masahiro さん プロフィール

  •  
masahiroさん: masahiroブログ
ハンドル名masahiro さん
ブログタイトルmasahiroブログ
ブログURLhttp://masa0632001.hatenablog.com/
サイト紹介文読書、トライアスロン、マラソンといろんなことにチャレンジ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2017/01/05 22:51

masahiro さんのブログ記事

  • 2018年 276冊 もたない本田
  • ①カバンを持つから荷物が増える仕事に必要だと思ってカバンに入れて居た多くのものはじつは安心するための材料だったということです。もしかしたら、いつかいるかも、と準備して居たものは結局いつになってもひつようありませんでした。大切なのは、人生において常に新しいやり方をためし、自分なりの発明を繰り返していくことです。②ビジネスパーソンにとっての練習は勉強です。普段の仕事が、本番で、勉強が練習。プロのスポ [続きを読む]
  • 2018年 275冊 45歳の教科書
  • ①まず何か1つやめて見ましょう。すでに自分のキャパシティを超えているのに、新たに何かやろうとするから、時間がない!とかんじてしまうのです。何が言いたいかというと、なんとなくやっていることをひとまずやめて見ませんかということ。自分の時間を一番奪うのは、これまでなんとなく続けてきた人間関係。義理の付き合い、sns。②肩書きが通用しない場面で経験を重ねよう名刺がない世界で自分のコミュニケーション力をため [続きを読む]
  • 2018年 274冊 ポジティブ辞典
  • ①多くの人は1日2時間以上スマホを使っているが、1日2時間スマホを見ていたら、1年で1ヶ月分の時間を消費することになる。まるまる1ヶ月を自分の人生の目的のために使えば、かなり大きなことを成し遂げることができることだろう。時間の使い方があなたの運命を変える。②仕事中や勉強中は、スマホを見えない場所にしまおう。触らなくても、スマホが視界に入っているだけで、あなたの集中力が削がれることがわかっている。メン [続きを読む]
  • 2018年 273冊 話し下手はスポーツ新聞を読みなさい
  • ①5分で社会経済わかる会話の糸口になるような話題はスポーツ新聞で十分に賄える。②私が日刊スポーツをすすめる理由日刊スポーツの記事構成は他社に比べて気が利いている。③スポーツ新聞で会話トレーニング外打てる中田とあったら、中田の文字だけがとおきくなっているので、中田だけ大きく発音して見ます。これを練習するとメリハリが効くので会話が上手に聞こえるようになります。④今すぐ明るく話せるテクニック口角を [続きを読む]
  • 2018年 272冊 アウトプット大全
  • ①目安情報入力から2週間で3回以上アウトプットすると、長期記憶として残りやすくなります。②イン:アウト=3:7できたのは、40歳をすぎてからのことです。10年で28冊の本かを書き、3000以上メルマガ発行しました。私よりも早くアウトプットの重要性に気づいたあなたは、輝かしいアウトプット人生を送ることは間違いないでしょう。③実名、顔出しは?ペンネームは、現実的なメリットがほとんどないので、長い目で見ると、結局や [続きを読む]
  • 2018年 271冊 東大首席か教える超速7回読み
  • また読んでしまいました。やっぱり、この本は勉強の本質を突いてると思います。認知から理解へ持っていく手順は、7回読み以外ににありえません。よくアウトプットの方が大事と言われますが、結局満足するアウトプットを得るには「前提知識」が不可欠だと思うんだよな。それがあると、さっと動けると思うんだ。ただ、この7回読みは時間をかけてしまったら失敗する危険性があると思う。つまり、3回しか読んでないから行動できない [続きを読む]
  • 2018年 270冊 自分のことだけ考える
  • ①不真面目になれ、生真面目になるな不真面目になればいいじゃん!死ぬよりマシでしょ!だってそうだろう。真面目でいるせいで、責任を感じて自殺してしまうあくらいなら、不真面目になって生きる方が、どう考えたって正解だ。②真面目が評価される時代は終わった真面目なだけの人なんていらないのだ。これからの世の中で本当に活躍していくのは、多少不真面目でもいいから、新しい価値を生み出せるひと。③無視されるぐらいな [続きを読む]
  • コミュトレ
  • 「コミュ力を鍛えるには飲み屋で知らない人に話しかける、それを繰り返しやる」とある本で上のフレーズを見つけました。思い立ったら吉日ということで、今日から始めてみようと思います。飲み屋:ハブ人数:4人(男女区別なし)時間:30分こんな感じで書きます。読書メインですが、アウトプットもインプット以上に大事ですので実行して行こうと思います^ ^ [続きを読む]
  • 2018年 268冊 東大首席が教える超速7回読み勉強法
  • ①30分の流し読みを7回繰り返そう正直単なる流し読みです。だからこそ、この程度の時間で住んでいるのです。各かいの間隔は、それほど時間をおかないのがおすすめ。記憶が薄いうちに次の回も読めば、定着も早まります。②7回読みは辛い7回読めないというご意見をよく伺います。気づいたことは、7回読みは辛いということがよくわかららました。けれど、巷でどれほど話題にされようと、勉強に楽な近道はないということを、私はアメ [続きを読む]
  • 2018年 267冊 魔法の共感力レッスン
  • ①思いやり思い込みの対極にあるもの。それは、思いやりです。人をすきになる力と言い換えてもかまいません。人をすきになるにも、努力が必要なよです。②共感を示す5つのファジカルスキルお客様の言うことをきちんと真摯に聞いてますと伝えるすきる。1姿勢、2.動作、3.表情、4.目線、5.方向フィジカルスキルを駆使して聞くと、相手ははなし甲斐を感じます。今すぐ人間関係が変わる! 魔法の「共感力」レッスン─お客様が動 [続きを読む]
  • 2018年 266冊 共感力
  • ①踏み出すことまずは、半歩踏み出すこと。自分が起点となった風を起こすこと。その風は、きっと誰かの勇気や感動になる。動いて汗をかいたぶん、世界にかぜがおこる。②共感プロデューサー自分の仕事を心から楽しみ、勉強し、お客様の生活シーンでのハッピーエンドを演出できる素晴らしい共感プロデューサーです。共感力作者: 平野秀典出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2006/12/15メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 [続きを読む]
  • 2018年 265冊 新世代の鉄道技術
  • ①デジタルatc一団で滑らかに減速する。そのため、ブレーキ操作による揺れが起こりにくくなり、乗り心地も良くなった。また、ブレーキをかけ始めて、停止するまでの距離も短くなった。図解・新世代鉄道の技術 : 超電導リニアからLRVまで (ブルーバックス)作者: 川辺謙一出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/11/08メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る [続きを読む]
  • 2018年 262冊 手ぶらで生きる
  • ①健康が何よりの資産インフルで2週間近く寝込んだこと。しかし、インフルから復帰した僕は確信した。、最も貴重な資源は、健康だ。どんな膨大な時間を確保しても、健康な体なしに時間を生かすことはできない。健康な体を維持することが、時間を確保する手段として最も有効なのだ。②ウォーキング一万歩(1h〜1.5h)そんな僕の運動方法はとにかく歩くこと。毎日意図的に1万歩以上のウォーキングをする。運動はウァーキングのみで、 [続きを読む]
  • 2018年 261冊 天才とは努力を
  • ①努力とは努力とは、繰り返すこと、続けること、自分に少しの負荷をかけること。私自身辛いと思うのは、繰り返すことではありません。、しなければならないことがあるのに、手をつけずにずるずる先延ばしにしてしまった後ろめたさ。②19時間30分司法試験の口述試験の前、2週間睡眠時間は3時間、食事の時間はそれぞれ20分お風呂20分と決めて、母と一日10分電話することを息抜きにして、残り19時間30分をすべて勉強に注ぎ込みまし [続きを読む]
  • 2018年 260冊 人生の勝算
  • ①当たり前のことを圧倒的にやる会社に来たら皆に挨拶する。誰よりも早く来て勉強する。人には思いやりを持って接する。証券マンなら日経を毎日隅々までよむ。もし知らない記事があれば、そこでサボっていることがお客さんに見透かされる。君の競争相手である他のブローカーをはじめ、みんなサボっている。だから、普通に真面目にやるだけで、勝てるんだよ。当たり前のことを、圧倒的なエネルギーを注いで誰よりもやりきる。②終 [続きを読む]
  • 2018年 259冊 変化できる人
  • ①何かをやめる何かをやめる、というのがスピードアップ上欠かせません。やめるまで、確実に精神的負担になり、集中力を削ぐのでスピードアップのブレーキとなる。やろうと思って3日、あるいは1週間程度経ってもできないことは、後ろを振り返らず捨ててしまう、ということだと思います。変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる作者: 赤羽雄二出版社/メーカー: ぴあ発売日: 2018/06/28メディア: 単行本この商品を [続きを読む]
  • 2018年 257冊 天才とは努力を続けられる人のこと
  • ①読書に手間をかけないなぜ、読書は理解できなくてもページをめくり続けるべきかというと、そもそも、多くの人が、本を読むことに一生懸命になりすぎだからです。②得意でプロフェッショナルになる私の場合は圧倒的に読むことに特化した人間であるといえます。五段階評価で、読むは5、聴くは4、書くは3、話すは最も苦手で1です。よって努力すべきは、「読む」となります。③だいたい大事なのはだいたいです。ぴっちり隙間ない [続きを読む]
  • 2018年 257冊 自分を変える!ロジカルシンキング入門
  • ①国際化=英語はもう古いこれからの国際社会で何が最も必要とされるかというと、ロジックである。ロジックは、唯一の国際言語なのである。あなたが、ロジカルな話し方で話し、ロジカルな文章をかいたなら、それは自動翻訳され、一瞬のうちに世界中の言語に翻訳されるだろう。自分を変える!ロジカル・シンキング入門 (中経の文庫)作者: 出口汪出版社/メーカー: 中経出版発売日: 2006/11/01メディア: 文庫購入: 4人 : 2回こ [続きを読む]
  • 2018年 256冊 ロジカルシンキング入門
  • ①何を知るために読むのか問題意識を持つなんとなく目を通して、わかった気分になって、その後、意見をもとめられ説明できないのは時間の無駄にしているようなものです。読む前に、何を知るつもりか、問題意識を持つことが、大切です。、あらかじめ、この情報が欲しいと目星をつける。ロジカル・シンキング入門 (日経文庫)作者: 茂木秀昭出版社/メーカー: 日本経済新聞社発売日: 2004/07/01メディア: 新書購入: 5人 : 26 [続きを読む]
  • 2018年 255冊 いますぐ使えるロジカルシンキング
  • ①meceもれなく、ダブりなく。ロジカルシンキングで必ずと言っていいほど出てくる概念です。いくら、たくさんの根拠を集めても、致命的な漏れや抜けがあったのでは、主張が成り立ちません。物事を分けて整理した時は、もれやダブりはないかと考えることを、習慣にするようにしましょう。今すぐ使える!ロジカルシンキング (PHPビジネス新書)作者: 堀公俊出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2011/01メディア: 新書 : 2回この [続きを読む]
  • 2018年 254冊 列車編成のナゾを解く
  • ①ブレーキ鉄道は自動車と比べて摩擦力が低い乗り物である。それは、止めにくさの裏返しでもあります。転がりやすい鉄のレールでは、強力なブレーキが必要で、基礎的なブレーキである空気ブレーキのほか、電気ブレーキを併用するのがいまや一般的です。国鉄/JR列車編成の謎を解く―編成から見た鉄道の不思議と疑問 (交通新聞社新書)作者: 佐藤正樹出版社/メーカー: 交通新聞社発売日: 2010/10/01メディア: 新書 : 3回この [続きを読む]