yuu さん プロフィール

  •  
yuuさん: yuu@宇宙の法則と潜在意識
ハンドル名yuu さん
ブログタイトルyuu@宇宙の法則と潜在意識
ブログURLhttps://ameblo.jp/yuu-all-love/
サイト紹介文〜幸せになる心のLesson〜 宇宙の法則と潜在意識の話、人生を楽しみ、奇跡を起こすヒント。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 280日(平均4.6回/週) - 参加 2017/01/09 17:37

yuu さんのブログ記事

  • 「フン!」とか「チッ!」とかに隠れた幸せのカギ
  • フン!生意気…だと思うこと。それは…ほんとは「うらやましい」からあの人と自分は違うから自分にはそんなこと出来ない!自分にはゆるせない!目立ってはいけない!自分を主張してはいけない!我慢しなきゃいけない!出来ると思っちゃいけない!…って思ってるからね、なんだ、フン!…って、心が反応するの。自然と湧いてくるよね。ちっちゃな反応かもしれないから気づかないかもしれないけど「そんな反応してはいけない」「バカ [続きを読む]
  • 決めたら起こってくること
  • ちゃんとね。ちゃんと決めたら起こってくる。いろんな手放しが…「抵抗」の手放し。そして、それは簡単になる。必要だから。進むために。起こってくるから。しっかり、決まっていれば、ちゃんと、感じられる。必要だから。分かるようになってるの。そこを超えないと見えないものがあるから。超えるのは要らないもの。要らないものを、手放せば手放すほど、軽くなって、流れに乗ってくる。流れが速くなる。もし、何かの邪魔が入った [続きを読む]
  • 不自由を感じる原因
  • 頭の中は「自由」だ。自分だけのもの。誰にも知られない。だからなんの遠慮もいらない。はずなのに…何かに囚われて誰かに捕らわれてたくさんの「制限」の中で生きている。思考は現実化する。…と、聞くと願っても叶わないじゃないかそんなバカな!と言うだろう。しかし思考は現実化「している」…というのがホントのところ。「願っても叶わない」もそのひとつ。…そう信じているから。「制限があるという思考」が制限のある現実を [続きを読む]
  • ゆるすこと…変化を起こしたいなら
  • 変化を起こしたいならゆるす・みとめる・うけいれる漢字にすると…許すとか赦すとかあるけど「許す」となるとなんか「悪いこと」があってーの誰かや自分の「罪」を「じゃ、もういいよ」みたいになりがち。(笑)だからって「許す」って感じを使わずに「赦す」を使う、ってのもなんかね…ジャッジがはいるわけじゃん。ほんとは、どっちでもよくって許しても赦さなくても。「ゆるす」で過去のことを「ゆるす」も、だけど未来のこと、 [続きを読む]
  • 否定する気持ちが伝えたいこと
  • 否定する気持ち…批判する気持ち、でもいい…拒否、でもいい…バカにして笑っているかもしれない。何かを見て読んで聞いてえー?それって…?おかしくね?ムカつく…みたいに湧いてくる感情があります。その「感情」は悪くない。その「感情」はナビだから。あなたに伝えたいことがあるの。否定したり批判したり拒否したりそれは、やり方が気に食わなかったり方法にムカついたり考え方が気に入らなかったり行動が許せなかったり…で [続きを読む]
  • 自動的に起こっていること
  • なんか違うからなんかおかしいから何かを変えなきゃいけない…と、思ってる。自分は正しくて自分以外が間違っているんだ…っていう、考え。それがそもそもの今までの思考のパターン。そのパターンを変えなきゃ変わらないの。見えてる世界は360° 自分の内側の投影。見える世界を変えたいなら自分の内側を変える。「思い方」を変える。疑ってみるのは自分の思考。どうしてそうならないのかどうしてそうなってしまうのかそもそもは自 [続きを読む]
  • 人生が変わらない理由
  • どんな風に人生が見えていますか?見えてる世界はあなたを映し出しています。…投影の法則右回りのものを左回りにしたければ回し方を変えるしかない。後ろに進むのを前に進めたければ進む向きを変えること。右でも左でも。いつものパターンでいては変わらないのは当たり前。いつもと違うことをやればいつもと違うのも当たり前。自動的に動くものにちょっとでも刺激を与えるとその動きは変わります。人生を変えるのはこれと同じこと [続きを読む]
  • より良いものを生み出す法則
  • すべてはエネルギー。人もエネルギー。エネルギーは動力。動かす力。生み出す力。エネルギーが足りないと動きが重くなる。遅くなる。鈍くなる。摩擦が起こる。意識はエネルギー。愛はエネルギー。心の潤滑油。愛をもって動くこと。奪わず与える。奪われず与える。与え合い受け取り合う。ここに分離はない。犠牲もない。お互いが100%それは合わせて200%になる。《 両性の法則 》は男性性エネルギー(与える)と女性性エネルギー(受 [続きを読む]
  • 自分との距離、相手との距離
  • 距離感には隔たりがあり、親密感には隔たりがない。隔たりは分離。親密感は統合。「ひとつ」か「ふたつ」か。自分との距離…許せる私と、許せない私と。愛せる私と、愛せない私と。ひとりの中の分離。相手との距離…許せるあの人と、許せないあの人。愛せるあの人と、愛せないあの人。ふたりの仲の分離。どちらも愛から離れた時、分離が起こる。親密感はすべてを癒す…愛をもって近づけばいい。誰かに距離を感じるとき壁越しに見て [続きを読む]
  • 信じるものを与え、信じるものを受け取っている
  • 「与える」…って。何かを差し出すことじゃない。どんなエネルギーを出すか。どこに意識をむけているか。奪われるものでもなく捨てるものでもなく取られるものでもないどんな風に見えるかどんな風に感じるかどんな風にとらえているか「愛」を信じて「愛」を感じているなら「愛」が見つかる「不憫(ふびん)」に感じて「かわいそう」だと思う、とか。足りないことを意識を占拠され「ある」ことに目を向けていないなら「不足感」とし [続きを読む]
  • 世界は自分のパターンを映し出している
  • 悪いところを探してはこの人はダメとか。これが、いつものパターンなのね。いつものジャッジ。「正しさ」基準。満たされていないことを探しては足りないとか。これも、いつものパターンなのね。いつものジャッジ。「こうあるべき」基準。ちゃんとして!しっかりしろよ!それじゃダメだろ!こっちは良くてあっちは悪いという片寄りがあるから苦しくなる。吸う息は良くて吐く息は悪いみたいな…うまくいかない人生いつものパターンを [続きを読む]
  • 過去に答えはないんです
  • 確かに…過去の記憶が言動に影響を与えてはいますが。難しく考えこまないで。そこをどうにかしないと…ってそれ自体が問題になっちゃってるじゃん。目の前に「問題」と思わしきことがあるとします。それは、ダミーであることが多いのよ。ダミー!じゃ、本当は?どうしたいの?…本来の自分に光を当てなさい、と。光が当ってないから闇や影しか見えてこない。その闇(問題)は本来の自分になるためステップアップのためレベルアップ [続きを読む]
  • 恐れに隠れている大切なもの
  • 恐れはなくなることないけど。(笑)「恐れ」という幻想の岩。なにを恐れていますか?なにが怖いですか?お金がなくなること?失敗すること?嫌われること?変わること?変わらないこと?それがなんであれ実はそこに大切なものが隠れています。お金がなくなくなることが恐いのは、その反対に無限の豊かさがあるから。失敗することが恐いのは、経験の先に成功があるから。嫌われることが恐いのは、無条件に愛されている自分を知らな [続きを読む]
  • 問題が起こったというより、問題にしてるだけ。
  • 「問題」は自分の外側を向いてるから。「問題」としてとらえると、ちゃんとやってる感があるのかなぁ(笑)真面目感みたいなのとか、「問題」にしてた方が安心…みたいな感じなのかなぁ。「問題」にしちゃう癖があるらしいよね。思考が、勝手に!(笑)「問題にしてしまう」…癖だよ。・・・何かが起こったとき。それは、違うんじゃないか…とかいや、こっちがいい…とかだめだよ、それ…とかマジ、ありえねー、とかやめてくれよー [続きを読む]
  • コントロール出来ないことに翻弄されている時
  • あー、どうしよう。あー、やだなぁ。あー、まいったなぁ。とか、こーなったらいいのに。あーだったらいいのに。なんで、こーしないの?どーして、そーなの?…という、不満。でも、自分だけではどうにも出来ないとき。頭で考えてもいいアイデアが浮かばないとき。自分以外のことだから…どうにも出来ないとき。どうにかしたい。こうであるべき。できれば、自分の思い通りに。(が、正しいのに)それは出来そうにないよな…でも、ど [続きを読む]
  • 関連し合うものは出会う
  • 例えば「パートナーが欲しい」という願い。からの。「パートナーがいなければならない」「パートナーを見つけなきゃ」「パートナーと出会わなきゃ」…という願いを握りしめちゃいます。つい。思考が現実化しているんだから(思考の法則)「しなければならない」状態が続いてるならそれは当然…なかなかパートナーと出会えずにいるから「焦り」「不安」「執着してるからシンドイ」…ってなります。パートナーと一緒にどうなりたいの [続きを読む]
  • 罪悪感は「愛」だった
  • 幼い頃。お花と自分がおんなじでお空と自分がおんなじで地面と自分もおんなじで葉っぱも虫も風さえも…世界には自分だけだった。無邪気にたわむれて自由奔放に動き回って泣くときは泣き笑うときはとことん笑い命が輝いていた。「ありのまま」だったころ。…それが本来の自分。きっと背中には羽が生えていた。考えるより感覚が先でその感覚のまま動いていられたから喜びと楽しさに満たされていた。…完全に宇宙と調和していた。そこ [続きを読む]
  • すべてが自分の投影だと知っているならば
  • 潜在意識は見えないからなかなか気づかないけど。誰かのことをどう思っても世間のことをどう思ってもそれは自分へ返る。…自分がが映っているだけ。鏡の世界。あの人のこんなところがイヤだ、とかあの人のこんなところが素晴らしい、とか世の中は辛いことばかりだ、とか世の中はみんな優しい、とかいろいろたくさんある中で…みんな、それぞれが「自由」好き勝手なことを言っても良い。好き勝手に思っても良い。好き勝手に信じても [続きを読む]
  • 与えるものが受け取るもの
  • 宇宙の法則の原則は「与える」ものが「受け取る」ものそれは、誰かに「与える」ことだけじゃない。自分にも「与える」こと。そこが、抜けてる。だから、いつまでも、自分は満たされない。こんな自分じゃいけないこんな自分はダメだこんな…と。「否定」し続ければ心はきっと涙目。岩に落ちる雫は固い岩にも穴をあける。ハートが流した涙が心に穴をあける。だんだんと「受け取れない」心になっていく…「与える」と「受け取る」は同 [続きを読む]
  • 自分のカラクリ…潜在意識を極性の法則から読む。
  • 「自分」…って複雑なんです。意識上には上がってこないものがある。「認められたい」には「認められたくない」が一緒にある。「認められなければいけない」には「認められてはいけない」があるのです。「失敗したくない」には「失敗したほうがいい」があり「失敗してはいけない」には「失敗しなければいけない」がある。「安心したい」には「安心したくない」があって「安心しなければならない」には「安心してはいけない」がある [続きを読む]
  • しっかり決まってないから動かない
  • 「決める」と宇宙は動きます。そして、自分も動けます。「決める」には段階があって…歯磨きする時を思い浮かべるとわかりやすいかも。↓歯磨きしたいなあ〜↓歯磨きしよう〜↓歯磨きする!↓動き出す〜サッパリ!なかなか行動が出来ないとかやりたいけど…で、うう〜って時。まだ、「決まった!」「決めた!」の段階にいってないんです。そこまでいくには心理的ななにか物理的ななにかいろいろ頭の中ぐるぐるするかと思うんですが [続きを読む]
  • 安心なんてどこにもない
  • ニュースを見てると不安なことがたくさんありますね。そうはなりたくない…って、思いますよね。まさかの時に備える。知っておくこと。…は、大切なことではありますが。「不安な気持ち」は持ち続けるほどに「不安」を増大させるだけで、無くすことにはなりません。そのままではいつまでたっても無くなることはないから安心なんで出来るはずがないよ。誰だって明日のことはわからない。「まさか」なことはいつだって突然だからその [続きを読む]
  • 「わかっていない」という理由
  • レストランでもラーメン屋さんでもハンバーガー屋さんでもどこでもいいんだけど…「お腹すいたんです、なにか食べたい」じゃ、満腹にはなれません。どれを食べたいか何を食べるか選んで注文したらそれが来るまで、待ってるよね。そしたら、そのうち来るよね。もし、違うものが来たら…「あのー、違います」…って言うよね。たまに、我慢して食べることもあるかな。そんな時は、お店の人は気づかないよね。気づかないものは「わかっ [続きを読む]
  • だからこそ、意識を向ける
  • 今、うまくいってないと感じていてもだからこそちょっとでもうまくいってることを見つけてみよう。今、やりたくないことをやっていたとしても、だからこそちょっとでもやりたいことを思い浮べよう。今、嫌なことがあったとしても、だこらこそちょっとでも気分がよくなることを考えよう。今、何かが足りないと思っているとしても、だからこそ「ある」ものを数えてみよう。今、不満があるとしてもだからこそちょっとでも満足してるこ [続きを読む]
  • あなたが、私のことを、嫌ってもいい
  • あなたが、私のことを、嫌ってもいい。あなたが、私のことを、怒ってもいい。あなたが、私のことを、妬んでもいい。あなたが、私のことを、否定してもいい。あなたが、私のことを、批判してもいい。あなたが、私のことを、愛してもいい。あなたは、自由だから…私は、あなたのことを、嫌わなくてもいい。私は、あなたのことを、怒らなくてもいい。私は、あなたのことを、妬まなくてもいい。私は、あなたのことを、否定しなくていい [続きを読む]