間は起きても30分としないで寝てしまうのに、夜中は一度ピカーんとな [続きを読む]
  • お産レポ
  • こんにちは!メルボルンで手ぬぐい専門のオンラインショップ nuno and stitchを経営するアリーです。2日前に出産したばかりですが、公立病院なので本日退院!入院中にお産レポも書いてしまったので、投稿しちゃいます。5日の午前3時20分頃、寝てたのかうっすら起きてたのかよく分からなかったのですが、ジョロっと尿漏れをしたような感覚がしました。低位破水ならドバっと羊水が出ますが高位破水はチョロチョロっと読んでい [続きを読む]
  • 生まれました♪
  • こんにちは!メルボルンで手ぬぐい専門のオンラインショップ nuno and stitchを経営するアリーです。土曜日の朝、予定日の4日前ですが、無事ムスメが生まれました!大出血の前回と異なり超安産。ムスメも私も元気です。心配、応援して下さった方、ありがとうございます☆3680gの巨大児。ボボは2900gぐらいだったので、大違い。また出産レポ、別にアップします [続きを読む]
  • 妊娠39週
  • 新年明けましておめでとうございます!メルボルンで手ぬぐい専門のオンラインショップ nuno and stitchを経営するアリーです。いよいよ妊娠39週まできました。二人目は早いと言われるので、もういつ来てもおかしくない。。少なくとも母が日本から来るまで待ってくれ〜と思っていたんですが、昨日母も無事到着。まあ、もういつ来てもいいかな?と思ってます。とりあえずお腹の皮がはち切れそうで、そろそろ出ないとスペースない [続きを読む]
  • 30代最後の誕生日
  • いつもながら話題が遅れてますが記録的な大雨がメルボルンに降った週末、30代最後のバースデーを迎えました当日どこか遠出をしよう!とドギーが計画してくれていたのですが道路が洪水になる可能性もあったのでプランBにさくっと変更!朝食は我が家の近くのペイストリーショップでドギーが買ってきてくれたデーニッシュとクロワッサン。クロワッサンはハムとチーズでホットサンドを作ってくれました♪その後、雨が降り出す前にToor [続きを読む]
  • 結婚記念日
  • 先日結婚5周年を迎えた私達夫婦。ボボを置いてレセプションを行ったアルバートパークにあるレストランthe pointに行くことも考えたのですがステーキがとっても美味しいレストランなので、レアのお肉を食べられない妊婦の私的には面白くない。というわけで、昨年同様にボボも一緒にアルバートパークの大好きなカフェmart 130へ。トラムの駅がカフェになっていて、メルボルンぽいので、日本やシドニーのお客さんを連れて行くのに好 [続きを読む]
  • 女の子用ベビー服
  • 二人目妊娠33週を迎えた、メルボルンで手ぬぐい専門のオンラインショップ nuno and stitchを経営するアリーです。長男ボボの時は6ヶ月上と1才半上のいとこがいたので、ほとんど洋服を買う必要がありませんでしたが、周りに女の子が全くいないので長女には少しずつですが洋服を買っています。。といっても、ほぼ男の子用のお下がりを着せる予定なんですが。私の趣味としては変に女の子っぽい物よりもグレーとかユニセックスのもの [続きを読む]
  • 痛みのない出産 Calm Birthとは?
  • 二人目妊娠もいよいよ31週まできました。他人のことだと早く感じるものですが、自分のことなのにこんなに早く感じるなんて、二人目恐ろしや。。。30週を過ぎて、いよいよ「出産」が視野に入ってきました。私はボボの時に続き、普通分娩、Calm Birthを希望しています。Calm BirthはアメリカではHypnobirthingとして知られているようですが、催眠??状態で痛みを感じない出産です今日本では無痛分娩が色々問題になっているようです [続きを読む]
  • ボボの誕生日②
  • ボボの誕生日の続きになります。土曜日も盛りだくさんだったのですが本番は日曜日。朝起きた時にプレゼントのサプライズ!今回、姉と日本の叔母と母からのプレゼントもあったので、私達からは要らないくらいでしたがサンフランシスコで買っておいたロボット型のブロックだけ。重い(3.7キロ)のに母に持ってきてもらった公文の積み木は言葉の勉強にもなるし、絵も可愛くてボボのお気に入りに。デラックスはアルファベットと数字もあ [続きを読む]
  • ボボの誕生日①
  • ホボの誕生日に合わせた姉、母の訪問であっという間にこの2週間が過ぎました!まずはボボの誕生日について書きたいと思います。今回ボボの誕生日は週末だったので、土日に渡って楽しいことを計画しました。まずは先月も行ったCollingwood Children's farm のファーマーズマーケット。主役のボボが大好きな動物を見られるのはもちろん、母と姉にとっても朝の清々しい雰囲気を味わってもわうのにピッタリでした。オーガニックのふと [続きを読む]
  • 母の来豪
  • こんにちは!メルボルンで手ぬぐい専門のオンラインショップnuno and stitchを経営するアリーです。ボボの誕生日にあわせて日本から母がきています!去年の誕生日に遊びに来たシドニーの姉から楽しかった様子を聞いて「来年こそ!」とフライトを予約したのが1年前。直前、簡単な手術があったり、隣国の問題があったりで、危うくキャンセル?とも思いましたが、無事来ることができました。色々連れ回したい所ですが、病み上がりな [続きを読む]
  • 手ぬぐい・風呂敷ワークショップ
  • こんにちは!メルボルンで手ぬぐい専門のオンラインショップ nuno and stitchを経営するアリーです。最近お店のマーケティングを全くできていないのですが、宣伝せずともたまに入ってくるお問い合わせ。。それは風呂敷のワークショップ。エコな人々の間で風呂敷の知識が少しずつ広まって興味を持って頂いているようです。先日も友達4人集めるので、来てください!という方がいて、行ってきました♪ 平日の夜、西側で雨も降ってて [続きを読む]
  • collingwood children's farm farmar's market
  • こんにメルボルンで手ぬぐい専門のオンラインショップnuno and stitchを経営するアリーです。前回の記事にも出てきたように、我が家は大のファーマーズマーケット好き。何を買うでもないのですが、朝の清々しい雰囲気がたまりません。先日Collingwood Children's farmのファーマーズマーケット(毎月第二土曜日)に初めて行ってきました。このマーケットのすぐ側で毎月第四土曜日に行われるAbbotsford convent(修道院)のファーマー [続きを読む]
  • 今さら父の日の記録
  • メルボルンで手ぬぐい専門のオンラインショップnuno and stitchを経営するアリーです。今月の頭になりますが、オーストラリアの父の日がありました!(話題が遅すぎ)いつもは午前中家族3人で何かして、午後は義父のところに。。。と二人の父親に感謝の日ですが、今回は義父が義母と車でクイーンズランドに旅行に行っていたので、まるまるドギーのための一日でした。企画段階で土曜日の方が色々出来ることがあるのに気づいて、折 [続きを読む]
  • 言葉の遅れ ②
  • メルボルンで手ぬぐい専門のオンラインショップnuno and stitchを経営するアリーです。前回、ボボの言葉の遅れ、聴力検査について書きました。今回はspeech pathologistについて。すでに4週間ほど前の話になってしまいますが、GPが薦めてくれたspeech patholigistが我が家にボボの様子を見に来てくれました。ちなみに専門家なので$180します。。本人の家でセッションをするのは普段の様子を見たいからだそう。確かにお医者さんと [続きを読む]