りこ さん プロフィール

  •  
りこさん: 支配されていく私
ハンドル名りこ さん
ブログタイトル支配されていく私
ブログURLhttp://icemilkbanana.blog.fc2.com/
サイト紹介文不安定な私の気持ちを書き出すブログです。 マゾの独り言。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 337日(平均3.8回/週) - 参加 2017/01/14 11:37

りこ さんのブログ記事

  • SMバー
  • 彼と一緒にSMバーにいってきました。正直、最初はあまり気乗りはしなかったのですが…すごく楽しかったです(///_///)女王様に「2人は変態カップルなの?」と聞かれて「もちろん」と答える彼。私たちの関係を誰かに知ってもらえる、これだけで嬉しかったのですがこれはまだまだ序の口で…女王様にいじめられて見世物にされてる私を、お酒を片手に足を組んでみている彼がすごくすごくかっこよくて…そのあともお店でたくさん構っても [続きを読む]
  • ダイエットの成果
  • 半年以上前からダイエット、継続させています。といっても食べすぎないことを意識するのと多少の運動をすると言うだけのことなのですが(・_・;)理想の体型にはまだ近付けていないし体重の変化も僅かです。しかし、体重は大して落ちていないのに周りに「痩せた?」と聞かれることがしばしば最近ありました。彼にこのことを言うと、たしかに痩せたかもしれないと。で、今何キロ?と聞かれたので正直に答えたところ「それは絶対嘘だ」 [続きを読む]
  • 思いが強いからこそ
  • 喧嘩する数日前に、私は彼に心底尊敬し直した出来事がありました。この人は本当に良い人であり、私のことを想ってくれているんだと。この人に出会えて本当に良かったと私はすごくすごくすごく嬉しく思えたんです。この気持ちが揺らぐほど数日後に大喧嘩するなんて思いもよらなかった。けれど、強い尊敬と感謝の気持ちを抱いたからこそ譲れなかった部分なんだと思います。私の気持ちは勘違いだったの?誰にでもそうなの?と。彼もそ [続きを読む]
  • 大喧嘩
  • 些細なことからまた彼と大喧嘩しました。些細なこと、といっても始まりがそうだっただけで広い目で見ると大きな問題であったように感じる私の悪い部分、そして彼に抱いていた不安。互いに今までになかったほど大きくぶつかり合いました。ぶつかるのに慣れない私はまた逃げようとしました。こんなのなら関係なんて解消した方がいい、と。それにまた彼は怒りました。逃げて楽になりたいだけだろうと。お前はそれで良くても俺はどうな [続きを読む]
  • 我慢
  • 実は前彼と会ってから一人でしてないのですが、彼のことを愛しく思うとやりたくなって仕方ない。でも今は我慢期間なのです。彼にも宣言してるのです。次会うまでしませんって。でもしたくてたまらない。彼のことが大好きだなあと思うと彼からもらったおもちゃでしたくなる。我慢我慢我慢…早く会って打たれたい。苦しませられたい。彼の好きなように扱われたい。それでもって優しく頭を撫でられたい。されたい、されたい、ばかり。 [続きを読む]
  • 実感する時
  • やっぱり疲れた時に会いたくなるのは彼だなあ。昔から。一緒にいて気が楽だし、嫌なこと忘れられる。私の大好きな人。疲れたことがあると、私にとって彼の存在の大事さを実感する。存在するだけで安心するのです。こんな人も世の中にはいるから、って。普段そばにいすぎると忘れてしまうこと。私はこの人がとても大事で大好きでこの人だからこそ甘えられる。そばにいすぎるとそれが当たり前になってしまうの、良くないですね。私は [続きを読む]
  • 占い
  • 占いを鵜呑みにするわけではないし、百パーセント信用する訳では無いけれど昔から占いは好きです。一年くらい前に友達と占いに行きました。何人か占い師がいるいわゆる占いの館みたいなところで、たまたま雑誌とかでも有名らしい占い師の方に当たりました。彼のこともちょっとだけ占ってもらいました。そしたら「あんた達は双子だ」といわれました。考え方も好きなものもなにもかもほとんど同じ似たもの同士だから気は合う。その反 [続きを読む]
  • はあ
  • 夜になると不安になったり悪いことばかり思い出して一人で落ち込んでしまうのはなんでなんだろう。グーグルで検索してみたら、同じような記事がいくつもヒットした。夜に考え事するのは9割無駄なんですって。夜に話し合いするのも別れ話に発展しやすいらしい。脳が疲れてるからって書いていたけれど、それだけなんだろうか。日中も一人でなにもすることがなくボッーとしてると悪い考えがぼんやり浮かんでくる時がある。暇だと、何 [続きを読む]
  • 今年最後の
  • ちょっと前、彼と今年最後の海外旅行にいってきました。その国では犬を飼っている人をよく見かけたのですが、半分くらいの飼い主が人が多い場所でもリードをせずにお散歩していたんですね。お利口によそ見せずに飼い主のあとを追いかける犬。可愛いなあ、と思って観察して気付いたのが飼い主が全く後ろを見ず、すたすた歩いていくんです。お散歩なのにまるで一人でウォーキングしてるかのごとく…それでも犬は一生懸命飼い主のあと [続きを読む]
  • 生意気な性格
  • 「本当にお前は生意気な娘だな」と、外でデートしてた時に彼に言われた。「じゃあなんでも従えっていうの?」好戦的な態度をまた取ってしまった私。険悪なわけではないけれど、口喧嘩のようになる私たち。部屋に戻って二人きりになると「このクソビッチ」と罵倒された。悲しくなる私。「生意気でごめんなさい」「でも本当は強がりなんです」とようやく素直な言葉が出てきた。強いビンタが頬に飛んできた。痛くて思わず顔をそらした [続きを読む]
  • 下手の考え休むに似たり
  • マイナスな考えばかり生まれて「こんなに悩むくらいならもう彼から離れた方がいいんじゃないか」なんて答えが出てくるのは、もう何百回も経験したことで。それなのにいまだ一度も実行できたことが無い。最近になってようやくこの答えは私にとって無理な選択なんだと察した。相変わらず気付くのが遅い。相手を変えることなど私にできるわけがないのだから、それでも関係を築いていきたいのなら私が変わることが自分自身にとっても良 [続きを読む]
  • 根本は変わらない
  • 不安になることが減少したと言っても、不安になるのは性格みたいなもので根本は変わらないのが悩みです。小さいことでひどく落ち込みます。些細な態度言動も私の感情は揺さぶられます。信頼はしているけれど、もう大丈夫って思っているけれどやっぱり…が来るのです。彼をまた怒らせてしまって、落ち込みました。私はなんでこうも出来損ないなんだろう。こんなのと関わる相手も大概迷惑に違いない。それならもう離れた方がいいので [続きを読む]
  • 打算
  • 酔っぱらっていたからすこしうろ覚えだけれど、彼が「純粋に想ってくれるのはお前だけかもな」といった。どうして?と私が問うと「大人になると打算が入ってくるんだよ」と彼が答えた。そして、いくつかの言葉をそのあとに述べた。私はその言葉を聞いて、悲しくなった。こんなに素敵な彼に対しても、社会的立場とか経済力とかそんな表面上のもので判断する人がいるのかと。本当に魅力が無い人なら(こんなこと言ってしまってごめん [続きを読む]
  • 単純です
  • 嫉妬心から解放されるには、自分に自信をつけることというのはわかっているのだけれどそんなにすぐに自分に自信がつくわけもなく。彼の過去の話、聞いたのは正解だったんだろうか。分からないけれど。不意に思い出すとしゅんとしてしまう。でも、しゅんとしてばかりじゃ仕方ないし今は彼にたくさんの愛情をもらっているから、卑屈になる必要はないのかなと思っている。私も強くなって、成長しなきゃ。私は彼のそばにいられるだけで [続きを読む]
  • 長い年月をかけて
  • いつの頃からか、幸せな気持ちになるときには不安が同居していた。幸せはずっと長く続かない。すぐに幸せなんて終わる。私みたいな人間が幸せになれるわけがない。幸せな気持ちになることで同時にどうしようもない不安が襲ってくるくらいなら、そこそこの不幸せと仲良くしていた方が自分には合っていると思っていた。彼と一緒にいても、幸せに浸ることはいけないことだと思っていた。大きな傷を負う前に、毎日小さな傷をつけて痛み [続きを読む]
  • 愛でられて
  • 関係性が変わってから、不安になることは激減した。愛されてる実感が今はあるから。だから私も安心して愛情を表に出せる。あなたのことが大好きなんです、っていうのを包み隠さず表現できるのはすごく居心地がいい。それを嫌がられず疑われずウザがられず、今は受け止めてもらえる。一緒に外でお買い物していても手を握ってくれる。寝る時は抱きしめて、私が手を絡ませたら離さずにそのまま眠りについてくれる。ドライブしていても [続きを読む]
  • 深夜の散歩
  • 深夜にアダルトショップに一緒に行きました。首輪が欲しいねー、なんていいながら。首輪はいくつか持っているんだけれど、どれもしっくりこなくて。彼と一緒におもちゃを見るのは好き。このシリーズ持ってるけど新商品だから買ってみようか、とかってもらった首輪。「もうここで開封してください」とレジの人にいう彼。お店を出て、すぐ首輪を付けられました。チェーンのリードを彼が握って。リードが思ったより短いものだからべっ [続きを読む]
  • 少しずつでも
  • 好きな相手の過去に嫉妬してしまうのは、私の経験が乏しいからでしょうか。気になるけど、聞いてしまうとやはり嫉妬してしまう。私としたことは他の人にもしていたこと。私とは経験がないことを他の人とはしていたこと。嫉妬しても過去のことだから仕方ないのは分かっているけれど、それでも胸がぎゅっとなるのです。この心の内を彼にそのまま伝えると「嫉妬なんてしなくてもいい」といわれたけれどでも、でも…そんなの難しい。何 [続きを読む]
  • 願望の一つがまた
  • 喧嘩した翌日にはすっかり仲直りし、互いにタイミングがよかったのもあって数日間ずっと一緒にいました。喧嘩する前より互いを理解出来た部分や素直に話せたことがいくつもあるから、なんだか居心地がすごく良くて。きっと彼もそれは同じで。いつもよりたくさんスキンシップしてくれるのが嬉しかった。辛いし怖かったけれど、あの話し合いは無駄じゃなかったんだなと思えるとすごく心が満たされる。「今まで恥ずかしくて言えなかっ [続きを読む]
  • 雨降って地固まる
  • ここ数週間、彼との間に色々なことがありました。最初から主従関係という形を求めて知り合い、仲を深めていったわけでは無い私たち。いきなり飼い主とペットという関係が固く結ばれるのはやはり難しくて。私の意識の揺らぎを感じ取った彼に怒られました。泣いて無言になる私。問い詰める彼。かなりキツい言葉で叱られて。もういてもたってもいられなくて、逃げ出そうとしました。引き止めてもらったものの「ごっこ遊びは終わりにし [続きを読む]
  • 良い変化
  • 関係性が変わってから、はじめてのデート。ちょっと緊張しました。顔を見るのも少し恥ずかしくて。でもお互い会えばいつも通り。他愛ない話、冗談を交わして、やっぱり一緒にいると楽しくて。けれど、良い変化はそこにあって。彼の優しさを今まで以上に感じて、私も素直になんでも伝えられて。前までは壁があった部分。嫌がられないかな、なんて気にせずくっつくこともできる。それを受け止めてもらえる。幸せ。飼い主が彼なんて、 [続きを読む]
  • 尻尾ぱたぱた
  • 彼にペットとして管理されること、凄く嬉しい。長い間、彼は私が他の男の人と何をしてようがたとえ体の関係があろうが関係ない顔をしていた。それが寂しくて。仕方の無いことだけど、私に興味無いんだなって感じる理由となっていた。それが今は変わった。他の男とやらないでね、って。むふふ。むふふ。俺の許可無しにやるようなことは許さない、って。すごくすごく嬉しい。この気持ちを素直に言えるのも、本来当たり前のことなのか [続きを読む]
  • 嫉妬心は相変わらず
  • 私、とてもとてもとても嫉妬深いんだと思います。嫉妬しなくていいよ、っていわれても私とは経験したことを無いことを、彼が過去の女性としているのを聞くとしょんぼりします。たいしたことじゃないのかもしれないけれど。世のいい年をした男女は経験あることなのかもしれないけれど。私は彼ばっかりなんだもん。今まで。気持ちも、やってることだって彼が初めてばっかりで。でも嫉妬してますって言葉に出し続けても彼を困らせるか [続きを読む]
  • 素直になれる関係
  • 彼のことが大好きすぎて仕方が無い。前までは、この気持ちをストレートに伝えることは出来なかったけれど。それにこの気持ちを抱くことは不安がついてきたりしていたけれど。今はもう大丈夫。すきすきすきってアピールできる。彼も受け入れてくれる安心感があるから。この間のこと。ひとりで寝ていた私に、彼が布団を優しくかけ直してくれた。そして頭をそっと撫でてくれた。寝ぼけまなこながらその時すごく幸せだなって気持ちと彼 [続きを読む]
  • ご褒美
  • 1年前くらいに「唾液が欲しい」と勇気を出して言ってみたことがある。そしたらあっさりと断られて、しょんぼりした。この間、その言葉を覚えてくれていたのか私に唾液を与えてくれた。すごくすごくすごーく嬉しくて。彼の唾液。たまらない。美味しいとかそんなもんじゃない。最高のご褒美。これだけじゃなく、この日は予想もしなかったものを彼がくれた。そう、あれです。尿です(笑)「ちゃんと飲めよ」と言われて、本当に飲ませて [続きを読む]