Yeni さん プロフィール

  •  
Yeniさん: 読み切り!「イスタンブール」
ハンドル名Yeni さん
ブログタイトル読み切り!「イスタンブール」
ブログURLhttp://yomikiriistanbul.com
サイト紹介文トルコ在住者Yeniのイスタンブール情報。硬い素材から柔らかいモノまでこの街をまるごとリポート。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2017/01/05 05:40

Yeni さんのブログ記事

  • 続・読み切り!【ミラノ】
  • 今日は朝から大阪北部震源の地震のニュースで、揺れの激しかった地元・奈良に住む日本の家族と、思い浮かぶ限りの関西エリアの友人達の安否を確認して過ごした。不幸にも命を落とされた方々のご冥福と、多数の負傷者の方々の1日も早いご恢復をお祈りする。同じ地震国トルコに住む者としては、身につまされる1日だった。***ミラノのマルペンサ空港から市内中心部までは、なんとタクシーで100?ほど掛かると言う。一方、自宅から [続きを読む]
  • 読み切り!【ミラノ】
  • 久々のヨーロッパである???????????トルコもヨーロッパに股がる国ではあるが、ここは東ヨーロッパの果てで、しかもイスラムのお国柄??????たまにはキリスト教世界で、リフレッシュしてみたくなる??そこで今回は、トルコでのラマダン(断食月)明けを祝う『砂糖祭』連休を利用して、ミラノ在住のお友達ファミリーに会いにイタリアにやって来た????ボンジョールノ??…と来てみたは良いけれど、その国の言葉 [続きを読む]
  • 1週間
  • ?月曜日はおやつを食べて〜、火曜日におやつを食べて〜、水曜日でおやつを食べて〜、木曜日もおやつを食べて〜、金曜日のおやつを食べて〜、土曜日がおやつを食べて〜、日曜日をおやつで終えて〜、トゥリャトゥリャトゥリャトゥリャトゥリャトゥリャリャ〜トゥリャトゥリャトゥリャトゥリャリャ〜読者の皆様よ これが私の1週間の仕事です〜ウップ…?(左)サバンジュ美術館内の「MSA'NIN RESTORANI」のパンケーキ。半生なのはワザ [続きを読む]
  • 引き際
  • サッカーと共に目覚めてサッカーと共に眠るトルコの人々にとって、トルコの三大サッカークラブは特別である。今年のリーグ戦で優勝し、現在長友選手が在籍しているGalatasarayガラタサライ、2002年日韓共同開催ワールドカップでトルコを第3位に導いたトルコナショナルチームの人気者イルハン・マンスズが在籍していたBeşiktaşベシクタシュ、そして最近パッとしないけれど今シーズンを何とか第2位で終えたFenerbahçeフェネルバフ [続きを読む]
  • レイラ
  • と言えば、エリック・クラプトンの名曲「Laylaレイラ」だが、こっちは「Leyla」で、近所の居酒屋名である??ずっと前から気になりながらついぞ入ったことがなかった、このMeyhaneメイハネ「レイラ」。ちなみに、メイハネとはトルコ語で居酒屋のことだ????????この通りにはよく行く寿司屋、ステーキハウス、イタリアンが並んでいるが、居酒屋でランチして何が悪い??と、思い切って入ってみた。トルコの地酒・葡萄の蒸留 [続きを読む]
  • クワトロ最後の日
  • もう7、8年前だったか、友人Yちゃんに、「Yeniちゃん、“Quattro”クワトロのコーヒーが美味しいよ」と勧められて初めて行ったのがきっかけで、それからはよく行くお店となったEtilerエティレルのカフェ、クワトロ。コーヒーは美味しいけれど、食事がイマイチなのが残念だったクワトロ。パソコンを持ち込んで、よく仕事したのもクワトロ。でもBGMの音量が大きくて、なかなか集中出来なかったのも、クワトロ。大概ひとりで通った、 [続きを読む]
  • いるんだこんなトルコ人③
  • 私が通うフラメンコ教室も、もうすぐ夏休み。トルコでは学校や習い事教室は9月に始まって、翌年の6月に終了するのが常だ。そろそろ来年度(2018-1019)の申し込みをすべく、教室を主宰する芸術学校で経理担当者のお姉さんと更新手続きを進めていると…。「すいません…」部屋に入って来たのは、高校生らしきイガグリ頭の冴えないメガネ君。何か?「僕はマルバツ ペケオです。ここにグランドピアノが有るって聞いて…。少しだけでいい [続きを読む]
  • ラーメン食べたい?
  • トルコは今月16日からイスラム教で言うラマダン(トルコ語ではRamazanラマザンと言う)に入り、現在日の出から日没まで一切飲まず食わずの厳しい断食マンスリー真っ最中である。とは言っても、する人もいればしない人もいて様々だ。4年前だったか、ちょうどラマダン月に旅行したイタリアから、朝昼晩『何食べたか写真』をこれでもかこれでもかとフェイスブックにアップして、断食中だったトルコ人の友人に閉口された事があった。…ゴ [続きを読む]
  • 今夜
  • 今日は母の日。トルコでも母の日は祝われ、日本と同じように母への贈り物商戦が盛んだ。…わたし何も頂いてませんが( ̄▽ ̄;)ポリポリ日本の母にはささやかな花を贈り、今年は遠くにいるトルコの母には電話で『母の日おめでとうございます』と、日本語にしたらやっぱり違和感あるフレーズを今年も口にし、恒例の行事が終わった。ところで昨日、久しぶりに家族でコンサートに出掛けた。トルコのメガスター、TARKANタルカンの野外コ [続きを読む]
  • レディ
  • と呼ばれて始まった、久し振りのご褒美時間。ここは、1580年創業の歴史あるハマム“Kılıç Ali Paşa Hamamıクルチュ・アリ・パシャ・ハマム”。前から一度体験してみたかったのが、ようやく叶った。Hamamハマムとはトルコ式蒸し風呂の事。温めた大理石の上に寝転がって皮膚をふやかし、垢すりをしてもらい、更にブクブクに泡立てた石鹸水を全身に垂らしてリンパマッサージ、仕上げにはシャンプーまでしてくれるという、至福の [続きを読む]
  • 音楽のない人生なんて
  • 諸々あって、久々の更新である。今日は(私にとっては)とても大きな買い物をした。私は日本でもてんで浦島太郎なので、テレビを観てもお笑い芸人が全然分からないし、今話題のTOKIO騒動も知らない。でも時代ズレしているのは、なにも芸能人ネタに限った事ではなかったと今日認識した…。トルコで結婚した時に新居にと買ったオーディオセットがぶっ壊れてから、久しい。当時はまだカセットテープが流通していたから、よくテープで音 [続きを読む]
  • 自前花見
  • 夫フローラは、イスタンブールの隣県Tekirdağテキルダーにある畑で、観賞用樹木や果樹の栽培・販売を生業(なりわい)にしている。その畑で、今年8年目になる八重桜が今まさにマンカイだよと言われて、これを見逃す手は無いと、バスに2時間揺られてまで畑へ花見に出掛けて来た。大輪の八重桜は、Kanzanカンザンと呼ばれる品種だそうだ。花がぽってり大きく、華やかな咲きっぷりである。イスタンブールのボスポラス海峡沿いでよく見 [続きを読む]
  • 夢と現実
  • 日本への帰省の後はいつも、1週間ほど腑抜けになる。 美味しいものをたらふく食べて飲んで、好きな人達に会って、遊び呆ける数週間。有難いことに実家の母も、私達の世話を甲斐甲斐しく焼いてくれるので、上げ膳据え膳でどれだけ楽をさせてもらっているか知れない。ところが薄い顔の人々と別れ、イスタンブールに降り立ったとたん、濃い〜顔の人々が現れ、不思議と安堵するも、帰宅すれば埃だらけの汚い家と洗濯物の山に埋もれ、自 [続きを読む]
  • エロス
  • 日本を離れる際、空港で懸案の刀型の傘??をおずおずチェックインカウンターで申し出たら、なんと機内に持ち込めないと言われてしまった。結局、スーツケースと一緒に預けることに。その後手荷物検査場に進むと、『持ち込めません物品リスト』に刀型の傘の実物がしっかり掲示されていた…。類似品を購入された方は、お気をつけください。さて、2年前にイスタンブール-関空直行便が廃止されてから帰省には経由便を利用しているが、 [続きを読む]
  • セカイイチヘイワナクニデ
  • 長い日本帰省が終わろうとしています。今年は三重から始まって、東京、奈良、京都、神戸と各地で早い時期から桜を堪能出来、幸せ一杯な春でした??????毎度のことですが、出発前日にドタバタと最後の買い物に走り回り、夜中まで大量の荷物を(すっくない)重量制限内に収める荷造りに追われ、飛行機に乗る前から既にクタクタの私です。今日買い物の合間に近所のショッピングモールでお昼のラーメンを啜っていたら(息子が最後に [続きを読む]
  • 街角トルコ
  • 写真左上から奈良の三条通り、右上が神戸の中華街至近、そして下が故郷・大和郡山市で只今開催中の『お城まつり』(桜祭り)に出ている屋台である。ビヨーンと伸びるトルコアイスとケバブサンドは、日本でかなりの市民権を得ているようだ。なんだか気になって、周辺を意味もなくうろついてしまった。怪しい日本人である。ところでこれからは、トルコの茹で餃子・Mantı(マントゥ)を広めて欲しい‼?ニンニク入りのヨーグルトを掛けて [続きを読む]
  • 読み切り!【甲子園】
  • 野球にハマっている息子ポケモンのリクエストに応えて、只今開催中の春のセンバツ高校野球大会の観戦の為、甲子園に行って来た。予想通り勝ち進んだ地元奈良・智辯学園の出場する日でもあり、応援にも力が入ってより楽しめたのだが…。9回裏まで智辯学園1-長崎の創成館0で来、これでイケるか??と思いきや、創成館に同点に追いつかれ、延長10回に持ち込まれた。ここでも智辯学園は得点がなく、迎えた10回裏の創成館の攻撃は既にツ [続きを読む]
  • どっちの墓
  • 今回の日本帰省の目的の一つに、亡き父の13回忌法要を執り行う事があった。息子を身籠っていた時に逝ってしまった父、あれから時は飛ぶように流れて12年の歳月が過ぎ去っていたのだった。身内だけのこじんまりとした法要は無事終了し、今度はお寺の住職さんに頂いた卒塔婆を持って、母と息子で父のお墓に参った。墓前で手を合わせながら、ふと、私はどの墓に入るのだろうと思った。トルコ?奈良?トルコなら自分のフルネームで墓石 [続きを読む]
  • 読み切り!【京都】
  • 晴天が続くニッポン。京都は、太秦映画村(うずまさえいがむら)に出掛けた。江戸の町をそのまま再現したオープンセットは、そこここから時代劇の登場人物がヒョッコリ出て来そうで、居るだけで愉快だった。(妄想)「であえ、であえぇ〜〜!!!」「てーへんだぁ、てーへんだぁっ!!」岡っ引きやら同心やら忍者やら町家の娘やら、時代劇好きの私には、昔よく観たドラマが懐かしく思い出された。館内(村内?)を流れる音楽に、「これ何 [続きを読む]
  • 読み切り!【東京】
  • 諸用あり、駆け足で東京に行って来た。2年半振りの東京は、やっぱり大都会だった。思いがけず早咲きの桜と、思いがけず皇居の一般公開に出くわし、初めてその見事な庭園と皇居内の桜を堪能する事が出来た。ソメイヨシノの中に混じって濃いピンクの桜も可憐に咲き乱れ、それはそれは美しい眺めだった。そばにいた外国人観光客も、“Soooo pinnnkkkk!!!!!??????????”(めっちゃピンクやんッ)と感嘆していた。この時期のト [続きを読む]
  • サムライ傘
  • 地元、奈良の電車内でこんなモノ発見‼?刀型の持ち手の傘????持っていたのは、やっぱり外国の方でした。面白いなぁと思っていたら、今日たまたま寄った公民館の衣料即売会で、これに似た刀型の傘をめ〜っけ。微妙な表情の息子の為に、無理やり購入しました。空港で止められるかな?空港検査員に何か言われたら、ジャンプ傘パッと開いてビックリさせようっと。 [続きを読む]