いろいろやりたい総合系ブログサイト さん プロフィール

  •  
いろいろやりたい総合系ブログサイトさん: いろいろやりたい総合系ブログサイト
ハンドル名いろいろやりたい総合系ブログサイト さん
ブログタイトルいろいろやりたい総合系ブログサイト
ブログURLhttp://rfhvjgsf.blogspot.jp/
サイト紹介文このブログでは色々多趣味にやっていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 233日(平均5.9回/週) - 参加 2017/01/07 11:02

いろいろやりたい総合系ブログサイト さんのブログ記事

  • 投資信託でお金を儲けるための方法1
  • 財政的なビッグバンだと言われており、規制緩和のために消費者にとって良いものがあると言っているが、私はわからない。何なのか分からない。新しい債券や投資信託など、理解しづらい金融商品を組み込んだ派生商品らしいがこれを理解するのは難しい。どうかを理解することは困難だ。新しい金融商品は、古い金融商品よりも良質だと言っているが、インチキ臭い代物である可能性がある。それはうさん臭い製品かもしれない。証拠に、過 [続きを読む]
  • 指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない5
  • 日本市場は一方向の動きと、同じ方向に動き続けると言われている。それは同じ方向に動いていると言われている。特に個人投資家の少ない債券市場で顕著である。給与労働者じゃなくプロフェッショナルの作業が行われるため、傾向が弱まる可能性がある。傾向は弱まるかもしれない。指数化の動きはあるが、市場の動向と大きく異なることはしにくいのだ。それでも、市場の動向と大きく異なることはない。投資理論のさらなる進化がなけれ [続きを読む]
  • 指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない4
  • もともと、発行者側の状況によって発行金額が増加すると、投資家が買わなくなってしまい(価格が上昇すると債券の利回りが上昇する)価格が調整される。発行価格で表される総量の増加を抑えていた。時価総額の増加が抑制されたという暗黙の理解であった。指数に続く多くの投資家がいる際、最初の反応は逆であり、たくさん株券などを買い、市場価格を急上昇させ、発行価格も上がるため、時価総額が増えるおかしなことが起こる。時価 [続きを読む]
  • 指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない3
  • 新規証券の発行などが問題視されている。前の記事の例では、日本の指数の構成比が50%、上の例では50%であり、日本では国債が10%増加し、米国では10%減少したとする。米国で10%減少したケースを考えてみよう。日本と米国のどちらも利益率ゼロではないにしても、次回は日本で55%、アメリカで45%となる。米国では45%だというのだ。債券発行額の増減を含まずに利益計算しているため、日米ともゼロで計算されているが、構成比率 [続きを読む]
  • 指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない2
  • 有名な国際株価指数を発表している外資系証券会社は、社内で多く持っている株式を新たな指数とし、社内で所有していないブランドからインデックスを削除す、という、噂がある。実際にスキャンダルな出来事だから、私は嘘ということを望んでいるが、外資系企業が発行する指数の構成株の決定基準がわかりにくく、恣意性を取り消せないためだと思われる。一部の人々はそれを使用しようとしているのだ。新聞やマスメディアなどに載って [続きを読む]
  • 指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない1
  • 「株式市場が上昇する」と言うと、人々は何を考えるか?人々は日経平均株価指数225指数を一度聞いたにだろう。それ以外は多くの人々がアメリカの "ダウ工業株価指数"を聞いたことがあると思う。もともと、個々の企業の売上などに応じて上昇と下落をしているため、一部の株式は高くなり、他の株は低くなる。あなたが見ている株式の日が良い日だったか、悪い日だったかどうかは違っている。思うのは平均的な概念だ。簡単には、日経22 [続きを読む]
  • ギャンブルに勝つ極意8 自分の得意分野で勝負する
  • 普通は、個人は情報の点で不利な立場に置かれるが、敗者にならない装置もある。自身の好きなもので戦うことだ。パーソナルコンピュータに精通しており、いつもインターネットのユーザーとしてホームページのユーザビリティや良し悪しをを判断できるのなら、ネットに関連する会社を見つけることは悪くない。化学物質の知識を知らずに化学会社の株を買うことはないろう。自分自身を敗者の位置に貶めているだけだ。 「おばあちゃんの [続きを読む]
  • ギャンブルに勝つ極意7 個人が金融市場の敗者という誤解
  • 金融市場の敗者は必ずしも個人ではない。専門家と比較して個人が得ることができる情報の量は少なく、先物取引やオプションなどのデリバティブと呼ばれる金融商品は使用できなく、投資額が少ないため手数料の割合が高い。だが外車は個人に限らず、個人も敗者にならずに済むことさえある。金融市場の脆弱な人々は必ずしも個人ではなく、先物やオプションなどのデリバティブと呼ばれる新しい金融商品を使用することはできない。専門家 [続きを読む]
  • ギャンブルに勝つ極意6 アノマリーとの付き合い方
  • 急落した直後に市場が急激に急落した場合を考えてみよう。高値で株を買った人がいたとする。市場が落ちるにつれ、人々は徐々に損失が増えつつあり、厳しい状況に向かっていく。私は失いたくないので、耐え忍んでいる。、市場は一定の相場に落ち、売却のために損失の危険にさらされる。そうしたが何人かいるとき、最初の人の売り手は次の人を囃し立て、売りは次々に集中して急激な下降相を作るだろう。一度、最後の人が売れば売る人 [続きを読む]
  • ギャンブルに勝つ極意 株式投資のアノマリー
  • 一部の人々は、金融市場での勝利を容易にする統計的に方法を検討している。言うべきアノマリー(異常)を見つけることだ。アノマリーは、経済の主要原則である効率の良さがない状態だ。経済学では、市場のすべての参加者が情報を知り、最適と思われる行動をとる。需要と供給のバランスが取れている時点で価格が決定されると仮定している。一定の株式がある場合一万円であれば、その時点で株価に情報が組み込まれているので、新た [続きを読む]
  • ギャンブルに勝つ極意 ギャンブルと株式投資の関係性
  • ギャンブルを統計的に勝つ方法があることを忘れていた。テレビクイズショーで、「最後のクイズは大きな逆転の機会としてスコアを2倍にする」というものだ。あなたが勝てなければ、負けた分だけ賭けるのだ。高くない価格で賭けるほうがよいだろう。100円。勝利する確率が半分のでギャンブルを考えよう。100円勝てないなら次回勝利200円を2で勝負する。次も勝てないと、今度は400円で勝つ。800円、次に1600円、3200円、6400円などに [続きを読む]
  • ギャンブルに勝つ極意3 ロトくじと競馬の穴馬と本命馬
  • 宝くじ、競馬、競艇、競輪などは公的ギャンブルであるが、政府や地方自治体が大量の利益を容易に上げることができる事を民間の起業にさせたくわないのだ。政府は、民間に任せて放置すれば巨額の賞金を出し人々に媚を売るので、ハマりにハマって賭博地獄に陥って破産する人々がいるためだろう。公営のも段々と賞金が巨額になってきており、マスメディアをで宣伝して、民間はしてはいけないのは奇妙なことだ。公的賭博の程度でさえ破 [続きを読む]
  • ギャンブルに勝つ極意2 ルールを決めるブックメーカー
  • ルーレット、スロットマシン、ブラックジャックだけでなく、原理は同じである。ブラックジャックと2枚以上のカード21に近いプレイヤーが勝者であり、親と子が同等に勝つ可能性は同じようだ。だが本当はそれよりも、カードを配布する順序が重要だ。子は親の手の内を知らずに競争しなければならないが、親はある程度手を予測しながら競争することができる。私はカジノに精通しているわけではないが、点が同じでははディーラーの勝利 [続きを読む]
  • ギャンブルに勝つ極意1 儲かるのは胴元(ディーラー)
  • 「競馬の勝利方法は、馬の歯を見ることだ。素敵に笑って金歯があれば勝てる」という歌があった。勝つ方法を探している人々は多くいて、パチンコ勝利法、ファミコンの勝利法など、無数の攻略本が世界に公開されている。世界は甘くない。もともと、ギャンブルの勝利ルールは本にならない。本当にそれに勝つことができても、誰もが勝利法を練習するので、あなたはギャンブルに勝つことはできない。ギャンブルの場合、ゼロサムゲーム( [続きを読む]
  • 個人情報 住所は個人の属性情報だが本人が識別できないなら使っていい
  • 個人情報のうち、属性情報は依然として最も重要な情報であるが、属性情報でも、それを特定できないような方法で使用することは違法ではない。まず、そのような属性情報は注意深く保護されるべきであると言える。特に、属性情報が敏感なものの場合、すなわち、属性情報だけは漏洩は避けなければならない。もちろん、特定の個人をその情報だけで識別することは不可能であっても、実際に他の情報と容易に照合でき、個人が識別すること [続きを読む]
  • 個人情報 メールアドレスは個人情報こともある
  • ちょっと注意深い判断が必要であり、メールアドレスだけでは個人情報ではない場合があります。メールアドレスもいろいろな種類があるので、注意が必要です。まず第一に、氏名が明記され、会社名が明確に記載されている可能性があり、電子メールアドレスだけで特定の個人を特定することが可能な場合があると言われています。また、hashimotoTAROU@touzai.co.jp(東西株式会社の橋本太郎)の場合、特定の個人を特定できると言える。h [続きを読む]
  • 個人情報 筆跡から個人を特定されることはない
  • 個人名を書かなくてもいいという形式の多くのアンケートがあり、筆跡から個人を特定するには、筆跡鑑定などの特別な措置を取らなければいけないので、自由に使用できる。それが特徴的なものなら、手紙を見たことのある家族や友人などならば書かれた手書きの文字を見て、特定の個人を広範囲に識別することも可能かもしれない。手書きの文字だけから、個人を識別することができず、筆跡が非常に似ていると言っても、十分な筆跡鑑定の [続きを読む]
  • 個人情報 古本屋やホームページにある名簿でDMを出す
  • 買収または売却、または公的な情報の使用により、正当に集めることは合法です、自由に使うことができます。同窓会のリストは販売されているので、個人情報の購入、収集、ビジネス活動への利用が行われる。従業員リスト、有資格者のリスト、町会の登録簿なども販売および購入の対象となり、同窓会の名簿は元々は取引されていませんが、実際には古本として販売されています。中古書店などで販売されている名簿を購入するのは違法です [続きを読む]
  • 個人情報 たくさん個人情報を収集した方がいい
  • しかし、個人情報の漏洩事故が増えているので、企業は非常に注意していますが、過度の対応は危険であるが、しかし責任ある事業を行う場合は、個人情報を取得する必要があります。ちなみに、移動中に名刺を受け取らなくても、受け取った名刺を削除す、まず個人情報をを集めないで、使用しない、所有しないなどの指導がが増えます。もちろん、個人情報保護法第1条は、実際には個人情報の使用を前提としたものであり、個人名や住所を [続きを読む]
  • 個人情報 DM送付を行う時、業種を特定しなくていい
  • 特定の識別までは必要ではなく、ちなみに、提供すべき情報が多い場合は、単に「情報提供サービス」と記入してください。通販やグループ新聞折畳み企業のDM送信など、さまざまな情報を提供する企業があります。つまり、通販業界が販売方法によって分類する場合と同じであり、また、タスクは特定のタスクを実行するのではなく、最終的に多数の企業を広告するための情報であれば、宣伝メディアに置くことができる情報であれば、何かを [続きを読む]
  • 個人情報 事業部ごとに利用目的を特定しなくてもいい
  • 大企業にとっては、各部門の使用目的を明確にし、各部門に目的を示すように指示するように教えられているようであり、事業者として指定し、会社内で活用する必要がある。顧客は事業部門ごとに分けられ、顧客情報を共有することができない仕組みになっており、ビジネスエンティティとしての競争力は急激に低下し、情報の基本的な使用を妨げるだろう。ビジネスエンティティとして、顧客情報の活用方法と顧客との信頼関係を構築する方 [続きを読む]
  • 個人情報 名刺は個人よりも会社が管理すべきもの
  • 個々の従業員には名刺が多数あるが、管理されていない現実が存在すると言われているが、本来は会社が管理するものであり、会社の管理責任が発生している。名刺の情報は会社の会社活動として収集され、個人の趣味や個人として収集されないため、管理をしない会社の経営責任に疑問を呈する必要があり、企業では名刺の管理が難しいので、従業員に委ねられていると言っている会社は管理しないようである。相手を正確に認識するためには [続きを読む]
  • 個人情報 市販の紳士録や電話帳などの名簿の取扱い
  • 紳士録など様々な市販の名簿があり、市販の名簿で店で売られている場合は、一般書籍として処分することができます。個人情報は自由に入手できる形で取引されている場合も多く含まれ、電話帳などは、無料で入手できるものとして市場で入手できます。本として処分する場合、完全に焼却したり、それを切断したりすることに苦しむことはなく、不可能にはならないが無駄だと思うが、名簿になったものを処分するときは、今のところ本のよ [続きを読む]
  • 個人情報 機密情報(センシティブ情報)の扱い方、収集
  • 機密情報は機密情報と言われており、一般的に身体的、精神的な障害、病気や身体情報、内面の情報、政治活動に関する情報などについて他人に知らせることは通常なく、必要に応じて収集して使用することができる。しかし同時に、そのような情報が取得されない限り、一部のサービスは確立されませ、そのような機密情報は、固定されたものであり、人の個人情報につながり、第三者に知らされ、例えば、自己の努力によっては改善できない [続きを読む]
  • 個人情報 インターネットのクッキーの扱い2
  • Cookieは、WEBページにインストールされた訪問者情報を収集する機能を持つプログラム、プライバシーについて考慮すれば、使うことができる。次の訪問者(ユーザ)が同じサーバにアクセスするときに、格納された情報を受信することによって、ユーザの便宜を図る昨日、訪問者がそのページを見ると、ページの情報がそのURLの訪問者(クライアントPC)に送信されることを要求し、WEBサーバー側ではサーバーに関する情報を提供する。ク [続きを読む]