いろいろやりたい総合系ブログサイト さん プロフィール

  •  
いろいろやりたい総合系ブログサイトさん: いろいろやりたい総合系ブログサイト
ハンドル名いろいろやりたい総合系ブログサイト さん
ブログタイトルいろいろやりたい総合系ブログサイト
ブログURLhttp://rfhvjgsf.blogspot.jp/
サイト紹介文このブログでは色々多趣味にやっていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供281回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2017/01/07 11:02

いろいろやりたい総合系ブログサイト さんのブログ記事

  • 宇宙戦艦ヤマトの企画書一覧 超激レアの設定資料画像
  • 宇宙戦艦ヤマトとは 読売テレビで1974年10月6日から1975年3月30日まで26回のエピソードで放送された松本零士 、 西崎義展 、アカデミー・プロダクション・アンド・グループによる日本のSFアニメである。漫画家、 松本零士 、 西崎義展 、アカデミー・プロダクション・アンド・グループによるアニメーション作品TAC 。読売テレビでは、1974年10月6日から1975年3月30日まで26回のエピソードで放送されたそのアニメの初期の資料集が見 [続きを読む]
  • 資産管理の明るさと暗さ 資産管理とハイリスクハイリターン
  • 企業の株主、債権者、取引先、労働者など利害関係者に支払う報酬の理念は国民所得分配の面では、個人を労働者として報酬を支払うのではなく、株主への報酬がより重要であるという事実にも近い。(債券保有者もまた裕福である可能性があるので、株主対債券の構成を株主対債権者に置き換えることは許されるが、資本家と労働者の対立と言うのは、あまりにも大きく飛躍するだろう)昔は日本では、「企業は公器」と言った松下幸之助の思 [続きを読む]
  • 資産管理の明るさと暗さ ソロスの勝利
  • 金融市場の周りを走り回り、かつて政治を倒した伝説的なヘッジファンドももう枯渇したのだか?彼の投資方法、「グローバルマクロ」と呼ばれ、マクロの視点から世界経済を分析すると、一番良い国の通貨/資産を購入し、一方、悪い国の通貨や資産を売っていた。ソロスの敗戦は、これらのマクロ型投資が限界に達していることを示しているか?彼はまた、その名声と巨額の財務力で、また、世界中の政治家や関係者と直接話すこともできた [続きを読む]
  • 資産管理の明るさと暗さ 資産管理でお金を稼ぐために
  • 金融の危機と金融のビッグバンの後、資産運用の個人的関心はますます高まっている。株式市場の回復が直接の理由として、おそらく、株主任が彼の近くに生まれたという事実もあるだろう。そして、反対側では、自信を持って預託されていたはずの銀行預金は危険な商品であることが判明した。また、低金利時代には資金管理の役割を果たしていないことがほとんどの場合と思われる。いかなる場合でも、私が新聞を見ても、資産管理の話が売 [続きを読む]
  • 投資信託でお金を儲けるための方法11
  • 資産運用は投資のプロのみの世界というわけではない。個人も自己の責任で投資しなければならない。いくつかの能力とリソースを持つ人にとって、完璧な機会が訪れるかもしれない。おそらく大きなチャンスが訪れただろう。個人投資家の中には、専門家以上の利益を生み出す人もいる。プロより大きい利益を生む人もいる。ゴルフのような世界とは異なり、成績の点でプロとアマチュアの違いは、投資の世界はほとんどない。実際には、個人 [続きを読む]
  • キリスト教徒の集団とユダヤ人の儀式の殺人との関係2
  • 必要な気晴らしを作り、犠牲者を混乱させるために、ユダヤ人は常にキリスト教徒によって迫害されたふりをしている。彼らはキリスト教と闘うふりをする。壁が倒れれば、毎日私たちの目の前に何があるのかが分かる。聖書全体には「ユダヤ人」「イスラエル」という言葉が各ページに書かれており、これらのすべてがユダヤ人であり、彼らの家父長は高く評価されている。聖書は、異端者たちがユダヤ人とその神ユヴォーヴァによる旧約聖書 [続きを読む]
  • キリスト教徒の集団とユダヤ人の儀式の殺人との関係1
  • 何世紀にもわたって霊的知識の徹底的な抑制のために、ほとんどの人々は気づいていないけでなく、特定の真実を見ることもできない。これが敵の征服の方法だ。人が霊的に武装解除されている魂の盲点を作り、ほとんどの人にはいわゆる「第六感覚」が欠けており、他の多くの人では完全に欠けている。何百万人もの不幸な人々がキリスト教徒とイスラム教徒のプログラムに騙されている。これらの両方は、霊的な知識を破壊し、それを人類お [続きを読む]
  • 2000年のユダヤ人儀式殺人6
  • 1881 AD ? アレクサンドリアでユダヤ人は再び異邦人の子供のエヴァンゲリオ・フォーノラキを殺した。海岸で発見された、絞扼された子供の両親は、数日続いた死後の検査を可能にし、ユダヤ人に対する暴動の原因となった。殺人事件の容疑者の一人であるバルク氏の家族が逮捕されたが、後に解放された。1881年 - ルチアのガリシアの町で、ユダヤ人の酒場保持者モーゼス・リッターのために働き、彼にレイプされたポーランドのメイドの [続きを読む]
  • 2000年のユダヤ人儀式殺人5
  • 1804年 - ニュルンベルク近郊のグラフェンベルクで、2〜3歳の男の子が、バウソーの名前でエルドルートの古いユダヤ人に誘拐された。兵士たちは子供の叫び声を聞いた後、犯行を防ぐために急い。1810年AD - ダマスカス裁判の記録の中に、アレッポの元領事であったジョン・バーカーの手紙がある。アレッポは、突然アレッポから姿を消した貧しい人を語る。アンコラのヘブライ人ラファエルは、彼女を殺して彼女の血を流したことで告発さ [続きを読む]
  • 2000年のユダヤ人儀式殺人4
  • 1540年 ? バイエルン州のホッペンフェルドで、4歳のマイケル・ピセンハターがイースターの前に父親から誘拐され、Titting(インゴルシュタット北部)に連行され、3日間最も恐ろしい拷問を受け、血液が流出した。死体には十字架の徴候が見られた。1547 AD - ポーランドのラヴァ2ユダヤ人は、マイケルと名付けられた裁縫の男の子を盗んで、彼を十字架につけた。1569 AD - In Vitov(ポーランド)ウィズ・コズミアニナの2歳の息子ヨ [続きを読む]
  • 2000年のユダヤ人儀式殺人3
  • 1440年 - アンコラのサイモン・パヴィアにあるユダヤ人の医者が、4歳の子供を斬首し、盗まれ、退化した異邦人によって彼にもたらされた。犬が子供の頭で通りの窓から飛び出したとき、犯罪は有名になった。殺人犯は逃げ出した。1452 AD - サヴォナでは、いくつかのユダヤ人が2歳の子供を殺した。彼らは自分の全身を突き刺し、子供たちの割礼のために使った船の中に血を集めた。ユダヤ人はスライスされた果物の小片を血に滴らせ、彼 [続きを読む]
  • 2000年のユダヤ人儀式殺人2
  • 1239 AD ? ユダヤ人がひそかに殺した殺人事件のため、一般的にロンドンで蜂起が起きる。1240 AD - ノリッチでは、ユダヤ人は異邦人の子供に割礼をし、彼を後で十字架につけるためにゲットーに隠しておいた。長い捜索の後、父親は子供を見つけてレーテの司教ヴィルヘルムに報告した。1244年 - ロンドンの聖ベネディクト教会の庭園で、少年の死体が見つかった。これは切り傷と傷といくつかの場所でヘブライ文字を産んだ。彼は拷問さ [続きを読む]
  • 2000年のユダヤ人儀式殺人1
  • 人類に対するユダヤ人犯罪について話すとき、ユダヤ人は非常に懸命に働いて、悪魔/異教徒が聞こえないようにする。ユダヤ人の儀式の殺人事件に関する真実は、あなたがたいてい見つけられるだろう。タルムードとシオン長老の議定書では、ユダヤ人は「キリスト教」と「キリスト」という言葉を異教徒(異教徒/悪魔、神はサタン)に置き換えた。大祭司のマキシンは、ユダヤ人の欺く方法について説教を書いているので、「キリスト教」は [続きを読む]
  • ホロコースト・ホアクス:「6百万」の嘘4
  • ユダヤ人は、異邦人が彼らがいるすべてのことを非難する。これは、キリスト教のいたずらとは異なる。キリスト教のいたずらは、ユフォーヴァのすべてがあり、サタンに責められている。サタンは誰のものにも嘘をつくことはあらなかった。しかし、彼はすべてのことで責められている。あなたがユダヤ教の戦術と計画を知ったら、真実を見て真実を嘘から切り離すことができるまったく新しい世界が開く。ユウホーヴァは「初めからの殺人犯 [続きを読む]
  • ホロコースト・ホアクス:「6百万」の嘘3
  • もし6百万の欺瞞が事実上根拠がないなら、なぜユダヤ人はそのような悪質で恐ろしい嘘を宣伝したいのか?ユダヤ人は非常に利益を得ている。答えは:ユダヤ人は、彼らが伝播する嘘の大部分をやっているので、このひどい嘘からうまく利益を得ている。1.この世界的な寄生虫の危険で破壊的な性質を世界に警告しなければならないとき(そしてヒトラーの一部に感謝した)、ユダヤ人に対する世界の共感を呼び起こした。2.それは道徳的なク [続きを読む]
  • ホロコースト・ホアクス:「6百万」の嘘2
  • シオニスト運動。マダガスカルのアイデアは、ユダヤ人自身がシオニスト革命の動きの中で様々に議論されていた。シオニスト運動の父であるセオドア・ヘルツルは、1896年にこのような計画を提案した。ユダヤ人の間ではマダガスカルについて意見が分かれており、支持している人もいればパレスチナ人を支持する人もいた。いずれにせよ、ドイツ人は、ユダヤ人が代替祖国であることを見つけるためにできることをしたが、戦前に利用可能な [続きを読む]
  • ホロコースト・ホアクス:「6百万」の嘘1
  • 数学的に不可能ないわゆる「ホロコースト」を除いて、この凶悪な偽装は、共産主義者によって犯された実際の大量殺人、拷問、殺人事件から大きな混乱を招いた。奴隷労働国家の創造である共産主義は、ユダヤ人によって発明され、ユダヤ人によって促進され支配された。ユダヤ人の共産主義は何百万という無実の人間を大量に殺した。ほとんどが異邦人である。しかし、メディアもユダヤ人に支配されているため(96%)、共産主義の本当の [続きを読む]
  • ジェノサイドとは常にユダヤ人の理想にあった2
  • 以前の記事で紹介したセオドア・N.カウフマンの本に加えて、ユダヤ人ヘンリー・モルゲンタウ(モーゲンソウ)によって作成された「モーゲンソウ計画」は、ドイツ人の体系的な消滅のためのものだった。「ヒトラーの勃興とユダヤ人に対する迫害によって感情的に動揺したモルゲンソーは、大統領に国務省を予期させようとするか、あるいは我々のより良い判断に反して行動することがしばしばあった。国務省の機能である外国政府との交渉 [続きを読む]
  • ジェノサイドとは常にユダヤ人の理想にあった1
  • ユダヤ人のすべてがしていること、彼らは彼らの敵を非難する。これは彼らが議題を達成するために必要な心理的混乱を引き起こす。ユダヤ人は嘘と欺瞞の巨匠だ。彼らは決して起こらなかった「ホロコースト」のためのいわゆる「賠償」で、何十億ドルものドイツからの収入をドイツから奪い取っているが映画、書籍、学校などのメディアを通じてこの詐欺行為をメディアに絶えず宣伝しているため、人道に対する罪に関しては非常に強力な気 [続きを読む]
  • 麻雀ステーションMAZIN 奇妙なキャラのばかりのゲーム
  • このゲームは、1994年にはまだプレイステーションが世の中に出て間もない頃に発売されたものである。その物語をマニュアルからの抜粋と、「我は麻雀の神 -麻神-腕に覚えのある雀士達よ、我と勝負できるチャンスを与えようさあ、我を楽しませてくれ・・・・・。」"そのすべてが謎に包まれている麻神の挑戦状を受けて時間を越えて集まった選択されたプレイヤーたち。麻神の挑戦権をかけた恐ろしいなトーナメントに生き残るのは誰だ [続きを読む]
  • 東方見文録
  • 見た目にも奇妙なしたタイトル画面。見聞録ではなく見文録があることが、もはやおかしい。思わずコンティニューを選んでみた。パスワードを入れるノフー!突然ノフーと言っても困惑する。さらに、パスワードを入力すると、文字が無く、意味不明な奇妙な記号が並んでいる。。ノフーとこの文字と人間の言葉なんだかだか?さらに、流れる音楽がマイムマイム何か危険な雰囲気だ。まず、なにか入力してみる。パスワードが違うビッチ!! [続きを読む]
  • 元祖西遊記スーパーモンキー大冒険
  • ファミコン つっこみ所だらけのタイトルだ。元祖とか言ってるがこのゲームの何が西遊記のがんというものをを解説してわない。このゲームは、RPGだが、タイトル画面に「開始」と「続き」の文字が存在さない。まず、スタートボタンを押して見る。?????何のシチュエーションの解説もなしに、フィールドに投げ出された。旅行の目的が何であるか、ここがどこなのか、解説は一切なし。当然、何をすればいいかも理解できない。だが古 [続きを読む]
  • ウルトラスーパーベースボール
  • 知っている人だけが知っているゲームメーカー、カルチャーブレーン野球ゲーム。超超ベースボールだ。超超という最もいい形容詞がついているが、どちらかというと、「頭痛が痛々しい」と「馬から落ちて落馬」のようなイものを想像。取扱説明書を読んでみると「タイトル画面で電源を切ると、データの損失の懸念があるので、タイトル画面で電源を切らないでください」仕様だね。通常の会社であれば、回収騒動物の使用をそのまま発売し [続きを読む]
  • のぼらんか てんとう虫が木を登る奇妙なSTG
  • アーケードゲームあのデータイーストのゲーム(開発は違う)胡散臭さ前回ののタイトル画面。別の意味での意欲をそそられるゲーム開始すると、般若の男がヒロインをを誘拐する。参考までに横にあるてんとう虫のおっさんが主人公。なんか既に変なものがいっぱい。ハイスコアの表示が「ICHIBAN」しかし。ゲームは、縦スクロールアクション。木を上りヒロインを般若の男性から救い出すことが目的。ゴエモンなどでも男だったが般若って [続きを読む]
  • バイオ戦士DAN(ダン)
  • ファミリーコンピュータージャレコ最初にこのゲームの物語を紹介しよう。時は未来。人類は増殖生物によって絶滅の危機に瀕していた。この悲惨な状況を変えることができるよう、人類の希望を背負った主人公、ダンが侵略生物と戦うべく過去へ行く。まあ、ざっとこのような感じだ。ゲーム自体は、横スクロールゲームでなんとなくメトロイドに似ているのだ。もっと、ボタンを押したら隙が起きるので、ダンが攻撃するまで遅れが発生した [続きを読む]