ronaldread さん プロフィール

  •  
ronaldreadさん: 高卒非正規が株式投資でアーリーリタイアを目指す
ハンドル名ronaldread さん
ブログタイトル高卒非正規が株式投資でアーリーリタイアを目指す
ブログURLhttps://ronaldread.blogspot.jp/
サイト紹介文年収200万円台の高卒非正規。 2030年までにアーリーリタイアして配当金生活するのが目標です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2017/01/08 21:07

ronaldread さんのブログ記事

  • 世界各国のROEとROA比較
  • よく「日本企業は欧米企業に比べてROEが低い」という話を耳にします。日米のROE、ROAの差についての記事は何度か読んだことがありますが、他の国との比較については見たことがなかったので、今回は世界各国のROEとROAを調べてみました。世界各国のROE、ROA、配当利回り、PER、PSR、PBRインデックスのROE、ROAが載っているサイトを見つけることができなかったので、YChartsで各国株式ETFのデータを検索して表を作りました。とりあえず [続きを読む]
  • VTを全売却、VWO、DGS、VGK、ERUS、EPOLを購入
  • VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)を$75.03で135株売却、VWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF)を$43.49で26株、DGS(ウィズダムツリー 新興国小型株配当ファンド)を$50.20で30株、VGK(バンガード・FTSE・ヨーロッパETF)を$57.78で22株、ERUS(iシェアーズ MSCI ロシアETF)を$31.84で140株、EPOLを(iシェアーズ MSCI ポーランドETF)を$22.28で96株購入しました。VTはNISA口座での保有だっ [続きを読む]
  • 世界各国のイールドスプレッド比較(2018年5月末)
  • 2018年5月末の世界各国のイールドスプレッドを見ていきます。(過去記事:世界各国のイールドスプレッド比較(2018年4月末)) ※イールドスプレッドは株式のバリュエーションを判断する指標のひとつです。債券同士の利回り格差や株式と債券の利回り差を指し、それぞれの利回りを比較することで相対的な割高感・割安感を判断する指標のひとつとなる。債券同士の場合は、一般的に長期国債を基準に、残存期間や信用度から債券利回り [続きを読む]
  • EPOL(iシェアーズ MSCI ポーランドETF)
  • 今回はポーランド株ETFのEPOL(iシェアーズ MSCI ポーランドETF)についてです。EPOLはCAPEレシオが低いので興味を持ってはいたものの、国内ネット証券では取り扱いがないと勘違いしていたので今まで調べたことがありませんでした。コメント欄で普通に買えることを教えていただいたので、低CAPE国への投資の一環としてEPOLへの投資を検討しています。(過去記事:投資方針(仮))EPOL(iシェアーズ MSCI ポーランドETF)EPOLの経 [続きを読む]
  • 米利上げで新興国株が下落するとは限らない
  • WisdomTreeのブログによると、「「FRBの利上げが米ドル高と新興国株安を招く」という概念は誤り」だそうです。過去の利上げサイクル5回のうち、直近4回で新興国株はS&P500をアウトパフォームしており、特に前回(2004年6月〜2006年6月)には+83.25%と大幅に上昇しています。出典:現在の経済サイクルにみえる成長の兆し(WisdomTree)また、REITも金利上昇に弱いというイメージがありますが、REIT.comによると過去6回の金利上昇局 [続きを読む]
  • 世界各国のCAPEレシオと中央値からの乖離率
  • 私はポートフォリオの20%程度をCAPEレシオの低い国に投資しようと考えています。今のところはロシア6.3%、トルコ1.8%で合計8.1%を低CAPEに配分していて、ロシアは10%、トルコは3%程度を上限に買い増しする予定です。(過去記事:投資方針(仮))CAPEレシオは国によって常に高めだったり低めだったりで差が大きいです。たとえば米国大型株のCAPEの中央値は16.2ですが、ロシアは6.3、メキシコは22.7です。なので単純にCAPEレ [続きを読む]
  • BPを売却、TURを買い増し
  • BPを$45.85で21株売却、TUR(iシェアーズ MSCI トルコ ETF)を$30.04で40株購入しました。BPはメキシコ湾流出事故の影響でオイルメジャーのなかで比較的割安なんじゃないかなと思って昨年初に購入した銘柄です。現在はERUS(iシェアーズ MSCI ロシアETF)の買い増しでエネルギーセクター比率が高くなっているので、とりあえずBPは利益確定することにしました。1年半の保有で株価は約24%の上昇です。TURは先月$33.19で購入してから [続きを読む]
  • 生活必需品セクターのCAPEレシオと3年リターンは逆相関
  • SiblisResearchによると、生活必需品セクターのCAPEレシオと将来リターン(3年間)は逆相関だそうです。出典:SiblisResearch.comリターンは軸が上下逆になっているので、低CAPEでは高リターン、高CAPEでは低リターンになっているのが分かります。低リターンといっても2000年前後ではCAPEが40超だったのに3年リターンは+25%程度もあり、マイナスになっているのは2006年初の短い期間だけです。このサイトでは無料で見られるのは一 [続きを読む]
  • 強気相場終盤に貧乏リタイアしたら何年生きられるのか
  • 日曜日の夕方が憂鬱すぎて、ふと今の全財産1,500万円でリタイアしたら何年くらい生きられるんだろうかと思ったので、シミュレーションを作ってみました。今は強気相場の終盤だと思うので、過去の強気相場の天井(2000年8月末と2007年6月末)に1,500万円分のS&P500を保有した状態でリタイアし、毎年100万円(毎月83,333円)ずつ引き出していくという条件にしました。S&P500はYahoo FinanceのS&P 500 (TR) 、ドル円はStooqのデータを [続きを読む]
  • PMが6.5%増配、配当利回りは2009年4月以来の水準に
  • PM(フィリップ・モリス・インターナショナル)が6.5%の増配(四半期配当$1.07→$1.14)を発表しました。予想配当利回りは5.78%($1.14×4÷執筆時株価$78.90)です。配当利回りチャートを見てみると、2009年4月以来の水準まで上がってきています。一方、MO(アルトリア・グループ)の配当利回りは2014年4月以来の水準です。2009年末のは約8.5%もの超高利回りだったようです。素晴らしいですね。今のところ、ロシア株とタバコ株 [続きを読む]
  • 投資方針(仮)
  • ※2018年6月11日更新「ポーランド株ETFは国内ネット証券で取り扱いがない」と書いていましたが、間違いで実際には買えるようです。コメントありがとうございました。2018年6月時点の投資方針です。今まで「投資方針」というラベルを作っておきながら、まともに投資方針について書いていませんでした。最初は米・英・豪の高配当株ばかりを保有していましたが、ブログを始めてから段々考えが変わってきているので、とりあえず現時点 [続きを読む]
  • 米国株のリスクプレミアム推移
  • 今回は米国株(S&P500)のリスクプレミアム推移を計算してみました。(過去記事:世界各国株式のリスクプレミアムを計算してみる)S&P500のリスクプレミアム推移リスクプレミアムは株式益利回り+名目GDP成長率-長期金利(10年国債利回り)で計算します。益利回り、名目GDP成長率、10年国債利回りはすべて「multpl.com」のデータを使いました。益利回りと10年国債利回りは月次ですが、名目GDP成長率は1946年以前が1年毎、1947年以降 [続きを読む]
  • 実家暮らし比率が思いのほか高い
  • よく「働くようになったら実家を出て一人暮らしすべきだ」という意見を耳にしますが、実家暮らしの割合ってどれくらいなんだろうと思って調べてみました。男女の親との同居率(2015年)「実家暮らし 割合」とかで検索してもすぐには出てこなかったので統計がないのかなと思いましたが、国勢調査に普通に載っていました。グラフは年齢階級別の親との同居率(2015年)です。 出典:平成27年国勢調査(世帯構造等基本集計結果)未婚 [続きを読む]
  • ビリヤニが美味しくてMKC(マコーミック)を買いたくなる
  • 最近、頻繁にビリヤニを食べに行っています。ビリヤニとはインドのスパイシーな炊き込みご飯のことで、グレービー(カレー)とバスマティライスを何層にも重ねて蒸して作るそうです。インド以外にもパキスタンとかネパールとか様々な国のビリヤニがあって、同じ国でも地方によって作り方が違うみたいです。チキンビリヤニとかマトンビリヤニとか種類がいっぱいあって、私が食べたことがあるのはチキンとマトン、山羊肉です。どれも [続きを読む]
  • 2018年5月の配当
  • 5月の配当が確定したので結果をまとめました。税引き後配当ADR手数料BTIブリティッシュ・アメリカン・タバコ$48.67-$0.46CLコルゲート・パルモリーブ$4.86GISゼネラル・ミルズ$21.89HRLホーメル・フーズ$20.68PGプロクター・アンド・ギャンブル$7.77QQQパワーシェアーズQQQトラスト・シリーズ1$2.47合計$106.34-$0.46税引き後配当$106.34からADR手数料$0.46を差し引いて、5月の配当は$105.88でした。CLは5.0%増配($0.40→$0.42) [続きを読む]
  • 世界各国株式のリスクプレミアムを計算してみる
  • 前回の記事では全世界、 新興国、米国を除く先進国、米国を除く全世界、ヨーロッパ、パシフィック先進国のイールドスプレッドを計算しました。単純にイールドスプレッドから判断すると、低金利のパシフィック先進国、米国を除く先進国、ヨーロッパが割安で、高金利の新興国は割高ということになります。(過去記事:ETF(VT、VWO、VEA、VEU、VGK、VPL)のイールドスプレッド)ですが、前回の記事でも書いたようにリスクプレミアム [続きを読む]
  • ETF(VT、VWO、VEA、VEU、VGK、VPL)のイールドスプレッド
  • 毎月末、StarCapital AGのデータを使って各国のイールドスプレッド(10年国債利回り-株式益利回り) を計算しています。(過去記事:世界各国のイールドスプレッド比較(2018年4月末))いつもは単一国のイールドスプレッドしかチェックしていないのですが、今回はETFのイールドスプレッドを計算してみました。ETFはバンガードのVT(全世界)、 VWO(新興国)、VEA(米国を除く先進国)、VEU(米国を除く全世界)、VGK(ヨーロッパ [続きを読む]
  • EIDO(iシェアーズ MSCI インドネシア ETF)
  • 今回はインドネシア株ETFのEIDOについてです。前回のインド株ETFのEPIと同じく、今は少し割高に思えますが、将来性抜群なので下がったら買いたい国のひとつです。(過去記事:EPI(ウィズダムツリー インド株収益ファンド)) EIDO(iシェアーズ MSCI インドネシア ETF)EIDOの経費率は0.62%と高いですが、iシェアーズの単一国株式ETFのなかでは標準的だと思います。ETF.comではEIDOのPERはVWOと同じ16.82ですが、インドネシアの1 [続きを読む]
  • EPI(ウィズダムツリー インド株収益ファンド)
  • PwCによると、2050年の予測GDP(購買力平価ベース)世界順位は1位中国、2位インド、3位米国、4位インドネシア、5位ブラジル、6位ロシア、7位メキシコ、8位日本、9位ドイツ、10位英国となるそうです。GDPが成長するからと言って高リターンが期待できる訳ではありませんが、インドとインドネシアには単一国株式ETFで投資していきたいなと思っています。今はどちらも少し割高に見えますし、経常赤字国なので他の新興国よりも米金融引 [続きを読む]
  • 資産推移(2018年5月末)
  • 2018年5月末(※5/26時点)の資産は前月(14,796,587円)比43,755円増の14,840,342円でした。資産内訳は株式が98.4%、401kが1.1%、円預金が0.5%です。 先月まで暗号通貨を1%弱保有していましたが、今月すべて売却してTUR(iシェアーズ MSCI トルコ ETF)を購入しました。(過去記事:TUR(iシェアーズ MSCI トルコ ETF)) 2018年5月末の外国株式ポートフォリオは以下の通りです。SymbolNameMarket ValueWeightULユニリーバ$10 [続きを読む]
  • 世界各国株式のCAPEレシオと過去10年実質リターン
  • StarCapital AGのデータを見てみると、CAPEレシオとその後10-15年間の実質リターンには強い逆相関関係があります。出典:StarCapital AG(PDF)今回はResearch Affiliatesのデータを使って、世界各国株式の過去10年がどうだったかを調べてみました。CAPEレシオと過去10年実質リターンの関係まず、2008年4月時点のCAPEレシオと過去10年(2008年4月〜2018年4月)の実質リターンを表にまとめました。表は2008年4月時点のCAPEレシオの [続きを読む]
  • EWM(iシェアーズ MSCI マレーシア ETF)
  • 今回はEWM(iシェアーズ MSCI マレーシア ETF)についてです。 最近はロシアとトルコの記事をよく書いていますが、マレーシアも単一国株式ETFで投資しています。2018年4月末時点のマレーシアのCAPEレシオは17.0で、ロシア(6.4)やトルコ(10.4)と比べると高いですが、新興国株全体(17.3)と同程度です。Research Affiliatesによると、マレーシア株の今後10年間の実質期待リターン(2018年4月末時点)は6.7%で、ロシア(12.1% [続きを読む]
  • 暗号通貨を全売却、トルコ株ETFのTURを購入
  • 保有していた暗号通貨(ビットコインとイーサ)を全て売却し、TUR(iシェアーズ MSCI トルコ ETF)を$33.19で40株新規購入しました。暗号通貨は今年1月に約2倍になったので半分を売却して元本を確保し、残りは保有し続けるつもりでした。ですが、年をまたいだ損益通算ができないので来年以降に損失確定することになったら嫌ですし、そもそも理解せずにギャンブル的に買っていたものなので、全て売却することにしました。トルコ株は [続きを読む]
  • TUR(iシェアーズ MSCI トルコ ETF)
  • 現在、CAPEレシオが低い国のウェイトを高めています。2018年4月末時点で最も低CAPEなのはロシア(6.4)で、次いでチェコ(10.0)、トルコ(10.4)が低いです。ロシア株は既にポートフォリオの約7%を占めており、10%程度までは買い増しするつもりです。チェコ株に投資できるETFがないので、今回はトルコ株ETFのTUR(iシェアーズ MSCI トルコ ETF)について調べてみました。TUR(iシェアーズ MSCI トルコ ETF)まず、新興国株ETFの [続きを読む]