k・バルナバ さん プロフィール

  •  
k・バルナバさん: バルナバ・ブログ村診療所
ハンドル名k・バルナバ さん
ブログタイトルバルナバ・ブログ村診療所
ブログURLhttps://jesus-alive.muragon.com/
サイト紹介文命と心の健やかなる成長のために!
自由文こんにちわ!
あなたの命と心は、いつも健康ですか?それとも、何かの問題で病んでいますか?
私たちは、そんなあなたの、命と心の健康に気を配り、また命の処方箋を、聖書の「命の言葉」から提供します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2017/01/04 15:37

k・バルナバ さんのブログ記事

  • 信仰の完成(No.34)
  • 生活の資を得る権利 また私は、レビ人に与えられるはずのものが与えられず、務めに就いたレビ人と詠唱者が、それぞれ自分の耕地に逃げ帰っているのを知った。私は役人を責め・・・・レビ人と詠唱者を集め、務めに就かせた。こうしてユダの人々が皆、十分の一の穀物と新しいぶどう酒と油を貯蔵室に持って来た。私は、祭司シュレムヤ、書記官ツァドク、レビ人ペダヤに貯蔵室の管理を [続きを読む]
  • 信仰の完成(No.33)
  • 神の宮に必要な供え物 ・・・・トビヤに縁のある祭司エルヤシブは、神殿の祭司室を任されていたが、・・・・祭司のための礼物を納めることになっていた、その大きな祭司室をトビヤのために流用した。その頃、私はエルサレムにいなかった。・・・・エルサレムに帰り、エルヤシブが・・・・行った悪事を知った。私は非常に憤り、その祭司室からトビヤ家の器具類を全て外に投げ出し、その [続きを読む]
  • 言葉の革命(No.35)
  • 思い違いの危険性 私の愛する兄弟たち、思い違いをしてはいけません。良い贈り物、完全な賜物は皆、上から、光の源である御父から来るのです。・・・・御父は、御心のままに、真理の言葉によって私たちを生んで下さいました。それは、私たちを、言わば造られたものの初穂となさるためです。 [続きを読む]
  • 信仰の完成(No.32)
  • 体・魂・霊のクリ−ンアップ その日、モ−セの書が民に読み聞かされ、アンモン人とモアブ人は神の会衆に永久に加われないと記されているのが分かった。・・・・人々はこの教えを聞くと、混血の者を皆、イスラエルから切り離した。 [続きを読む]
  • 信仰の完成(No.31)
  • エルサレム城の礼拝 エルサレム城壁の奉献に際して、人々は、あらゆる所からレビ人を求め、エルサレムに来させて、感謝と祈りと、シンバルや竪琴や琴に合わせた歌をもって、奉献式と祝典を行おうとした。・・・・祭司とレビは身を清めた上で、民と城門と城壁を清めた。私は、ユダの長たちを城壁に上らせ、二つの大きな合唱隊を編成した。一隊は城壁の上を右へ、・・・・他の一隊は [続きを読む]
  • 信仰の完成(No.30)
  • 七つの誓約 これら全てを顧みて、私たちはここに誓約して書き留め、私たちの高官、レビ人、祭司の捺印を添える。・・・・この地の民と関係を断って、神の律法のもとに集まった全ての者も、・・・・主の戒めと法と掟を全て守り、実行することを誓い、確約するものである。①私たちは、娘をこの地の民に嫁がせず、彼らの娘を私たちの息子の嫁にしない。②私たちは、・ [続きを読む]
  • 信仰の完成(No.29)
  • 真心からの悔い改め ・・・・まことにあなたは恵みに満ち、憐み深い神。今この時、私たちの神よ。偉大にして力強く畏れるべき神よ。忠実に契約を守られる神よ。・・・・あなたの民の皆が被った、その苦難の全てを取るに足らないことと見なさないで下さい。この全ては起こるべくして起こったのです。私たちはあなたに背いてしまいました。・・・・ご覧下さい。今日私たちは奴隷にされてい [続きを読む]
  • バルナバ掲示板(No.2)
  • 新年あけまして、おめでとうございます! 今年も当「ブログ村診療所」を、気軽に訪問して下さい! 心よりお待ちしております。 帰還できる日を信じて どうかイスラエルの救いがシオンから起こるように。 神がご自分の民、捕われ人を連れ帰られる時、 [続きを読む]
  • 言葉の革命(No.34)
  • 本当に重要なこと  ご存知のように「言葉」は、呼吸機能の「吐く(息使い)」という過程により、発声(発音)されたものとして出て来ます。仮にその息が出なかったとしたら、「言葉」も生まれませんし、語る者の「意志」さえも理解できない状態に陥ります。そして当然のことながら、「人」は息が出なくなった時に「体」の機能を停止し、「言葉」も途絶えます。ですから、「 [続きを読む]
  • 信仰の完成(No.28)
  • 初心忘れるべからず ・・・・彼らが苦難の中から叫び声を上げると、あなたは天にあってそれを聞き、豊かな憐みをもって、次々と救い手を送り、・・・・救い出して下さった。・・・・律法に立ち帰るようにと、あなたは彼らに勧められたが、彼らは背を向け、かたくなになり、聞き従おうとしなかった。長い年月あなたは忍耐し、あなたの霊を送り、預言者によって勧められたが、・・・・ [続きを読む]
  • 信仰の完成(No.27)
  • 神の「しかし」 ところが、私たちの先祖は・・・・かたくなになり、戒めに従わなかった。聞き従うことを拒み、彼らに示された驚くべき御業を忘れ、エジプトの苦役に戻ろうと考えた。しかし、あなたは罪を赦す神、恵みに満ち、憐み深く、忍耐強く、慈しみに満ち溢れ、先祖を見捨てることはなさらなかった。・・・・四十年間、あなたが支えられたので、彼らは荒野にあっても不 [続きを読む]
  • 言葉の革命(No.33)
  • 御霊の剣―変革の武具― 主に依り頼み、その偉大な力によって強くなりなさい。悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。・・・・霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい。 [続きを読む]
  • 信仰の完成(No.26)
  • 手取り、足取りの恵み 私たちの先祖がエジプトで苦しんでいるのを見、葦の海で叫び声を上げるのを聞き、ファラオとその家来、その国民の全てに対して、あなたは数々の不思議と奇跡を行われた。・・・・昼は雲の柱、夜は火の柱をもって、私たちの先祖を導き、その進み行く道を照らされた。あなたは天からシナイの山に降って彼らと語り、・・・・優れた掟と戒めを授け、・・・・彼らが飢えれば [続きを読む]
  • Thanksgiving(No.20)
  • 神の「第三のリフォ−ム」 ・・・・ヨセフは二人の息子のうち、エフライムを自分の右の手でイスラエルの左手に向かわせ、マナセを自分の左手でイスラエルの右手に向かわせ、二人を近寄らせた。イスラエルは右手を伸ばして、弟であるエフライムの頭の上に置き、左手をマナセの頭の上に置いた。つまり、マナセが長男であるのに、彼は両手を交差して置いたのである。・・・・ヨセフは父に言った。 [続きを読む]
  • Thanksgiving(No.19)
  • 神の「第二のリフォ−ム」 ヨセフは、兄弟たちに言った。・・・・「私はあなたたちがエジプトへ売った弟のヨセフです。しかし、今は、私をここへ売ったことを悔んだり、責め合ったりする必要はありません。命を救うために、神が私をあなたたちより先にお遣わしになったのです。・・・・神が私をあなたたちより先にお遣わしになったのは、この国にあなたたちの残りの者を与え、あなたたちを生き [続きを読む]
  • バルナバ掲示板(No.1)
  • お知らせ    eoブログの閉鎖に伴う、今年の1月から行っていた移行(引越し)作業が、昨日(8/22)に終了しました。  今後は、月2回(第二、第四日曜日午前8時)のペースで、当ブログ村診療所をアップロ−ドしますので、今後とも気軽に訪問して下さると幸いです。 [続きを読む]