ケービット さん プロフィール

  •  
ケービットさん: センリノコウモソッカニハジマル
ハンドル名ケービット さん
ブログタイトルセンリノコウモソッカニハジマル
ブログURLhttps://ameblo.jp/orangedonkey/
サイト紹介文認知症介護家族の経験を活かして心から安心できるサービスを提供する専門職であり続けたいと思っています。
自由文認知症の母の世話をしながら、介護の仕事と同時に学習も進めてきました。共同生活介護から始まって、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービスなど、ダブルワーク・トリプルワークで就労を重ねてきました。現場で仕事を覚え、通信教育で勉強し、休日は講習や研修に参加するといったハードな日々を経て、4年目に自分の事業所を持つことができました。これまで支えてくださったみなさんに感謝しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2017/01/08 13:57

ケービット さんのブログ記事

  • 介護のお守り袋
  • 今週はいつもの月末と違って年度末でもあり平成30年の介護報酬改定を迎える直前ということもあってバタバタの毎日を送っています。 このバタバタは来週も続きそうです。 さて全国社会福祉協議会中央福祉人材センターが作成した介護のお守り袋が届きましたよ。 介護福祉士の資格等取得者の届出制度は氏名・登録番号・連絡先などを都道府県福祉人材センターに届け出ることを努力義務としたものです。 この介護のお守り袋です [続きを読む]
  • やっぱり家がいいよね
  • 昨日老健に入所している母と面会してきました。 部屋に入ると寝たきりの母はベッドでセミファーラー位 前を見つめてぼーっとしていました。 私がベッドの直ぐ横に寄っても何も言わない。 「お母さん」と声をかけても表情はあまり変わらない。 時折まばたきしている。 手を握ると温かい。 手を握ったまま「お母さん、聞こえてる?」と声をかけると 本当に 僅かに 首を縦に振り うなずく母。 もう一度「お母さん、聞こえ [続きを読む]
  • 認知症介護スキルアップ
  • 来月から新年度が始まりますよね。 平成30年度の認知症介護研修の計画が公表される時期です。 今後も学習を続けたいと考えているのですが さすがに息切れ状態といいますか 少しペースを落とさないと心身ともに疲れが残ってしまうことを否めないです。 それと受講料が高いですよね。 自費ではお金がかかり過ぎます。 厚生労働省は介護人材や介護サービスの質を高めなさいといいますが 人手不足でてんてこまいの介護業界の現場 [続きを読む]
  • 事業所に倫理はあるのか
  • ご利用者さんが入院となりました。 精神科病院です。 任意入院ではないような気がしますが まだ詳細を知らされておらずわからないです。 ご利用中のご様子で気になることがあったときは担当ケアマネジャーにいつも直ぐに報告していたのですが これまで一度もケアカンファレンスや地域ケア会議などは開催してもらえませんでした。 何度も検査受診を促してきたのに聞き入れてもらえず 往診だけ。 処方箋に変更があったり増量があ [続きを読む]
  • ステップアップ研修
  • この週末は認知症に関するステップアップ研修を受講していました。 これまでに研修で学んだことを職場や地域において実践できているのか振り返ることになりました。 受講者のみなさんの実践報告をお聞きすると現場でのご苦労が窺えたのです。 グループワークやディスカッションで専門職ならではの工夫や努力をお聞きすることができてとても勉強になりました。 ありがとうございました。 認知症予防や認知症介護に関する様々な [続きを読む]
  • 施設職員の高齢者虐待
  • 本日、時事通信が厚生労働省の調査結果を報じていました。下記に引用します。 2016年度に65歳以上の高齢者が家庭や特別養護老人ホームなど介護施設で虐待を受けたと認められた件数が前年度比2.8%増の1万6836件だったことが9日、厚生労働省の調査で分かった。このうち施設職員から受けた虐待の件数は10.8%増の452件だった。いずれも過去最多を更新しており、厚労省は高齢人口の増加に加え、高齢者虐待に対する社会的な関心の [続きを読む]
  • 認知症ケア研修のあと
  • 先週は認知症ケアに関する研修を受講していたのですがおかげさまで無事に修了できました。 全国から受講者が集まる研修に参加すると生活圏域外にまで見聞を広めることができてとても良い刺激になっています。 研修の始まりのときに受講者の自己紹介の時間があって みなさんの受講の動機をお聞きすることができました。 思い思いといいますかそれぞれお考えがあるのですね。 私は認知症の人へのケアの質を高めたいという理由で [続きを読む]
  • ”ニンチと呼ばないでね。”
  • 残念なことですが「認知症」を「ニンチ」と呼ぶ医療・福祉・介護の専門職は結構いると思います。 ケアマネジャーやサ責がサービス担当者会議の席で「ニンチ入ってるんで」と普通に発言しています。 社会福祉協議会や地域包括支援センターの職員が悪びれる様子もなく「ニンチ」と言っている場面に遭遇したこともあります。 「痴呆」と言う人は少なくなったと思いますが今度は「ニンチ」と呼ばれるようになってしまいましたね。 「 [続きを読む]
  • 介護業界の棲み分け
  • 介護業界に限ったことではないのですが事業所を運営していると幾多の困難に直面します。 これでもか これでもか というくらい苦境に立たされるその連続だと実感しています。 そんなことわかっていたことですし他の業界で乗り越えてきた自負心もありました。 それが今 そんな薄っぺらの自尊心など全く通用しない特異な世界に身を置いているのだろうかと考えるようになりました。 レベルの低いケアマネや質の悪い施設や事業所 [続きを読む]
  • 並行して相談援助も学ぶ
  • 介護職員基礎研修を無事に修了することができた私は次に何を学ぼうかと考えていました。 介護職員基礎研修の受講者の中に社会福祉主事の任用資格を取得されている方がいらっしゃって いろいろと話をお聞きしていると介護だけではなく社会福祉についての学習も進めた方が良いと考えるようになりました。 社会福祉主事の資格認定には通信課程がありまして 面接授業のスクーリング以外は自宅で学習できるので受講することに決めました [続きを読む]
  • 家に帰りたいという思い
  • 今年の1月に自宅で転倒した大正生まれのご利用者さん 頭部を負傷して救急搬送されました。 病院で肺炎と診断されそのまま入院となったのです。 すると今度は入院中に病床ベッドから転落して大腿部頸部を骨折されました。 今日ご家族さんから電話がありました。 今度は 何が あったのか。 な な なんと。 手術を無事に終えて平行棒内歩行訓練に励んでいるようです。 目を見張る回復力です。 退院後は介護老人保健施設に入所し [続きを読む]
  • ”住み慣れた在宅推奨だが”
  • 介護支援専門員の実務研修課程を受講されているみなさん、お疲れ様です。 介護支援専門員としての役割は変わってしまったのでしょうか。 役割に変わりがないということであっても公費を抑えてほしいという国の期待値はますます上がっているのでしょうね。 インフォーマルサポートの社会資源を最大限に活用することで介護保険の負担を軽減してほしいというのが正直なところでしょうか。 真面目なケアマネジャーが失意なく存分に [続きを読む]
  • 介護職員基礎研修の受講
  • 訪問介護員2級の資格を取得した後は いろんな介護の現場に従事することができました。 お陰様で改めて自分自身の振り返りの機会となり感謝しています。 結果的にはそれぞれの職場であらゆる介護の場面において自分の知識や技術がまだまだ足りないと感じました。 ステップアップしたくて介護の現場で働きながら経験を積み重ねると同時に学習を続けていくことを考えていました。 訪問介護員1級の養成研修を受講したかったのですが [続きを読む]
  • サ高住の介護サービス
  • 介護業界は慢性的人手不足なのでいつだって求人しています。 ヘルパー2級の資格を取得したことでダブルワークを始めることになりました。 そしていくつかの施設や事業所で勤務したのですが どこの職場における就労を振り返ってもまあ色々ありましたね。 その中でどうしても忘れられない職場があるのです。 サービス付き高齢者向け住宅に併設されている事業所です。 勤務したサ高住の1階には居宅介護支援事業所訪問介護事業所デイ [続きを読む]
  • アセスメント後の一言
  • 先日居宅介護支援事業所の主任介護支援専門員から新規の利用相談がありました。 これまでに何度も利用するデイサービスを変更されている方のようです。 理由を尋ねたところご本人さんからもう行かないと断られてしまうとのことでした。 介護保険の更新認定があったばかりで要介護状態区分等は要支援2認定の有効期間は24か月です。 早速アセスメントをすることになりました。 ケアマネジャーを通してお約束した日時に訪問しアセ [続きを読む]
  • ハローワークで就職活動
  • 訪問介護員養成研修二級課程を修了してから 介護職員の募集要項を見たのですが 無資格のときと違って確実に応募の選択肢が増えていると感じました。 しかも時給が上がります。 この頃から介護業界の求人広告を見ることが習慣になってしまい 週末になると新聞の折り込みチラシをチェックするようになり スーパーマーケットや地下鉄の駅に置いてある求人情報のフリーペーパーも持ち帰ってチェックしていました。 1週間ごとに介護業 [続きを読む]
  • 介護業界の人材育成
  • 一つの会社に長く勤める。 それが当たり前だと考えていた若い頃がありましたね。 昭和世代の私は高度経済成長期に育ち年功序列や終身雇用制という仕組みの世の中で組織人の一人として働いていました。 企業には新入社員教育や社内研修制度といった学習の機会が存在していたのです。 人事考課によって能力や業績を評価されていて ありがたいことにバブル期は毎年必ず昇給していました。 今の時代では考えられない好景気でしたね [続きを読む]
  • 病室の面会で感じる色々
  • 入院中のご利用者さん誕生日をお迎えになる日にバースデーカードを作って面会に行ってきました。 エレベーターに乗って一般病棟の階へ向かいナースステーションにある面会受付窓口で面会記録簿を書きましたが 今回は面会者が着用する面会札が置いてありませんでした。 会釈も無し アイコンタクトも無し 面会札も無し これでは不審者が侵入してもわからないですよ。 病室を覗くと一番奥の窓際にある洗面台で背中を丸めて何か [続きを読む]
  • 訪問介護員養成研修実習
  • 私が受講した当時の訪問介護員養成研修二級課程の受講対象者は 今後、訪問介護業務に従事しようとする者となっておりました。 まさにご利用者さんのご自宅を訪問するヘルパーを養成する研修ですね。 二級課程の内訳は講義60時間演習42時間実習30時間トータル132時間です。 私の場合は通信課程だったので講義が通信添削と面接指導となり 実務経験者だったので一部の科目免除を受けています。 実習の30時間についてですが今の介護 [続きを読む]
  • 介護の知識と技術の習得
  • 私が初めて介護の職場に従事したのは社会福祉法人が運営するケアホームといわれる共同生活介護でした。 ケアホームは平成26年4月1日から共同生活援助に統合されて介護サービス包括型になりました。 ケアホームのご入居者さんとショートステイのご利用者さんの介護が主な仕事内容でしたが 当時の私は未経験で無資格だったのです。 ところがケアホームの中で障害程度区分が一番重いご入居者さんの担当になりました。 脳に重い障害 [続きを読む]
  • 介護ブログは情報の宝庫
  • アメブロを始めて2年生になったばかりですがまだまだ勉強させてもらっています。 昨年の後半は記事を書くペースが落ちてしまいましたね。 何かと忙しくしておりました。 最近また少しずつ記事を書くようになったのですが みなさんのブログを読むことも増えました。 同業さんのブログも拝読しておりますが色々ありますね。 施設や事業所の広報ブログってお知らせ的なことも含めて楽しい記事で綴られている印象ですね。 でも日々の [続きを読む]
  • 入院で気付かされたこと
  • ご自宅で転倒して頭部にケガを負って救急搬送されたご利用者さん。 搬送先の病院で肺炎になっていることがわかってそのまま入院となり 入院中に病床ベッドから転落して大腿部頸部骨折してしまい その後 ご家族さんから手術しますと連絡があったのですが 手術日の直前にまた肺炎が再発したので手術は先送りとなってしまいました。 ベッドでの寝たきり状態が続いています。 先週末にご利用者さんの面会に行ってきました。 病床ベッ [続きを読む]
  • 介護家族の経験は貴重
  • 私が介護を始めたのは母のちょっとしたお世話が最初の第一歩でした。 思い返すととてもじゃないけど介護とは言えません。 何も知らなくて何もできなくて 母の異様に戸惑ってしまい慌ててしまったりイライラしてしまったり怒鳴ってしまったり それはそれは対応の仕方が初心者というか素人丸出しの私でした。 自分の時間は無くなるし 睡眠時間は削られるし ストレスは溜まるし 疲れが残る毎日でした。 これではダメだと感じて [続きを読む]
  • いつかそのうちでは遅い
  • 昨年から相談を繰り返していた社会福祉協議会の権利擁護の担当からメールが届きました。 これ以上は行政からの指導を・・・といった返事です。 そうなったら指定取消の手前で改善するという糸口が立ち消えてしまわないだろうか。 社協からは相談はあくまで入り口まででその先のプロセスは用意できておらず所轄する行政の部署への申し送りとなるといった説明です。 厚生労働省は地域包括ケアシステムにおける多職種協働や地域連 [続きを読む]
  • 立ち止まるタイミング
  • みなさん月末月初は何かと忙しいですよね。 事務処理に追われながら 書類を作成したりコピーしていたら プリンターの黒色インクが無くなってしまいました。 予期せぬブレイクタイムとなりました。 お茶を飲んで一息つくと 休憩のタイミングが上手く取れていないとふと思いました。 効率が悪いのでしょうね。 自分で仕事を増やしているような気がします。 より良くなんて表現をしているけど そこまでしなくてもいい余計な [続きを読む]