Yeni さん プロフィール

  •  
Yeniさん: 読み切り!「イスタンブール」
ハンドル名Yeni さん
ブログタイトル読み切り!「イスタンブール」
ブログURLhttp://yomikiriistanbul.com
サイト紹介文トルコ在住者Yeniのイスタンブール情報。硬い素材から柔らかいモノまでこの街をまるごとリポート。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2017/01/05 05:40

Yeni さんのブログ記事

  • JET SOSYETE〜いきなりハイソに⁉?
  • 最近イスタンブールに住む日本人の友人達から、トルコドラマが面白いと聞く事が多くなった。 「ぜんっぜん興味なかったのに、たまたま観てみたら凄く面白くて止められない‼?」 のだそうだ。 トルコでのドラマ人気は根強く、どのチャンネルを回しても(今はもう回さないか…)ドラマだらけだ。 最近は海外ドラマのリメイク版もどんどん制作されていて、日本や韓国ドラマのトルコバージョンも観る事が出来る。 また既に日本のチャン [続きを読む]
  • 遅ればせながら
  • トルコでオリンピックが話題になる事は殆どない、まして冬季オリンピックであれば尚更。 なのにたまたま早起きした日にトルコ国営テレビのスポーツチャンネルをつけたら、男子フィギュアのフリースタイルにどんぴしゃり?? そのまま寝られず見続け、幸運にもゆづ君(羽生結弦。イラストには間違って『ゆず』と記載してしまった。似顔絵も全然似てなくてゴメンね)としょうま君(宇野昌磨)の滑りを観ることが出来、おばちゃんは感激し [続きを読む]
  • フィルターコーヒーが飲めるまで
  • ひと昔前までトルコでは、コーヒーと言えばコーヒー粉を水から煮て作るトルココーヒーか、商品名がそのまま飲み物名になったNescafeネスカフェ(=インスタントコーヒー)しかなかった。 それがそのうち“Gloria Jeans Cafeグロリア・ジーンズ・カフェ”がフレンチ・プレスで淹れるコーヒーを出し、あれとあれよと言う間に今度は“スターバックス”がトルコに進出し、今度はフィルターで漉すフィルターコーヒーが一気に浸透していった [続きを読む]
  • おばちゃん達の園(その)-6-
  • トルコ人女性ウォッチングに格好の場所、近所のカルチャーセンターの英語クラスは、今日も笑いで一杯だ。私を含めて全員で30人以上のおばちゃんがいるこのクラス、かなりのお年でも常に綺麗にお化粧をしてセンスの良い着こなしをしている方々がいる。素敵だなぁ、お洒落だなぁ、といつも見ている。そして全員に言えるのは、皆さんとてもいい靴を履いているという事だ。それはさておき。英語クラスの最初の授業であれだけシェブ代先 [続きを読む]
  • 場違いな二人
  • 今日はバレンタインデー。トルコでも『恋人達の日』と呼ばれ、日本と同じようにバレンタイン商戦が繰り広げられる。違うのは、トルコでプレゼントはチョコである必要はない事と、カップルが互いに贈り物をし合う事。私も随分年若いボーイフレンド(…息子です息子‼?)を連れて、近所の日本食レストラン“Miyabi”に出掛けてみた。予め予約しようと電話をしたら既に満席だったが、一応常連である事をアピールして無理やり席を確保し [続きを読む]
  • ええ店の条件
  • ご近所ショッピングモールAkmerkezアクメルケズ内のレストラン“MARTINEZ”マルティネスで、初めて食事をした。 凝った内装でムード満点の素敵なお店だった。イスタンブールにはこういうお洒落なお店が山ほどある。でも肝心の料理は似たり寄ったりでそこそこのお味なのに、べらぼうに高い。さてこのマルティネスはどうだったか。私はアスパラガスのグリルと蛸のリゾットを頂いたが、期待以上に旨かった(サービスは遅いが…)。そし [続きを読む]
  • 出ぬのなら 意地でも取るぞ イキャメット
  • (前回の『無期限』滞在許可証取得断念への道程と、これに成功した友人の話【出ぬのなら 出るまで待とう イキャメット】の巻はこちら↓↓↓↓↓)https://www.facebook.com/yomikiriistanbul/posts/1861764267404352:0私はトルコで永く暮らしているが、国籍を変えた訳ではないので外国人であるステータスは変わらない。従って数年に一度、滞在許可証を延々と更新し続けて来た。ところが三年ほど前だったか、『無期限』滞在許可証なる [続きを読む]
  • トルコでオーダーメイド靴4
  • やっとこさの完成品、ご披露致す‼?(マイシューズが完成するまでの行程はこちら↓↓↓↓↓)https://www.facebook.com/yomikiriistanbul/posts/2035219196725524しっとりしたスウェード地に、丁寧な縫製。履き心地も良くて、大満足。靴底に多めに釘を打って貰ったので、床でステップを踏むと以前よりタカタカタカといい音が響く。フラメンコがもっと楽しくなりそうだ?????? [続きを読む]
  • アクセサリーお直しします
  • トルコではこれがお手軽に出来る。街のあちこちに貴金属修理店があるからだ。そこで、もういつから溜め込んでいたか思い出せない、私の半端モノもしくは壊れたアクセサリー達を、修理店に持ち込んでみた。ちなみに要らない貴金属は買取もしてくれる。もう使わない金のネックレスを売ろうと査定してもらったら、「これ大分質の悪い金っぽいなぁ」と疑われ、薬品を掛けて色の変化を見た職人が、「これ金メッキやわお姉ちゃん。買い取 [続きを読む]
  • 叉骨(さこつ)のオチ
  • これ、どこの誰の骨だと思います?答えは、鶏の胸の上部にある叉骨(さこつ)。先日つぶした雄鶏のおすそ分けを頂いたのですが、たまたまその部分が当たったという訳です。鎖骨(さこつ。漢字も違う)が二本ある人間と違って、鶏の叉骨は先が繋がっているなんて知りませんでした。そもそも鳥に叉骨があることも…。辞書を引くと、《lades kemiği》ラデス・ケミイ…鳥の叉骨(鳥の胸骨前方にあるY字型の骨)《lades》ラデス…鳥の叉骨を [続きを読む]
  • 私をスキーに連れてって〜カルテペ編〜
  • 以前に当ブログに何度も登場した、夫の従姉妹とそのお婿君夫妻に会いに、サカリヤ県にある保養地Sapancaサパンジャに住む彼らを訪ねた。前回お邪魔したのは去年の年越し前で、食べるのも作るのも大好きな彼らと一緒に三日三晩せっせと食事を作っては食べ、食べては呑み、呑んではまた作りと、楽しい年の瀬を過ごしたのだった。大晦日のカウントダウンをして2017年が明けたと思ったら、イスタンブールのNo.1ナイトクラブ“REINAレイ [続きを読む]
  • こんな世界破滅してしまえ
  • 昨夜あんなに騒いでいたのに、別件発生の為歌唱コンテストの決勝戦を見逃した‼?ハッと気づいてテレビを点けたら、お気に入りのAydanアイダン(昨日Serayと書いたが訂正します)は既に敗れており、Oğulcanオールジャン(昨日Oğuzhanと書いたがこれも間違いですゴメンナサイ)が敗れるところだった。ショック…。結果は国民投票によって決められるのだが、ちょっと皆さん耳悪いし見る目もないんじゃ⁉?あーでもないこーでもないと、 [続きを読む]
  • 歌うために生まれてきた
  • 歌うために生まれてきた、という人達が確かに存在するんですね。普段は「ケッ、ヘタクソが」と鼻っから馬鹿にして殆ど観たことの無かった、“O SES TÜRKİYEその声こそがトルコ”という歌唱コンテスト。それが今日は、最後まで観てしまいました。だって皆滅茶苦茶上手い。準決勝日だったから、選り抜きの歌い手が続きます。なんていい声なんでしょう、皆…。聴きながら感動して、泣いてしまいました。生まれつき授かった天性の声 [続きを読む]
  • ノスタルジー
  • 前から予約していた病院に行ったら、《あなた様のご予約は来週の今日になっておりますよ》と言われて、そんな筈はない、絶対今日だ、わざわざここまで来たのに、とブチ切れたが、肝心のドクターが海外渡航中だったので私が病院で暴れたところでどうしようもなく、とぼとぼ歩いて帰りかけた。ここはBeşiktaşベシクタシュ。気がつくと、以前住んでいた家の近所に辿り着いた。この100円公園(正確にはIhlamur Kasrıウフラムル宮殿。 [続きを読む]
  • トルコでオーダーメイド靴3
  • (オーダーメイド初体験の顛末はこちら↓↓↓↓↓)https://www.facebook.com/yomikiriistanbul/posts/2032138527033591私も相当引っ張るなぁ、この話で。もう暫くお付き合い下さい。今日が靴受け取りの日だったのだが、写真で分かるようにフラメンコ靴は、爪先と踵に沢山の釘が打ち付けられているのが特徴だ。これでタカタカタカと床を踏み鳴らして、音を出して踊るのだ。??????でも若干釘が足りない気がしたので、もう少し打 [続きを読む]
  • 或る日のお昼ごはん
  • 習い事の前にササッと昼食を済ませたく、教室近くの食堂に一人で入ってみた。店内はどよ〜んと暗く、食事をしている客も日雇い労働者のような風情の男性ばかり。ジロリと一瞥されたが気にしない。私はお腹が空いていて、時間も無いのだ。何より店先の謳い文句に釣られて入ったのだから。《セットメニュー 7リラ!!》・レンズ豆のスープ・インゲン豆のトマトペースト煮(これがメインだが、他にも数種類の選択肢があって好きなもの [続きを読む]
  • Yeniは見た!
  • (※Yeniとは、私のペンネームである)うちのアパートに住む甘いマスクの若者は、多分ええとこのボンだ。一昨年前引っ越してきた時、恐らく社会人になるボンのお母ちゃんが挨拶がてらに私のところへ寄って、彼女の息子にいい掃除婦が居ないか訊いてきた。なんて過保護な!それでもうちに来てくれているセル江さんを紹介したが、ボンは猫を飼っているので猫が苦手なセル江さんは直ぐにギブアップした。ボンはきっとトルコのいい私学を [続きを読む]
  • 謎かけ
  • 一見、色盲テストかと思いませんか。こんな模様の中に、数字が隠れてましたよね?ズボラで要領の悪い私の強力な助っ人、掃除婦のセル江さんが帰り際、「Yeni、冷蔵庫にサプライズがあるわよウフフフ」と笑いながら去って行った。彼女がサプライズと言えば、絶対デザートを作ってくれた事なので、ほくそ笑みながら冷蔵庫を開けると、この色盲テストが出て来た。早速食べてみる。上にはナッツと生クリームがトッピング。切り分けると [続きを読む]
  • トルコでオーダーメイド靴2
  • 人生初の試み、靴のオーダーメイドは前回書いた。(【トルコでオーダーメイド靴】はこちら↓↓↓↓↓)https://www.facebook.com/yomikiriistanbul/posts/2030542847193159そしていよいよ靴のProvaプロヴァ(試し履き〜普段はやらないそうだが、難足の不安から特にお願いしてさせてもらう)に店へ寄った。スウェードの革を台に貼り付けて木のヒールをねじ込んだだけの物に、両足を入れて試してみる。さすが足を測って革型を作っただけ [続きを読む]
  • 4度目の正直
  • 何をやっても流行らず、入れ替わりの激しい場所というのがある。例えばうちの近所にある、アパートの一階角の物件がそうだ。ここに引っ越して約6年の間に、寿司&中華料理屋『SUSHINEKO』、やがてスシネコのオーナーが交代、トルコ家庭料理店、トルココーヒー占いカフェと、変遷が目まぐるしかった。スシネコに関しては、当時フルタイムで仕事をしていた私には有り難い店で、毎週のように息子と通ってすっかり常連になっていた。結 [続きを読む]
  • トルコでオーダーメイド靴
  • 生まれて初めて、既製品ではなくきちんと足のサイズを測って自分の靴をオーダーしてみた。というのも、足に合わない小さなフラメンコシューズのせいなのか、長年のヒール靴(ぺたんこバレエシューズも相当足に悪いらしい)で外反母趾が進んだせいなのか、踊っていると左足の中指の付け根に結構な痛みが走るようになって久しいからだった。フラメンコ教室の近所に新しいオーダーメイドの靴屋が出来たので、駄目元で訊いてみると、フラ [続きを読む]
  • ????トルコケバブ★ドンドコ????
  • 訳あって1週間ぶりのアップである。訳あってトルコが誇る美しきケバブ達をご紹介したい。ここは以前は私の鬼門⁉?だった旧市街のKapalı Çarşıカパル・チャルシュ(グランドバザール)。訳あってこの巨大迷路で迷子になる恐怖感を克服出来た、この1週間だった。見過ごしてしまいそうな細い路地にある、知る人ぞ知るケバブ屋Burç Kebabıブルチ・ケバブにて、訳あってしこたまケバブを頂く機会に恵まれた故だ。グランドバザール [続きを読む]
  • おばちゃん達の園(その)-5-
  • 近所のカルチャーセンターの英語クラスのメンバーで、新年会に繰り出した。シェブ代先生を入れて総勢23名が全てトルコ人のおばちゃん(40代〜70代)という、これ以上ない強烈さである。しかしマダム達の殆どが黒のシックな装いで、とても美しかった。必ずデコルテか二の腕か背中を見せるデザインの洋服??、大ぶりのアクセサリーにいつもより濃いメイク??、爪は綺麗にネイルされ、ちゃんと美容院でセットしただろうなというヘアで [続きを読む]