アレコレ さん プロフィール

  •  
アレコレさん: みずおのアレコレ話
ハンドル名アレコレ さん
ブログタイトルみずおのアレコレ話
ブログURLhttp://www.mizue338.net/
サイト紹介文雑記と歴史についてアレコレ思うことを書いています。中国や朝鮮半島、古代、戦国、幕末についてです。
自由文歴史ことを知れば知るほど、疑問がわいてきますので、いろいろ書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2017/01/10 23:29

アレコレ さんのブログ記事

  • 野良猫の子猫を飼おうとしたら、母猫が邪魔して飼えない!
  • 窓からやってくるキジトラ子猫を飼おうとしましたが、あきらめました。この記事で紹介したウズラ猫です。www.mizue338.net理由は、母猫が邪魔をするからです。母猫の子猫を思う愛情は強烈です。我が子のためなら、火の中、水の中という感じです。母猫さえいなければ、ウズラ猫を飼えたのに残念です。動物愛護法で猫は守られているので、母猫を無理に近所から追い出すわけにもいきません。今回は、母猫の執念に [続きを読む]
  • 子猫がウズラ猫になってしまった!?!キジトラ子猫は可愛い!
  • 数日前まで裏の家のベランダにいた子猫が、一階の窓から入ってくるようになりました。三匹の子猫のうち、一匹がとても人懐っこいです。他の二匹は、私のことを怖がっていますが、この子猫だけ、あまり怖がりません。他の二匹が逃げても、この子猫だけ逃げないことが多いです。そして、すぐウズラのように丸くなり、居座ります。窓を閉めても、怖がりません。黒の子猫(ウナギ猫)のとき、窓を閉めたら、パニッ [続きを読む]
  • 子猫が屋根から落ちた!子猫を守る母猫は賢い!?
  • 裏の家のベランダにいる3匹の子猫が、私の家の屋根に遊びにくるようになりました。跳んだり跳ねたりして、屋根の上を走りまわっています。ところが、この顔がフサフサした子猫が屋根から落ちてしまいました。ちょうど動画を撮っているときに落ちてしまったのです。子猫が屋根から落ちて、鳴いていたそして、数十分後、また別の子猫が屋根から落ちてしまいました。子猫は、塀の上でウズラみたいに丸くな [続きを読む]
  • 父猫はオシッコで子猫を守っていた!
  • 黒の母猫が、また子猫を3匹も生みました。これで今年、合計8匹の子猫を産みました。いまは裏の家のベランダを巣にしています。私の家から子猫の様子がよく見えます。子猫は、3匹ともキジトラです。父猫がキジトラなのでしょう。母猫が浮気してつくった子供です。でも、黒のオヤジ猫(母猫の夫)は、自分の子供と思っています。もし、そう思っていなかったら、子猫は追い出されるか命を奪われているでしょう。オス猫 [続きを読む]
  • トーテムポールが日本にも昔からあった!?高麗神社に行ってきた!
  • 日本人のルーツを探るのって、とても楽しいです。もちろん、日本は多民族です。大きく分けて南方系と北方系にわかれます。南方系が縄文人で、北方系が弥生人といわれています。その北方系日本人の先祖のシンボルのひとつを、私は先週、見てきました。関東にある神社にあります。それは石のトーテムポールです。たまたま仕事で付近をとおったので、寄ってみました。トーテムポールといえば、アメリカ・インディア [続きを読む]
  • 古いパソコンをSSDで快適に使おう!Windows10が無料で快適に使える!
  • 今でも、Windows7からWindows10へ無料アップグレードできます。でも、アップグレード後、動作が遅くなったり、フリーズすることがあります。おそらくメモリ不足が原因と考えられます。32bit版のWindows7やWindows10などのOSは、メモリを4Gまでしか増設できません。最低でも8Gはないと、快適に使えないようです。メモリを8G以上にするには64bit版のOSにしなければなりません。でも、32bit版のWindows7から64bit版のWind [続きを読む]
  • 香取り線香の効果は抜群だ!ダニ、ノミ、ゴキブリにも効いた!
  • 今年の夏は、蚊取り線香のおかげで、ダニ、ノミ、ゴキブリが少なく、過ごしやすかったです。蚊だけではなく、ほかの害虫にも効果があることがわかりました。蚊取り線香は時代遅れの殺虫剤だ、と思っていましたが、実は最強の殺虫剤だったのです。今後も蚊取り線香をつかっていきたいと思っています。野良の子猫のおかげで、家の中がノミだらけになった!野良猫はノミやダニが多いと聞いていましたが、本当でした。 [続きを読む]
  • メス猫の恋愛は少し複雑だが、オス猫の恋愛は単純だ!?
  • 近所の黒猫を見ていると、恋愛も盛んなことに気づきます。オス猫の恋愛は単純で、メス猫の恋愛は少し複雑であることがわかりました。オス猫がメス猫を好きになる理由が、メス猫の発情フェロモンの量で決まります。単純ですね。発情フェロモンの多いメス猫はモテて、少ないメス猫はモテないのです。私の家の窓の外に、そのモテるメス猫とモテないメス猫がいました。黒猫の母親がモテて、娘がモテないモテるメス猫 [続きを読む]
  • 巻き爪は完治できるのか?-体全体のストレッチの効果はあるのか?
  • 以前、巻き爪の記事で、巻き爪の完治は無理なので、予防的に考えて治しましょう、と書きました。でも、本当に完治はできなくても、完治を目指して治していくべきだと、最近、考えるようになりました。なぜでしょうか?今年の4月に腰と膝を痛めましたが、いまではほとんど完治した状態なので、巻き爪も、あるいは完治できるのではないか、と期待するようになったのです。腰や膝の痛みは、体全体をストレッチすることに [続きを読む]
  • 黒猫の性格は、甘えん坊で人懐っこいのは本当だった!?
  • ウナギ猫の父親であるオヤジ猫は、とても強そうで獰猛そうです。最初、向いの屋根の上にいたオヤジ猫を見たときは、少し怖かったです。顔にもいくつもの傷があり、首や背中にも傷があります。まさに百戦錬磨の雄猫です。ウナギ猫が私の家の屋根の上でのんびりできるのも、このオヤジ猫が他の雄猫から縄張りを守っているからです。でも、こんなオヤジ猫ですが、とても人懐こいです。外見に似合わず、オモチャで子猫 [続きを読む]
  • 子猫が、うなぎ猫になってしまった!?でも、この子猫の将来が心配だ?
  • ある日、二階の窓をあけると、そこに、あまり可愛くない黒い子猫がいました。見覚えがあるので、もしやと思い指を差し出すと、逃げないで、ツンツンしようとします。やはり2か月前、私の指を噛んだ子猫です。www.mizue338.netところが体がかなり細いです。黒猫なので、まるで、うなぎみたいです。なんで、こんなに細いのでしょうか。お腹に寄生虫でもいるのでしょうか。それにしては元気です。ほかの猫と一緒に屋 [続きを読む]
  • 幕末、薩摩藩と関東の不思議な関係とは???
  • 九州の薩摩藩(鹿児島県)と、関東は、いくつか共通点があります。まず、薩摩藩の鹿児島神宮と、関東の鹿島神宮です。名前が似ていますね。偶然、名前が似たわけではなく、同じ国の先祖が建てた神宮だ、という説があります。その先祖とは、現在の中国東北部にあった扶余(紀元前4世紀-494年)という国の人たちのことです。扶余は国名ですが、鹿のことを扶余(プヨ)と呼びました。扶余の子孫が日本にわたってきた [続きを読む]
  • 織田信長は、本当に無神論者だったのか?
  • 織田信長は、ひと言でいうと、どんな人物だったのでしょうか?小説家の津本陽が「心に少しの偶像を持たない人物」と評しています。信長は無神論者だった、と見られていますが、この「偶像」のようなものが嫌いなだけだったのかもしれません。とくに「偶像」を「実像」のように言って、人々を惑わす人間が大嫌いでした。また、偶像を実像のように信じることの危険性を理解していました。火や水のように宗教を理解し [続きを読む]
  • 子猫に指を噛まれて血が出た!治療に3,500円もかかった!?
  • ある日、一階の窓を開けると、そこに可愛い黒の子猫がいました。屋根の子猫の約二ヶ月後に生まれた半野良の子猫です。生後1ヶ月半ぐらいでしょうか?www.mizue338.net4月下旬ごろに3匹、6月下旬ごろに2匹の子猫が、同じ母猫から生まれ、合計5匹の子猫が、私の家のまわりに住んでいます。4匹の子猫は、私が指を差し出しても逃げてしまいますが、この末っ子の子猫だけは近寄ってきてくれます。そして、 [続きを読む]
  • 巻き爪や膝通、腰痛をストレッチで矯正、予防しています?
  • 屋根の子猫は去ったのですが、親猫が頻繁にやってきます。不法侵入してくる猫を見て、いつも思うのですが、猫って体がやわらかいですね。でも、私の体は、カチンカチンに固いです。いろいろ調べると、巻き爪や膝通、腰痛、過呼吸、動脈硬化などの症状や病気は、体の筋肉や靭帯が固くなることが原因のひとつらしいです。骨盤や膝、足などの関節がゆがむと、ゆがんだ状態で筋肉などが固くなり、血液や体液の流れ、神経の [続きを読む]
  • 子猫が屋根から下りられないので、エサと水をやって1週間!?
  • 4月1日に痛めた腰は、一ヶ月ほどで治りましたが、ヒザが痛くて困っていました。家の二階でヒザのストレッチをしていたら、外から「ニャーニャー」という鳴き声が聞こえます。窓をあけたら黒の子猫が一階の屋根にいました。屋根から下りられなくなって鳴いていたのです。親の黒猫が下ろそうとしても、子猫は怖がって下りません。私は子猫をつかまえようと思いましたが、すぐ隣の屋根に逃げてしまうので、無理でした [続きを読む]
  • 腰痛がやっと治った!掃除や仕事で腰を痛めないようにしよう!?
  • 今月1日の日曜日、風呂の掃除の後、短い柄のホウキで床を掃いていたら、突然、腰が「ギクッ」となりました。その後、だんだん腰の痛みがつよくなり、トイレに入るのも苦痛でした。翌日の朝、起きようとしたら、腰が痛くて起きられません。10分ぐらいもがいて、やっと起きられました。こんな経験は初めてです。腰の痛みなど、他人ごとのように思っていたのですが、実際、自分の身におこると、とてもつらいです。一 [続きを読む]
  • 毛利敬親と島津斉彬は、まるで正反対だった?
  • 薩摩藩の島津斉彬と長州藩の毛利敬親は、まさに対照的な殿様でした。島津斉彬は、カリスマ的なリーダーシップで薩摩藩を近代化せさ、幕府に対抗しようとしました。一方、毛利敬親は家臣の言い成りで、リーダーシップのかけらもない人物でした。あだ名も「そうせい候」といわれ、家臣が意見を述べると、「そうせい」と言って、自分の考えを入れず承諾していたのです。幕末、斉彬は49歳で、突然、病死します。暗殺の疑い [続きを読む]
  • 豊臣秀吉の晩年は、カゴの中のサルみたいだった(´∀`)??
  • 以前、ペットショップでサルがカゴに入れられて販売されているのを、見たことがあります。そのとき、晩年の豊臣秀吉を思い出しました。天下というカゴに入れられ、苦悶する秀吉が浮かんできました。天下をとったあたりまでの秀吉は、まさに絶好調で、自然のなかでたくましく生きる野猿のようでした。ところが関白となった天下人から、だんだんサエない老人になっていきます。まるで目に見えない天下というカゴが秀吉 [続きを読む]
  • 花粉症の薬の種類が増えているのを、初めて知った!
  • 花粉症のアレグラという薬を飲んでいるのですが、あまり効きません。目がかゆくクシャミがでて不快です。先週、耳鼻科の薬剤師さんから、いつもどおり「具合はどうですか?」ときかれました。いつもは「別に・・・」と素っ気ない返事をしていたのですが、その日は「薬が効かなくて、つらいよ!」と文句を言ってやりましたヾ(`Д´*)ノすると、薬剤師さんは、花粉症の薬が記された表を見せてくれ、一度、薬を変更するこ [続きを読む]