れいもん さん プロフィール

  •  
れいもんさん: 暮らしの素
ハンドル名れいもん さん
ブログタイトル暮らしの素
ブログURLhttp://kurashi-moto.blog.jp/
サイト紹介文大学生の息子が2人。格安スマホを使いながら家計のやりくりしてます。
自由文パソコンやスマホ、ネットなどが苦手という人にも、わかりやすく書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2017/01/13 21:16

れいもん さんのブログ記事

  • 人の不幸は蜜の味、いけないこと?
  • 比べるというより自分を安定させることこの春、とあることで我が家に激震が走りました。ただ、収入を断たれたとか住むところが無くなったということでもなく、家族は至って元気に暮らせています。だから文句を言っても仕方ないし、不幸中の幸いとでも言うのでしょうか、傍から見たら蚊に刺されたような出来事にすぎないのだと思います。「世の中見渡せば、もっと苦労している人もいるわけですし、元気でいられるだけでも幸せと思わ [続きを読む]
  • 始めてから早3年。簡単スキンケア
  • 究極のシンプルスキンケア3年前から「洗顔フォームを使わない洗顔」を続けています。洗顔はぬるま湯か水で済ませ、洗顔後の化粧水や乳液といったものは使っていません。「それでお肌が突っ張らない?乾燥しない?」と聞かれますが、突っ張らないし特に乾燥するということはありません。普段のお化粧はアイブロウ(眉毛ライン)とアイメイクを少しと口紅。ファンデーションやマスカラ、チークはつけません。ですから、私のスキンケ [続きを読む]
  • フェイスブックを見なくなった〜その理由
  • 義理のいいね!もなんだか億劫になってきたフェイスブックからの情報漏えいが問題になっていますね。この問題が騒がれるよりも半年ほど前から、私はフェイスブックをあまり見ないようになっていました。その理由は…「いいね!」を押しまくるのになんだか疲れてしまって。高校時代の友人に誘われて、私がフェイスブックのアカウントをとって始めたのが約3年前くらいのことでした。登録すると次々に「友達申請」が届いて、その多く [続きを読む]
  • キャッシュレス化時代に向けてお金の上級者を目指すべき今
  • 浪費体質は早めに改善少し前の新聞で、北欧のキャッシュレス化がかなり進んでいるという記事が出ていました。「現金お断り」の店も多いのだとか。日本は世界的に見ても「現金依存」の割合が高いようです。社会保障への不安や、元々お金に対する考え方が欧米と違うところによるのでしょうが、世界的なキャッシュレス化の波は今後、日本とて避けられないと思います。そこで、現金を使うときとクレジットカードや電子マネーを使うのと [続きを読む]
  • 生き金を使えることを幸せに思う
  • 生き金と死に金春は何かと出費が続きます。特に今年は長男が大学院へ進学することになり、それにかかる諸々の費用で、こっちの口座からあっちの口座へと、まるでお金が生き物のように動きます。そう、考えてみればお金は生き物のようなもの。うまく動かしてやってこそ、価値のあるものなのですし、そういった使い方が「お金を生き金として使っている」ということなんだと思います。確かに出費は家計にとって痛みに違いありません。 [続きを読む]
  • 神様じゃないからね
  • 他人の言動にちょっとがっかりするとき友人や知人・職場の同僚に、パソコンのことやインターネット・スマホ・子どもの大学受験のことなどに関して、意見やアドバイスを求められることがあります。そんな時、私はできるだけ親身になって考え、場合によっては自宅でネットで調べたりして答えるようにしています。根がおせっかいなんですね。何か相談されたりするととことんその人の為に…と頑張ってしまうのです。そうやって自ら好き [続きを読む]
  • 家事のしすぎは本当に日本を滅ぼすか?
  • 思い込みや理想論を吹き飛ばせ!しっかりと見ていたわけではなく、半分聞きかじりの話で申し訳ないのですが、先日の「林先生の初耳学」というテレビ番組で「主婦が家事をしすぎるのは良くない」「炊き立てのご飯・味噌汁・卵焼き・焼き魚、などという暖かい作りたての朝ご飯がベストだと思わされているのは、洗脳されているにすぎない」という林修先生の言葉に多くの主婦から賛成の声が上がったそうです。こういうことを公に言って [続きを読む]
  • トイレの置き型洗剤をやめた理由
  • やめたモノと買ったモノ「○○おくだけ〜」という宣伝で有名なトイレの置き型洗剤。結婚した頃に夫が買ってきて以来、数年間だけ使ってその後使うのをやめてしまいました。理由は節約の為です。1個でおよそ1か月ほどしか持ちません。たかが300円もしないものですが、毎度毎度買うのが結構辛かったのです。それになくてもそれほど困るものでもないですし。その分、こまめに掃除をすればいいだけの話です。そう思ってそれ以来ずっと [続きを読む]
  • 格安スマホを選ばなくてもいい人とは?
  • 大手でなければいけない理由今朝の読売新聞に携帯電話会社に関する記事が出ていて、NTT・au・ソフトバンクの大手3社と格安スマホの契約者数の比較を表した円グラフが載っていました。(個人契約に限ってのデータだとは思うのですが、この記事からはそこが明らかにはなっていません。)なんと、未だに格安スマホは全体の1割ほどに留まっているんですね。みなさん、大手で契約できるほどお金持ちでいいな〜と思ってしまいます。と、 [続きを読む]
  • 「いい男をつかまえる」なんて言ってるオンナに息子を渡したくない
  • オトコはペットでもアクセサリーでもありません「いい男をつかまえて…」という言葉が嫌いです。そういった言葉を口にしている女性も嫌いですし、自分の娘の彼氏探しを表現するのに、そういう言葉を使う女性の傍にいるのはホントに嫌です。親バカを承知で言いますが、我が家の2人の息子は真面目で頑張り屋です。長男は一浪して希望大学に入り、そこでも勉学に励み、もちろん遊んだりバイトしたりと学生生活を余すことなく楽しんで [続きを読む]
  • 5年前に比べれば「貯まる」体質に変われたと思う
  • 感情とお金の関係前回の記事でご紹介した「「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない」。いつになく自分の考え方に近い本でした。(エラソーな物言いで著者の方には大変失礼だとは思いますが‥)かつてお金の失敗をした私が、自分なりに試行錯誤しながらやってきたことが認められたような気もするので、今回もこの本について書いてみたいと思います。節約や家計の改善に書かれた多くの本は、「光熱費を効率よく減らすワ [続きを読む]
  • 考え方を変えるとお金は貯まるようになる
  • 3足1000円の靴下と貯金の関係「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない松崎 のり子 いつも3足1000円の靴下しか買わない私にとって、かなりドキッとするような題名だったので、かぶりつくように読んでしまいました。題名のことに関してどういうことかと言うと、もちろん3足1000円の靴下を買うこと = お金が貯まらないというわけではありません。ただ、1足、あるいは2足しか必要でないのに、「お得だから」ということで [続きを読む]
  • お金をかけずに美人になる方法
  • ポイントは背すじと内また「もう歳だから」とか「今さらどうでもいい」と思いだしたら、坂道を転げ落ちるように老けていくのが50歳代だと思っています。元々ボーイッシュでパンツスタイルが多く、髪の毛もショートカットで今まで生きてきた私ですが、最近「美人になりたいな〜」と思うようになりました。美人になるといっても、顔を整形するとかエステに行ってきれいになるということではありません。姿勢美人、しぐさ美人とでもい [続きを読む]
  • チマチマした節約は苦手だけど
  • 豆苗で節約するなら楽しんで一頃と比べると多少値段が下がってきた感もありますが、相変わらずお野菜の値段は高めですね。先日、無理して買わなくてもという記事を書きました。確かに300円のニラや、500円の白菜半カットは私の野菜の値段としての限度を超えていて手が出ません。が、だからといって「もやししか買えない」とか「もやしならいつもお買い得」とは思いません。よくテレビニュースなどで、スーパーの野菜売り場のお客さ [続きを読む]
  • スマホは悪ですか?
  • 負の面をみて決めつけることの愚かさスマホを持っている人たちを「時間をムダにしている」「SNSのメッセージに気を取られすぎている」と決めつけている人に出会いました。その人は言います。「1日のうちの何時間スマホを触ってるか統計つけてみてごらん。いかに時間を無駄にしているかわかるよ。」と。そして「自分は絶対にスマホを持たないと決めている。なんでもかんでもスマホで、ネットで、っておかしい。インターネットを使え [続きを読む]
  • 毛玉取り器を買ってみました
  • セーターの毛玉は取らない方がいい?「セーターの毛玉は取らない方がいい」と聞いたことがあります。理由ははっきりと覚えていないのですが、生地が薄くなってしまうからなんだと思っています。だって毛玉は、アクリルやウールの繊維が固まってできてしまったものですから。それを頻繁に取っていては編まれている繊維が減っていってしまいます。そうは言っても、この歳になって毛玉の目立つセーターを人前で着る気ににはならないし [続きを読む]
  • 楽天モバイルからのお知らせメールに一瞬驚く
  • 楽天モバイル『スーパーホーダイ』数日前に届いた「楽天モバイル」からのメールに一瞬ドキリとしました。最近よくある「楽天カード」を装った迷惑メールの類かと思ってしまったほどです。なんでも「本日より【本体+通話SIM】で契約しているユーザーに限り、手数料を無料で【スーパーホーダイ】への変更を開始しました。」と書かれてあったものですから。えぇ!?勝手に自動的にプラン変更されちゃうのか?と思ってしまい、これも迷 [続きを読む]
  • 寒い日のあったかグッズ、イヤーマフ(耳あて)の効果は予想以上
  • 首回りを温めて免疫力アップ!厳しい寒さが続いていますが、昨年暮れに初めて購入したイヤーマフ(防寒用耳あて)が思いのほか暖かくて重宝しています。私は帽子がちょっと苦手で、ニット帽だとおでこの辺りがかゆくなったり、髪の毛がペチャンコになるのも嫌でした。そこで今回このイヤーマフを買ってみたわけですが、朝の自転車での出勤の時だけでなく、日中の買い物や歩いて出かけるときも手放せなくなるほどです。耳をカバーす [続きを読む]
  • 風水をとるか環境をとるか
  • お風呂の残り湯唐突ですが、みなさんはお風呂の残り湯、どうされていますか?我が家の場合、だいぶ前は翌朝くらいまでお湯を残して洗濯に使っていました。が、ある時期からは私が妄信した(笑)風水の教えに従い、翌朝、洗濯には使わずにすべて流すようになりました。お風呂の残り湯にはみんなが落した厄があるから、そのお湯で洗濯するとその厄が洗濯物についてしまう、というらしいのです。洗濯には使わないけど、とりあえず翌朝 [続きを読む]
  • 知らない電話番号からかかってきたら
  • 着信番号にかけ直す前にやっておきたいこと少し前の新聞の投書欄に「見知らぬ電話番号からの電話には怖くて出れない、かけ直せない。留守電に残せる内容なら留守電に残してもらえるとありがたい。」というような投稿があり、それに対して複数の意見が載っていました。確かに、すぐに電話口に出られなくて、携帯やスマホに着信があったことがわかっても、知らない電話番号(登録されていない番号)だと、かけ直すのにはかなり勇気が [続きを読む]
  • 距離を置くことの大切さ
  • 情報過多の功罪個人的にはそれほど興味がなかった話題なのですが、音楽家の小室さんの不倫報道にまつわる件、大変そうです。週刊誌が暴いてワイドショーなどで騒いで…と、かつてならそこで終わっていたことも、昨今ではその報道の中でのキャスターの言葉や本人の(謝罪?釈明?)会見に関してのコメントがネット上で渦巻いているようで、そのコメントに関することがまたもやニュースになってみたりと、なかなかほとぼりが冷めない [続きを読む]
  • 無理して買わなくても
  • 冷凍野菜はやっぱり苦手葉物野菜を中心にお野菜、高いですね。先日はスーパーでニラ一束が300円もしててビックリしました。私は、農家の方には申し訳ないのですが、こういった野菜を値段のかなり高い時にあえて買うことはしません。秋の天候不順や寒さの影響なのであれば、やはり自然に従っていればいいのかな、と考えてしまうのです。大根が高いのなら「切り干し大根」を食べて、葉物野菜が高いのなら根菜類で献立を考えて、とい [続きを読む]
  • 節約と暮らしのバランス
  • お金とのいい距離感昨年末に『ふるさと納税』に初挑戦して、北海道のとある町から「かに」を、九州の自治体から「ステーキ」を返礼品としていただきました。「かに」は毛蟹、松葉ガニ、タラバガニのセットです。長男が帰ってきたときに家族4人で食べても十分なくらいの量でした。おそらく、カニなんて日常では買わない品物です。ふるさと納税によって寄付した地域に何らかの貢献ができるのであれば、それが例え見知らぬ土地であっ [続きを読む]
  • 主役をモノやお金に奪われたくない
  • 1年のうちのたった7日間だけど切実な悩み前々回の記事で、昨年末からお正月にかけて帰省した夫の実家のことを少し書きました。→優等生的嫁の年末年始の本音夫の実家には、こうやって年末年始とお盆に必ず帰省しています。結婚以来毎年です。帰省しなかったのは子どもがインフルエンザに罹ったときと、受験生のときくらい。ですから、帰省して「私が緊張する」とか「変な気を遣う」といったことは既にほとんどありません。でも、逆 [続きを読む]