Wolffi さん プロフィール

  •  
Wolffiさん: 日本よどこへ向かっている?
ハンドル名Wolffi さん
ブログタイトル日本よどこへ向かっている?
ブログURLhttp://nipponwhereu5ing.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々思う事あり。日本は一体どうなっていくのか。覚書兼日本語の読み書きの練習
自由文日本に興味がある欧州人。
日本語を勉強したので多分普通に読み書きが出来ている…はず。
自分の国も大概酷いけれど、日本に興味があるから知るようになった、日本の暗部みたいなところが見え隠れしてきた。
独り言そして自分の覚書。
日本語が間違っていたら教えてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 346日(平均0.4回/週) - 参加 2017/01/05 06:32

Wolffi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ゆるゆるとび森プレイ5/つねきちの商売の信念を聞いた
  • 只今の村民は勝手に引っ越して来たり、村のキャンプ場に来た時にスカウトした村民の集まりで10人。メインキャラの村長とサブキャラ3人はカウントせずに10人がMax。引っ越した村民の入れ替わりで勝手に入って来たゾウさんが要らないな。引っ越してきたばかりだからなのか、なかなか引っ越しフラグ立たないな。なるべく話しかけないようにしているんだけれど。キャンプ場でスカウトしたロボ兄貴は絶対に手放さない。カッコいいから。 [続きを読む]
  • ゆるゆるとび森プレイ5/美人ダチョウのヒノコ姐さん1
  • すっかりとび森ブログと化している。日本語の読み書きが出来ているからまあいいか。仕事では日本語を話す機会はよくあるが、書く事は殆どないから読み書きは常にしておかないと忘れてしまう。話す事は出来ても、読み書きが不得手な日本語を勉強している外国人はとても多い。書けてもひらがなやカタカナ多用とか。今はこうやってキーボードを打って変換すると漢字が出てくるから、読めるなら漢字を自筆で書く事に不安があっても変換 [続きを読む]
  • ゆるゆるとび森プレイ4/イケメンオオカミのロボ兄貴2
  • イケメンオオカミのロボ兄貴1(昨日の記事)昨日の話の続きで、ロボ兄貴のくれるお礼の品のダサさを公開。リアルでは仕事を納品して晩御飯を食べ、風呂に入り寝ようとしていた。寝入りばなだったが、村長が欲しいものがあるのでせっせと南の島に出稼ぎに出向く為にゲームを開けてしまった…やってしまった。眠気が飛んでしまった。恐るべしゲーム。アンソニー白馬王子の家に行ったその日の深夜、南の島に出稼ぎに行った村長。R・パ [続きを読む]
  • ゆるゆるとび森プレイ3/イケメンオオカミのロボ兄貴1
  • 日本人のYoutuberが上げている面白いとび森の動画。外国人の中年男がコメントしたら恥ずかしいので、専ら観るだけ。コメントしてみたいなと思ったりするけれど、やめておこう…みんな面白いな。わかるわかると頷ける内容だったり、工夫しているなあと感心したり。自分よりも妄想が激しいストーリーになっている方も多いので、何だか安心したり。前の記事話の間にあった小さなエピソードの続き。ゆるゆるとび森プレイ2/変態王子と [続きを読む]
  • ゆるゆるとび森プレイ2/変態王子としたたか美人さん
  • 昨日の続き。プレイ画像を撮った日のものだから日付と時間も入っているものがあるが気にしない。ああ、このままとび森ブログになると予想される。ついついプレイ中に妄想が炸裂してしまい、キャプチャーしてしまうからだ。中年の外国人男がプレイしているゲームが今更のとびだせどうぶつの森3DS…。癒されているのだから良しとする。年末、クリスマス前。普段よりも忙しいのに、息抜きで始めてしまうとダメだ…。はまってしまう。 [続きを読む]
  • ゆるゆるとび森プレイ(妄想満載)
  • 2012年にNintendoから発売されたどうぶつの森シリーズの3DSソフト「とびだせどうぶつの森」を遅ればせながら今年の2月からプレイしている。今より1つ前の3DSを中古でもらったけれど、使わず居た。Youtubeで日本人のYoutuberがプレイしていた「おいでよどうぶつの森」動画が面白く観ていたのだけれど、更にグラフィックがよくなった「とびだせどうぶつの森(略してとび森)」もその人がプレイしていたので、早速自分も遊んでみたく [続きを読む]
  • 日本はいいな。まだ捨てたもんじゃないな
  • 江戸川の花火師、全日本初の女性審判に今年の4月の新聞記事だけれど。日本の柔道の審判に初めての女性が選ばれたと。しかも江戸川の花火師。自分は日本に居た時花火大会を何度か見たことがある。若い人が、「たまやー」と言っていた。花火大会に連れて来てくれた友人が「かぎや」というのもあるよと教えてくれた。その時は、ふーんと聞き流したと言うか花火の美しさとダイナミックさに気を取られ、後で意味を聞こうとしていて今日 [続きを読む]
  • 日本発のゲームのムービーを見ながら涙したりした事
  • ファミコンが出たのは自分が子供の時だった。しかし、日本より数年後に発売されたと記憶している。当時の日本では一家に一台あったと聞いていたが、大人になってから日本人と知り合いになったり一緒に仕事をしたりして仲良くなった人からは、買えない家もあってそういう子は持ってる子の家に遊びに行って…と聞いた。知り合いには家が厳格で漫画本なども一切禁止されていたという人も居る。家が貧乏でそんなの買ってもらえんかった [続きを読む]
  • しゃべる金魚
  • 日本は今とても寒いと聞く。こちらも大概寒いけれど。冬季うつがあるヨーロッパの寒い冬。自分は冬季うつを自覚したことはない。ただ、日本も含めて国内外の憂鬱な出来事や情勢でうつにはなりそうだけれど。仕事において、うつになったりしないのだけが救いか。そんな中、毎日チェックをしている日本のニュースや出来事でとてもほのぼのとした記事が今日出ていた。伊勢に「しゃべる金魚」「うったえる金魚」 うるさくて水槽を移動 [続きを読む]
  • 家庭においての不公平感
  • 「正月の男尊女卑」匿名日記に賛否 女性ばかりがなぜ食事の支度自分の実家や自分の家、親戚の家その他知り合いの家でも、大体がキッチンでのというか、食事の支度は女性がする方が多い。お料理が上手だったり段取りが上手だったりするからかもしれない。まあそれは主婦の人が多いけれど。共働きで、分担している我が家なんかでも、パートナーの方が料理が上手だし手早い。パーティとかのテーブルのデコレーションとかも沢山バリエ [続きを読む]
  • 日本の伝統が無くなる
  • 鍬もてなし豊作願う 細入で「おくわさま」こちらが動画。こういう昔ながらの日本の地方の伝統や儀式、お祭りをずっと守り続けてもらいたいと思う。昨今の西洋的なお祭り、例えばクリスマスやハロウィンなどを大々的に華やかにする。商戦としてその流れに乗るのは仕方がないとしても、本来の意味を考えて誰も祝ったりはしていないように思う。日本は八百万の神が居て、お祭りが好きでととても柔らかい部分がある。しかし、西洋の宗 [続きを読む]
  • 旧正月の「春聯しゅんれん」というものが欲しい
  • 台北市、正月飾りの「春聯」を無料配布 9日から20万枚/台湾という記事を読んだ。仕事仲間には台湾人も居る。自分が住んでいるマンションにも台湾人が居る。誰もとても腰が低いけれど、ちゃんと自己主張もするし日本人にとても似ているけれどやっぱりどこか違うというのが自分の印象。台湾は何度か行ったことがある。台北と台南では雰囲気も人も全然違う。それぞれのいいところがある。(でも自分は台北の方が好きだったりする)正 [続きを読む]
  • フランス・ブザンソンで起きた事件4
  • ようやく、実名報道とぼかし無しの写真が出た。Nicolás Humberto Zepeda Contrerasニコラス ウンベルト セペダ コントレラス日本ではニコラス セペダとだけ出ているところしか今のところ見ていないけれど、彼にはミドルネームが入っている。カトリックで言えば、真ん中にある名前は父や叔父を始めとする親戚から名前をもらう。チリもそうなのかはわからないけれど。自分もミドルネームを持っている。でも簡単に名前とファミリ [続きを読む]
  • 自分の、呼称
  • 日本語を勉強し(今も継続しているけれど)、日本語を日常的に使うようになって、自分の耳が日本語の音に慣れ貯まっていって。所謂、外国人が使う「コニチワ」「アーリガト」みたいな独特の、慣れていない外国人が話す日本語より、ちょっとはマシだと思えるようになった。日本語はとてもシンプルな音から出来ていると思う。こうやってブログを書きだしてみて、インプットしたらアウトプットするという言語習得の王道たるプロセスを [続きを読む]
  • フランス・ブザンソンで起きた事件3
  • 非常出口側から血痕が見つかったという。そして、殺人容疑の犯人として重要参考人が国際手配された。国際刑事警察機構(ICPO、International Criminal Police Organization、インターポール)のリストには載っていない。匿名報道されているからなのかわからない。小出しにするのは何故だろう。どうして小出しにしていくのだろう。何故行方不明になっている彼女の事だけ、いろいろな憶測で酷い事を書かれたり言われたりしているのだ [続きを読む]
  • フランス・ブザンソンで起きた事件2
  • フランス・ブザンソンで起きた事件上はこのブログで一番最初に書いた記事。まだ彼女は見つかっていない。容疑者とされる元恋人だったらしいチリ人の男は12/30はチリ・サンティアゴの自宅に居たという。そこまで周りが張り込んで重要参考人(というのかな?こういう場合日本語では)を掴めているのに何で何もアクションを起こさないのだろう。名前だって一部、自分みたいな人々の間では割れてしまっているし。彼は、自分についての [続きを読む]
  • 新年
  • 日本で何度か年越しと新年を迎えたことがある。学生だった頃、留学先の日本のホームステイ先でも少しモダンな家庭だったけれど、おせち料理をいただく事ができた。やっぱり経験するなら普通の家庭での日常生活がいい。どこかのホテルでとか、旅先でいつもと違うラグジュアリーとかは自分は必要としないから。日本での新年の経験が自分にはとても心地良く、年々その風習や習慣という文化が消えていく事がとてつもなく悲しい。自分が [続きを読む]
  • 年越しの感覚
  • 自分は神を信じている訳ではないが、自国で暮らす為にはアイデンティティカードの記載項目にもあるように、宗教は重要になってくる。カトリック教が大半の欧州某国に住んでいるのだけれど、クリスマスが1年の総仕上げとばかりに盛り上がる。そして大晦日は大体厳かに家で家族とTVを観ながらカウントダウンをし、新年開けて家族と挨拶をし祝杯を挙げ、外ではこの日の為に用意した花火を打ち上げる人々で大変騒がしくなる。だけれど [続きを読む]
  • フランス・ブザンソンで起きた事件
  • 容疑者の国籍はチリ。名前はN Z Cと出てきた。※公式に発表されていないから、最初のアルファベットのみ。正式な名前は伏せておく。ぼかされている写真が多いからぼかしておく。画像は拾い。動画を上げていたようでそれも消されているけれどキャッシュが残ってしまうんだ。ラブストーリーという題から。マイラブナルチャンとある。ナルミハワタシニタンジョウビオクリモノヲオクッタとある。アルファベットや日本語でひらがな漢字 [続きを読む]
  • 過去の記事 …