孝 さん プロフィール

  •  
孝さん: 日月之宮斎主の詞
ハンドル名孝 さん
ブログタイトル日月之宮斎主の詞
ブログURLhttp://koujiro.wixsite.com/kounosekai/
サイト紹介文神が求める道を学んでいくブログ
自由文一点の光があなたの魂を導き聖霊の祝福が
受け取れますように。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2017/01/12 19:45

孝 さんのブログ記事

  • 無量の光
  • 自分の中に眠る無量の光に焦点をあてると外でみる形に惑わされなくなる自分の光ってどんな形なんだろうどんな美なんだろうとわからなくても意識し続けることが大事でいつかあっなるほど、こういうことかと悟った時外で見る形は次元が低いと理解してしまうその時、自分の意識はいかなる光の形を越えている・・・目で見るモノは目で観るだけにしておこう昔から仏像や幾何図形はそのことを教えていますそのままストレートに受けると魂 [続きを読む]
  • 祝詞奏上前の詞
  • 大祓詞(中臣祓い)の奏上前と後には申す詞があります。面倒くさくて、ついつい現代語に変換して普段は言っていますが時々には真面目になるのです^^中の文面は会員専用の孝の部屋にのせています。 [続きを読む]
  • 大八十嶋姫之神
  • 昨夜、眠りにつく前、急に頭中央松果体あたりに入ってきた・・・それは大八十嶋姫之神という縦字の声声は女性でもなく男性でもないので神様の声には間違いない一体誰だ?始めて聞くご神名八十はたくさんという意味、嶋は島であり、たくさんの島また八十は、やそがみといい瀬織津姫神と同神だけど、一柱神のことではない・・・古代には八十嶋奉り(天皇交代の際の祭祀)があったとおいが直接には関係ないような気がする・・・夢? [続きを読む]
  • 白龍神
  • 正月2日、日月之宮の裏に水神様がいらっしゃるので毎年正式に挨拶します水神様は水の神様で天之御中主の神様ともいわれます 薄い紫とピンクがかった色もでたので女神もしくは水神様がお喜びになったと思われますありがたいことなのでこれ以上は詮索しません。 [続きを読む]
  • 見直し聞き直し
  • おおもとつ祝詞の文面中には、見直し聞き直しとあるそれは与えられた御用。人それぞれの人生でもある不平・不満・主義・主張・非難・嘘なく与えられた御用は生まれた時から満ち足りている。いつも満ち足りてることを戒めるという気持ちが見直し聞き直しそれをおこなってはじめて神様からいえかどたかくしめさちたまいめぐみたまう 、となりうれしみとなる。めぐみたまうは財物代物ではなく健やかに平安で健康であること。当然、 [続きを読む]
  • 最近の神様のご様子
  • 会員限定。最近の神様のご様子をUPしました。会員のみなさま、どうぞ拝んでやってください^^こないだ長年念願の 宮の名前(日月之宮)のお許しをいただいてその準備で神前を整理していた時、何となく体が伸縮するような感覚になり神様きたのかな?と感じたら部屋が段々、雲かかってきました。あっ高天原と神前がリンクしたと理解しました。その前は約3年前は神様の前で神代文字を書いてると七色の龍が部屋に入ってきました。 [続きを読む]
  • 宇宙は光
  • 宇宙は光すべては光による映像概念を捨て去るとき光にもどるそこには愛の意思しかない概念によって生まれたものは何の役にもたたない [続きを読む]
  • 振動
  • 区別や分離、比較、対立がないときすべてが幸せと分かちあう意思が生まれるときそれは愛あなたが幸せであること幸せになることは愛のリズム愛の歌愛の香り愛のあなたすべてが愛そのもの [続きを読む]
  • 神様
  • 神様ってねけっこう忙しいんだよたまには休ませてあげないとでも大らかだからそんなことは言わないだまって一人で歩いてみな喜ぶからさ・・・我が子だから。 [続きを読む]
  • 山神
  • 神様・・・慈悲をありがとうムリしたんじゃない?そう・・・・良かった [続きを読む]
  • 神の意思
  • 夫婦 友 兄弟 姉妹ひとりよりもふたりが良い共に労苦すれば、その報いは良い倒れれば、ひとりがその友を助け起こす倒れても起こしてくれる友のない人は不幸だ。汝。よく聞け神は小さな幸せをあたえよう同時、小さな不幸をとりのぞこう自信の存在をいたたまれなく思うときこそ神が恩寵をくだしてる最中なのだ。そのままでいい・・・ [続きを読む]
  • 平安とは?
  • 仏陀は、己自身をまず救いなさいキリストは、言葉、剣をさやに納めなさい      剣を取る者は皆、剣で滅びる。これは2つとも同じ意味である利益はお金だけではありません己の満足も神にいわせると利益なのです。 [続きを読む]
  • 信仰
  • 神の国は目でみるべきものではなく語るべきものでもない神の国はここにあり かしこにありそれゆえに神の国はわれわれの心のうちにある正しく考えるときは我々は神のなかにある正しく生きるとき神は我々のなかにある [続きを読む]
  • 国言霊の幸はふ国
  • 始めに言があった言は神と共にあった言は神であったこの言は初め神であったすべてのものはこれにとってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかったこの言に命があった。そしてこの命は人の光であった。光は闇の中に輝いている。そして闇はこれに勝たなかった。日本では神代より、言ひつて、来らく、そらみつ、倭の国は皇神の、厳しき(いつくしき)国言霊の幸はふ国と、言ひつぎ、言ひつがひけり・・・言は [続きを読む]
  • 人生のデッサン
  • 人生誰もが波乱万丈色んな事に遭遇したり予期せぬアクシデントにも見舞われる逆に嬉しい場面や幸せを感じる場面にも居合わせたりもするこれを運命ささいなことや、誰かと出会ったことで今日までの考え方や生き方までもが大きく変ることもある季節は春になり芽がでてくるように身近なところに人生の始まりはいつでもある素敵な人生をデッサンしてみましょう [続きを読む]
  • 木の役目
  • 木は木を役立たせてくれる火に感謝 木は木をその場に定住させてくれる土に感謝 木は木に協力してくれる金に感謝 木は木を生かせてくれる水に感謝 木は欲を持つと大木となり力を取られ 定住の土をより広く取ろうとする すれば大木は邪魔になり道具にさえ きらわれる 水ばかり得ると回りにも水が行き届かず やがて木、自ら根元が腐り 破滅する。 太く小さく生きよ。望みは雨、風、陽の如く 天が使すであろう [続きを読む]