taka さん プロフィール

  •  
takaさん: 山旅の記録〜record of mountain journey〜
ハンドル名taka さん
ブログタイトル山旅の記録〜record of mountain journey〜
ブログURLhttp://mountain-journey.com/
サイト紹介文僕にとって生きがいである登山。その登山中に撮影した山旅写真を中心に投稿をします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 341日(平均3.4回/週) - 参加 2017/01/08 19:03

taka さんのブログ記事

  • 地附山・大峰山で長野市の里山を満喫ツールド長野試走会
  • ツールド長野130kの試走会に参加してきました。ツールド長野130kは長野市の、信州トレイルマウンテンさん(トレイルランニング・軽快登山の専門店)主催のイベントです。長野盆地を囲う里山をロードでつなぎながら結び、完全踏破をすると約130kmになります。コースは全8エリアで構成されており、ツールド長野本番までの週末に試走会が行われます。 我が家(松本市)から長野市までは高速道路でおよそ1時間。道中の姨捨SAは長野盆地を [続きを読む]
  • 乗鞍で2017年シーズン初のスノーシュー&ラッセル地獄
  • 冬のホームマウンテンである乗鞍高原で、2017年シーズン初のラッセル地獄を味わってきました。休暇村乗鞍高原に車を停め、リフトを使わずにゲレンデを歩いて上ります。スキー場の営業時間内であれば往路のみリフトを使用することが可能です。2017年12月9日時点では最終リフトの前のリフトまでの稼働で、最終リフトは稼働していませんでした。12月9日から12月15日はプレオープン期間のようです。 写真はたぶん、高天原だと思いま [続きを読む]
  • 日本百名山全山日帰り登山で乗船したフェリーについて
  • ひと夏での日本百名山全山日帰り登山では、計4ヶ所の路線をフェリーで移動しました。 ①宮之浦岳登山(鹿児島県屋久島)②九州から四国への移動③北海道登山④利尻山登山(北海道利尻島)⑤フェリー旅をしてみて 日本全国をマイカーで移動しながらの百名山登山だったので、飛行機に乗るという選択肢は全く考えませんでした。ちなみに、宮之浦岳(屋久島)、利尻山(北海道)ともに航路と空路があります。 ①宮之浦岳登山(鹿児島県屋久島 [続きを読む]
  • ツールド長野130k コンプリート完走の装備2017
  • 2017年のツールド長野130kをコンプリート完走した装備は以下のとおり。おおむね、過不足は無かったと思います。長距離のトレラン大会なども行ける装備です。僕はトレッキングポールは携行しませんでしたが、他の参加者の多くがトレッキングポールを携行、使用していたので、来年も参加するとすれば、トレッキングポールを持つか持たないかで迷うと思います。 ☆ツールド長野130k コンプリート完走の記録2017はこちら☆ ツー [続きを読む]
  • ツールド長野130km コンプリート完走の記録2017
  • 信州トレイルマウンテンさん(トレイルランニング・軽快登山の専門店)のイベントである、ツールド・NAGANO・130kに参加してきました。昨年もエントリーさせてもらいましたが、風邪をひいてしまい出場をあきらめました・・・。 ツールド・NAGANO・130kは簡単に言うと、長野盆地(善光寺平)の周りの里山をロードで繋ぎながら巡るというイベントです。 ☆詳細はこちら(信州トレイルマウンテンさんのページ) 一般的なトレランレースな [続きを読む]
  • 日本百名山全山日帰り登山(146日間で達成)所要時間ランキング(往路)
  • ひと夏での日本百名山全山日帰り登山の、所要時間ランキング(往路)を作ってみました。(2017年6月5日から10月28日までの146日間で日本百名山全山日帰り登山を達成) 往路は写真撮影も少なめで、休憩もしないに等しいので、各山の所要時間を比較するには一番良い指標となると思います。NO.登山日(2017年)山名登山口所要時間ルート詳細1210月12日赤石岳悪沢岳畑薙第一ダム自転車未使用9時間20分 ☆347月15日燧ヶ岳至仏山鳩待峠7時間4 [続きを読む]
  • 光城山登山口から長峰山を5往復したツールド長野130kトレ
  • ツールド長野130kに向け、ホームマウンテンの光城山・長峰山でトレーニングをしました。 ☆ツールド長野130k完走の記録はこちら☆ 光城山登山口 登山道を登り切ったところにある案内板。曇り空です。体からの熱気でカメラのレンズが曇っております。 光城山山頂から長峰山方向に向かってすぐのベンチ。空がだいぶ青いので、トレーニング終盤の写真のはず。北アルプスは雲の中です。 長峰山展望台からの眺め。序盤はどんよりと [続きを読む]
  • 丹沢登山をフォロワーさんと(2017年11月21日)
  • ひと夏での日本百名山全山日帰り登山で記念すべき1座目となった丹沢。たまたまではありますが、その丹沢に、百名山登山中に応援をしていただいていたツイッターのフォロワーさんと一緒に登らせてもらいました。登山口スタートとなるどんぐりハウス例年4月初めに日帰り装備で大倉尾根〜塔ノ岳〜丹沢山〜蛭ヶ岳と日帰りピストンをする丹沢ですが、この日は、フォロワーさんと丹沢をゆっくりと満喫する登山だったので、かれこれ半年 [続きを読む]
  • 丹沢登山の登山口情報(大倉)
  • 丹沢(塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳方面)の登山口情報です。 登山口駐車場大倉バス停周辺のコインパーキング(2〜3ヶ所あり) 登山口までのアクセス秦野中井インターから車で約20分 駐車場トイレなし※どのコインパーキングからも歩いてすぐの大倉バス停にトイレあり 登山ルート上のトイレ花立山荘(冬季利用可否不明)、尊仏山荘※登山口〜花立山荘間にも数か所の山荘があり外トイレがあります。(冬季利用可否不明) 最寄りの温泉(行きつ [続きを読む]
  • トレランシューズでの日本百名山全山日帰り登山
  • 日本百名山全山日帰り登山は、すべてトレランシューズで臨みました。 ☆ひと夏での日本百名山全山日帰り登山(146日間で達成)のブログ投稿はこちら 百名山登山では、9割5分以上をスポルティバのアキラで登り、残りの山をブルックスのカルデラで登りました。スポルティバはイタリアのメーカーで、登山靴やクライミングシューズでおなじみだと思います。ブルックスはアメリカのランニングギアのメーカーで、アメリカでトップシェア [続きを読む]
  • 雁田山エリアのツールド長野試走会
  • ツールド長野130kの試走会に参加してきました。ツールド長野130kは長野市の、信州トレイルマウンテンさん(トレイルランニング・軽快登山の専門店)主催のイベントです。長野盆地を囲う里山をロードでつなぎながら結び、完全踏破をすると約130kmになります。コースは全8エリアで構成されており、ツールド長野本番までの週末に試走会が行われます。 2回目の参加となる信州トレイルマウンテンさんのツアー。前回は地附山・大峰山エリ [続きを読む]
  • 光城山でトレランモードにギアチェンジ
  • 日本百名山全山日帰り登山を達成し、その後、初めての光城山・長峰山。光城山の標高が912mで長峰山の標高が933mと、どちらも標高1000mに満たない山ですが、このホームマウンテンでのトレーニングがあってはじめて、日本百名山全山日帰り登山を達成することができたと思っています。 熊の目撃情報があったようです。光城山の登山口は住宅街の中にあるような感じなので、地域住民の方は不安なのではないでしょうか。 トレラン装 [続きを読む]
  • 山旅の記録
  • 僕のライフワークである登山の記録です。ほぼ、毎週末に山に登っているので、基本、1週間に1回の更新です。 最終更新日:2017年12月9日 ※所要時間は往路のみの時間です。写真撮影、休憩が少ないので比較の指標となります。※複数往復している場合は、1往復目のみの往路所要時間です。 登山日登った山所要時間(往路)備考ブログ投稿12月9日乗鞍約4時間ツアーコース終点から少し先まで2017シーズン初のスノーシュー&ラッセル地獄 [続きを読む]
  • 北海道の日本百名山9座を8泊9日で登った日程
  • 北海道には日本百名山が9座ありますが、北海道の日本百名山9座を8泊9日で登った日程をまとめてみました。 146日間で達成した、「ひと夏での日本百名山全山日帰り登山」の一連の日程の中で行いました。9日間というのは、1座目の羊蹄山の登山口をスタートしてから、9座目の利尻山の登山口に戻るまでに要した日にちです。(北海道と本州の行き来を含めた日程等は日程表の下で補足しています。) 日程の前に北海道の百名山9座の位置関 [続きを読む]
  • リトライの10座目 阿蘇山 日本百名山全山日帰り登山
  • 2017年10月24日に阿蘇山(高岳)を日帰り登山済阿蘇山の最高峰は標高1592mの高岳(たかだけ)熊本県の山 登山ルート仙酔峡〜高岳の日帰りピストンメモ:2017年6月16日に阿蘇山(高岳)登山に臨むも、登山口に続く道路が熊本地震による道路崩落のため通行止めとなっており断念。 駐車場 駐車場が無いため、かんぽの宿阿蘇に宿泊し、チェックアウト後も車を停めさせてもらうようお願いをした。トイレ無し 6月に登山を試みるも、登ること [続きを読む]
  • 毎年登る剱岳早月尾根登山前日の欠かせない行事
  • 毎年、日帰り登山をしている剱岳早月尾根ですが、登山前日には毎年行っている儀式があります。 儀式その1親不知海岸でツェルトを設営。設営練習をしがてらツェルトを海風に当てます。☆モンベル ライトツェルトについてのブログ投稿はこちら 百名山登山では装備軽量化のため、ヘリテイジのストックシェルターを携行しているので、ストックシェルターも設営練習をしがてら海風に当てます。☆ヘリテイジ ストックシェルターについ [続きを読む]
  • 金鳥居からの富士山剣ヶ峰日帰りピストン
  • 往路金鳥居〜北口本宮冨士浅間神社〜吉田口登山道(遊歩道)〜馬返し〜佐藤小屋〜富士山安全指導センター〜久須志神社(吉田口山頂)〜お鉢めぐり(時計回り)〜剣ヶ峰〜久須志神社(吉田口山頂)復路往路と同じ例年、6月下旬から7月初旬あたりに行う山行。夏の北アルプスに向けた高所順応を兼ねてます 笑このルートはほぼ、富士登山競争のルート。ただ、富士登山競争は吉田口山頂でゴールした後は、スバルライン5合目まで降り [続きを読む]
  • 八ヶ岳(唐沢鉱泉から阿弥陀岳日帰りピストン)
  • <唐沢鉱泉からの阿弥陀岳日帰りで歩いたルート>往路唐沢鉱泉〜西天狗岳〜東天狗岳〜根石岳〜ヒュッテ夏沢〜硫黄岳〜横岳〜赤岳〜阿弥陀岳復路往路と同じ例年、本格的な夏山シーズンに入る前に歩く八ヶ岳。適度にアップダウンがあり、横岳、赤岳、阿弥陀岳は高度感がある箇所がある。色々な面で、冬山では歩くことが少ないシーンを歩くことができ、夏山シーズンに向けたウォームアップができる。見どころとしては、西 [続きを読む]
  • 八ヶ岳(唐沢鉱泉から阿弥陀岳日帰りピストン)
  • <唐沢鉱泉からの阿弥陀岳日帰りで歩いたルート>往路唐沢鉱泉〜西天狗岳〜東天狗岳〜根石岳〜ヒュッテ夏沢〜硫黄岳〜横岳〜赤岳〜阿弥陀岳復路往路と同じ例年、本格的な夏山シーズンに入る前に歩く八ヶ岳。適度にアップダウンがあり、横岳、赤岳、阿弥陀岳は高度感がある箇所がある。色々な面で、冬山では歩くことが少ないシーンを歩くことができ、夏山シーズンに向けたウォームアップができる。見どころとしては、西 [続きを読む]
  • 新穂高からの槍ケ岳日帰り登山
  • 新穂高からの槍ケ岳日帰り登山<新穂高からの槍ケ岳日帰り登山で歩いたルート>往路新穂高〜穂高平小屋〜白出沢〜槍平小屋〜飛騨沢カール〜槍ヶ岳山荘〜槍ヶ岳復路往路と同様長距離の日帰り登山を意識し始めた頃、最大の目標としていた槍ヶ岳の日帰り登山。今でこそ、余力を残してできる行程ですが、当時はほとんど余力を残すことなくなんとか踏破できるといった行程でした。新穂高から白出沢までは砂利の林道をひたす [続きを読む]
  • 早月尾根からの剱岳日帰り登山
  • <早月尾根からの剱岳日帰り登山で歩いたルート>往路馬場島〜早月尾根〜早月小屋〜剱岳寄り道剱岳〜カニのヨコバイ〜カニのタテバイ復路往路と同様過去3回の剱岳日帰り登山では、馬場島登山口の駐車場に余裕をもって停めることができています。(午前3時〜4時に到着。)馬場島から早月小屋までの区間は気温が低い暗いうちに登れるところまで登っておきたい区間。早月尾根には猛者達が集うので、暗いうちから登り始める登山者も多 [続きを読む]
  • モンベルのライトツェルトアルバム
  • ツェルトに泊まると、テント泊の時に比べ、山の風をより近くに感じることができる気がします。装備軽量化のためのツェルト泊もしますが、どちらかというと山の風を身近に感じるためのツェルト泊が多い気がします。 ☆モンベルのライトツェルトを紹介したブログ投稿はこちら 2016年9月27日室堂〜立山〜五色ヶ原〜薬師岳〜黒部五郎岳〜三俣蓮華岳〜双六岳〜新穂高ツェルト縦走(3泊4日 ※2日目は [続きを読む]
  • モンベルのトレントフライヤー(レインウェア)のアルバム
  • レインウェアであるトレントフライヤーを着ているということは、雨か低温の中での登山ということになります 笑僕の登山でのトレントフライヤーの活躍の様子です☆ちなみにレインウェアパンツはモンベルのストームクルーザーです。 ☆トレントフライヤーについて紹介した投稿はこちら 2017年5月13日雨の守屋山3往復トレーニング3往復目の守屋山山頂で。 2016年12月26日高尾山・陣馬山 [続きを読む]
  • ツェルトインナーポールで居住空間の確保を
  • 基本的には緊急時に使用するのがツェルトですが、テント場で、時々、ツェルトを見かけることがあります。僕も含め、初めからツェルト泊の予定で山行計画をたてる登山者もポツポツいます。 そんな、予定したツェルト泊をする際におすすめなのが、 ツェルトインナーポールです。 ☆モンベル ライトツェルトについてのブログ投稿はこちら ツェルトインナーポールはツェルト内の居住空間を広めてく [続きを読む]