ケービット さん プロフィール

  •  
ケービットさん: センリノコウモソッカニハジマル
ハンドル名ケービット さん
ブログタイトルセンリノコウモソッカニハジマル
ブログURLhttps://ameblo.jp/orangedonkey/
サイト紹介文認知症介護家族の経験を活かして心から安心できるサービスを提供する専門職であり続けたいと思っています。
自由文認知症の母の世話をしながら、介護の仕事と同時に学習も進めてきました。共同生活介護から始まって、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービスなど、ダブルワーク・トリプルワークで就労を重ねてきました。現場で仕事を覚え、通信教育で勉強し、休日は講習や研修に参加するといったハードな日々を経て、4年目に自分の事業所を持つことができました。これまで支えてくださったみなさんに感謝しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2017/01/08 13:57

ケービット さんのブログ記事

  • 歩き続けると辿り着く
  • 今日も暑いですね。日差しが眩しいです。 これまで行政の認知症施策に対してはボランティアとしてお手伝いしインフォーマルサポートの活動を展開してまいりました。 昨日社会福祉協議会から連絡がございまして 来月から行政の委託事業を公的な立場としてお手伝いするにあたり年間のスケジュールをお知らせいただきました。 ぎっしり予定が詰まっていました。 認知症施策についてはこれまでも行政に対して意見や提案を述べてき [続きを読む]
  • 体験利用が続いています
  • 今日は外部研修の開催日でして職員の一人が現場を離れるため頼りになる助っ人に来ていただきました。 手伝ってくださったのは介護福祉士の仲間で認知症介護実践リーダー研修受講時の同期研修生の方ですが病院や介護現場の経験が豊富で私よりずっと先輩でして認知症介護に信念を持った素敵な人です。 今日は統合失調症の体験ご利用者さんがいらっしゃったこともあって本当に助かりました。 ありがとうございました。 そして夕方に [続きを読む]
  • 今までの暮らしぶり
  • 8月に入りましたね。 昨日介護支援専門員から朗報がありました。 本日ご利用者さんの復帰があります。 幸先の良い8月スタートです。ありがとうございます。 ご夫婦お二人で生活されていまして 奥様が訪問介護とデイサービスをご利用になっていました。 主たる介護者はご主人だったのですが ご主人が入院することになり奥様が一人になってしまうので他県のご家族のところに移ったのです。 無事にご主人が退院されて奥様が大阪 [続きを読む]
  • 職能団体入会のメリット
  • 専門職のみなさん職能団体に加入されているでしょうか。 私は日本介護福祉士会に入会しておりまして継続して介護に関する研修を各地で受講しています。 平成27年3月の日本介護福祉士会による調査研究報告書に明記されていますが当時130万6,753人いる介護福祉士のうち働いているのは60万人らしいです。 その中で日本介護福祉士会に入会している介護福祉士は約47,000人だそうです。 加入率は約3.6%くらいでしょうか。 低いで [続きを読む]
  • 普及啓発と活動の展開
  • 週末は認知症サポーター養成講座を開催しまして講師役を担いました。 ずっと気象情報を確認しながら開催の当日を迎えましたが何事もなく無時に終了しました。 お越しくださった受講者のみなさんお疲れ様でした。 電車に乗ってお越しの方遠方からありがとうございました。 今回はキャラバン・メイトさんの見学がありました。 地域のみなさんへ認知症の正しい理解を広める活動を展開したいということで見学を志願されてお越しく [続きを読む]
  • 生活支援コーディネーター
  • 先日の認知症カフェ連絡会に生活支援コーディネーターが出席されていました。 生活支援コーディネーターの役割は ニーズと地域資源の把握・ネットワークの構築地域資源・サービスの開発活動の場の発掘・開発サービス実施情報の周知等地域資源の開発目標の設定協議体の運営及び協議体会議の開催となっています。 生活支援コーディネーターは生活支援等サービスの体制整備に向け方策を検討・協議するための協議体を設置し会議を開 [続きを読む]
  • 地域に根差していこう
  • 今日も暑かったですね。 ブログの書き出し「暑い」とか「猛暑」とかが定番になりそうです。 今日は認知症強化型地域包括支援センターが主催する認知症カフェ連絡会がありまして 地域で認知症カフェを運営しているスタッフの皆様が集まって活動報告や情報交換が行われました。 冷房の効いた涼しい会議室でした。ありがとうございました。 事前に行われたアンケートの集計結果が配布されたのですがそれを見ると運営されている [続きを読む]
  • 声かけ見守り涼を取る
  • 今日も朝から暑かったですね。 記録的な極暑です。 駐車場に停めている送迎車の中は蒸し風呂状態になります。 ご利用者さんのお迎えに伺うときはエアコン全開にして出発するのですが 走り出して直ぐに冷える訳もなくご自宅に到着する頃にやっと涼しくなります。 エアコンの効きが悪いのでしょうかいやいやそれ以上に気温が高いのでしょう。 テレビのニュースでは熱中症の報道が続いていますね。 まだまだ猛暑が続くようです。 独 [続きを読む]
  • 一緒に過ごす大切な時間
  • 先週の土曜日母が入所している介護老人保健施設へ面会に行ってきました。 受付で面会記録を記入マスク着用消毒スプレーをふりかけて まずは相談室を訪ねて施設ケアマネジャーさんにご挨拶。 エレベーターで母が居るフロアへ。 スタッフのみなさんにもご挨拶して母の様子をお聞きしました。 「さみしそうにされていましたよ」と介護職員さん。 情動不安定が見られたようです。 頭を下げる、私。 部屋に入ると 少しギャッジ [続きを読む]
  • 支えてくださる皆様へ
  • 連日 暑い日が続いております。 みなさま元気にお過ごしでしょうか。 私は 先週に 長い 長い 長い 過酷な研修が やっと 終わりましたこと ここに ご報告します。 不在中は 何かとご不便をおかけし ご迷惑もおかけしました。 申し訳ありませんでした。 研修を受講して 得られたことが たくさんあります。 みなさんの理解と協力があってこそ 無事に修了することができました。 心から感謝しています。 この場をお借り [続きを読む]
  • 訪問しない介護事業所
  • 新事実が判明しました。 ご利用者さんの家族の証言なのですが ヘルパーさん無断で休むそうです。 事前の連絡はありません。事後の連絡もありません。 代わりのヘルパーもサービス提供責任者も誰も訪問されません。 こんなことがあるんですね。 家族はヘルパーに訪問してもらっている と思っていたようでした。 認知症のご利用者さん「誰も来てないよ」 とおっしゃっていたのですが 家族はヘルパーが訪問したのか訪問してい [続きを読む]
  • 何のための主治医意見書
  • 地域にある認知症対応型通所介護が今月で閉鎖となります。 事前の告知がなされなかったためご利用者さんの担当ケアマネジャーのみなさんはそれぞれ次の受け入れ先を探されていまして私どもにも相談がございました。 しかし相談に来られたケアマネジャーはご利用者さんが認知症であるとは言うもののいつ頃からとか確定診断はとか行動・心理症状についてとかほとんど説明できませんでした。 ご利用者さんは閉鎖する認知症対応型通所 [続きを読む]
  • 介護のお守り袋
  • 今週はいつもの月末と違って年度末でもあり平成30年の介護報酬改定を迎える直前ということもあってバタバタの毎日を送っています。 このバタバタは来週も続きそうです。 さて全国社会福祉協議会中央福祉人材センターが作成した介護のお守り袋が届きましたよ。 介護福祉士の資格等取得者の届出制度は氏名・登録番号・連絡先などを都道府県福祉人材センターに届け出ることを努力義務としたものです。 この介護のお守り袋です [続きを読む]
  • やっぱり家がいいよね
  • 昨日老健に入所している母と面会してきました。 部屋に入ると寝たきりの母はベッドでセミファーラー位 前を見つめてぼーっとしていました。 私がベッドの直ぐ横に寄っても何も言わない。 「お母さん」と声をかけても表情はあまり変わらない。 時折まばたきしている。 手を握ると温かい。 手を握ったまま「お母さん、聞こえてる?」と声をかけると 本当に 僅かに 首を縦に振り うなずく母。 もう一度「お母さん、聞こえ [続きを読む]
  • 認知症介護スキルアップ
  • 来月から新年度が始まりますよね。 平成30年度の認知症介護研修の計画が公表される時期です。 今後も学習を続けたいと考えているのですが さすがに息切れ状態といいますか 少しペースを落とさないと心身ともに疲れが残ってしまうことを否めないです。 それと受講料が高いですよね。 自費ではお金がかかり過ぎます。 厚生労働省は介護人材や介護サービスの質を高めなさいといいますが 人手不足でてんてこまいの介護業界の現場 [続きを読む]
  • 事業所に倫理はあるのか
  • ご利用者さんが入院となりました。 精神科病院です。 任意入院ではないような気がしますが まだ詳細を知らされておらずわからないです。 ご利用中のご様子で気になることがあったときは担当ケアマネジャーにいつも直ぐに報告していたのですが これまで一度もケアカンファレンスや地域ケア会議などは開催してもらえませんでした。 何度も検査受診を促してきたのに聞き入れてもらえず 往診だけ。 処方箋に変更があったり増量があ [続きを読む]
  • ステップアップ研修
  • この週末は認知症に関するステップアップ研修を受講していました。 これまでに研修で学んだことを職場や地域において実践できているのか振り返ることになりました。 受講者のみなさんの実践報告をお聞きすると現場でのご苦労が窺えたのです。 グループワークやディスカッションで専門職ならではの工夫や努力をお聞きすることができてとても勉強になりました。 ありがとうございました。 認知症予防や認知症介護に関する様々な [続きを読む]
  • 施設職員の高齢者虐待
  • 本日、時事通信が厚生労働省の調査結果を報じていました。下記に引用します。 2016年度に65歳以上の高齢者が家庭や特別養護老人ホームなど介護施設で虐待を受けたと認められた件数が前年度比2.8%増の1万6836件だったことが9日、厚生労働省の調査で分かった。このうち施設職員から受けた虐待の件数は10.8%増の452件だった。いずれも過去最多を更新しており、厚労省は高齢人口の増加に加え、高齢者虐待に対する社会的な関心の [続きを読む]
  • 認知症ケア研修のあと
  • 先週は認知症ケアに関する研修を受講していたのですがおかげさまで無事に修了できました。 全国から受講者が集まる研修に参加すると生活圏域外にまで見聞を広めることができてとても良い刺激になっています。 研修の始まりのときに受講者の自己紹介の時間があって みなさんの受講の動機をお聞きすることができました。 思い思いといいますかそれぞれお考えがあるのですね。 私は認知症の人へのケアの質を高めたいという理由で [続きを読む]
  • ”ニンチと呼ばないでね。”
  • 残念なことですが「認知症」を「ニンチ」と呼ぶ医療・福祉・介護の専門職は結構いると思います。 ケアマネジャーやサ責がサービス担当者会議の席で「ニンチ入ってるんで」と普通に発言しています。 社会福祉協議会や地域包括支援センターの職員が悪びれる様子もなく「ニンチ」と言っている場面に遭遇したこともあります。 「痴呆」と言う人は少なくなったと思いますが今度は「ニンチ」と呼ばれるようになってしまいましたね。 「 [続きを読む]
  • 介護業界の棲み分け
  • 介護業界に限ったことではないのですが事業所を運営していると幾多の困難に直面します。 これでもか これでもか というくらい苦境に立たされるその連続だと実感しています。 そんなことわかっていたことですし他の業界で乗り越えてきた自負心もありました。 それが今 そんな薄っぺらの自尊心など全く通用しない特異な世界に身を置いているのだろうかと考えるようになりました。 レベルの低いケアマネや質の悪い施設や事業所 [続きを読む]
  • 並行して相談援助も学ぶ
  • 介護職員基礎研修を無事に修了することができた私は次に何を学ぼうかと考えていました。 介護職員基礎研修の受講者の中に社会福祉主事の任用資格を取得されている方がいらっしゃって いろいろと話をお聞きしていると介護だけではなく社会福祉についての学習も進めた方が良いと考えるようになりました。 社会福祉主事の資格認定には通信課程がありまして 面接授業のスクーリング以外は自宅で学習できるので受講することに決めました [続きを読む]
  • 家に帰りたいという思い
  • 今年の1月に自宅で転倒した大正生まれのご利用者さん 頭部を負傷して救急搬送されました。 病院で肺炎と診断されそのまま入院となったのです。 すると今度は入院中に病床ベッドから転落して大腿部頸部を骨折されました。 今日ご家族さんから電話がありました。 今度は 何が あったのか。 な な なんと。 手術を無事に終えて平行棒内歩行訓練に励んでいるようです。 目を見張る回復力です。 退院後は介護老人保健施設に入所し [続きを読む]
  • ”住み慣れた在宅推奨だが”
  • 介護支援専門員の実務研修課程を受講されているみなさん、お疲れ様です。 介護支援専門員としての役割は変わってしまったのでしょうか。 役割に変わりがないということであっても公費を抑えてほしいという国の期待値はますます上がっているのでしょうね。 インフォーマルサポートの社会資源を最大限に活用することで介護保険の負担を軽減してほしいというのが正直なところでしょうか。 真面目なケアマネジャーが失意なく存分に [続きを読む]
  • 介護職員基礎研修の受講
  • 訪問介護員2級の資格を取得した後は いろんな介護の現場に従事することができました。 お陰様で改めて自分自身の振り返りの機会となり感謝しています。 結果的にはそれぞれの職場であらゆる介護の場面において自分の知識や技術がまだまだ足りないと感じました。 ステップアップしたくて介護の現場で働きながら経験を積み重ねると同時に学習を続けていくことを考えていました。 訪問介護員1級の養成研修を受講したかったのですが [続きを読む]