同塵 さん プロフィール

  •  
同塵さん: 冬日和(tankas-fuyubiyori)
ハンドル名同塵 さん
ブログタイトル冬日和(tankas-fuyubiyori)
ブログURLhttp://www.fuyubiyori.com/
サイト紹介文短歌集−冬日和は、父 伊藤 英郎 (2017年現在91才)が18才から創作。この中から紹介します。
自由文短歌集−冬日和は平成12年(2000年)10月28日
笹氣出版印刷株式会社から発刊されました。
2014年8月25日にサイト作成
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2017/01/13 20:43

同塵 さんのブログ記事

  • 65ページ 昭和44年 わが庭
  • 長男淳夫解説:父は石と植木が好きで、一抱え以上もある大きな石を、何個も庭に配置して眺めるのが好きでした。植木市とかに行けば、すぐに何か買ってくるのが毎回のことだったと思います。最終的には業者に頼んで小石を敷き詰めたりして、何年かで手入れは終わったようです。東側は小さな家庭菜園のようにして、母がトマトなどを少しだけ収穫していました。 [続きを読む]
  • 59ページ 昭和43年 仙台 宮城野時代-1
  • (長男淳夫解説)祖母の父は対馬の漁師で、朝鮮に渡って財を成し、伊藤博文等が宿泊したという料亭や、果樹園を経営していた。祖母はその長女で、祖母の妹は、溥儀皇帝の側近の人物である内藤家に嫁いだという。祖母は、私(長男淳夫)が小さいころ体が弱く風邪ばかり引いて寝ていると、よく朝鮮時代の話をしてくれた。特に引き揚げの時は大変だったようで、病気で家族が何人か亡くなったという。 [続きを読む]