toshinobu さん プロフィール

  •  
toshinobuさん: 時評日日
ハンドル名toshinobu さん
ブログタイトル時評日日
ブログURLhttp://wapic.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の内外注目情報の紹介と批評
自由文グーローばりぜーション、貿易自由化、農業・農村・食料問題、温暖化・原発・自然保護など環境に関する内外の諸情報を紹介すとともに批評します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供625回 / 365日(平均12.0回/週) - 参加 2017/01/10 11:01

toshinobu さんのブログ記事

  • 印象操作 寿命47年のはずが 事前同意自治体拡大 原発関係主要二ュース:2018年4月5日
  • 経産局、ニセコ高の原発講演に修正要求 不当介入と批判 北海道新聞 18..4.5原発の発電コストの高さや原発事故発生時の危険性を指摘した記述と写真について「他の見解もあるのではないか」と指摘した。福島第1原発事故の水素爆発時の写真を掲載した資料については「印象操作だ」などと変更を求めた。 玄海蒸気漏れ配管「寿命47年」、11年前評価 佐賀新聞 18.4.5「寿命」を36年残してのトラブル発生 島根3号機審査申請 中 [続きを読む]
  • 横田基地オスプレイ 辺野古県民投票 オール沖縄 今日の内外注目記事:2018年4月4日
  • 横田配備のオスプレイ陸揚げ 東京新聞 18.4.4 夕刊オスプレイ5機 横田配備 延期一転、前倒し 東京新聞 18.4.4 朝刊オスプレイ 横田配備 首都圏の空…「なぜ今」「安全性は」 東京新聞 18.4.4 朝刊 辺野古「県民投票」実現へ署名活動 金秀グループも賛同 月内にも開始 沖縄タイムス 4.4翁長知事支える「オール沖縄」、秋の知事選向け正念場 かりゆし脱会 経済界相次ぐ離脱 琉球新報 4.4 [続きを読む]
  • 反農薬東京グループ・てんとう虫情報終刊
  • 日本の反農薬運動を永年にわたりリードしてきた「反農薬東京グループ」が発行する月刊誌『てんとう虫情報』が2018年3月25日号(第319号)を以て終刊となりました。ただ、インターネットのホームパージからの情報発信は今後も続けるそうです。 想えば反農薬グループの中心メンバーの一人・辻万千子さんに始めてお会いしたのは小生が国立国会図書館調査及び立法考査局農林課に在籍中のこと、彼女の『残留農薬データブック』(三省堂 [続きを読む]
  • オスプレイ配備 沖縄基地 諫早湾干拓 今日の内外注目記事:2018年4月1日
  • 「オスプレイ 木更津にいらない」 暫定配備検討に市民ら抗議(千葉) 東京新聞 18.4.2 佐賀配備計画 「配備反対」決起集会、県内外から1400人参加 「暮らしとノリの環境守れ」 /佐賀  毎日新聞 18.4.2 辺野古・大浦湾の自然保護を求める声明文送付 沖縄県が安倍首相ら16人に 沖縄タイムス 18.4.2陸自配備反対決議を撤回 宮古島市・野原地区、地域振興要請へ 沖縄タイムス 18.4.2米軍機の騒音苦情2.6倍 沖縄・ [続きを読む]
  • 国のため?村のため?組織のため、哀れというしかない官僚トップの末路
  • (東京新聞 18.4.2 朝刊 21面) その昔、お国のためにと、進んでか、強制されてか戦地に赴き、命を落とした(国にささげた―長州が選び続けるこの国の最高責任者――柳家小三治の三鷹市での独演会:18年4月1日)男たちがいた。彼らをこの行動に駆り立てた国の指導者たちはお国のためにこんなことをしたのか、それとも自分ためであったのか。 福島第一原発事故が引き起こした放射能汚染との闘いの最中の戦場に100人を超える子 [続きを読む]
  • 抗生物質耐性菌 今日の内外注目記事:2018年3月31日
  • 薬効かない菌、鶏肉の半数から検出 厚労省研究班〔共同〕 日本経済新聞 18.3.31    農業情報研究所注:ちなみに、「日本の抗菌剤の使用量や耐性菌の状況は、その使用量や状況がデータベース化され随時見られるEUなどとは異なり、わかりにくい状況」にあるけれども、「厚生労働省や農林水産省、その他研究結果から数字を抜き出し、日本の畜産分野による薬剤耐性菌のリスクが他国と比較すると [続きを読む]
  • 環境省有識者会議 除染土の農地再利用基準公表 全国バラマキ指針案も
  • 農業情報研究所>2018年3月30日より転載 環境省は29日、東京都内で開いた有識者検討会で東電福島第一原発事故に伴う除染で生じた土を埋め立て、園芸作物などの農地に再利用するための基準を公表したそうである。環境省の公式発表にアクセスできないので詳しいことは未だ分らないが、福島民報紙によると、「農地に再利用する除染土の放射性物質濃度は、工事中の作業員や周辺住民の被ばく線量が年間1ミリシーベルト以下になるよう [続きを読む]