トクトクドクター さん プロフィール

  •  
トクトクドクターさん: 医者向けのちょっといい情報
ハンドル名トクトクドクター さん
ブログタイトル医者向けのちょっといい情報
ブログURLhttps://www.savingdoctor.com/
サイト紹介文医者が発信する医者向けのお得情報のサイトです
自由文このページでは、ささやかなお得話や節約術を、自分がお勉強しながら紹介していこうと思いますので、よろしくお願いします。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2017/01/05 20:13

トクトクドクター さんのブログ記事

  • 妊婦加算がやり玉に
  • 意外というのか当然というのか、当ブログでも妊婦加算を取り上げましたが、懸念していた通り、 いま、この妊婦加算がやり玉に挙がっています。www.savingdoctor.com妊婦加算の概要診察時に、妊婦であることを確認した上で、それに配慮した診察を行った場合、初診時には750円、再診時には380円加算できる。診療科などは問わない。ネットでは反対意見一色ネットでは、妊婦税のようでけしからん、少子化がすすむ原因になる、働けな [続きを読む]
  • 東京医科大学が記者会見、追加合格者を出すことを発表
  • 本日、東京医科大学が記者会見を行い、2017年、2018年度の入試の際に不当に不合格と判定された101人に意向を確認した上で、追加合格者を認定することを発表しました。101人の選考方法2017年度と2018年度の入試において、繰り上げ合格とされた者よりも、上位の成績だったにもかかわらず不合格とされた受験生を調べたところ、2017年度は32人(男16人、女16人)、2018年度は69人(男18人、女53人)だったとのこと。医学部の定員は120 [続きを読む]
  • 2019年に消費税が10%に!?医療機関への影響は?
  • 来年の10月に消費税が10%に引き上げられるのですが、今日はこのことが医療機関にどう影響するかを考えてみました。保険診療での患者さんの支払いは非課税問題の根源はここにあります。保険診療である限り、診療を受けた患者さんが支払う金額には消費税が含まれません、医療費は非課税対象です。一方で、運営に必要な経費は、給与を除くと、賃料や消耗品、薬剤など大半のものには消費税がかかります。また、診療報酬は、すべて決ま [続きを読む]
  • 2019年のGWは10連休!?開業医はどうするか?
  • 少し前から言われていることですが、来年はついに現在の皇太子さまが即位され、平成の世が終わりになります。次の年号なども気になるところですが、最近悩み出したのが、「GW10連休問題」です。 2019年のGWは10連休に 10連休はうれしいかどうか 開業医にとっての10連休は 祝祭日にあえて診療する場合の注意点(主に無床の開業医の場合) 10連休に診療した場合の診療報酬の加算 まとめ2019年のGWは10連休に20 [続きを読む]
  • 昭和大学もやっぱり…?医学部入試問題
  • 昭和大学では2浪以上の学生に不利になる得点操作 昭和大学は不正であったという認識はなかったと発表 入試要項に書いてあればいいのか 私大の経営判断 まとめ東京医科大学の不正入試問題は、一般人だけでなく、多くの医師たちにも衝撃を与えました。前回の投稿から大分日数が経ってしまいましたが、新展開がありましたので、こちらを書きたいと思います。ちなみに前回の記事はこちら。www.savingdoctor.com文 [続きを読む]
  • 東京医科大学の女子学生、多浪生差別問題
  • 裏口入学問題が、いま大変な社会問題になっています。前回の記事でも取り上げたのですが、だんだん問題の矛先が変わろうとしています。ちなみに前回記事はこちらです。www.savingdoctor.com調査が進むにつれて、東京医科大学が、裏口入学だけでなく、入試の際、女子学生や多浪生の点数を一律カットしていたことが発覚したから大騒ぎなのですが、公立大学卒、親が医者の男性医師である私の感じたことを書きたいと思います。 裏 [続きを読む]
  • 裏口入学の医師はどれくらいいるのだろうか
  • いま話題の東京医科大学裏口入学問題。正直、自分も驚きました。あるあるとは言われていたものの、国公立大学の医学部に入学し、卒後も私立大学と縁のない医師には無縁の話ですし、親が医師だったとは言え、そんなコネもなさそうでしたので。某美容外科医の高須先生まで「俺も裏口入学だー」と言い出す始末ですが、彼の場合は、一次試験は合格点を取っていたと言うことで、面接が楽だったという程度の話ですから、裏口というのとは [続きを読む]
  • 診療報酬改定2018の要点 ー妊婦加算ー
  • さて、4月になり、もう実際に診療報酬改定が施行されましたけど、皆様いかがでしたか?まだ日が浅いので、請求業務や電子カルテの挙動などでトラブルを経験されている先生もいるかも知れません。今日は、自分も施行後にはじめて気がついた、妊婦加算についてです。妊婦加算とは?妊婦の外来診療について、妊娠の継続や胎児に配慮した適切な診療を評価する観点から、初診料等における妊婦加算を新設する、とされています。妊婦加算 [続きを読む]
  • お風呂の鏡やガラス戸のうろこの取り方
  • こうなると全然医者向けじゃない気もしますけど、結構試行錯誤している人が多いんじゃないですかね。実践してみた作戦をいくつか紹介します。そもそも、ウロコは何?一言で言うと、水垢や石鹸カスでできたものです。毎日入浴するときには、必ず水滴や石鹸、シャンプーなどの成分が鏡に付着します。それが繰り返されることで、だんだん固着していきます。水垢はケイ素やカルシウムが固まってできたもの(シリカスケール、カルシウム [続きを読む]
  • ANA VISA PLATINUM CARDのグルメクーポン2018年版が届きました
  • さて、3月末になると毎年届く、ANA VISA PLATINUM CARDのグルメクーポンが今年も届きました。どんな特典?この冊子に載っているレストランを、会員専用サイトもしくはデスクで予約した上で利用すると、会員本人分の料理が無料になるという、お得な特典です。飲み物などは基本的に割引にならないのですが、冊子を見る限り、結構お高いコースが対象になっていますので、ある意味お得感が強いですね。実際の冊子こんな感じですね、一 [続きを読む]
  • 第112回医師国家試験合格発表!
  • 本日、第112回医師国家試験の合格発表が行われました!受験生の皆さんも今日までドキドキしながら、待っていたことでしょう。合格された皆様おめでとうございます!パチパチ…。さて、今回の合格率ですが、受験者1万10人中、合格者は9024人で、合格率は90.1%でした。なんだか高い数字に思えますけど、過去10年間では6番目だったようです。合格基準必修問題は、一般問題を1問1点、臨床実地問題を1問3点とし、総得点が、 16 [続きを読む]
  • 医師がiPhone Xを使ってみた感想
  • 自分もそうですが、医者って結構ガジェット好きですし、当初からMacユーザーが多かったですよね。昔は学会のスライド作製の機械がMacしか対応していなかったので、頑張ってフリーズしまくるMacを使ってました。というか今でもMacBookPro使っています。ということで、スマホもiPhone使っている人が多いと思いますが、iPhoneXがでたときから真っ先に入手して使用しています。しばらく使って思ったことを書いてみます。iPhone Xとは20 [続きを読む]
  • ゆうちょの払込取扱票をネットバンキングで済ませる方法
  • 今日はちょっと毛色の違う話題で、「ゆうちょの払込取扱票をネットバンキングで済ませる方法」です。クリニックで生じるほとんどの支払いは、自動振替やカードなどですませるわけですけど、一部の学会費や通販では、まだ払込票で来るところもあります。これですね。料金が安いんですけど、郵便局に行くのが面倒くさい…。そこで、払込票ではなく、ネットバンキングで済ます方法をお教えします。払込先を調べる払込取扱票に相手方 [続きを読む]
  • 医師国家試験の勉強法
  • 第112回医師国家試験を受験された皆様、お疲れ様でした。発表が2週間後と言うことで、ドキドキしている人や卒業旅行などに行ってる人、すでに勤務の準備をしている人などいろいろいると思います。自分が受けたのは、もう20年くらい前の話なので、今更感がありますが、国家試験の勉強のことを思い出したので、ちょっと書いてみようと思います。第112回医師国家試験今回で第112回となるが、毎年1回行われている試験です。今年は試験 [続きを読む]
  • 部活が忙しくて…
  • お子さんの患者さんと保護者の方が一緒に来たときに、よく聞かれる言葉が、「部活が忙しくて…」という言葉。医師の側からすると、必要ない人には再診を勧めないですし、予定を融通してほしいのですけど、なかなか話が進まず…。 中高生の部活は強制的なもの? どのくらい忙しい? 部活をすることの意味 部活はどうあるべきか 物事の優先順位と要領 まとめ中高生の部活は強制的なもの?自分の時の中高は、部活の [続きを読む]
  • 勉強会、講演会が多すぎる…。
  • 最近多いのが、「勉強会、講演会」。大学の医局に所属していたときは、結構でていたのですが、最近はあまり行かなくなりました。講演会の種類学会や医会主催のもので、専門医の単位などに関係するもの大学や基幹病院主催のもの製薬会社主催(共催)のものざっくり分けるとこんな感じでしょうか。学会主催のものは、専門医の維持にも関係してくるものがあるので、ある程度義務的に参加するものも多いですが、内容的にも、専門分野 [続きを読む]
  • 世界一新生児の死亡率が低い国、日本
  • ユニセフが発表したところによると、日本が世界一、新生児の死亡率が低いと言うことです。これって、世界に誇っていいことですし、医療水準だけでなく、いろんな意味で日本が平和で素晴らしいと言うことですから、もっと大々的に報道してほしいんですけどね…。世界の新生児死亡率死亡率の低い国TOP10日本      0.9%アイスランド  1%シンガポール  1.1%フィンランド  1.2%エストニア   1.3%スロベニア   1. [続きを読む]
  • 看護師や医療事務の人たちとの付き合い方
  • このご時世で、医療界には楽しいネタがありませんけど、今日はこのテーマ。看護師や医療事務の人たちとの付き合い方、ですちなみに、私は男性、職員は女性ですので、読まれる方が、女性医師の場合には参考にならない点が多いかと思います。 クリニックの一般的な人材の構成 狭いコミュニティであり、良好な関係が必須 職員に家族がいると微妙 職員同士の相性問題 妥協も大事 自分の資質の限界 まとめクリニ [続きを読む]
  • 医師偏在に対しての政府方針
  • 昨日、愚痴をたくさん書いてしまいましたが、今日もなんとなくその手のニュースで気になるものがありましたので…。医師偏在問題の背景医局制度の崩壊過去のシステムでは、医学生がめでたく医師国家試験に合格して、医師になると、まず入る大学の医局を決めて、そこに籍をおく、ということから始まり、研修医であっても指導医であっても、半ば強制的に関連病院に派遣され、勤務するという形でした。特に地方の基幹病院は、このや [続きを読む]
  • いろんな責任事をこちらに振りすぎじゃない?
  • 最近、思ったことですが、「いろいろこっちに責任を押しつけすぎじゃないの?」って思うことがあります。もちろん医師は独占的に診療業務をする立場ですし、相応の報酬を頂くわけですから、患者さんの診療に対して責任を持つのは当然なんですけど…。インフルエンザの診察今年はインフルエンザが大流行していますが、問題になるのはお子さんのインフルエンザにかかった後。「何日したら登校してよいか」と言うことです。学校保健 [続きを読む]
  • 診療報酬改定2018の要点 ー機能強化加算ー
  • 今回の診療報酬改定、いろいろな新しい試みがありますが、200床未満の病院とかかりつけ医機能に係る診療報酬の届出等を行っている診療所にとってプラス材料となるのが、機能強化加算というものになります。機能強化加算 80点概要夜間や休日でも患者からの電話相談に対応できるなどのかかりつけ医機能を整えている診療所や200床未満の病院に受診する際は初診料が80点(800円、3割負担で240円)上乗せになります。算定要件地域包 [続きを読む]
  • クリニックにおける診療予約の是非
  • 今でも時々悩むことがある診療予約。患者さんの利便性のためには、もちろんあった方がいいですし、実際、予約制を導入している病院やクリニックも昔に比べると大分増えました。自分のクリニックでも予約は入れてますが、ちょっとトラブルの元になる場合も。ちょっと考察してみました。古典的な予約制(時間指定)予約制というと思いつくのはまずこれですね。何時何分に予約しました、というやつですね。患者さんにとってもわかりや [続きを読む]
  • 患者さんからの謝礼
  • ほかの方も書いていたので、ちょっと患者さんも気になるであろう、このお題です。患者さんからの謝礼についてです。私自身は、マイナー科所属でしたので、正直、あまりもらったことはないんですよね。どういうものをいただくか現金商品券ビール券お菓子お手紙、絵どんな患者さんが多いかこれは圧倒的にご高齢の女性が多いですね。男性からいただいたことは…ないかもしれませんね。まあ、異性の方が渡しやすい気がしますから、女医 [続きを読む]
  • 小児抗菌薬適正使用支援加算と抗菌薬適正使用支援加算
  • 今回の診療報酬改定で、様々な新設がありますが、ちょっと注目したいのが、抗菌薬の適正使用に関しての労力にコストを与えたことです。政府は薬剤耐性(AMR)対策アクションプランというものを打ち出しており、2013年と比較して、2020年までに抗菌薬の使用量を全体で1/3減らす、という目標を掲げています。それを実現するための作戦ともいえますが、まずはどういうものかを、それぞれ記載します。敢えて、施設基準などは定め事 [続きを読む]