れいもん さん プロフィール

  •  
れいもんさん: 暮らしの素
ハンドル名れいもん さん
ブログタイトル暮らしの素
ブログURLhttp://kurashi-moto.blog.jp/
サイト紹介文大学生の息子が2人。格安スマホを使いながら家計のやりくりしてます。
自由文パソコンやスマホ、ネットなどが苦手という人にも、わかりやすく書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2017/01/13 21:16

れいもん さんのブログ記事

  • 迷いに迷った結果…【安さ】を選ぶ
  • 回り道だったかもしれないけれど前回の【電力会社選び】の続きです。(前回記事はこちらからどうぞ→電気料金のシュミレーションに振り回された結果【わかったこと】前回記事でも書いた通り、これまで契約して使ってきた東京電力(現:東京電力エナジーパートナー=TEPCO)の「半日お得プラン」の良さをあまり実感できずにいた私。本当に我が家に合っているのかどうか半分不信感を持ちながらズルズルと今日まできていました。だか [続きを読む]
  • 電気料金のシュミレーションに振り回された結果【わかったこと】
  • サイトのシュミレーションは【試算】にすぎないことを改めて認識現在、我が家の電気は「東京電力の半日お得プラン」というプランを利用しています。このプランは「夜間の単位当たりの電気代が昼間に比べて安い」もので、朝の9時〜夜9時までが昼間料金、夜9時〜翌朝の9時までが夜間料金となっています。夜間料金がどれくらい安いかといいますと、1kw当たり12円68銭とかなり安い設定です。半日お得プラン・電力量料金 昼間(〜7 [続きを読む]
  • 貧乏性と思われても仕方ない【収納ケースを替えられない理由】
  • 憧れはもはや【憧れ】にすぎないシーズンオフの衣類を収納しておく「衣装ケース」。我が家のものの何個かは、20年以上前に買ったものを今も使い続けています。昔のものですからね。色は黒に近いグレーで、引出し式ではなく、フタ式のもの。無印のようなおしゃれ、スタイリッシュ感は全くありません。さすがに角がちょっと割れてしまっているのもありますが使うのに支障はなく、丈夫。しかも引っ越してきた今の住まいの収納スペース [続きを読む]
  • スマホに入っている音楽を古いステレオコンポで聴く方法
  • 古いモノでも、できる方法を探してみる12年前に買った「ステレオミニコンポ」を今でも愛用しています。当時、SDカードが使えるということがウリで、CDをMD(←若い方はご存知ないかも…)やSDに録音するなどして使ってきました。もちろん今でも十分に使えます。ただ、最近になって使いづらいところが出てきました。12年前のコンポが使いづらくなってきた3つの点①MDが売られていない実は私、沢山の曲が入るSDカードより、MDが好き [続きを読む]
  • 専業主婦を救う【役割分担】という考え方
  • 家庭の在り方は様々でいい先日、山田洋次監督作品の「妻よ薔薇のように」という映画を観てきました。あらすじやキャストなどの詳細については、作品のホームページなどで確認していただければと思いますが、笑いあり涙ありでとても楽しめる内容でした。中でも特に印象的で、尚且つ考えさせられたシーンがあります。「俺が汗水流して働いて家族を食わせてやってるんだ!」というお兄さん役の西村雅彦さんに対して、弟役の妻夫木聡さ [続きを読む]
  • 時と共に献立も変わる〜【レシピ集】を断捨離しました
  • レシピ集も定期的な見直しが必要プリントアウトして保存していたレシピや、雑誌や新聞の切り抜きレシピ、今ではほとんど見なくなったレシピ本を整理しました。かつては、パソコンで検索してプリントアウトしたり、新聞を切り抜いてとっておいたりしましたが、今では新しいレシピはほとんどスマホで検索、画面を見ながら作るようになりました。今でも昔プリントアウトしたものを見て、繰り返し作るメニューももちろんありますが、「 [続きを読む]
  • いつまで時間をムダにしてるんだ
  • 使途不明時間を洗い出す「お金をドブに捨てる」とか「1円を笑う者は1円に泣く」とか、お金を大事にしよう、無駄使いをやめよう!という言葉は頭にしみついているのに、「時は金なり」という言葉は案外忘れがちな私です。特に最近は「自分の時間がない」と感じることが多く、以前は月に2、3冊は読めていた本もほとんど読む時間がなくて、夜もバタバタとして布団にもぐり込む、という状態が続いています。なぜだろう?時間、何処へ行 [続きを読む]
  • 言葉は人となりを表す
  • 気持ちを素直に伝える言葉日々報道が続いている「日大のアメフト」に関する件。大学生の息子を持つ親として、少々過熱的なマスコミに嫌気がさしながら、ちょっと複雑な想いで報道を見てきました。そんな中、関東学生アメフト連盟の処分に対して、昨日の朝日新聞に当の日大選手のコメントが出ており、私はその選手の言葉に強い印象を受けました。一部を抜粋します。自らの処分については「重く受け止めております」とコメント。中略 [続きを読む]
  • 自分が好きで似合ってると思える服が一番おしゃれだと気づいた
  • 紆余曲折…失敗は気づきのもと仕事へ出かけるときは、そこそこきちんとした感じの服を着ます。お堅い仕事でもなく、体を動かす作業も多いので、動きやすいことが大前提なのですが、お客様とも接するので不快感は与えないよう、清潔感と仕事モードを最低限示すような服装であることを心がけています。でも、同僚にはいます。家でくつろぐ時のような恰好で職場に来る人。「他に着る機会がないから今日着てきちゃいました〜」なんて言 [続きを読む]
  • ヨドバシドットコムの送料無料はありがたい
  • 買うものが決まっているならヨドバシ.com街中のお店ではなかなか買うことのできないモノを、ネット通販のヨドバシドットコム(ヨドバシ.com)で買うことがあります。今回は、手帳用に使っている小型のボールペンの替え芯を買いました。全長が12cmほどの手帳用Hi-TEC-Cは3年ほど前から愛用していて、本体はロフトのお店で買ったのですが、替え芯を探すのに一苦労。そんな時ヨドバシ.comで手に入ることを知ってそれ以来利用していま [続きを読む]
  • 捨てる前にまず持ち込まない
  • 何も考えないとゴミだらけこの本を読みました。ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らしベア・ジョンソン 服部雄一郎 筆者はカリフォルニア在住のフランス人女性。あることをきっかけにゴミへの意識改革に目覚め、ほとんどゴミを出さない現在の暮らしを実現する過程が書かれています。例えばシャンプーや石鹸類は量り売りで買っているので、ゴミになる詰め替え用の容器すら必要のない暮らしが実現できていると [続きを読む]
  • お弁当箱を変えただけで体重が減るという予想外の効果が!
  • ちょっとした変化がもたらすものは意外と大きい少し前にお弁当箱を新調しました。お弁当は他の何よりもまず第一の節約だと考えているので、仕事へ行くときはよほどのことがないかぎり、いつもお弁当を作って持って行きます。メニューはほとんど決まっていて、野菜+卵+焼き魚などのタンパク質。これらを考えて用意しておけば、何の苦労もありません。お弁当箱も、仕事を始めてお弁当を作り始めた頃、かなり金欠だったので、家にあっ [続きを読む]
  • コスコトをそれほど楽しめないのは変なのか?
  • 時代の波に取り残されつつあっても仕方ない昨夜チラッと見たテレビ番組でも取り上げられていましたが、コストコ人気が衰え知らずだとか。私も1年ほど前に、会員になっている友人に誘ってもらって2回行ったことがあります。商品の種類の多さと売られているパッケージの大きさや圧倒される陳列に驚き、興奮したのを覚えています。ただ、昔と違って今の私はどこへ行ってもかなり現実主義。何度も何度もお金で失敗し、苦労してきたの [続きを読む]
  • 人の不幸は蜜の味、いけないこと?
  • 比べるというより自分を安定させることこの春、とあることで我が家に激震が走りました。ただ、収入を断たれたとか住むところが無くなったということでもなく、家族は至って元気に暮らせています。だから文句を言っても仕方ないし、不幸中の幸いとでも言うのでしょうか、傍から見たら蚊に刺されたような出来事にすぎないのだと思います。「世の中見渡せば、もっと苦労している人もいるわけですし、元気でいられるだけでも幸せと思わ [続きを読む]
  • 始めてから早3年。簡単スキンケア
  • 究極のシンプルスキンケア3年前から「洗顔フォームを使わない洗顔」を続けています。洗顔はぬるま湯か水で済ませ、洗顔後の化粧水や乳液といったものは使っていません。「それでお肌が突っ張らない?乾燥しない?」と聞かれますが、突っ張らないし特に乾燥するということはありません。普段のお化粧はアイブロウ(眉毛ライン)とアイメイクを少しと口紅。ファンデーションやマスカラ、チークはつけません。ですから、私のスキンケ [続きを読む]
  • フェイスブックを見なくなった〜その理由
  • 義理のいいね!もなんだか億劫になってきたフェイスブックからの情報漏えいが問題になっていますね。この問題が騒がれるよりも半年ほど前から、私はフェイスブックをあまり見ないようになっていました。その理由は…「いいね!」を押しまくるのになんだか疲れてしまって。高校時代の友人に誘われて、私がフェイスブックのアカウントをとって始めたのが約3年前くらいのことでした。登録すると次々に「友達申請」が届いて、その多く [続きを読む]
  • キャッシュレス化時代に向けてお金の上級者を目指すべき今
  • 浪費体質は早めに改善少し前の新聞で、北欧のキャッシュレス化がかなり進んでいるという記事が出ていました。「現金お断り」の店も多いのだとか。日本は世界的に見ても「現金依存」の割合が高いようです。社会保障への不安や、元々お金に対する考え方が欧米と違うところによるのでしょうが、世界的なキャッシュレス化の波は今後、日本とて避けられないと思います。そこで、現金を使うときとクレジットカードや電子マネーを使うのと [続きを読む]
  • 生き金を使えることを幸せに思う
  • 生き金と死に金春は何かと出費が続きます。特に今年は長男が大学院へ進学することになり、それにかかる諸々の費用で、こっちの口座からあっちの口座へと、まるでお金が生き物のように動きます。そう、考えてみればお金は生き物のようなもの。うまく動かしてやってこそ、価値のあるものなのですし、そういった使い方が「お金を生き金として使っている」ということなんだと思います。確かに出費は家計にとって痛みに違いありません。 [続きを読む]
  • 神様じゃないからね
  • 他人の言動にちょっとがっかりするとき友人や知人・職場の同僚に、パソコンのことやインターネット・スマホ・子どもの大学受験のことなどに関して、意見やアドバイスを求められることがあります。そんな時、私はできるだけ親身になって考え、場合によっては自宅でネットで調べたりして答えるようにしています。根がおせっかいなんですね。何か相談されたりするととことんその人の為に…と頑張ってしまうのです。そうやって自ら好き [続きを読む]
  • 家事のしすぎは本当に日本を滅ぼすか?
  • 思い込みや理想論を吹き飛ばせ!しっかりと見ていたわけではなく、半分聞きかじりの話で申し訳ないのですが、先日の「林先生の初耳学」というテレビ番組で「主婦が家事をしすぎるのは良くない」「炊き立てのご飯・味噌汁・卵焼き・焼き魚、などという暖かい作りたての朝ご飯がベストだと思わされているのは、洗脳されているにすぎない」という林修先生の言葉に多くの主婦から賛成の声が上がったそうです。こういうことを公に言って [続きを読む]