ナチュラルログハウスのふうぞ さん プロフィール

  •  
ナチュラルログハウスのふうぞさん: ナチュラルログハウスのふうぞ
ハンドル名ナチュラルログハウスのふうぞ さん
ブログタイトルナチュラルログハウスのふうぞ
ブログURLhttp://nofuzo1192.blog.fc2.com/
サイト紹介文ログハウス・ツリーハウス・古民家・水車などを施工。 セルフビルドの手助けやログスクールもしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 268日(平均0.6回/週) - 参加 2017/01/07 10:24

ナチュラルログハウスのふうぞ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 桃介橋
  •             先日私用で長野に行きました。    クルマで旅の時は高速道路は使わず下道をボチボチ    走るのが好きだ。下道だと時間はかかるが、その地域の    建物や風景や食文化に触れることが出来るのが面白い。    南木曽の国道19号線木曽川の山間を走っていると遠くに    木製らしき橋が目に入った。    木製の橋があったと分かれば見ずにいられない (゚д゚)    まさかこんな所でこん [続きを読む]
  • 蚊帳戸棚
  •             このリホームをお願いされて解体前の古い家の土間の    片隅にこの蚊帳戸棚がありました。    むかし冷蔵庫のなかった時代に4面網でできた戸棚が    使われていたらようです。(中に食べ物を保存していたらしい)    私が生まれた50年前は家庭に冷蔵庫はあったので少なくとも    それ以前のものか・・。ちなみにこのいえの奥さんはお嫁に    きて40年経つが1度も使ったことがな [続きを読む]
  • 街中リホーム完成です。
  •                   工事着工前工事中完成         解体後完成            工事着工前完成         工事着工前完成            工事着工前完成 [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム(13)
  •        外観もほとんど完成してきました。   あとは建物周りにお施主さんの希望でアスファルトを   敷くことに。   それにしても、今年の東北地方は雨続きでなかなか   アスファルトの業者さんも現場に入れず困っているようです。   隣の宮城県では36日連続で雨が降ったとか・・・。      室内は床板をちょうど貼り終えたらところです。   玄関から入ったところのホールの写真です。手前の   玄 [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム(12)
  •          天井も張り終えだいぶ形になってきました。   10年ほど前、このあたり水害の被害を受けて   この家も台所は水に浸かったらしい。   なのでこの改築で20センチ床を揚げたのですが   そのせいもあり、天井がチョット低い!   まあ、仕方ないか( ̄^ ̄)ゞ   残るは床を張れば大工仕事はだいたい終わりかなぁ。           外では設備屋さんが最後の追い込みです。   この家はこ [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム(10)
  •             例年だとこの時期まだいくらか涼しく作業しやすい   のですが、今年はこのうだるような暑さ!   こんな時期は、日陰でのんびり昼寝でもしたい気分ですが   この建物も7月中で引き渡す予定でそんなのんきな事は   言ってられない〜。   外壁はひと段落着いたのです、室内の内装ですね・   床と壁の断熱材から入れていきます。         断熱材を入れたら板壁はりです。   使 [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム(9)
  •       外壁はりが始まりました。   私は建築の仕事をして25年ほど経ちますが外壁がサイデイング   を貼るのは初めてです。ちょとしたこだわりもあり、いつもは   漆喰や板張りなのですが、この建物は街道のクルマの泥跳ねの   よごれの事や耐震補強の関係でサイデイングになりました。      実際にこの1枚のサイデイング(910x3030)持ってみると   無茶苦茶重い! 重量は量ったことはないが、たぶ [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム(8)
  •          私の建てる建物は、コンパネ(合板)は基本的には使わないのですが   このリホームは耐震化の補助金も申請している事もあり、補強の為に   構造用合板を使っています。   こんな9ミリの合板で大丈夫かな?という感じがしますが張ってしま   うと、けっこう頑丈になります。   この構造用合板は3Mx1Mなので厚さが9ミリといっても結構重い!   一人で支えながら釘で打つのはチョットきつい  [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム(8)
  •            基礎工事も終わりいよいよ本業の大工作業です。   今の状態は基礎工事の為、建物自体を持ち上げて宙に浮かして   いる部分と、基礎からずらして(写真)いる部分があります。    この建物は京間(191,0?x95,5?)の間取りで出来ていて   現在、一般的に使われている中京間(180,0?x91,0?)よりも   大きく出来ていていました。   この際、建物を京間サイズに縮めれば基礎工事も今まで [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム(7)
  •        世間ではゴールデンウイークで最長で12日間休みの人も   いるとか・・。   うちの現場は日曜日と旗日以外は、人の休みを横目に   基礎工事の真っ最中!(=゚ω゚)ノ   先日、ベースの生コンを打設する時に布基礎の立ち上がり   部分には鉄筋をあらかじめ組んでるいたので、今度はその   部分にコンパネで布基礎部分のパネルを組みました。   まず、ベース面にスミを打って布基礎の位置、幅を決め [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム(6)
  •            今日は生コンうちです。   助っ人にベテランの左官屋さんに土間の均し方に来て   もらいました。   予定では午前中にコンクリートミキサー車2台、午後から   2台の予定でさっそくスタート。まず外周りの1段低く   なったベースの部分から入れていきます。   1度に土間のレベルまで生コンを入れると、圧力の耐えきれず   型枠が弾けてしまう事もあるので慎重に。慎重に。      [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム(5)
  •       床を解体すると堀コタツが2つ出てきました。   一つはついこの前まで使っていたそうですが   もう一つは結局1度も使わなかったらしい。         砕石を敷き詰めランマーで叩いたので、鉄筋組みです。   すべて長尺の鉄筋で組むと大変なので外回りの部分は   ユニットを利用しました。   これは布基礎用のユニットですが、外回りベタ基礎用の   ユニットを使います。           [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム(4)
  •           この時代の建物にはコンクリートで作られた基礎ではなく、   すべての柱が石の上に建ってる。   今回は布基礎に変えるため、柱を切断して浮かせた状態で   基礎工事をすることに。         基礎の石を掘り返してみると出てくる出てくる   私も古い家の解体現場にはけっこう出入りしているが基礎の   石は川の石を使っている事が多いですがこの建物はみかげ石を   使っているところ [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム(3)
  •        解体前の建物です。   施主さんの話によると、この平屋ぶぶんは築80年位らしい。   室内は、和室部屋ですが床からの湿気がひどく畳がユパユパ   してきたので10年くらい前に、知り合いの大工さんに、床を   張り直してもらったらしい。   外から床下を覗いて見ても腐った土台が見えるばかりで、この   建物をリホームすると思うとちょっと腰が退けそうだ。         骨組みにすると、 [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム(2)
  •       解体が進むと色んな物が出てくる。   最近はシンクといえば、ステンレスや人工大理石など様々な   物がありますが、昭和初期頃の庶民の生活はシンクなどはなく   木桶などを使っていたようです。   その当時にこの家の様にタイルのシンクやタイルの風呂を   取り入れた家は珍しかったようです。(今でもこの家のご主人   の思い出話しに出てきます。)   このタイルのシンクは、外の足洗い場に使 [続きを読む]
  • 街中住宅リホーム
  •                                                                  4月から住宅のリホームの仕事が始まった。    この建物は旧商店街の一角にあり、昭和の時代から増築を    繰り返した様で、ウナギの寝床の様に奥に長〜い建物です。    すでに解体工事が始まっていて、何か珍しい物がないかと    探していると、色んな物が出て来ました。  [続きを読む]
  • ペチカ(薪使用)
  •               私がペチカと出会ったのは、木材の取り引き先の会社の    打ち合わせで長野県に行った時に、そこの会社で施工した    住宅で見せてもらったのが初めてでした。    北海道で灯油のペチカがある事は知っていましたが、薪を    使っても出来る事がわかり、オマケにペチカの詳しい図面    までいただいて帰りました。    岩手でもぜひやってみたいと思い、ちょうど話が進んでいる [続きを読む]
  • ホームページ開設しました。
  •       最近、日常の忙しさに追われブログの更新がすっかりご無沙汰に   なっていました。(と、いいわけしてるがさぼっていました(#^.^#))      ただ、さぼってていただけではなくて一つ新しい事がありました。   以前からやってみたいと思っていたホームページをようやく開設   出来ました。   作成の方はもちろん業者にお願いしたのですが、上のファイルは   その一部を抜粋しました。   このホ [続きを読む]
  • 長屋門(通り門)
  •         長屋門はむかしは武家屋敷や庄屋などに家臣や使用人などを    屋敷の入口に住まわせたいようです。    岩手県にも長屋門はまだ多く残っていて、この辺りは武家屋敷    と言うよりも庄屋や裕福な農家が使用人を住まわせていたよう    です。この辺りでは『通り門』ともよびます。         以前に住職さんから奥州市にある長屋門を移築したいと言う    話があり、現地に住職さんと建物 [続きを読む]
  • 本堂建築(一関市)完成
  •             岩手県に限らず農村部の建物には棟木の上に飾りものをしたり家紋を    付けた建物が多く見られます。それ自体に大きな意味はないのですが    その飾りもので家の風格を出したり大工さんの腕の見せどころみたい    な部分もあったようですね。    私はログハウス中心にやってきたので屋根の上に飾りものなどはした    事はないのですが、『本堂』という事もあり施主さんと相談した結果 [続きを読む]
  • 本堂建築(一関市)躯体編
  •                  前にブログでアップした樹木葬の花巻市の本堂。    それより以前に一関市の樹木葬の敷地内に本堂建築の依頼がありました。    お施主さんの住職さんとは長いお付き合いの中で建物を何棟か建てさせて    頂きました。この建物の時も建物の大きさ、間取りは希望はありましたが    外観、仕様などはほとんどおまかせでした。    花巻市の本堂と話しが重なりますが、『住職さん [続きを読む]
  • 錦帯橋
  •             実家に帰る途中に山口県の錦帯橋に行って来ました。    木で出来た3連のアーチ橋がある事は知っていたのですが    今回やっと見る事が出来ました。    私は木造の仕事をしていることから、構造の事はもちろんの事    ですが野外に設置している木製の橋が腐らないように、どんな    くふうをしているか興味しんしんで見に行きました。    この日は天気のよい青空で写真もまあまあ [続きを読む]
  • 過去の記事 …