違う見方 さん プロフィール

  •  
違う見方さん: 違う見方
ハンドル名違う見方 さん
ブログタイトル違う見方
ブログURLhttp://www.chigau-mikata.club
サイト紹介文独断と偏見による雑記、備忘録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供212回 / 283日(平均5.2回/週) - 参加 2017/01/10 10:56

違う見方 さんのブログ記事

  • 最初に覚えたこと
  • アシェットの戦艦大和のダイキャストモデルのTVCMを見ていると、「充実したギミック」というナレーションが入る、このナレーションに違和感があった。戦艦大和ダイキャストモデルのリンク先はここ私が最初にギミックということばを知ったのは20年位前だろうか、レプリカ(複製)をギミックと称する文に遭遇したことがキッカケで、別に辞書を引くわけでもなく、文脈の流れから「ギミック=偽物」と覚えてしまったので、商品のCM [続きを読む]
  • 『人には添うて見よ馬には乗って見よ』
  • 「良い悪い」のどちらを選択するかと問われれば、「良い」を選びたいのは当然なので、ビジネスの場では良いと判断してもらえるように理詰めに展開されるが、実際の現場では、「良い良い」あるいは「悪い悪い」の中から選択を迫られるケースが実は多い。中身は同じだが、ほんのちょっと見え方が違うだけで評価がぜんぜん変わる場合がある。男女の理想がどれだけ違うか一瞬でわかる比較画像 石原さとみさんに、本田翼さん、有村 [続きを読む]
  • すべては『場』を提供するビジネスから始まる
  • 時代はどこに向かうのかということに興味があれば、投資家の動向に目を向ければ分かるという話は、完全に昔話になったのかもしれない。株式市場は未来を予見できない 2017年10月14日もう一ついえるのは、株式市場はバカだということである。投資家がマクロ経済を予見しているわけではなく、その必要もない。彼らは他の投資家が買うと思う銘柄を買うので、自分だけ経済を理解していてももうからない。彼らはつねに景気を刺激す [続きを読む]
  • 快適を実現するためには『ホーム』が必要!
  • 宋文洲さんのメルマガを購読してるが最新号で面白い事を言っていた。魅力より快適 宋文洲メルマガ 2017.10.13投資の経験を持つ方なら実感で分かると思いますが、同じ金額でも儲かった時の愉快な気持ちよりも、損した時の嫌な気持ちのほうがずっと大きいのです。心理学者の研究によればそのインパクトの大きさは後者が前者の3倍にも達するそうです。「三倍原理」によれば毎月一回でも不快な喧嘩をすれば積み上げてきた幸せな [続きを読む]
  • 700MHZ推進って知ってる?
  • 昨日公園で詐欺未遂に遭遇した話を書いたが、そもそも公園に行った理由は、直前に会っていた知人がもたらした情報の確認のためだった。それは、700MHzを巡る話だった。住んでる地域によっては、ああそれ知ってるよという人も多いかもしれない。ちなみに知人は「未来を変える話だよ!」と持ってきた。すごくわかり易く説明してるのがこのサイトだった。700MHZ推進協会は怪しくない?700MHZとは?わかりやすくまとめた!携 [続きを読む]
  • 詐欺未遂に遭遇
  • 今日の午後、運転免許の更新を終え、知人と情報交換した後、交換した情報に関する情報を検索するために、近くのウオーキングのための周回路がある公園に寄ってベンチに座ってネット検索をしていたら、初めて詐欺未遂の現場に遭遇した。ネット検索をしていたベンチの周りには複数のテーブルとベンチがあり、最初座っていたのは私一人だったが、しばらくするとおじいさんが一人やって来てベンチに座った。それから程なく若い男が [続きを読む]
  • 普通にしてると前頭葉が萎縮する
  • ごく普通に日常生活を送っている時、我々は理性と知性に基いて行動してると思っているが、そんな理性と知性を惑わせるのが感情だ。感情に振り回される時、行動は衝動的な反応を示す、そんな行動を他人は感情的な行動と呼ぶ。感情的で衝動的な行動を取る時、本人には理由がある、ただその判断には理性と知性が欠ける傾向が出る。そんな事件がまた起きた。東名高速死亡事故 車止めさせた男を自動車運転処罰法違反容疑で逮捕 [続きを読む]
  • 詐欺は、オーダーメイドビジネス
  • オレオレ詐欺の手法が年々高度化し、被害者にならないよう注意喚起もされているのに被害が後を絶たない。当初は、手口が認知されてないから起きていると思われていたが、手口が認知され、多くの人が、世の中には身近なところに詐欺師がいて自分を狙っているかもしれないとわかっているのに、引っかかる人が後を絶たない。被害者にお年寄りが多いから認知症に絡めて解釈するケースが多そうだが、果たしてそうだろうかと言う話を [続きを読む]
  • それでも回る日本
  • ほんのチョット前まで政治を取り巻く話題は安倍総理を巡るものが多く、しかも人格を攻撃する揚げ足取りにも見えるが、言われるだけのことをやらかしてるように見える、どっちもどっち的な話題が多かったが、最近話題の中心は小池百合子東京都知事になった。安倍総理が衆議院を解散させ、小池知事が希望の党を立ち上げた途端に民進党が消滅に近い分裂をし、いろんな政治家が右往左往してる姿を見ていると、多くの政治家は理念や大 [続きを読む]
  • 土俵を間違えてないか?
  • 平等なものと検索すると、万人に平等に与えられてるものは 「時間」と「死」だけのように見える。今回は、平等な時間について。平等の反対は、一般的には不平等だが、どんな時に不平等を感じるかと言えば差別を感じる時だ。差別を感じる時には、多数派と少数派を意識する事が多い。少数派?多数派?あなたの変人偏差値が診断できる『あなたはどっち?究極の選択!』「これって常識でしょ?」と思っていたことが意外とマイ [続きを読む]
  • 『遊び』は大事!
  • 機材や道具は、あるだけで便利だと満足できてた状態から、より高いスペックを求めるのが当たり前の時代になっている。初期の機材や道具は、シンプルな割には高価(当時)だから、大事に取扱い、手入れを欠かさないのが当たり前だった。機材や道具は、使い方が大事であり、時には事前の準備の方が重要なことも多かったが、時代の進歩が可能にした高スペック化は、メンテナンスフリーとバカチョン化を促進した。バカチョンと [続きを読む]
  • 名ドラマには対立軸がある
  • 食わず嫌いは、誰にでもあるのだろうか?食わず嫌いは、食べ物だけに限らないで、幅広く趣味嗜好に関することで起こってるように感じる。私は、人に対して食わず嫌いが起きる傾向がある。私自身の中では、「第一印象は外れる」という教訓になってるつもりなのだが、だからといって第一印象が悪い人に対して高得点を与えることは感情的に無理だ。実生活の場でリアルな人と接する場合には、そんな素振りを見せないこともでき [続きを読む]
  • 『もやし』が教えてくれる次世代の活躍の条件
  • 10年で100社も廃業に!原材料高騰でもやしが消える日が来る!?   2017年03月31日「原材料費の高騰が大きな原因です。店頭に並ぶもやしの8〜9割が、緑豆が原材料です。緑豆は世界中で栽培されていますが、雨にぬれてしまうとカビが生えてしまい、もやしに適しません」(林さん・以下同) そのため、収穫時期の9月に、ほとんど雨が降らない中国の吉林省と陝西省などに、産地は限定されるのだ。「しかし経済発展する中国では、農民 [続きを読む]
  • チャンスが来てるかもしれない
  • クローズドのサーキットのような周回コースでレースを行う場合、そのコースで安全にレースが成立する程度に参加台数の制限に関する規定がある。レースには、本戦の前に予選があり、エントリー台数が多い場合、予選の成績で足切りされるし、その成績で本戦のスタート位置が決定されるので、予選の成績が良いほうが本戦でも有利になるが、その有利さは絶対的ではない。レースが中盤を過ぎると、先頭が最後尾を抜くことがある。 [続きを読む]
  • 日本人は何が得意なのか?
  • 若い日本人は、日本のことをどう感じているのだろうか。若くない日本人は、日本を優秀な国だと思っているだろう。私も、日本が”ジャパン・アズ・ナンバーワン”と言われた時代をリアルタイムで経験してるので、無意識のうちに日本を優秀だと思っていしまう。だが、最近は本当に日本は優秀なのだろうかと感じることも多くなっている。そして、日本が優秀だとしても、日本人が考えてる優秀さと、日本以外の世界が感じてる優 [続きを読む]
  • 連ドラ『ひよっこ』の”恋のうた”
  • 最近気になる曲がある、NHKの連ドラ「ひよっこ」でいつのころからか挿入される曲で、歌の声は太田裕美に聞こえる、曲調は70年台を感じさせる、太田裕美だとすると”木綿のハンカチーフ”の頃の曲だろうが、聞き覚えがあるような気もするが、嗚呼あの曲だとは感じられない。”ひよっこ、太田裕美”で検索すると、太田裕美、『ひよっこ』で“恋のうた”歌う 終盤の見どころはズバリ「恋」歌手の太田裕美が、NHKで放送中の連続テ [続きを読む]
  • 調べたらわかった、テスラのここが凄い
  • 中国がガソリン車禁止へ 英仏に追随、時期検討 最大市場、EVシフト 日本経済新聞 電子版 2017/9/12先日上記のニュースが出て以降、気になっていることが2点ある。背景にある本当の、政治的、環境的、その他の事情EVが内燃機関に取って代わるだけの実力を持つために必要なこと車よりもオートバイが好きで、しかも改造が好きだった。改造することを楽しめたのは、オートバイの世界へのデジタルの導入が遅かったからと [続きを読む]
  • ハゲとムダ毛
  • 先日、自宅でまったりしてる時に、とあるチラシに目が行った。それは、近所の住宅街にある美容院のチラシだったが、そこに謳われていた内容は脱毛の勧誘であり、しかも、小学生コース、中学生コース、高校生コースと記され、割引価格として5万〜6万円の価格が記されていた。見た時は、「ふ〜ん」程度の印象だったが、しばらくしてあのチラシに書いてあったことは凄いことなんじゃないかなと思い始めた。この各コースを希望す [続きを読む]
  • 知らないうちに契約してる
  • 『特殊』という言葉がある。デジタル大辞泉の解説 とく‐しゅ【特殊】[名・形動]1 性質・内容などが、他と著しく異なること。また、そのさま。特異。「特殊な細菌」「特殊な事件」2 機能・用途・目的などが限られること。専門・専用であること。また、そのさま。特別。「特殊な技能」「特殊な装置」3 限られた範囲のものにしかあてはまらないこと。また、そのさま。「特殊な原理」⇔普遍。4 論理学で、個別を下位に [続きを読む]
  • 大事なのは『味』!
  • 事あるごとに、自然と”中身で勝負”と強く思うことがある。しゃべり言葉として使うことが多そうに感じる”中身”という言葉だが、その意味するところは曖昧なまま使うことが多い。表面的な字面を追っかけるのではなく、行間を読み、深くに隠れたものを読み解き、時には裏側を読むようなことを意味したり、面接や懇親の場で体裁の良いプロフィールに対抗する、簡単には伝わらない良さを意味してるつもりで使う。そう身構える [続きを読む]
  • EV(電気自動車)に、一気に舵を切った理由
  • 自動車界隈の話題といえば、最も焦点が当たっているのは自動運転に関する分野だと思っていたら、立て続けに出る記事がEV(電気自動車)がにわかに脚光を浴びだしたことを伝えている。中国がガソリン車禁止へ 英仏に追随、時期検討 最大市場、EVシフト 日本経済新聞 電子版 2017/9/12【北京=多部田俊輔】中国政府はガソリン車やディーゼル車の製造・販売を禁止する方針だ。英仏が7月に2040年までの禁止を表明したことに [続きを読む]
  • 不安が『別腹』を作る
  • 別腹という現象がある。飲酒後に、食事を終えた後にも関わらず締めのラーメンを追加で食べたり、満腹なはずなのにスイーツなどのデザートを食べたりする際に別腹と表現したりする。明らかな食べ過ぎに当たるこのような行為は、不思議な事に中和する行為でもある。お酒飲んだ後にラーメンが食べたくなる!なぜだアルコールが分解される過程には、糖質が必要になってくる為、血糖(血液中の糖質)も消費されていきます。すると [続きを読む]