スーさん さん プロフィール

  •  
スーさんさん: 京都田舎暮らし
ハンドル名スーさん さん
ブログタイトル京都田舎暮らし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/s1041s
サイト紹介文京都の北山に木工暮らしの家を持ち、木工と旅と写真で遊んでます。
自由文毎年北海道,特に知床にはまってます、特に車で行き道東の写真を撮ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2017/01/14 22:56

スーさん さんのブログ記事

  • 今年100名山印象に残ったシーン
  • 乗鞍剣が峰の頂上から見た北アルプス槍ヶ岳と穂高岳、皆さんが北アルプスに足が向くのがよく分かった、自分は学生時代南アルプス派で北なんてと思って行かなかったのが今更残念に思う瞬間でした、今の自分で行けるのは取り合えずロープウエイで行ける西穂高岳!と決めました。御嶽山が4年ぶりに頂上に行けるようになったのでケーブルカーの駐車場で車中泊して明け方に見た、朝焼けの御嶽山。*拡大してご覧ください。 [続きを読む]
  • 西穂高岳
  • 乗鞍岳登った時の薬の苦しさか体調すぐれなく西穂高は諦めて長野の友人の所に行く、二日ゆっくりしていつも通り予報見たら天気が二日続く体調も良くなってきたのでよし行くわ!ただしの乗鞍岳で懲りたので痛いの覚悟で薬飲まない!西穂高岳山荘、5.30朝が素晴らしい焼け方です、いよいよ来たな!丸山近くまで登ってきたら赤い屋根が上高地帝國ホテル、右側の濃い緑が大正池。丸山まで登ったら小屋からは全く見えなかった西穂高 [続きを読む]
  • 43番目乗鞍岳
  • 42番目御嶽山済んで相変わらず秋雨前線でグズグズ腰も痛いし今年はもう終わりなんて思っていて偶然予報を見たら晴れが続くに代わってる!もうこの時しか無いと行って来るわと言って痛み止め飲んで昼から出かける、走りながら岐阜近くまで来ても未だ信州側からか岐阜側からも決めてない、腰が大丈夫なら西穂高ロープウエイで西穂高登ろうで飛騨川に決めて乗鞍岳行きバス停朴ノ木平に走りそこで車中泊です。もう一度薬飲んで一番の [続きを読む]
  • 足った二輪
  • 信州山旅、乗鞍、西穂高で見た花はたった二輪です。西穂高岳登ってる第二ピークの西向きの岩陰に一輪だけ鮮やかに咲いてました、偶然一緒に穂高山荘から登り始めた群馬の女性が見つけました、たった一輪だけなのでその鮮やかさに魅了されましたね。山頂から下る時に今度は私が足元で見つけた直径い1cmもない白い花一輪!いじらしくなりますね。乗鞍では全く花無しそしてこの西穂高山頂付近でこの二輪見ただけの山行でした。どち [続きを読む]
  • ショックです。
  • 昨日の朝サイフが無いのに気がついた、家のあらゆる所、北山の家全て探したが無い!あらゆるカード類、免許証其れに旅行に出かける為のお金、自分では全く落とす行動が考えられない、年寄りの特徴何気なく置いてわからなくなったと今でも思って探してるけどわからないが、カード会社、銀行、警察全て届け対処しましたが落とした感覚は全く無く合点がいかない!まーこれが年寄りの特徴でしょう?最後にサイフの事を覚えてるのはガソ [続きを読む]
  • クリスマスローズの葉切り
  • 140本以上のクリスマスローズの葉を全部落としました、さすがすごい量です、湿った厚い大気を台風が持って来たのか汗だくです。クリスマスローズは秋から春にかけて成長するのでこの時期全部葉を落としてももう新しい芽が出て来てます、来年綺麗な花さ咲かすためにも手入れは必要です、この後肥料もあげなければ。 [続きを読む]
  • ゴルフ開眼、奇跡
  • 41!股関節痛くてドタキャンしたかったが迷惑かかるのでプレイしたら痛いので力入れず打ったらまーまーまっすぐパターもよく入りこのスコアー、ゴルフとは力入れない事、今更学ぶ正面御在所岳、打つなら打ってみろ!ノンビリビール飲みながらでした、午後からはどうなることやら? [続きを読む]
  • 100名山振り返り
  • 春に大菩薩嶺で買った手拭いです、登坂した所を赤く塗ってたまに眺めています、私の歴史みたいなものです、一番初めが中学2年の時の伊吹山、名古屋に住んでいたので同級生の誘いでご来光見るために夜中に登りました、次は高校3年の時に雲取山、初めて泊まった山小屋三条の湯、夜中に聞こえた川の音が雨と勘違いして困ったな!と思ったのを明確に覚えています、大学時代は南アルプス、卒業して全くというほど山登りしなかっただから [続きを読む]
  • 15年ぶりくらいの渓流釣り
  • とある大銀行の副銀行頭取までされた先輩が優雅にタバコを吸ってからヤマメ釣りを見て感動、この落ち着いた釣る前のしぐさ、俺もまだやれる!てな事で白州での竿納会に出席して5時出発、同僚の指示で釣れる場所へ早速一匹釣って気を良くしたところで二匹目いい型です。同僚達人がビニール袋に入れてこの滝の上に放流です、釣るためには増やさなくてはの精神で釣っては上流のすんでない所に放流しています。結構いい型でした、先輩 [続きを読む]
  • 壮絶な御嶽山
  • 八合目から見た九合目の小屋付近、ハイマツは枯れ枯れ¡吹っ飛んできた岩石!シェルター横の巨岩!恐らくこの下に亡くなられて未発見の方が、、、、ご冥福を祈ります。新しくできたシェルター、当時こんなのが有ったらな〜、、、。?現在頂上まで登れる道はロープウエイからだけだと思います、一番楽な田の原口は9合目までしか行けません。 [続きを読む]
  • 十五年ご無沙汰の渓流釣り
  • 十五年振りに渓流釣りです、今年知床で78歳の友人が釣りしたの見て俺も未だできるならで山梨の友人山小屋の止まった後今朝出かけました、結果は30分ばかりで二匹のアマゴでした。釣るばかりでなくこの二匹は堰堤の上流に放流して又新しい釣り場を作ります。 [続きを読む]
  • 超えられた因縁の42番目、御嶽山
  • さすが開山、大変な人です。昔から信仰の山、八合目で石仏や石碑が一杯、頂上が見えて来ました、もうバテバテです。急登をやっとの事で9合目小屋まで来ました、流石3000mの山岩石だらけ、というより噴火の飛び石の跡ですね、凄まじい!ハイマツ始め草花ば一本も有りません。あれが頂上だけどもう足が前に出ません、酸素薄いからか?いつものメロンパン食べて頑張る。やっと山頂です。何度ここまで立ち止まったことか!因縁の42番目 [続きを読む]
  • 御嶽山(42番目)
  • お早うございます、8.30発のロープウエイの出発を待ってます、昨日御嶽山爆発以来四年ぶりの頂上開山です、この静かな姿から六十人余りの人命を奪ったとは思えない、亡くなった方のご冥福をお祈りします。昨日出発を早めたい為に画面左端の田ノ原登山口から登るつもりで役場に連絡したらOKだったが山岳道路上がったらダメ!仕方なくロープウエイ登山口まで来ました天気最高!腰が頑張ってくれたら素晴らしい1日なると思います、 [続きを読む]
  • 42番目恵那山諦め木曽駒宝剣岳へ
  • 42番目恵那山広河原口に行ったら橋が流れ行かれない!高速乗れば1時間で木曽駒に行けるGO!で千畳敷カールに9時には着きました、日本で一番高い駅2612mです。昨年100名山で木曽駒ケ岳には登っていますが宝剣岳に入ってませんそれが残念と100名山空木岳の経由地でもあるので再び来ました、ずーっと秋雨前線停滞でこの日だけ晴れ!やはり3000m級の秋晴れは素晴らしい¡そろそろナナカマドも色ずいてきました、左 [続きを読む]
  • 白山
  • はるか彼方に3か月前に登った荒島岳が見えます、あの時に白山が遠方に聳え近いうちに登ろうと思っていました、このところ秋雨前線停滞で登れる100名山が無かったですが福井方面だけ僅か太陽マークが出ていましたのでこの時ばかりと急遽実行、運よく11時ころに登頂を果たした時一瞬の間ですが晴れました、下に見える室堂小屋から40分ですが小屋に到着した時に着いた!という安ど感で緊張感が抜けて急坂の40分はもう地獄で [続きを読む]
  • 白山続き
  • やっと室堂小屋に到着、午前中なので頂上に出掛ける、頂上には明日と思っていたが余りに速く着いたので出掛けるがきっかったのに小屋で心が折れてるので頂上までの登り40分が足が前に出ない!空荷なのにしかも上でのんびり座っら足がつった!何とかストレッチでごまかして小屋まで降りた。コーヒー500.生ビール¥800!仕方ないですね、あえぎあえぎ登ってきた場所、しかもヘリで持って来てます。私のかって経験した山小屋とは今は [続きを読む]
  • 41番番目、白山登頂
  • 2.44分京都出発、天下予報は今日と明日福井が唯一曇り、晴れで白山へ、大野近くなったら以前登った荒島岳が見えてきた、5.45分別当出合に到着、ガスってる6時過ぎ登りだす道は流石に古くから信仰のやまでよく整備されている迷う事は全く心配なし、ただ坂がキツイ!結局最後まで楽な所は全くなし夏も過ぎて植物はかなり上で小さな桔梗くらい、ナナカマドが色づき始めてます。少しガスが去って晴れ間が見えてきた、ヤッパリ雄大だね [続きを読む]
  • 進まぬ100名山
  • 秋雨前線、台風で100名山が進まぬ焦り、仕方なくというよりこの際ワンランク上の山対策訓練をしよう。二か月以上前岩木山に登った時本州最後の山でこれで北海道に渡れるで気が緩んだのか楽ちんに登れる環境だったのかアルパインブーツ履かずハイキングシューズで登った時に右に傾き右膝がギク!左は結構昔から弱かったが今度は右!私の歩き方はO脚右足が外に向きます、これが重いもの持ったり急坂で負担がかかると右に揺れ傾い [続きを読む]
  • 39番浅間山登頂?
  • 浅間山は現在火山活動が活発でレベル2でこの黒斑さんまでしか行けません、現在ここが浅間山と理解します、此の所天気悪く今日だけ晴れで一番晴れ確実と思って来ましたが下界はピーカンですがここは全くガスっていて目前の浅間山は全く見えません、残念! [続きを読む]
  • 文吉湾(知床半島突端)
  • 6時半ウトロ港出航、薄曇り写真は綺麗に撮れないが暑くなくていい!海にいきなり落ちる独特の海岸です、右の滝が乙女の涙、岩を挟んでよく見えませんが男の涙?やがてカムイワッカの滝が見えてくる後ろの山は硫黄岳、あそこから大量の硫黄が押し出されて滝の下にたまり昔硫黄を採掘していました。海岸線には沢山の滝が有り名前は分かりません。番屋の上にも滝が有ります、ここは通称滝の下番屋、ここは車ではいけません、もう道が [続きを読む]
  • 十勝岳で印象に残ったもの
  • 出発してから下り始めるまでズウーっと霧雨10分くらい下りたらガスが切れ振り返ると頂上が見えて来た登るときは五里霧中で全く視界が効かず霧が流れ視界が広がるとエ!こんななんだ!全く草木は一本もない火山の瓦礫だけ、これから登頂目指す人ラッキー!。トムラウシの方かな?こんな高い所ツバメが飛んでる。こちらはどう見ても旭岳の方だな?途中のこぶ、ここが一番楽で気持ちよかった。現役の噴火も有るんだ!あれ吹いたら逃げ [続きを読む]
  • 38番目十勝岳登頂
  • 5.15分霧雨の中出発、寒い、急登キツイ 引き返す人も居ましたが友達に高齢者の星なんて言われたら登らざるを得ない!8.20分頂上、コースタイムより早かった、キツイキツイと言いながら早かったのは休まず来たからかな?それにしたものこの程度でノビていた100名山ほんまに出来るのかな?頂上は霧雨だが降りる頃から雲が切れ時たまどこの山か知らないが顔をだす。がれ場を降りて振り返ると頂上が見えた、登りで膝を使い果たしたか? [続きを読む]
  • 37番目 斜里岳
  • 三度目の正直やっと清岳荘から30分やっとスタートです、今日も頂上に着けるかな?途端に渓流です、3分の2は渓流登りです。ここで新道と旧道に分かれます、だいたい行は沢登帰りは尾根道の旧道下りです。兎に角沢登ではないですが横をへずったり渡渉したりでぐんぐん高度を稼ぎます振り返ると谷の合間から斜里や清里の街が見え背後のオホーツクブルーの水平線です。ここまで来るともうすぐ沢とはお別れです。辛い胸突き八丁のが [続きを読む]
  • 知床横断道路
  • 5月から10月まで知床横断道路が開通して容易に1000mの視界が見られます、今年は天気が余り良くなく視界不良の碑が多いです、向こうに見えるのは国後島です。上に行く歩の白い幹のダケカンバが多くなります。視界が開けて羅臼に下りる道が見えます。数は少ないですが峠付近でもスカシユリが咲いてます。 [続きを読む]
  • 可愛かったな〜
  • キタキツネの子供、今頃の狐は毛が生え替わる時期で痩せていてみすぼらしいですが子供はめっちゃ可愛い、近づいても警戒心が無く興味深々に見つめます。お前たち見てるのも飽きたよ!寝るわ!目が覚めて屈伸運動です。 [続きを読む]