れいもん さん プロフィール

  •  
れいもんさん: 暮らしの素
ハンドル名れいもん さん
ブログタイトル暮らしの素
ブログURLhttp://kurashi-moto.blog.jp/
サイト紹介文大学生の息子が2人。格安スマホを使いながら家計のやりくりしてます。
自由文パソコンやスマホ、ネットなどが苦手という人にも、わかりやすく書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2017/01/13 21:16

れいもん さんのブログ記事

  • 会うのが楽しみな友人とそうでない人
  • お互いフィフティ・フィフティが心地いい若い頃は「友達の数が多ければ多いほど安心」とか、「あちこちの友人からお誘いの声がかかること」が自分の存在感のひとつと思ったりしたこともありました。ママ友同士でも、「誰が誰を誘って、誰それが誘われていない!」なんてゴタゴタがありましたね〜。誘われてないのが自分だったら、かなり気に病んだりして…。今だったら「誘われなくてよかった〜お金と時間をムダにしなくて済んだわ [続きを読む]
  • 忘れちゃいけないこと
  • 東日本大震災を思い出す9月に入ってから続いて日本列島を襲った自然災害。関西地方でも未だに停電している地域もあるそうですし、北海道では計画停電も含めた切迫した電力状況の下で、不便不自由な暮らしを強いられている方々に胸を痛めます。昨夜のテレビニュースでは、なるべく電気を使わないよう、売り場の照明を何割か落とした薄暗い中で営業している北海道のスーパーの様子が映し出されていました。私はそれを見て、7年半前の [続きを読む]
  • 話題の【オキシクリーン】の代わりに選んだモノ
  • オキシクリーンSNSから話題になったという「オキシクリーン」。「オキシ漬」けという言葉もあるのだとか。衣類や食器、洗濯機の洗濯曹まで家の中のあらゆるモノを浸けておくだけで、ピッカピカにきれいになるそうです。最近はスーパーでも売っているみたいなので、この目で確かめることにしました。売ってましたよ〜売り場にドドーンとオキシクリーン。パッケージを手に取って「一体、成分は何なのか?」見てみました。成分は、過 [続きを読む]
  • 【おしゃれなポンプ】やめました
  • 結局捨てるモノを買ってしまう…コンディショナーを無印(無印良品MUJI)のポンプに詰め替えて使っていました。特別な無印ファンでもなく、おしゃれなポンプに強いこだわりがあったわけではないのですが、古くなってしまったコンディショナーのボトルを新しくしようとした際、なんとなく無印を選びました。ったく、あまり深く考えずになんとなくおしゃれになびいてしまう私。自分でも軸が定まっていないことに嫌になります。買って [続きを読む]
  • 【捨てる力】を鍛える
  • 本当はみんな「捨てたくない」私が捨てることにどうしても躊躇してしまうもの…きれいな包装紙や紙袋かわいい柄の缶ジャムが入っていた瓶お菓子が入っていた紙の箱あ、いやいや、缶なんて、かわいい柄でなくても「一応とっておこうか」なんて考えてしまいます。断捨離してスッキリ暮らしている人も、ミニマムな生活を送っている人も、ホントは「きれいで使える状態のモノ」をポイッと何の躊躇もなく捨てられる人って案外少ないので [続きを読む]
  • 【子育てをシェアする】という考え方
  • 時代と共に変わっていくものとそうでないもの先日、朝のテレビ番組の中で「シェアハウスで【子育てをシェアしている】夫婦」が紹介されていました。シェアハウスに住みながらそこに住んでいる人たちが協力し合って子育てをしている、ということは以前にもテレビや新聞で目にしたことがあります。昔の長屋のような発想ですかね。ワンオペ育児とか、孤独な育児で追いつめられるよりはずっといいと思います。ですが、【シェア】って元 [続きを読む]
  • 長年連れ添った夫婦だって信頼関係が一気に崩れることもある…気がする
  • 孤独を感じればこそ先日、夫と少々言い合いをしました。夫婦喧嘩なんて犬も喰わぬ…ですし、私たち夫婦のちょっとした喧嘩は特別に珍しいことではありません。でも、私はそれ以来かなり心が痛んでいます。きっかけはホント、些細なことです。でも虫の居所が悪かったんでしょうね…夫は鬼の血相で怒りました。時間が経って、その時のことを落ち着いて話そうとしてもまた怒ります。いくつか理由があるみたいですが、最終的には、夫が [続きを読む]
  • 実家の不用品をもめごとなく捨てる方法
  • 客観的立場の人を置く前回、夫の実家の食器棚を片付けたことを書きました。→30年間手をつけずにいた【夫の実家の大片付け】片付け始める前は、食器棚自体を処分することまで義母は予定していなかったのですが、実際、片付けを進めて行くうちに「捨てる」することに抵抗がなくなっていったようでした。ではなぜ、そのようなことが起こったのでしょうか?長年、モノを溜め込んであまりモノを処分することに慣れていなかった義母、義 [続きを読む]
  • 30年間手をつけずにいた【夫の実家の大片付け】
  • ダイニングの食器棚を1台処分するまでこのお盆の休暇で人数が揃うのに合わせて、夫の実家のダイニングの食器棚の片付けをしました。以前、このブログで記事に書きましたが、夫の実家はそこらじゅうにモノがあふれています。→優等生的嫁の年末年始の本音ダイニングには2台の食器棚があるにも関わらず、食器がギュウギュウに詰め込まれ、取り出しにくいだけでなく、使い終わった食器を戻すことすらスムーズにできず、結局「またすぐ [続きを読む]
  • 100円ショップ【セリア】は「私にとって非日常」
  • 【セリア】で見つけた『重曹を小分けにするのに便利な』スプーン100円ショップ【セリア】は少し離れた隣町の商店街にあるので、なかなか出向くことがありません。しかも、この夏の暑さもあってなかなか行けずにいたのですが、先日他の用事のついでにやっと行くことができました。やっぱりおしゃれでかわいいモノが沢山並んでいますね。ピカピカに輝くガラス食器、カラフルで気分を上げてくれそうなキッチンツール類、便利で出しっ [続きを読む]
  • ガス台の下の大掃除
  • 案外、夏の暑い時期は掃除に向いているいよいよ8月に入りましたが、相変わらずとてつもなく暑い日が続いています。「暑いと何もしたくなくなる〜」と思いきや、案外夏の方が薄着で身軽で、寒い時期よりも体を動かしやすいのかも、と最近ちょっと思います。そこで、昨日はキッチンのガス台の下の収納を掃除しました。かなりサボっていましたね、私。ちょっとした汚れをふき取ったりはしていたのですが、もう1年以上確実に掃除してい [続きを読む]
  • 相手が子どもでも挨拶して無視されると凹む
  • 今どきの子どもだから仕方ない?たとえ付き合いがなくとも、近隣の人たちには会えば必ず挨拶します。大人だろうが子どもだろうが同じです。「おはようございます」「おはよう」「こんにちは」小さな子でも親に続いて挨拶してくれます。時に恥ずかしそうにうつむいてしまう子や、照れくさそうにしている中学生の子もいます。子どもですから仕方ありません。そういう時は逆に微笑ましく思います。ですが、たまに会う小学生の女の子は [続きを読む]
  • 言い訳名人だった私が【先延ばし癖】をやめた理由
  • 言い訳するのはとても簡単学生の頃の私は、いわゆる『夏休みの宿題を9月の始業式前になって慌てて仕上げる』先延ばしタイプでした。大人になってからも面倒なことをあえて避けようとしたり、先延ばしにする言い訳はいくらでも思い付き、自分を甘やかしたこと数えきれません。時間がない忙しいまだ子どもが小さいお金がないでも、ある時期から『言い訳して物事を先延ばしすることは、結局自分を苦しめる』ということに気付くように [続きを読む]
  • 夏の日の【おうちで簡単エクササイズ】と【お小遣い】
  • 動くか動かないかは自分次第暦では本日『大暑』だそうです。こちら関東地方も連日、熱中症危険情報が出され、体温以上の気温に体力を奪われます。ただやはり何といっても、これに対処するには体力をつけて体調を整えるしかありません。てなことで、仕事がお休みの今日は、掃除機をかけた後、床の雑巾がけをしました。じっとしてても暑いです。動けば更に暑くて汗もかきます。でも、水を使った仕事はとても気持ちいいものです。雑巾 [続きを読む]
  • 【おばさん】にならないために気を付けていること
  • 日々のほんの少しの心がけで数年後に大きな違いが極端な若作りはいただけませんが、女性はいくつになっても若く見られたいもの。私も「年相応に」と思いながらも、やはり2、3歳くらいは若く見られたいな〜と常々思っています。見た目を少しでも若くするにはそこで、私が日々気を付けていることの一つは「姿勢」です。まぁ、体型とか脂肪の付き具合というのは、なかなか本人の意思と離れてしまっていることもあって仕方ないところも [続きを読む]
  • 『やめてみた。』を読んでみた
  • 大事なのは「流されるまま」ではなく「立ち止まって考える」こと【やめてみた。】というコミックエッセーを読んでみました。やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方わたなべ ぽん 著者のわたなべぽんさんが、炊飯器が壊れた際、「土鍋で炊いたご飯が美味しかった」ということをきっかけとして、「もしかしたら要らないんじゃない?」と気づいた家電や化粧品など身の回り品を手離しながら、本当に必要なものに [続きを読む]
  • 「2着買うと1000円引き♪」の意外なワナ
  • 1000円お得!をどう解釈するかYシャツタイプの半袖ブラウスが欲しくて、先日ショッピングセンターのとあるお店に足を運びました。すると店内に大きく【2着目は1000円引き】と張り出されていたので、思わずラッキーとばかりに品定めを始めました。私が欲しいタイプのブラウスはほとんどが税抜き2900円です。なのでこういう時、頭の中では「2900円は元々買うつもりで支払う予定金額。予定にはなかったけれどもう1着が1900円で買える [続きを読む]
  • 網戸の汚れは【台所洗剤】で簡単掃除
  • 暑い時期こそ、水を使って網戸&窓掃除先月の梅雨の風雨のせいもあって、リビングの掃出し窓と網戸がものすごく汚れていたので、エィっと気合を入れて掃除することにしました。網戸の掃除って億劫です。広いベランダでもあれば、外して水洗いもできるのですが、我が家の狭いベランダではそれもままならず。かつては網戸掃除専用の柄のついたスポンジや、洗剤がしみ込んだ使い捨てのペーパーなども買って使ってはみたものの、使い勝 [続きを読む]
  • 見た目よりも機能性を選んでしまう我が家のクローゼット
  • ハンガーの使い分け片付けやおしゃれな収納を紹介されているブログを見るのが楽しみの一つです。自分で全てをマネすることができなくても、もやる気をもらえてちょっとしたアイディアを参考にすることもできます。そこで、先日「とっても機能的でカッコいいハンガーを使い始めた」、という方のブログを見て、早速その商品のページを見てみました。Tシャツなど襟を伸ばしたくない衣類を掛けるのにもってこいの素敵なハンガーですが [続きを読む]
  • ゴミの量とシンプルな生活の関係
  • プラスチック製品に少し関心を持ちたい先日の7月3日付けの読売新聞に『プラごみ 生き場なし』と題して、再生処理されないまま行き場を失ったプラスチック製品のごみの問題について書かれた記事が掲載されていました。記事によると、”今まで日本の企業やコンビニなどから出たペットボトルなどのプラスチックごみを中国に輸出してきたが、昨年末から中国がそれらの輸入をストップしたため、プラスチックごみは行き場を失っている” [続きを読む]