いろいろやりたい総合系ブログサイト さん プロフィール

  •  
いろいろやりたい総合系ブログサイトさん: いろいろやりたい総合系ブログサイト
ハンドル名いろいろやりたい総合系ブログサイト さん
ブログタイトルいろいろやりたい総合系ブログサイト
ブログURLhttp://rfhvjgsf.blogspot.jp/
サイト紹介文このブログでは色々多趣味にやっていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2017/01/07 11:02

いろいろやりたい総合系ブログサイト さんのブログ記事

  • 学校社会の適応と、成人後の労働社会の適応の違い4
  • 子供たちは意味でグループ内で同質性を前提として、差別化が行われる。また、また、教育システムが、「その中にあれば、社会参加が猶予される」「自己決定を遅らせる」ことも大切だ。学校は、こんなふうな保護を与える見返りに、学校独自の価値観を余儀なくされたまず、問題となる点は、子供が学校で「みんな無限の可能性を持っている」という妄想を余儀なくされているものだ。これが問題になるのは、もう去勢過程を終えていく子供 [続きを読む]
  • 学校社会の適応と、成人後の労働社会の適応の違い3
  • 私の実感は、この分析は、現代日本でもよく該当するように考えて、ウェブ上で行われているやり取りへの解答としても使用できる仮説ではないか、と考える。野郎どもを「ヤンキー」「DQN」と言い換え、耳穴子を「誠実な子供」「いい子」など別の言い方にすれば、そのままではないかと思うほどだ。「別に独自の文化を」の部分を、現代的に再作成する場合、このような感じだろうか?「濃いオタク趣味やサブカルチャー趣味を持っている [続きを読む]
  • 学校社会の適応と、成人後の労働社会の適応の違い2
  • 順応主義者の学生は、彼らは「熟練が必須な」職種に常に迎えられている。しかしながら、特に独特の文化があるわけでもなく、気晴らしも知らずに、状況を読み解く習慣化された能力も不足している状態で平凡な職場の日常に入るとき、経営陣の目に危なっかしく映るのは、逆に学校で服従的だった生徒である。職場の慣習に障害を持ってくることができことは、彼らのようである。このような少年は、対等平等な個人という理論を、まだいわ [続きを読む]
  • 学校社会の適応と、成人後の労働社会の適応の違い1
  • 「学校制度の適応と成人後(主に労働の中心)社会への適応が、場合によっては、逆の関係を持つことがないのか?」という議論がある。この議論は、ウェブ上の個人サイトなどでもよく見られることだが、ここの読者のみんなには、このような疑問を感じている方や、また、「どうしてそんな否定的な相関関係が出る?」とお考えの方は多いと思う。これらの疑問は、通常において、一度学校制度に順応し、いわゆる「いい子」だった人々から [続きを読む]
  • 研究批評を書く人のための序論10
  • 目次と図表との主な参考文献(仮)1.はじめに2.競合モデルの概要と研究方法2-1。手がかりの連携と衝突2-2。研究の方法...2-2-1実験的研究表12-2-2。シミュレーション表2、図13.主要な説と知識3-1。理論的説3-1-1。手がかり妥当性仮説の検証3-1-2......3-2。方法論上の問題企画案についての自己評価(自身も)評価基準・動機(目的)・納得・自分が謎と思う点・視点(断面・枠)・楽しい・構成(章立て)レビューに挑戦せよ日本の人 [続きを読む]
  • 研究批評を書く人のための序論9
  • 《アプローチの理由》本稿では、競合モデルの理論的概要を説明した後、以前の研究で取り上げられた主な説を、「理論上の論題」「方法論上の論題」というカテゴリをアプローチとして まとめ、各々についてどのような知識を得ることができるかどうかを概観する。(その中、Gibsonによる競争モデル批判とそれに対するMacWhinneyの反論もご紹介する。)こんな構成をとる理由は、競合モデルの研究は、仮説演繹法的な切り口をとることが [続きを読む]
  • 研究批評を書く人のための序論8
  • キーワードの選択キーワードというのは、どのように選択すべきか、私もよく知らなかった。いろいろ調べたところでは、コンピュータの文献データベースで検索するためのものなので、最低でも次のような要因を考慮して選定すべきだ。1)論文の内容を正確に反映している2)「こんな読者に読んでほしい」という人の目に触れる(そのような読者が検索に使用するような言葉は何であるか)3)よく探してくれる(自身の論文がヒット)この [続きを読む]
  • 研究批評を書く人のための序論7
  • 研究者、学派別、問題領域別(単音/アクセント/ストレスなど)研究対象者のタイプ別(母国語、年齢など)、研究方法別(実験または調査したり、横断または縦断か、)などの基準に以前の研究を整理して順次説明することが大 きな破綻を避けることができ、いわゆる「セーフティネット」だ。また、現存する以前の研究をざっと網羅しようとする、これらの比較的技術的枠組みに基づいた構成の方が漏れの防止が容易になる。(考えること [続きを読む]
  • 研究批評を書く人のための序論6
  • 「執筆に対応する難しい点と対策」〜という問題がある。対策として、〜を考えている。競合モデル研究した研究がいくつかの問題に回答しようとするケースが多いので、上記の説他の構成をとると、同じ研究が色々名所で言及されているものであり、読 者を混乱させることができる問題がある。その善後策として、既存の研究を年代順に配列した表を貼りまとめることによって解決することを考える。批評"要旨"を作成「要旨」の必要要素・ [続きを読む]
  • 研究批評を書く人のための序論5
  • 修士論文では、競合モデルをベースに死、日本語学習者の間接受動文の理解のプロセスを実験的に研究したい。したがって、今年の下半期は、競合モデルを日本語獲得(L1、L2の両方を含む)に組み込んだ以前の研究をレビューする。競合モデルを研究のフレームワークに選択した理由は、「手がかりの力」というコンセプトによって第二言語の転移現象を言語処理の研究ではっきりとに評価してい る部分が、他別の言語心理学の理論にはない [続きを読む]
  • 研究批評を書く人のための序論4
  • 外部妥当性既存の知識に照らし合わせて、仮説を立てる方法と研究の仕方、論文の進め方は妥当なのか?比較の可能性他の研究との間の結を比べることはできるか?(共通の指標はあるのか?)用語の定義は、一貫性があるかどうか?帰着点以前の研究で結論することが可能なのは何だか?未だわからないことは何だか?研究結果の間に矛盾がないか?解決策既存のいくつかの研究との間の矛盾対立は、どうすれば解決できるのか?(新しい解釈 [続きを読む]
  • 研究批評を書く人のための序論3
  • 自分の研究論文の方法を確立したときに、結果に考慮を追加するときなど、これまでの研究に戻らなければならない場合が、今後数回ある。その過程で批評の欠陥を悟れば、そのたびに加筆修正をするのに役立つ。その方法で手を入れている中で、論文はどんどん良くなるだろう。「についてこれ以上のレビューが出ている。先を越された」悲しむことはない。後段でも記述するように、たとえば、同じ語彙獲得という題材を巡っても、研究方法 [続きを読む]
  • 研究批評を書く人のための序論3
  • なぜ筆者は、相互行為の研究をするのか。相互行為に「人間とは何か?」が最も現れていると考えているからである。また、何のために、本稿がある。これは、筆者自身のメタ理論を吟味するからである。メタ理論は、研究者が世界を見て解釈するために使用する、「人間とはこのようなものだ」という、相当広大な、一般的なテーマを内包する仮説である。どのような見解、考え方が現在最も「適切な」(広範囲に渡って説得力を持って、もっ [続きを読む]
  • 研究批評を書く人のための序論2
  • 家主・重鎮級に初めて書き得た入門書と呼ばれるものも世の中に沢山存在する。(そのようなプライマーは、プロが読んでも学べることが多い。)しかし、「入門」の多くの書籍(または講演録)形式になっており、論文スタイルの入門は珍しい。「紹介記事"..."このようなことを、このような方式としている人がいる」と読者に知らせるためのもの。分かりやすいのが一番。論点とアクセスの核を伝えればよく、別に徹底的でなくてもよい。 [続きを読む]
  • 研究批評を書く人のための序論1
  • 論文の基本的な構成タイトル/サブタイトル氏名/所属/コンタクト-電話、ファックス、電子メールアドレスなど:所属機関が発行する電子メールアドレスを使愛用することが正式に なっているが、最近、サイバー犯罪が多発している状況では、送信電子メールやフリー電子メールを使用することも仕方ないろう。(特に論文がオンラインに一般大衆に公開されるケース。JapanYahoo!のような無料電子メールは受信した電子メールを、指定したア [続きを読む]
  • ある意味最強の格闘漫画「地上最強の男 竜」
  • それはずっと前「週刊少年マガジン」は、信じられないほどのすごい雑誌だった。ここで言うすごいは「巨人の星」と「あしたのジョー」が同時に連載されたことではない。人間の肉を食べるために漫画を連載し収集のトラブルを引き起こしたりデビルマンでヒロインが梟首されふくしま政美に聖マッスルを書かせさらに・ 毎週この「最強の男の龍」を子供たちの手に渡されたのがすごい!著者、風忍は永井豪のアシスタント出身。だから漫画 [続きを読む]
  • テレビや映画などのメディアと暴力や殺人との関係
  • メディアが暴力を生む場合もあるメディアの規制が必ずしも暴力を減らすわけではない映画などがなかった時の暴力はもっと残酷世界はきれいなだけのものではない殺人などの恐ろしさに耐えることは、現代国家の居住者として当たり前のこと1993年英国リバプールで、2人の10歳の少年が2歳の男の子に強烈な暴行をして、その遺体を線路に残したバルガー事件では、チャイルドプレイという映画と犯罪との関係が討論された。事件担当の裁判官 [続きを読む]
  • 恐ろしい凶悪殺人鬼の幼少期の悲惨な虐待2
  • ジョセフ・カリンジャーは、6歳の時に敬虔なカトリック教徒の里親にて引き継がれた。母はしつけるためにジョセフの手を火に焼いて、 泣く顔を殴る。彼は他人を苦しめることに喜びを覚え、 彼自身がサディストな親になった。生命保険を13歳の息子に適用し、 必死に懇願する息子を、楽しむかのように溺れ殺した。ケンパーは母の首を切って、声帯をゴミ箱に捨て、 首のない死体とのセックス、、また、暖炉の上に首を置いて、そのダー [続きを読む]
  • 恐ろしい凶悪殺人鬼の幼少期の悲惨な虐待1
  • 「不幸な幼年期・不幸な環境」は、弁護士が使用する言い訳と言えるのだろう。 文豪のエドガー・アラン・ポーは、幼児期に孤児になって、 大学で勉強しているうちに、そのためにギャンブルに莫大の借金を作って大学を辞め、 軍のウエストポイント士官学校もいわゆる素行が悪かったので退学処分された。 このように、その後、結婚してすぐに若い妻が死んでいる。ロックフェラーの父は万能薬とのように呼んだ、石油を満たしたボトル [続きを読む]
  • 法医昆虫学と人間の死体の関係の研究1
  • 法医学と昆虫学の研究は日本ではあまり研究されておらず、裁判で証拠を得たこともない。 ほぼ法医学専門書にも名前だけしか言及しておらず、真剣に研究した論文は存ない。 最先端の米国でも注目されているが、研究者がほとんどいない。 今後、日本でも真剣に発展すると思われるため、短期間に先駆者としての地位を確立することができる少数分野だ。 しかしながら、とんでもない腐敗臭の中蛆虫を観察するのは [続きを読む]
  • 法医昆虫学と人間の死体の関係の研究2
  • クロバエは死後10分以内に集まって 雌は傷口の開口部と背中に卵を産み、約12〜18時間で孵化する。 ウジはすぐに孵化し、組織を食べる。 クロバエ以外ににニクバエも集まるが、卵は産まずに、蛆虫を空から撒く。 成虫・幼虫・卵を蜂や蟻名のど虫がが食べに集まる。 開始された後、腐敗ガスが抜け小さくなるまで。 蠅が最も多く知ってうじ虫を産む時期。 同時に多くの卵が生まれるため、ウジ虫は [続きを読む]
  • サイコパスと殺人事件の深い関係2
  • サイコパスとソシオパス、どちらかの言葉を選択するかは診断者が精神異常の原因と内容についてどのように考えるかによって異なります。この臨床的症候群が社会的な影響と子供の頃の体験から来ていると思う社会学者・犯罪学者は、ソシオパスを使用するそして、心理学・生物学・遺伝学的なものが原因のだと思う学者はサイコパスを使用する。このため、人によって、診断名が違うことがある。精神科医・心理学者は、基本、患者との面談 [続きを読む]
  • サイコパスと殺人事件の深い関係1
  • 「異常ですが、病気ではありません」今はサイコパスもしくはソシオパスは、DSM-W(米国精神医学会の分類マニュアル)などでも除外され、「反社会性人格障害(APD)」という名前に変わった。「異常ではあるが病気ではない」という用語は、法律で裁く場合にサイコパスか応じて、量刑を減少させることはできないからである。実際に、バンディやゲーシー、大久保清は明確にサイコパスであるが、死刑判決を受けた(米国では、連邦最高裁 [続きを読む]
  • 米国の猟奇殺人犯アーカイブ2
  • テッド・バンディー 被害者者36名 電気椅子で死刑(裁判費用は800万ドル) 腕は骨が折れた場合に使用する布やギブスをつけ 道に迷ったり、重いショッピングバッグを持って負傷者を装って、救助すようとする女の人の心を利用 バールやギプスで殴って、強姦や肛門性交後、刺殺あるいは絞殺。 体を切って屍姦した。 数日後、殺害現場に戻って切った頭の口に射精 アルバート・フィッシュ [続きを読む]
  • 米国の猟奇殺人犯アーカイブ1
  • ロバート(ボビー)・ジョー・ロング 放射線の技術者 強姦と強盗を約50件行われたと推定された。 警察への自白は15回 殺人は10名のようだ。 自動車の前の座席を倒し両腕を後ろに拘束し伏せにし後ろから強姦する手法は一貫しており、死体に白スカーフをつけた。 離婚した妻と2人の子供がいる。 死刑になるが、請求を再審を続け、今も収監されている。 チャールズ・スタークウェザー 誕生 [続きを読む]