田村大夢 さん プロフィール

  •  
田村大夢さん: 琥珀
ハンドル名田村大夢 さん
ブログタイトル琥珀
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/khksince1992
サイト紹介文日常の生活の中から俳句目線で目にとまった事を たまに脱線しながらも楽しく綴っています。
自由文たくさんの人達とたくさんの思いを共有できたら嬉しいです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 214日(平均0.9回/週) - 参加 2017/01/09 11:16

田村大夢 さんのブログ記事

  • 大仏のひざもとにある余寒かな
  • 大仏のひざもとにある余寒かな先日、黙々庵さんのネット句会に出句したこの句ができたのは、日野市東豊田にあるこの大仏のひざもと。JR中央線の豊田駅から徒歩15分ほどのところにあります。なかなか立派な大仏様なのですが、規模の割にはあまり有名ではないようです。私もたまたま通りかかって初めて知りました。善生寺(ぜんしょうじ)というお寺にあります。境内や近くの浅川沿い等、散策にいいですよ。地元の人しか知らない [続きを読む]
  • 大仏のひざもとにある余寒かな
  • 大仏のひざもとにある余寒かな先日、黙々庵さんのネット句会に出句したこの句ができたのは、日野市東豊田にあるこの大仏のひざもと。JR中央線の豊田駅から徒歩15分ほどのところにあります。なかなか立派な大仏様なのですが、規模の割にはあまり有名ではないようです。私もたまたま通りかかって初めて知りました。善生寺(ぜんしょうじ)というお寺にあります。境内や近くの浅川沿い等、散策にいいですよ。地元の人しか知らない [続きを読む]
  • 金剛桜
  • ここは東京都日野市にある高幡不動。四季折々の自然を楽しめる素敵な所です。梅のピークは過ぎて、でも桜にはまだ早い、なんだか中途半端な時期に来ちゃったなと思っていたらなんと早咲きの桜が!「桜・・じゃないよね、梅だよね?」などと思いながら近づいてみると近くを歩いていた人達が同じ事を話してた。(笑)近づいてみると木の幹に横縞が。横にいたご年配の夫婦に「これって桜なんですね」って話しかけてみた。「これはね、 [続きを読む]
  • 金剛桜
  • ここは東京都日野市にある高幡不動。四季折々の自然を楽しめる素敵な所です。梅のピークは過ぎて、でも桜にはまだ早い、なんだか中途半端な時期に来ちゃったなと思っていたらなんと早咲きの桜が!「桜・・じゃないよね、梅だよね?」などと思いながら近づいてみると近くを歩いていた人達が同じ事を話してた。(笑)近づいてみると木の幹に横縞が。横にいたご年配の夫婦に「これって桜なんですね」って話しかけてみた。「これはね、 [続きを読む]
  • ふきの芽の天ぷら(ちなみに手前は鶏肉の天ぷら)
  • 朝に摘んだふきの芽を天ぷらにしてもらいました。「苦い」のではなく「苦みがふわっと香る」という感じでものすごく美味しかったです。そりゃそうだよな。店頭に並んでるものは、朝に収穫して農協に出荷して各チェーンの配送センターに納品されて早くても翌日に並ぶんだもの、全然違うさ!(↑摘んだのも揚げたのも自分じゃないくせになんか偉そう(笑))お金をかけずに究極の贅沢ができました! [続きを読む]
  • ふきの芽の天ぷら(ちなみに手前は鶏肉の天ぷら)
  • 朝に摘んだふきの芽を天ぷらにしてもらいました。「苦い」のではなく「苦みがふわっと香る」という感じでものすごく美味しかったです。そりゃそうだよな。店頭に並んでるものは、朝に収穫して農協に出荷して各チェーンの配送センターに納品されて早くても翌日に並ぶんだもの、全然違うさ!(↑摘んだのも揚げたのも自分じゃないくせになんか偉そう(笑))お金をかけずに究極の贅沢ができました! [続きを読む]
  • 琥珀二月句会
  • やっぱ俳句は縦書きだろう・・って思って別ウィンドウでもいいから縦書きで作ったワードをアップしようとしたりメモ帳を縦書きにできないかとか色々頑張ってみましたがとりあえず断念。まずは主催の四句。初東風や銭屋五兵衛の帆が見へる老梅や一枝に一花の見事さよ七日早やゲーテ小伝子の机辺風の中自生のポピー花咲きぬ          松原珀子主催選句オリオンを正面に見て朝帰り     田村大夢春さんぽつなぐ親子のわ [続きを読む]
  • 琥珀二月句会
  • やっぱ俳句は縦書きだろう・・って思って別ウィンドウでもいいから縦書きで作ったワードをアップしようとしたりメモ帳を縦書きにできないかとか色々頑張ってみましたがとりあえず断念。まずは主催の四句。初東風や銭屋五兵衛の帆が見へる老梅や一枝に一花の見事さよ七日早やゲーテ小伝子の机辺風の中自生のポピー花咲きぬ          松原珀子主催選句オリオンを正面に見て朝帰り     田村大夢春さんぽつなぐ親子のわ [続きを読む]
  • 雪女郎
  • 2〜3年前から雪女郎を題材にした句を作りたいと思っています。 舞台は雪国ではなく、現代の都会。 なかなか難しくて未だに出来ずにいますが。 雪女に遭遇したら今風のメークだったとか、 暖かい都会の繁華街に雪女がいたとか。 これを何とか俳句で表現できないものかと思っているんです。 題材としては川柳の方がいいかもしれません。 でも俳句で。 まだ私の実力では無理です。 でもいつかは完成させたい。 雪女郎盛り場の路 [続きを読む]
  • 雪女郎
  • 2〜3年前から雪女郎を題材にした句を作りたいと思っています。 舞台は雪国ではなく、現代の都会。 なかなか難しくて未だに出来ずにいますが。 雪女に遭遇したら今風のメークだったとか、 暖かい都会の繁華街に雪女がいたとか。 これを何とか俳句で表現できないものかと思っているんです。 題材としては川柳の方がいいかもしれません。 でも俳句で。 まだ私の実力では無理です。 でもいつかは完成させたい。 雪女郎盛り場の路 [続きを読む]
  • 立春
  • 去年だったか一昨年だったか立春の日に春物のファッションでキメた女性を見かけました。立春ですよ、2月4日ですよ。春になって見かけたらどってことのない普通のファッションだったのでしょうが目を引くほどにセクシーでした。そりゃそうだよな、回りはまだみんなモコモコのダウンだもの。多少なりとも身体の線や素肌の一部が出てれば色っぽく見えてしまいますよね。でも、私がその女性から感じたオーラは「ファッション」でも「 [続きを読む]
  • 立春
  • 去年だったか一昨年だったか立春の日に春物のファッションでキメた女性を見かけました。立春ですよ、2月4日ですよ。春になって見かけたらどってことのない普通のファッションだったのでしょうが目を引くほどにセクシーでした。そりゃそうだよな、回りはまだみんなモコモコのダウンだもの。多少なりとも身体の線や素肌の一部が出てれば色っぽく見えてしまいますよね。でも、私がその女性から感じたオーラは「ファッション」でも「 [続きを読む]
  • めじろ
  • メジロって警戒心が強いからカメラを向けたとたんに逃げてしまってなかなか写真を撮れないですよね。ここはJR中央線豊田駅北口にある黒川清流公園近くにある生協の裏手。カメラを向けるどころかこんなに近づいても逃げません。餌付けされているんですかね。確かに生協だったら餌は豊富にありそう。すぐに逃げると思っていたんだけど3分以上の動画になってしまいました。途中で「まだかよ〜」って思ったくらい。(笑) [続きを読む]
  • めじろ
  • メジロって警戒心が強いからカメラを向けたとたんに逃げてしまってなかなか写真を撮れないですよね。ここはJR中央線豊田駅北口にある黒川清流公園近くにある生協の裏手。カメラを向けるどころかこんなに近づいても逃げません。餌付けされているんですかね。確かに生協だったら餌は豊富にありそう。すぐに逃げると思っていたんだけど3分以上の動画になってしまいました。途中で「まだかよ〜」って思ったくらい。(笑) [続きを読む]
  • おお〜さむっ
  • 「大寒」の読み方を知らないわけではありません。(笑)大寒を迎え冬本番に突入ですね。一年で一番寒さの厳しい時期。ここ数年、めっきり寒さに弱くなったのでかなりこたえます。歳時記も写真付きのものはあまり開きません。ページの間からも冷たい風が吹いてきそうだもの。「一年で一番寒さの厳しい時期」とは考えず「冬の折り返し地点」と考えたらどうでしょうかね?ああ、少し心に余裕が出てきた。(笑)この勢いでスーパーまで [続きを読む]
  • おお〜さむっ
  • 「大寒」の読み方を知らないわけではありません。(笑)大寒を迎え冬本番に突入ですね。一年で一番寒さの厳しい時期。ここ数年、めっきり寒さに弱くなったのでかなりこたえます。歳時記も写真付きのものはあまり開きません。ページの間からも冷たい風が吹いてきそうだもの。「一年で一番寒さの厳しい時期」とは考えず「冬の折り返し地点」と考えたらどうでしょうかね?ああ、少し心に余裕が出てきた。(笑)この勢いでスーパーまで [続きを読む]
  • 冬日
  • 冬日そのものではなく、冬日を浴びたもので冬日をうまく表現できないか、と思い立ちカメラを持って外へ。まずは冬日をいぱいに浴びているマンション。確かに太陽の光をあびていますが春でも秋でもどっちでもいいかな。夏じゃないことは確かってくらい。他にも植物や風景を撮ってみたんだけど光の具合が変なだけの写真がいっぱい撮れただけ。写真としておかしくないものは、やっぱり春でも秋でもいいというもの。なかなか難しいもん [続きを読む]
  • 冬日
  • 冬日そのものではなく、冬日を浴びたもので冬日をうまく表現できないか、と思い立ちカメラを持って外へ。まずは冬日をいぱいに浴びているマンション。確かに太陽の光をあびていますが春でも秋でもどっちでもいいかな。夏じゃないことは確かってくらい。他にも植物や風景を撮ってみたんだけど光の具合が変なだけの写真がいっぱい撮れただけ。写真としておかしくないものは、やっぱり春でも秋でもいいというもの。なかなか難しいもん [続きを読む]
  • 近所で梅が咲いていた
  • どこかの名所に梅見に行ったとかそういう話ではなくて近所の路地を曲がったらいきなり満開の梅の木が!そうそう、メジロも来てたんですよ。残念ながらカメラに収めることは出来ませんでした。春はもうそこまで・・とまではさすがに思えませんでしたがやっぱりちょっと嬉しかったかなあ。 [続きを読む]
  • 旧暦
  • もはや豆まきよりも定着した感のある恵方巻。あちこちで予約受付中ですね。もしかして若い人の中には「節分って太巻き食べる日でしょ? 豆まき?マジ?掃除大変じゃん。 つーか、それどこの地方?」なんて人がいるかも!?まあ、そんな子がいたら「なまはげが来たら豆をぶつけて逃げるんだよ」くらいの事を言ってやろうかと思っていますが。(笑)歳時記を何冊かめくってみましたが恵方巻は季語として出ていませんでした。って、 [続きを読む]
  • 冬ざれ
  • 東京都の府中市と稲城市の間に架かる是政橋からの写真。橋の下に流れているのは多摩川で、府中市側の岸を写しています。っていうか、ここまでアップだったらそんな細かい説明はあまり意味無いですよね。(笑)この季節、たぶんあちこちでこんな風景を見ることができると思います。枯れ木をアップで撮れば「冬ざれ」枯れ木越しに空を入れれば「冬の空」ああ、句作より先にくだらない屁理屈が浮かぶ自分がいやだ。(笑)でも、素材と [続きを読む]
  • 新年会
  • 気になるあの娘は左斜め前の席、右斜め前の席は会社のお偉いさん。楽しいんだか楽しくないんだか・・[[img(http://poem.blogmura.com/haiku/img/haiku88_31.gif)]][http://poem.blogmura.com/haiku/ranking.html にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ(文字を )] [続きを読む]
  • 春の七草
  • ここ数年、春の七草を使ったうどんやパスタ等、要するにお粥以外のレシピをよく見かけますよね。今年の1月7日は土曜日でしたが、もし平日で仕事始めをとっくに迎えているという状況だったら朝食にお粥はちと困る。でも7日に七草というのは押さえておきたい、そんな所から出てきたんでしょうか。七草のフリーズドライなんて便利な物も出てるのでバリエーションは更に広がります。わが家では、今年はおじやで去年はチャーハン、一 [続きを読む]