shoichi さん プロフィール

  •  
shoichiさん: オフショア開発ブログ
ハンドル名shoichi さん
ブログタイトルオフショア開発ブログ
ブログURLhttp://splus-software.co.jp/blog
サイト紹介文ベトナム、中国などへのオフショア開発で、過去に失敗したことや成功のためのコツを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2017/01/10 16:32

shoichi さんのブログ記事

  • なぜそんなに時間が掛かるの?
  • 今回、日本でやらなければならないことのひとつに免許の更新がありました。1ヶ月も日本に滞在するので、新しい免許を受け取れないとは考えていなかったのですが、そのまさかが起きてしまいました。先週水曜日に最寄りの警察署で運転免許証の更新手続きを行ってきました。その警察署は家から徒歩10分ほどのところにあります。前回の更新もその警察署で行い、3日ほどで新しい免許を受け取ることができました。30分ほど歩くとその日 [続きを読む]
  • ベトナム・ロッテマートの宅配が便利です
  • ロッテマートで宅配サービスを行なっていたので使って見ました。ベトナムでは、コカコーラゼロは缶しかなかったのですが、先日1.5リットルのペットボトルが発売になりました。まだ近所のコンビニでは売っていないので、バイクでスーパーマーケットまで買いにいっていました。バイクでは一度に12本運ぶのが限界ですし、せっかくスーパーマーケットまで行っても他の物を買うことはできないので、何とかならないかと思っていたら、妻 [続きを読む]
  • ベトナムと日本の通勤ラッシュの違い
  • ベトナムから日本に戻って一番まいるのが朝の通勤ラッシュです。日本では、道を歩いていてもバイクに轢かれる心配はありませんし、食べ物の衛生状態を機にする必要もなく、常に警戒していなくてはならないベトナムに比べると、ストレスなく生活を送ることができます。でも、通勤ラッシュだけは別です。私は、通勤に川崎から東京まで東海道線を使っていますが、朝8時頃は電車が来ても乗れないことがよくあります。やっと乗れても、 [続きを読む]
  • 謎の写真
  • 写真は、インドのIT企業に出張した時に、インディラ・ガンジー国際空港で撮ったものです男女の写真が何を意味しているか分かりますか?私は全然分かりませんでした。答えはトイレです。男性の写真は男用トイレで、女性の写真は女用トイレです。シンボルマークで表示するのが常識だと思っていた私は、中に入ってみるまでトイレだと分かりませんでした。そういえば、ベトナムではシンボルマークで表示はしていますが、男女の色が同じ [続きを読む]
  • ベトナムから日本に戻ったら風邪をひいてしまいました
  • やたら体がだるく、ご飯が美味しくないなと思っていたのですが、どうやら風邪をひいているようです。今、日本に戻って来ています。10月なので、もう涼しいだろうと思っていたのですが、連日暑い日が続いています。雨季の終わりで涼しくなってきたホーチミンとあまり変わりません。しかも、ホーチミンでは半袖シャツだけで問題ありませんが、日本では上着を着なければならないので、日本の方が数段暑く感じます。それでも朝はかな [続きを読む]
  • 飛行機の安全対策は必要か
  • 青森出張の帰りの飛行機では、非常口の隣の座席に座りました。非常口の隣に座ると、緊急時に避難の手伝いをしなければならないとのことで、座席のポケットに入っている説明書を読んでおくように指示されました。私の席の列と前の席の列の合わせて12人の乗客が対象ですが、それぞれの乗客が座るタイミングはバラバラで、キャビンアテンダントの方は、誰かが席につくたびに一人ひとりに声を掛けていました。説明書によると乗客が脱出 [続きを読む]
  • 青森の三内丸山遺跡遺跡に行って来ました
  • 今、日本に戻って来ています。先週末は、出張で青森に行きました。せっかくの機会なので、縄文時代の遺跡として有名な三内丸山遺跡に行って来ました。あまり期待していなかったのですが、素晴らしいところでした。私は、旅行があまり好きではないので、出張しても観光はほとんどしたことがありません。可能なら用事をさっさと済ませて日帰りすることが多いです。でも昔から古代の遺跡は大好きで、今回の機会を逃したら一生見ること [続きを読む]
  • 幼児を連れての飛行機での移動
  • 小さな子供を連れて旅行するのは大変です。とくに飛行機で移動する際は、泣いて周りの人に迷惑を掛けないかヒヤヒヤです。赤ん坊の息子を連れてベトナムと東京を行き来したことが3回あります。その頃、ホーチミンから東京へ行く便は、夜12時頃に出発する便しかありませんでした。ベトナム人で赤ちゃん連れの人を多く見かけます。泣き止まない子供を抱いて、飛行機の狭い通路を行ったり来たりする人をよく見ました。自分に子供がで [続きを読む]
  • ベトナム人の義姉が商売を始めました
  • 義姉がビジネスを始めました。ビジネスといっても、ニワトリの足を酢漬けしたものを作って売るだけのとても小さなビジネスです。義姉は、普段は旅行会社に勤務しています。会社では庶務担当で、ビジネスに興味がありそうな雰囲気ではありません。その義姉が突然商売を始めたというので驚きました。休日になると写真の酢漬けを40本作るそうです。1本で40万ドン(約2千円)、1本あたり12万ドン(約600円)の利益が出るそうです。宣伝 [続きを読む]
  • 消えつつある日本品質
  • 先日、ホワイトハウスが、習近平を台湾総統と誤記したというニュースを見ました。中華人民共和国国家主席と台湾総統は、日本語だと随分違うので、どうしたらそんな間違えができるのかと思ってしまいますが、英語だと単語ひとつの差らしいです。この頃、TVを見ているとテロップの誤字脱字が気になることが増えてきました。マスコミ、とくに即時性を要求される放送業界でもチェックに掛けることができる時間と人が減らされているの [続きを読む]
  • ベトナムで結婚式に出席してきました
  • 妻の知人の結婚式に出席してきました。ベトナムの結婚式は日本と違って、とても緩やかです。結婚したのは、妻が通っている英語教室の先生で、ホーチミンの自然科学大学を卒業した後、なぜか英語に目覚めて大学に入り直して英語を専攻した女性です。海外に行ったことはないのに、ネイティブのように流暢な英語を話すといいますから、相当な努力家の方です。お相手はアメリカ人で、二人で小さな英語教室を経営しています。招待状には [続きを読む]
  • ベトナム人は金が大好きです
  • ベトナムには金や銀を売買する店がたくさんあります。私の家はホーチミン市の郊外にありますが、歩いて5分の範囲に金銀の売買をする店が3件もあります。そういえば、私の妻も銀行に貯金をしないで、代わりに金地金を買っていました。ベトナムでは銀行は信用されていません。戦争を体験した人がまだたくさんいるベトナムでは、銀行は簡単につぶれてしまうものだと考えられています。そんな銀行に預けておくよりも、いざとなったら直 [続きを読む]
  • 子供がベトナムの公文に通い始めました
  • 小学校に入学したばかりの私の息子を公文に通わせることになりました。公文ベトナムは、ハノイ市、ホーチミン市、ビンズン省の3都市で展開しており、ホーチミン市だけでも16の教室があります。算数と英語のコースがあり、国語(ベトナム語)は準備中と言っていました。私の息子の場合、算数のみ週2日のコースで月謝は90万ドン(約4,500円)です。一見安そうに見えますが、日本の月謝は6,480円なので、日本とベトナムの物価差を考え [続きを読む]
  • ベトナムの小学校の保護者会(PTA)に行ってきました
  • 私の子供は、8月に小学校に入学しました。先日、初の保護者会(PTA)が開催されたので妻と一緒に行ってきました。私が行っても、ベトナム語はさっぱり分からないので意味はないかなと思いましたが、妻はどうしても一緒に行ってくれと言います。普段から「ベトナムのことは分からないから」と言って、まったく役に立っていないので、こういう時に言うことを聞いておかないと後々どんな祟りがあるか分からないので、渋々参加する [続きを読む]
  • 朝だけの店
  • 近所のフォー屋さんは朝しか営業していません。午前11時くらいには掃除が始まり、正午には閉まります。「ベトナム人にとってはフォーは朝ごはんだから」という人がいましたが、フォー24やフォーホアなどの有名店は朝から晩まで営業して繁盛していますから、フォーを昼や夜に食べるベトナム人もたくさんいるようなので、朝しか営業しないのは店の方針ではないかと思われます。バンクオンという米粉を蒸した料理があり、私の最も好 [続きを読む]
  • 子供が飛び火になったのでベトナムの病院に行ってきました
  • 子供の膝にかさぶたができました。消毒薬を塗りましたが、かさぶたはどんどん大きくなって周りに同じようなかさぶたが幾つもできてしまいました。調べてみると、単なる怪我ではなく飛び火の疑いがあったので、病院に連れて行くことにしました。飛び火について飛び火の正式な病名は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。細菌が皮膚に感染することで発症し、人にうつる病気です。私も5歳のときに飛び火に罹ったこ [続きを読む]
  • ベトナムでSIMロックされたiPhoneを使うには
  • ベトナムへ出張した時にスマートフォンが使えるととても便利です。私はすぐに道に迷ってしまうので、Google Mapでいつも現在地を確認しています。でも、国際ローミングはとても高いので節約しがちですが、現地のSIMが使えると料金を気にせずスマートフォンを使うことができます。最近は、日本の携帯電話会社から買ったスマートフォンでも、購入してから半年すればSIMロックを解除することができますが、以前は解除できませんでした [続きを読む]
  • ベトナムでは最近犬を飼う人が増えています
  • 写真は、家の近所のペットショップの写真です。ベトナム語でCHOは犬、MEOは猫のことです。初めてベトナムに来た11年前には、犬や猫を見ることはあまりなかったのですが、最近はよく見かけるようになりました。ベトナムの犬は放し飼いが基本日本では犬はひもにつながれていますが、ベトナムでひもにつながれた犬を見ることはあまりありません。たいてい放し飼いにされていて、家の周りを自由に走り回っています。首輪をしていない犬 [続きを読む]
  • ベトナムへ現金300万円を持ち込んでみました
  • ベトナムに5,000ドルを超える現金を持ち込む場合、税関への申告が必要です。多額の現金を持ち運ぶのは避けていたのですが、手続きの都合で300万円を持ち込まなくてはならなくなりました。一番の敵は、泥棒ではなくベトナムの税関です。日本での税関手続き100万円を超える現金を日本から持ち出す場合は、日本の税関でも手続きが必要です。成田空港の場合、税関は出国審査の手前にブースがあります。現金の使途についていろいろ聞か [続きを読む]
  • 日本とベトナムの安全の値段
  • 沖縄県宮古島市の伊良部大橋で、プロポーズ直後にふざけて橋の欄干に立った男性が転落し、死亡しました。安全対策として橋の欄干に登れないように柵が設置されるかもしれません。もしそうなれば、景観は悪くなるし、相当の費用が掛かります。亡くなった男性には気の毒ですが、軽率な行動が他の人に迷惑を掛けてしまったことは明らかです。日本では、滅多に起きない事故のために安全対策を行うことがよくあります。その費用をすべて [続きを読む]
  • 著作権者の権利ばかりではなく、利用者の権利も考えて欲しい
  • 著作権関連のニュースが2つありました。『恋ダンス、もう踊れない? アップ動画に削除要請』と『JASRAC、音楽教室から著作権料徴収 10年間、埋まらなかった両者の「溝」』です。恋ダンス、もう踊れない? アップ動画に削除要請TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングテーマ「恋」。出演者によるダンスが人気を呼び、自分も踊ってみたという姿を動画投稿サイトYouTubeなどに投稿する人が相次ぎました。ところが1 [続きを読む]