還暦のおっさん さん プロフィール

  •  
還暦のおっさんさん: エクセル(Excel)の技。知ってましたか・・・。
ハンドル名還暦のおっさん さん
ブログタイトルエクセル(Excel)の技。知ってましたか・・・。
ブログURLhttp://fanblogs.jp/yoshimatsuex/
サイト紹介文エクセルに関しての様々な小技(関数・VBA)を紹介しています。
自由文エクセルで使用できる様々な小技の紹介と関数の使用方法、VBAで簡単なアプリの作成と色々やってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 339日(平均2.5回/週) - 参加 2017/01/03 10:58

還暦のおっさん さんのブログ記事

  • ExcelVBAで車庫証明発行アプリ
  • ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━┓ 高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』 ───────────────────────────────── ・月額900円(税抜)から、大容量200GBからの高コストパフォーマンス ・安定のサーバー稼働率99.99%以上 ・マルチドメイン・メールアドレス無制限! ・FastCGIに対応!PHP高速化や負荷軽減を図ることが可能! ・幅広いバ [続きを読む]
  • ExcelVBAで車庫証明発行アプリ
  • ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━┓ 高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』 ───────────────────────────────── ・月額900円(税抜)から、大容量200GBからの高コストパフォーマンス ・安定のサーバー稼働率99.99%以上 ・高速性を重視し、最新20コアCPU(Xeon E5シリーズ)+192GBメモリ  +RAID10を採用! ・幅広いバージョンのPHP [続きを読む]
  • ExcelVBAで車庫証明発行アプリ
  • WordPressやEC-CUBEを簡単ワン インストール!マルチドメイン対応レンタルサーバー【シックスコア】マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村名簿の修正最初に名簿を作成した時、あまり深く考えずに下記のように氏名・住所・部屋番号・駐車場№・電話番号・使用者という並びで作ったのですが、部屋番号で検索するにはA列に「部屋番号」を持ってきた方が良いと判断し、下記のように修正し [続きを読む]
  • エクセルVBAで車庫証明発行アプリ
  • 「小顔ハリ美肌コース」エステ体験マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村エラーメッセージ「部屋番号」を入力されないで「印刷」ボタンを押された場合はエラーメッセージが表示されるようにしましょう。If UserForm1.TextBox1 = "" Then MsgBox ("部屋番号を入力してください") Exit SubEnd If上記のように記載しました。内容は分かりますね。上記は部屋番号を記入せずに「印刷」ボタンを押し [続きを読む]
  • ExcelVBAで車庫証明発行アプリ
  • エルセーヌマイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村使用者と契約者の関係初期状態は「同じ」にしましょう。上記のように「UserForm」の「Initialize」にして、Private Sub UserForm_Initialize()OptionButton1.Value = TrueEnd Sub上記のように記載しましょう。フォームを開いたときに「同じ」にチェックが入っています。エルセーヌの大幅減量ダイエット [続きを読む]
  • ExcelVBA車庫証明発行アプリ
  • マルチドメイン対応、ビジネス仕様 高性能レンタルサーバー 【シックスコア】https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NR2G3+DE94S2+CO4+NUES3マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村フォームの作成とりあえずフォームに終了ボタンと説明書を追加しましょう。説明と「終了」ボタンを追加して、レイアウトも若干さわりました。・最初に前回のデータを消去することから始めましょう。フォームの「印刷 [続きを読む]
  • ExcelVBA車庫証明発行アプリ
  • 東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFFマイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村車庫証明発行最初にメインページにフォームを開くボタンを設置しましょう。メインページに「車庫証明発行」ボタンを設置しました。フォームを開くVBAを記載しています。メインページの「車庫証明発行」ボタンを押すと上記のようにフォームが開きます。ここから「印刷」ボタンのVBAを考えて行きましょう。動作とし [続きを読む]
  • ExcelVBAで車庫証明発行アプリ
  • ===[PR]=====================================================     月額1,980円(1年間・税別)で使えるスマホ【UQmobile】     ◇番号そのままお乗換え可能!     ◇当サイト限定初期費用&送料無料!     ◇0円端末など豊富なラインナップ!  詳しくは↓↓https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TIIN2+9W1A2Q+2CPQ+1BNBJN =============.. [続きを読む]
  • ExcelVBA車庫証明発行アプリ
  • ★☆★☆★☆ 格安ドメイン取得サービス!ムームードメイン ☆★☆★☆★なんと一番安いドメインだと年間920円(税抜)から!おこづかいで買えちゃう。人気の《.com》や《.net》は年間1,280円(税抜)、《.jp》 は年間2,840円(税抜)です。https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NR2G3+DGMV76+348+1BQBKJ マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村車庫証明発行.. [続きを読む]
  • ExcelVBAオプションボタンの使用方法
  • WordPressやEC-CUBEを簡単ワン インストール!マルチドメイン対応レンタルサーバー【シックスコア】マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村複数オプションボタンの配置ここでオプションボタンを増やしてみましょう。今回は少しやり方を変えてみます。最初に「フレーム」というところを して、フォーム上に追加します。ここにオプションボタンとコマンドボタンを追加します。上図 [続きを読む]
  • ExcelVBAオプションボタンの使い方
  • マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村オプションボタンオプションボタンというページにオプションボタン2つとコマンドボタンを1つ設置しました。それぞれの名前を「オプション1」「オプション2」「状態」という名前にしました。「状態」ボタンにVBAを記述して行きましょう。とりあえずどちらのオプションが選択されているかメッセージを出すようにしてみましょう。Private Sub CommandB [続きを読む]
  • エクセルVBAチェックボックスの使用方法
  • マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村チェックボックスの使用方法今、「チェックボックス」のページに、「チャックボックス」一つと、「コマンドボタン」一つを配置しました。チャックボックスのプロパティで名前を「チェック1」にしました。コマンドボタンには「メッセージ」という名前にしました。動作としてチェックボックスにチェックが入っていれば、メッセージボックスに「チェックが [続きを読む]
  • ExcelVBAマルチページ
  • 人気ブログランキングへにほんブログ村それからページを増やしてみましょう。ページタブ付近で、右 すると上記のようなメニューが表示されます。「新しいページ」を押すとページが追加されます。「ページの削除」を押すとページが削除されます。名前の変更を押すと名前が変更できます。移動を押すと左右に移動できます。今、ページ4まで追加しました。各ページに名前を付けてみましょう。「Page1」というタブの上で「右ク [続きを読む]
  • ExcelVBAフォームでマルチページ
  • マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村マルチページの作り方よくプロパティなどで複数タブのあるフォームを見ます。複数ページのフォームを作ってみましょう。上のように新たなUserForm2を作成し、コントロールの「マルチページ」を して、フォーム上に作成します。上記のようにマルチページのフォームが出来ました。このままでは少し大きさが変なので、大きさをUserForm2に合わせまし [続きを読む]
  • ExcelVBAアクセスキーについて
  • マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村アクセスキーの設定ショートカットキーを使用したことはありますか。コピーしたいときは「Ctrl」+「C」とか・・・。コマンドボタンにもキー設定が可能です。上記のように「フォーム表示」ボタンのプロパティで「Accelerator」というところを「e」にして「Caption」の部分を「フォームの表示(e)」にします。そして通常表示にして「Alt」+「e」を押し [続きを読む]
  • ExcelVBA,Withの使用方法
  • マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村【閑話休題】Withの使用方法よくプログラム内で「With」の使用を見かけます。Withはステートメントの一種です。例えば「セルA1」に「VBA」と入力してください。「セルA1」の背景色を赤にしてください。「セルA1」を白文字にしてください。上記のようなことを実行しようとします。Range(“A1”).Value=”VBA”Range(“A1”).Interior.ColorIndex=3Range( [続きを読む]
  • ExcelVBAコンボボックスでどの列を表示させるか
  • マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村コンボボックスでどの列を列の表示させるかそれからもう一点。複数列のリストがあった場合、選択されたときに、どの列を表示するのかという事です。先ほどのコンボボックスをそのまま使用するとします。Private Sub UserForm_Initialize()Dim hairetu(4, 2) ComboBox1.ColumnCount = 2 hairetu(0, 0) = "国語" hairet.. [続きを読む]
  • ExcelVBAコンボボックス
  • マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村コンボボックスのプロパティまた「ColumuCount」=「2」をVBAでも指定できます。ComboBox1.ColumnCount = 2という記述をすればプロパティの指定が出来ます。やってみましょう。前回コンボボックスのプロパティで「ColumuCount」を「2」にしましたが、「1」に戻しましょう。Private Sub UserForm_Initialize() ComboBox1.ColumnC.. [続きを読む]
  • ExcelVBAコンボボックス
  • マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村コンボボックスのプロパティまた「ColumuCount」=「2」をVBAでも指定できます。ComboBox1.ColumnCount = 2という記述をすればプロパティの指定が出来ます。やってみましょう。前回コンボボックスのプロパティで「ColumuCount」を「2」にしましたが、「1」に戻しましょう。Private Sub UserForm_Initialize() ComboBox1.ColumnC.. [続きを読む]
  • ExcelVBAコンボボックスで配列を使用する
  • マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村コンボボックスで配列を使用する次はリストを使用するのではなく、配列を使用してみましょう。Private Sub UserForm_Initialize() ComboBox1.AddItem ComboBox1.List(0, 0) = "国語" ComboBox1.List(0, 1) = 80 End Sub先ほどの「ColumuCount」を「2」はそのままにしておきます。そのうえで上記.. [続きを読む]
  • ExcelVBAコンボボックス2列表示
  • マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村コンボボックスに複数列の表示これもやり方は色々あります。色々やってみましょう。最も簡単な方法として、まず、ユーザーフォームのプロパティを開き下の赤枠部分「ColumuCount」を「2」にします。ここが列数のプロパティです。それから2列表示になるので、コンボボックスの幅を広げましょう。上のように横幅を広げました。Private Sub UserForm_Initi [続きを読む]
  • ExcelVBA入門,コンボボックス
  • マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村コンボボックス今度はここで選択したリストをどこかに表示させましょう。今回はコンボボックスをダブル または右 の「コードの表示」から表示される、コンボボックスのプログラム記述場所に記述していきます。Private Sub ComboBox1_Change()Sheets("sheet4").Range("d1").Value = ComboBox1.ListIndexEnd Sub簡単な内容です.. [続きを読む]
  • ExcelVBAコンボボックス
  • 初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】マイクロソフトアクセスの記事はこちら人気ブログランキングへにほんブログ村コンボボックス通常は前回のような使用法ではありませんね。コンボボックスにリストを記録してそこの中から何かを選択して、どこかに表示させるというのが一般的です。やってみましょう。Private Sub CommandButton2_Click()Dim data As Variant data = Sheets("sheet4").Range("F2:F17").. [続きを読む]