ポンヌフ さん プロフィール

  •  
ポンヌフさん: フランス・パリ一人旅(ポンヌフのブログ)
ハンドル名ポンヌフ さん
ブログタイトルフランス・パリ一人旅(ポンヌフのブログ)
ブログURLhttps://ameblo.jp/chopinparis/
サイト紹介文パリ一人旅の記録(2015年10月に40代後半で初めての海外パリ、2018年4月に2度目のパリ)
自由文初めてのパリ一人旅では、パリで暮らす気分を味わいたくて、キッチン付きのアパートメントホテルで5泊、パリだけ観て回りました。
2度目のパリでは、パリにあるショパンゆかりの場所(ショパンが暮らした場所9箇所など)を中心に巡りました。
備忘録ですが、初めてパリへ行かれる方への参考になればとも思っています。
ピアノを練習しています。バイエルを終了したレベルです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2017/01/04 20:32

ポンヌフ さんのブログ記事

  • セーヌ川、変わらぬ風景(2018年4月 パリ3日目 午後)
  • ポン・デザールの橋の上 目に飛び込んできた風景を数枚 2018年4月8日(日) 午後 14:13 白い樹々、セーヌ川、ルーブル、カルーゼル橋 ・ ・ ・ 各々は、前回のパリ旅行でも見ているのですが 懐かしさとともに、新しい風景として目の前に現れました 2018年4月8日(日) 午後 14:11 上の写真の左端に、3本の太い木が見えています 先日、某所にて、1970年代のパリの写真に、この眺めが写っているのを見つけました 今から [続きを読む]
  • 懐かしいポン・ヌフとシテ島先端の木(2018年4月 パリ3日目 午後)
  • ポン・ヌフ 前回の初めてのパリで、とても印象に残った橋である(過去記事はこちらを ) そして、パリ旅行紀のブログを始めるにあたり、ニックネームを、ポンヌフとしたのだった あれから2年半2度目のパリで、ポン・ヌフと再会した 2018年4月8日(日) 午後 13:52 1578-1607年に建設されたパリに現存する最古の橋 全長238m、幅22m シテ島の先端を横切って架かっている 今回は渡らずに セーヌ川に沿って左岸を歩きながら [続きを読む]
  • パサージュで雨宿り(2018年4月 パリ4日目 夜)
  • 街歩きが終わり、ホテルに帰る途中 パサージュ・デ・パノラマに入ってちょっと雨宿り 道路を隔てた、パサージュ・ジュフロワを眺める。 2018年4月9日(月) 午後 20:06 折り畳み傘を仕舞う。 人々を観察する。シャッターチャンスを待ち、パチリ パサージュ・ジュフロワをズームする パサージュの中の光が、外の路面にも溢れるその光が記憶に残る パサージュ・デ・パノラマの中の路面。 人々の往来で濡れている そして、さまざ [続きを読む]
  • 初めての雨のパリ(2018年4月 パリ4日目 午後)
  • 前回のパリでは毎日が晴れだった 今回の2度目のパリでも天気に恵まれたが1日だけ雨の日があった 午後から降ってきた雨は夜まで続いた 雨の日でも、街歩きのスタイルは変わらない カメラを持ったまま、もう片方で傘を差し、道が分からないので地図を小脇にはさみ、さらに、雨がレンズに当たらないように気を配り、雨の街歩きはなかなか過酷だ しかし、印象的なシーンが次々に目の前に現れる 2018年4月9日(月) 午後 14:48 雨 [続きを読む]
  • ノートルダム大聖堂の塔に上った(2018年4月 パリ3日目午前)
  • 大聖堂の中から、9:53分に外に出たこれから塔に上るのだ これも初めてなのでワクワクした パリはまだ2度目毎日が新しいことの連続だった 某ガイドブックによると、塔の入り口は聖堂の外にあり、ミュージアムパスを使えるが、パス専用の入り口はなく皆が同じ列に並ぶらしい 入り口付近に行くと、塔の見取り図があった↓ 2018年4月8日(日) 午前 9:55 入り口(→のA)から入って、(1)〜(4)の順に進む。北塔にある、400 [続きを読む]
  • シテ島の地下(2018年4月 パリ3日目 朝)
  • パリ3日目の朝ホテルを出た私はシテ島にあるノートルダム大聖堂を目指し、メトロを乗継ぎ4号線のシテ駅に着いた 乗継ぎはこの時が初めてなのでドキドキしたが、わりと分かり易かったので迷わなかった シテ駅は1910年開業セーヌ川の下を横断するため地下20メートルにある 2018年4月8日(日) AM 8:41  ISO 1600 24mm まるでモノクロの世界 2018年4月8日(日) AM 8:41   ISO 25600 105mm 線路の奥の暗闇 そ [続きを読む]
  • (前編)美しきパサージュ・ヴェルドー(2018年4月 パリ2日目 午前)
  • パリ2日目の朝、パサージュ・ジュフロワを楽しんだ私は、続けてパサージュ・ヴェルドーを目指した。(パサージュ・ジュフロワについては別途記事を予定しています) パサージュ・ジュフロワの出口近くから、パサージュ・ヴェルドーの入口が見えた。 2018年4月7日(土) 11:15 パサージュ・ジュフロワの上部に、1846年の文字が見える。2つのパサージュは同じ頃に開業した兄弟パサージュである。 パサージュ・ジュフロワを出ると [続きを読む]
  • クロワッサンで朝食を(2018年4月 パリの朝)
  • クロワッサンって こんなに美味しかったのか!! 今回パリで初めてクロワッサンを食べた。パリに到着した翌日のホテルの朝食だった。 海外旅行は2回目の私は、ホテルでの朝食は今回が初めてだった。 階段を地下1階に降りていくと食事が用意してあった。準備をしてくれている女性たちに、ボンジュール! 左にあるお盆とお皿をとって好きなものを選ぶ。 たくさん入ったクロワッサンの大皿は上下に3段あった。 まず2つ取った。 [続きを読む]
  • 夜のグラン・ブールヴァール(2018年4月 パリ1日目夜)
  • 私はショパンが1年9ヵ月の間暮らしたグラン・ブールヴァール界隈をさまよい歩いていた。 写真のポワソニエール大通り右にある最初の家に9ヵ月暮らした後、横断歩道の左に入ってすぐのシテ・ベルジェ―ル4番地に移って1年暮らした。 まっすぐ進んだ3キロ先には、ペール・ラシェーズ墓地がある。マドレーヌ寺院での葬儀の後、この大通りを通ってペール・ラシェーズ墓地に行ったと、ある本で読んだ覚えがある。 2018年4月6日(金 [続きを読む]
  • 夜のパサージュ・デ・パノラマへ(2018年4月 パリ1日目夜)
  • ショパンのパリ最初の家を確認した後、そこから130メートル離れたパサージュ・デ・パノラマに向かった。 ショパンがパリに着いた1831年には、1800年に開設したパサージュ・デ・パノラマは既に存在していた。130メートルしか離れていないということは、ショパンも通っていたかもしれない・・・ ※ご参考 :今回のパリ旅行で、パサージュ巡りが目玉の一つになった背景については、よければ下記の過去記事を参照してく [続きを読む]