ひで さん プロフィール

  •  
ひでさん: ゼロからはじめる愛知の戦国史跡と城巡り講座
ハンドル名ひで さん
ブログタイトルゼロからはじめる愛知の戦国史跡と城巡り講座
ブログURLhttp://sengokushiseki.com/
サイト紹介文歴史初心者向けの分かりやすい愛知の戦国史跡と城巡り講座です
自由文愛知県の戦国史跡や城を歴史初心者向けに詳しく解説したブログです。現地レビューや私の感想など、愛知県内の戦国史好きの方げ向けて情報発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2017/01/11 13:37

ひで さんのブログ記事

  • 松平忠吉も訪れた世界最古の海水浴場!それが常滑市の大野海水浴場
  • 愛知県常滑市に世界最古の海水浴場といわれる場所があります。それが大野海水浴場です。 ■大野海水浴場の住所■常滑市大野海岸1丁目 大野海水浴場の駐車場の地図 なぜここが世界最古の海水浴場といわれるのか?今日はそんな大野海水浴場についてのオハナシです。 最初に出てくる歴史とはまず大野海水浴場が世界最古の海水浴場といわれる根拠が、鴨長明(かものちょうめい:久寿二年(1155)〜建保四年(1216))が [続きを読む]
  • 岡崎城で葵紋の金箔瓦が出土!発掘場所はここ!
  • 徳川家康生誕の地である、愛知県岡崎市の岡崎城で金箔付きの瓦が出土しました。城郭(城)で徳川家の三つ葉葵紋の金箔瓦が発見されるのは珍しいとのこと。 今回、期間限定の展示会があったので早速見に行ってきました。 これが拡大写真。金箔範囲の写真と比べてみると、そんなに大きくない様に思えます。でもところどころに金色の部分、つまり金箔ですね、これが点在している事が分かります。 ナナメ下から見るとこんなカンジ [続きを読む]
  • 石川数正、石川家成ゆかりの安城市小川城跡
  • 安城市の小川城跡は、戦国武将石川数正、石川家成ら石川一族ゆかりの城址です。 家康の家臣だった石川数正、石川家成の石川氏のルーツを調べると、三河発祥ではなく河内国(大阪府)です。 その後、石川氏は関東に下り、石川康政が下野国(しもつけこく:現在のほぼ栃木県)で本願寺蓮如に会い、一緒に三河にやってきてこの地に勢力を持つようになりました。その子孫が石川数正と家成です。 その石川一族の三河での本拠地、つまり [続きを読む]
  • 織田信長ゆかりの尾張清洲城アクセスや観光ポイントの見どころまとめ
  • 愛知県清須市の尾張清洲城は、織田信長ゆかりの城で、信長が桶狭間合戦に出陣したのもこの清洲城でした。 >>清洲城の詳しい歴史 | ウィキペディア 清洲城は信長ファンはもちろん、尾張の戦国時代を語る時に欠かせない城なので、観光客のみならず歴史ファンも多く訪れる城です。 ということで今回は観光で清洲城を訪れる時にココだけはチェックしておきたい!というポイントをまとめてみました。 清洲城のアクセスまずは清洲 [続きを読む]
  • 石垣の名城は千田嘉博氏が日本の城を石垣から解説した初の石垣本です
  • ■発行所 株式会社講談社■編著者 千田嘉博■価格 1,600円+税■一言でいうと千田嘉博氏が日本の城を石垣から解説した初の石垣本 城の見方というか、楽しみ方ってたくさんあります。例えば天守が好きな人、城門が好きな人、または山城専門の人もいれば、城下町に特化して散策している人などなど。 そんな中、石垣が好きな人、つまり石垣フェチという人にオススメなのがこの、石垣の名城です。 石垣好きのためにこの [続きを読む]
  • 刈谷偉人伝のDVD動画を無料で視聴できる刈谷市民交流センター
  • 刈谷偉人伝のDVDを無料で視聴できる施設があります。それが刈谷市役所の道路を挟んで隣にある、刈谷市民交流センターです。 ■刈谷市民交流センターの住所■刈谷市東陽町1丁目32−2 刈谷市民交流センターの地図 この刈谷市民交流センターは隣に駐車場もあり、また電車でのアクセスもJR刈谷駅から徒歩10分くらいなので便利な場所にあります。 さて、刈谷偉人伝とは、現在の刈谷市にゆかりのある歴史上の有名人物を紹介したア [続きを読む]
  • 復元中の刈谷城跡近くのオススメランチはとうふや豆蔵の豆腐ビュッフェ
  • 復元工事が進んでいる刈谷城跡の近くにオススメの豆腐料理店があります。それがとうふや豆蔵刈谷銀座店です。 ■とうふや豆蔵の住所■刈谷市銀座4-40 とうふや豆蔵刈谷銀座店の地図 とうふや豆蔵公式サイト このとうふや豆蔵のオススメランチは何かというと、ビュッフェ形式のとうふ料理のバイキングです。 私も刈谷城にはよく行きます。花見や発掘調査説明会、または知人が訪ねてきた時に城巡りなど。その帰りによく立ち寄る店 [続きを読む]
  • 徳川家康の鎧かけの松が残る西尾市西幡豆町の安泰寺
  • 西尾市西幡豆町の安泰寺は、松平清康の夢判断をした摸外和尚が開いた寺で、徳川家康の鎧かけの松が残っています。 ■安泰寺の住所■西尾市西幡豆町講伏14 安泰寺の地図 >>安泰寺公式サイト 安泰寺には次のような話が伝わっています。 松平元康(後の徳川家康)が三河統一を目指して各地を転戦していた頃、見回りで西幡豆の地を訪れました。 その時、家臣から摸外(もがい)和尚が開いた寺があると聞き、安泰寺を訪れたのです。 [続きを読む]
  • 毛利秀就が名古屋城築城時に石を切り場が残る蒲郡市竹島
  • 愛知県蒲郡市に竹島(たけしま)という、海にポッカリ浮かぶ島があります。この島は古くから信仰されていて、現在ではパワースポットとして有名な場所です。 >>竹島(愛知)の詳細はこちら | ウィキペディア ■竹島の住所■蒲郡市竹島町3−15 竹島の地図 実はこの竹島、知る人ぞ知る戦国スポットでもあります。それは何かというと、慶長十五年(1610)の名古屋城築城時、毛利秀就(もうりひでなり)が石垣の石を切り出し [続きを読む]
  • 松平清康が見た【是】の字の夢の意味とは?岡崎市龍海院
  • 徳川家康の祖父・松平清康は文武両道の武将で、三河をほぼ統一し、尾張の織田氏、駿河の今川氏と戦っていました。 そんな清康が20歳を迎えた享禄三年(1530)の元旦、左手で【是】という字を握る夢を見たのです。 この夢は吉なのか、あるいは凶なのか… 気になった清康は、家臣たちを集めて当時居城だった岡崎城周辺の寺に夢の意味を聞いてくるように使いを出しました。 数時間が過ぎ… 家臣たちがひとり、またひとりと岡崎 [続きを読む]
  • 蟹江合戦で落城し天正地震で壊滅!滝川一益ゆかりの尾張蟹江城
  • 愛知県海部(かいふ)郡蟹江町の尾張蟹江城址は、天正十二年(1584)年の小牧長久手合戦における蟹江合戦で、羽柴秀吉に味方した滝川一益が入城するも、織田徳川連合軍によって落城した城です。 >>蟹江城の詳細 | ウィキペディア 小牧長久手合戦は有名でも、蟹江城を取り巻く蟹江合戦はかなりマニアックなので、知っている方はすごいですね! また尾張の城で、滝川一益ゆかりの城は少ないので、一益ファンの方には必チェックして [続きを読む]
  • 石垣や虎口の遺構の残り具合が良い豊田市の三河大給城跡
  • 愛知県豊田市の大給(おぎゅう)城跡は、大給松平氏発祥の地で国指定史跡の山城です。 ※大給の読みは、 おぎゅう です。 愛知県には尾張、三河含め、名城といえるものがいくつかありますが、そのうちのひとつに大給城址は入ると思います。 では大給城とはいったいどんな城なのか?見どころのポイントを絞ってチェックしてみましょう! >>大給城の歴史 | ウィキペディア 大給城のアクセスまず大給城の行き方ですが、大給 [続きを読む]
  • 池田輝政が吉田城を水害から守るために築いたといわれる豊川市の霞提
  • 愛知県豊橋市にある吉田城を水害から守るために池田輝政が築いたといわれる堤防があります。それが霞提(かすみてい)です。別名よろい堤とも。 ■霞提の場所の住所■豊川市三谷原町下西浦 霞提の場所の地図 なぜ吉田城は水害に遭う可能性が高かったのか?実は吉田城の立地に関係があるのです。 吉田城の北側は豊川が流れています。有事の際は敵を食い止める天然の堀になり、戦が無い時は水の道ということで水運を利用して、物資 [続きを読む]
  • 西尾城、名古屋城、掛川城の天守台石垣の石は、愛知県西尾産だった!
  •  先日、静岡県掛川市の掛川城に行った時のオハナシ。  天守台の横の石垣を何気に見てみると、色が違う石が積んである事に気が付きました。  ちょうど、ボランティアガイドの方がいたので、この色が違う石は何ですか?と聞いたところ、『ああ、これは幡豆石(はずいし)だよ』という、返事が。  幡豆石…  そう、これは愛知県西尾産の石だったのです。でもなぜ西尾の幡豆石がココにあるのか?その理由は400年以上前にもさか [続きを読む]
  • 長久手市の史跡巡りの拠点にできる長久手古戦場公園と資料館
  •  愛知県長久手市の長久手古戦場公園は、かつての長久手古戦場に作られた公園で、資料館もあり、長久手市の史跡巡りや城巡りの拠点にできる場所です。  長久手合戦の史跡を巡りたい!と思ったら、まず立ち寄りたいのが長久手古戦場公園です。では見どころをチェックしてみましょう! アクセス 長久手古戦場公園のアクセスを説明します。ま公共交通機関でのアクセスは、リニモの長久手古戦場駅が最寄り駅です。この駅から徒 [続きを読む]
  • 徳川氏の家紋・葵紋発祥の地といわれる豊川市の三河伊奈城址
  •  かつての三河国である愛知県豊川市伊奈町の伊奈城跡は本多氏の居城で、徳川氏の家紋である葵紋発祥の地という説がある城です。  西三河から国道23号線を通って豊橋市に向かう途中にある伊奈城址は、私的についつい立ち寄ってしまうマニアックな城です。歴史的にも遺構的にもちょっとしたポイントがある城なので、見どころをまとめてチェックしてみましょう。 葵紋が生まれたエピソード なぜ伊奈城に葵紋発祥の逸話がある [続きを読む]
  • 豊橋市の三河吉田城の鉄櫓に入りました!内部レビュー!
  •  豊橋市に残る三河吉田城の見どころはたくさんありますが、中でも吉田城の天守代わりともいわれた鉄櫓は、なんと内部に入る事ができます。 ※鉄櫓の読みは くろがねやぐら です。  吉田城の鉄櫓は、昭和二十九年(1954)のコンクリート作りで模擬再建されたもので、内部はちょっとした資料館になっています。  入場料は無料ですが、開館時間と休館日などは注意が必要です。 入館時間と休館日について■鉄櫓の開館日 [続きを読む]
  • 電車、車で豊橋市の三河吉田城へのアクセス方法を説明!
  •  電車、車を使って、豊橋市にある続100名城の三河・吉田城への行き方を説明します。まずは電車編から。次に車編と駐車場の料金や場所について説明しますね。 電車で吉田城へのアクセス方法 電車を使って吉田城へアクセスする場合は、まずは豊橋駅へ向かいます。これは名古屋市や犬山市、そして岐阜県といった尾張美濃方面はもちろん、岡崎市や蒲郡市からも同じです。  また東の浜松市や静岡市、掛川市といった静岡県方 [続きを読む]
  • 車で長篠城跡へのアクセス方法と駐車場の場所、そして料金
  •  車で愛知県新城市にある長篠城址への行き方と駐車場の場所と料金について説明します。(この情報は2018年1月現在のものです)  車でアクセスする場合、まずはカーナビの検索で長篠城と検索すると出てくると思います。  またロードマップで行く場合は長篠城の住所からチェックしてみると分かりやすいです。 ■長篠城の住所■愛知県新城市長篠市場22 >>長篠城の地図  ちなみに最寄りの高速道路IC(インターチェンジ)は [続きを読む]