クハユニ56003 さん プロフィール

  •  
クハユニ56003さん: テキトー模型日記
ハンドル名クハユニ56003 さん
ブログタイトルテキトー模型日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ks431111
サイト紹介文国鉄型Nゲージ車両工作記事が中心です。よろしかったら飯田線最後の旧型国電の作例もご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2017/01/08 14:53

クハユニ56003 さんのブログ記事

  • 航空母艦瑞鶴を作る 9月24日
  • この3連休で瑞鶴の工作も少し進んでいます。 艦首部甲板周りは、こんな風にまとめました。 例によって、私流の解釈で甲板部は軍艦色、機銃にスポンソンはブラックグリーンに塗っています。 艦首部だけ機銃を付けましたが、キットのパーツは使わず、ナノドレッドのものを使っています。流石にシャープです。 煙突周りは、グレードアップパーツのエッチング部品はすぐグチャグチャになって取り付けに往生したため、一部のパ [続きを読む]
  • 航空母艦瑞鶴を作る 9/16
  • 瑞鶴の組み立ては、前、後甲板部分に移ります。 この部分、フジミのキットでは外舷色22号に塗られていますが、せっかく飛行甲板の端をブラックグリーンに塗って形状を解りにくくしているのに前後が悪目立ちしてしまうのではないかと思います。 エンガノ岬沖で撮られた写真も、雷撃隊出動に映る艦首部分も、明るい色には見えません(影のせいかも知れませんが)。 そこで前後の甲板部は軍艦色、機銃のスポンソンの内部はブラッ [続きを読む]
  • 航空母艦瑞鶴を造る 9/9日
  • 早いものでもう9月も10日近く過ぎようとしています。 今年の夏は記録的暑さのため、模型工作もほとんどストップ状態でしたが、今日は重い腰を上げて、瑞鶴の続き。 ご覧の通り、船体の迷彩が終わりました。 船体は、外舷色21号と22号の塗り分けとしましたが、22号には市販のカラーは使わず、ザクグリーンをベースにガルグレーを混ぜて落ち着かせたものを塗っています。 21号の方は市販のセットのものですが、軍艦色を大量 [続きを読む]
  • 新たな泥沼の世界へ
  • この夏の異常な暑さで、2ヶ月ほどブランクが空いたためか、鉄道模型以外の模型を久々に組みたくなって来ました。 あくまでも本業は鉄道模型なので、気軽に楽しみたいと、フジミの特イージーシリーズの1/700航空母艦瑞鶴を買ってきました。 もちろんこのキットのコンセプト通り、無塗装でチャッチャと組み立てるつもりでしたが、テカテカしたシール面や成型色が気に入りません。 で結局、 これでは特イージーを買った意味が [続きを読む]
  • 銚子へ行ってきました。
  • この夏の暑さですっかり模型制作意欲が萎えたため、ブログの更新も滞り気味ですが、今日は家族で銚子に行ってきましたのでブログ更新します。 外環が開通したので千葉方面に行くのも楽になりました。 自宅から2時間ちょっとで最初の目的地。 旧日本海軍香取基地の掩体壕跡。こちらは小型機用。 そしてこちらは大型機用。陸攻か銀河でも入っていたのでしょうか? 香取基地といえば、神風特別攻撃隊御盾隊の出撃した場所。 [続きを読む]
  • 神戸出張
  • このところの異常な暑さのため、模型工作が完全に中断しており、ブログの更新は久々になります。 今年は、1年ぶりに神戸市の仕事が入ったため、現場確認を兼ねて日曜日から神戸入り。お陰でイニエスタのデビュー戦もテレビでリアルタイムで観れました。 本日の打ち合わせは午後のため、早起きしてここへ。 和田岬駅です。 ここからガラガラの103系に乗って、和田岬線初走破。 あっという間に兵庫駅到着。 本当に短い [続きを読む]
  • 京王3000系の工作-1
  • 先々週に東武847Fを完成させ、残りは7820型と7870型(それぞれ851Fと888Fを予定)2両ずつを残すだけなのですが、ディテールアップを追求しすぎて疲れたのと、鉄コレとGMの窓周りの表現差(はっきり言って鉄コレの方がマシ)などの要因があって、作業を一時中断することにしました。 それと久し振りに板キットを作りたくなったこともあり、以前から作ってみたかった京王3000系にすることにしました。 早速組み立て開始。基本的に各 [続きを読む]
  • 常磐線C62登場!
  • KATOから嬉しい発表です。 特急ゆうづる+C62!これは買いです。いつかはやると思っていましたが、やはり嬉しい。 ゆうづるといえば、上りの23号機、下りの48号機が定番。バリエーション展開を考えると汽車製の48号機もありでしょうが、素直に23号機を期待してしまいます。 こうなると、22号機、37号機、38号機、48号機、49号機なども欲しい! 急行安芸用に糸崎時代の23号機なんかも欲しい! 年末に向けて、限りなく妄想 [続きを読む]
  • 東武7820形 847F
  • 847Fもほぼ完成しました。 7820形は、7800系の第3グループとして昭和33年から35年まで量産された形式で、847Fはその中でも後期の生産車に当たります。 昭和33年と言えば、既に全金属製車体のカルダンドライブが標準の時代。東武でも昭和31年に1700系を投入していたにもかかわらず、吊り掛け駆動の半鋼製車を新車として送り出した訳で、時代錯誤的な新車でした。 そのせいで、同じ昭和30年代前期に登場した各車に比べて早々に [続きを読む]
  • 東武7300、7800系の工作–12
  • 847Fの塗装が終わりました。 いつものように配管、手すり類は取り付け済みの上、今回はベンチレーターも接着済みなので、手間はかかりましたがマスキングも上手くいき上々の出来。 ベンチレーターや配管は、ねずみ色1号の筆塗りです。 インレタは、車番にはイーグルスモデルのものを初採用。ズバリ847Fもあります。細かい表記が多いインレタですが、転写しやすくうまく貼れました。 シルバーシートのインレタは、トミーの [続きを読む]
  • 東武7300、7800系の工作–11
  • 847Fの車体工作はようやく終わりました。 今回もいつも通り、手すり類の別パ化が中心ですが、東上線では多数派だった、正面窓運転席側が通風器付きの小型化されたものに直しています。 また、鉄コレ7300系同様、側面の側灯の位置がエラーなので直してあります。 ベンチレーターは、GM80系のあまりパーツで別パ化しましたが、今回は塗装前に屋根に接着してしまいました。 また847Fを始め、一部の73、78には、運転席屋上にホ [続きを読む]
  • 東武7300、7800系の工作–10
  • 2週間前に完成した300Fの相方に、7820形の847Fの工事を再開しました。 ベースは鉄コレですが、実車の847Fは運転席窓が少し小さいタイプなので、一度窓埋めして7300系用の窓ガラスが入るように開け直しします。 正面サボ受けはタバサのパーツで、事業用車用の小さい方を使います。 正面ステップは、ちょうどいい大きさのパーツがないのでプラ板で作ります。 方法はというと、 まず、ステップの位置の0.4mm穴を一列に開け [続きを読む]
  • 東武7300系 300F完成
  • 途中から先行して作業を進めていた300Fが、ようやく完成しました。 300Fは7300系のトップナンバーですが、更新は番号通りに実施されていないため、後ろパンタ仕様で、中間にモハ7306+サハ306を挟んで4連化されています。 模型は、鉄コレを切り継ぎで纏めたもので、いつものように、手すりや屋上配管を別体化しています。 7300系は形態的には先頭モハのパンタ位置以外、同じように見えますが、細かいところにちょこちょこ差 [続きを読む]
  • 東武7300、7800系の工作–9
  • 本日は、午前中私用があったことと、有給の取得率が低いこともあって、思い切って有休としました。 とは言っても、平日のお休みはどこか出かけるのも気が引けて、結局模型以外にすることがありません。 というわけで、先週までに車体の組み上がった7300系を先に塗装します。 できはこのとおり。 セイジクリームはGMカラー、屋根は戦前型国電の工作にも使っている、茶色がかったグレー。もともと東武の旧型車用に調色した [続きを読む]
  • 東武7300、7800系の工作–8
  • GWも最終日。受験生のいる家庭では、遊びに行くのもままならず、ほぼ家で過ごすことになりました。 その割には、作業の方はてんで捗らず、やっと7300系の車体が完成しました。 今回、作ることにしたのは300F。7300系のトップナンバーです。 模型では、諸先輩方がネットに上げてくださっている写真を元に、300Fの特徴的な部分は可能な限り再現しました。 例えば、テールライト上の手すりや、パンタ側の妻面のステップの位 [続きを読む]
  • 東武7300、7800系の工作–7
  • GWも早くも前半3日はお終いです。 せっかくのまとまった休みは、金曜、土曜と連チャンで横アリへ、MISIAのTHESUPER TOUR OF MISIA 観戦に行っていたこともあり、疲労と虚脱感で作業がろくに進んでいません。 それでもようやくクハ300の車体だけは作りました。 いつものようにステップ類を、各社の旧国用パーツで別付け、正面サボ受けはモールドのまま残すか迷いましたが、タバサの旧国サボ受けパーツに含まれる事業用車用の [続きを読む]
  • 東武7300、7800系の工作–7
  • ようやく7820型の屋上配管が終わりました。 空気作用管とパンタ鍵外し線、避雷器のアース線を0.2mm真鍮線で配管。 7820型の鍵外し線もだいぶ変わった形態をしていて、7870型や7300系とも随分と違います。 避雷器はトミー製。西武の時と同じように、先に穴を貫通させて0.2mm真鍮線を串刺しにしてから、実車の写真を見ながらパイピングしました。 今から30年以上も前に廃車になった車両なので、正確なところはわかりませんが [続きを読む]
  • 東武7300、7800系の工作–6
  • ようやく7820型の屋上配管が終わりました。 空気作用管とパンタ鍵外し線、避雷器のアース線を0.2mm真鍮線で配管。 7820型の鍵外し線もだいぶ変わった形態をしていて、7870型や7300系とも随分と違います。 避雷器はトミー製。西武の時と同じように、先に穴を貫通させて0.2mm真鍮線を串刺しにしてから、実車の写真を見ながらパイピングしました。 今から30年以上も前に廃車になった車両なので、正確なところはわかりませんが [続きを読む]
  • 東武7300、7800系の工作–5
  • 今日は、先週から始めた7870型の屋上配管の続きにかかります。 7870型の場合、母線は空気作用管、パンタ鍵外し紐の上を通るため、始めに0.2mm真鍮線を2列並べて空気作用管を通し、空気作用管とベンチレーターを乗り越す鍵外し線を、0.15mm真鍮線でパイピング。 クランクにはボナファイデプロダクトの割りピンセットに含まれているパーツを使います。 パンタ鍵外し紐は、妻面部ではパイプの中を通っていますが、手持ちの0.5m [続きを読む]
  • EF12 1号機と太平洋戦争
  • とあるところでEF12 1号機のナンバープレートと日立の製造銘板を見せていただく機会がありました。 そこにはEF12 1号機の車歴簿なども保管されていましたが、目を引いたのはEF12 1号機被災状況図。戦時中機銃掃射にあった際の被害状況を図面に落としたものでした。 図面はどう見てもEF10の1次型に見えますが、EF12 1号機と書かれています。 図面は機銃弾の当たった箇所に赤鉛筆?で印が打ってあるのですが、車体中央部から屋 [続きを読む]
  • 東武7300、7800系の工作–4
  • いろいろしんどかった3月も終わり、ようやく少しづつ落ち着きを取り戻してきました。 長らく放置状態の東武の73・78も工作再開です。 前回は7300系の方の屋上配管まで終わり、先に7300系をまとめるつもりでしたが、気が変わり7800系の方も屋上配管を施工することにしました。 まずは7820型の母線。 7820型は、踏切事故が多発していた背景から、衝突時の漏電等を防止する目的で、母線が妻面まで延々と伸びていく形をして [続きを読む]
  • 生きるという事
  • 今、本当に苦境に立たされています。 もしかしたら、首が飛ぶ程度では済まないかも。 今から4年前、同じような経験しました。その時はプレッシャーに耐えきれず、バファリンの120錠入りを一気に2箱分飲んで世の中とおさらばするつもりでしたが、最後の場所を探して徘徊するうちに倒れて救急車のお世話になり、生き延びてしまいました。 確実に死ぬ方法を選ばなかったあたり、今思えばどこかに誰かに気づいて欲しい気持ちが [続きを読む]
  • 警視庁は韓国か?
  • 年度末はいつもいろいろプレッシャーがかかり厳しい季節ですが、今年は都内某所の開発関連交通協議で完全に体調を崩しました。 そもそもこの案件の交通協議は一昨年4月から昨年の4月まで、12回に渡り続き、その間もかなり厳しい指摘の連続で、警視庁と事業者の板挟みに会い相当衰弱しました。 それでも昨年4月に協議終了を認めてもらい、あとは淡々と事業完了に向けて手続きを進めていたのですが、まさかの展開。 先月、事 [続きを読む]
  • 東武7300、7800系の工作−3
  • 遅れ気味の工作ですが、ようやくモハ7300の屋上配管が終わりました。 母線には0.4mm、空気作用管には0.2mm、パンタ鍵外しは0.3mmと0.15mm、避雷器へのアース線は0.2mmの真鍮線を使っています。 配管はネットで見つけた実車の写真を参考にしていますが、不鮮明な部分もあり、正確に再現できているわけではありません。 避雷器は製品のモールドを切り落としてトミーの72系用の角形を付けています。 鉄コレ7300系の正面雨樋は [続きを読む]