karen さん プロフィール

  •  
karenさん: 不倫夫とのバトル
ハンドル名karen さん
ブログタイトル不倫夫とのバトル
ブログURLhttp://yukoyuko319.blog.fc2.com/
サイト紹介文結婚以来4度目の不倫。遂に賽は投げられた! 修羅場そしてリベンジ。真実の話です。
自由文結婚以来、4度以上の浮気を繰り返したゲス夫。
どのようにして不倫を暴き、追いつめて行ったのか、そして現在の様子を綴っていきます。
何度も浮気をされた妻は、探偵以上に感が研ぎ澄まされ、夫の行動だけでいつ誰と浮気をしているのか全てわかるようになった。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2017/01/14 23:17

karen さんのブログ記事

  • ありがとうございました。
  • 不倫夫とのバトル、今回で最後になりました。考えてみれば、私自身、直ぐに忘れてしまう性格なので、あの時の気持ちや内容を書き留めておきたくてスタートしたブログだけど、思ったよりも長く書いてしまいました。修羅場の事だけを!と思っていたのに、書き始めると、それ以前の恨みつらみ(笑)が出る出る!!止まらなくなっちゃった。私の集大成になってしまいました。お恥ずかしい〜。最後は素直な気持ちを書いて締めくくりたい [続きを読む]
  • 正直・・・
  • 私とラゴンは、今年の4月で結婚31年になります。このブログでは、今までの事を思い出して色々一杯書いたけど、ぶっちゃけ、今となってはラゴンの事は何とも思っていません。私の給料がラゴンの給料を追い越した時点で、分かれるならいつでも別れてあげるわよ!と、思っていたから。あれだけ苦しめられたけど、31年はあっと言う間に過ぎた気がする。ま! 敢えて言うなら 好きでは無いかな冗談の一つも言えないし、人間としての魅 [続きを読む]
  • スクラム
  •    今回は、暫し子供達が大人になるまでの、やるせない話を少し聞いてください。ラゴンは、精神面でも全く(親)大人になりきれてなかった。長男が4歳の頃、ラゴンがグローブを買ってきた。ラゴンは野球部だったわけじゃない。(私はソフト部・・関係無いけど笑)一応、他の父親のように息子と野球をしようと言う気持ちだったのだろう。最初の数回は、「グローブをこう持って、体の中央でとれよ・・・」と、アドバイスをしていた [続きを読む]
  • Switch
  • 前回、3年待って!と書きましたが、何故3年なのか・・・もう少し説明しますね!3年目の浮気と良く言いますが。(石の上にも3年とも言うけど・・・)何に関しても、3年と言う期間を過ぎると、心の中の変化が出てくる時期のような気がします。落ち着いて冷静に考えられる期間なのかもしれません。早い時期に、騒ぎ立てると相手が冷静な判断が出来てないのに結果を急がせる事になり、こちらにとってかなり不利になります。逆に、不倫 [続きを読む]
  • Winner
  • 私は大正生まれの祖母に育てられた為か、(母が仕事をしていたから)昭和どころか、大正時代(大笑)の、考え方が染みついているのかもしれない。私の父の兄妹は10人位(くらいって…(笑))。その子供達を育てながら、祖父の世話も献身的に頑張った祖母。そして、孫の私達も深い愛情をもって育ててくれた。亭主関白くらいは我慢する・・・一度結婚したからには最後まで添い遂げる・・。強調文彼女を観て育った私はいつしか結婚生 [続きを読む]
  • ゲスの性格次第
  • 語りだすとキリが無い、結婚後の想定外のラゴンの行動。気が付けば何処までも書き続けてしまってました。でも、そろそろ纏めて行こうと思います。私が、世界最悪のラゴンと(笑)別れなかった理由・・・。ラゴンと子供。ラッキーな事に、私の場合は選びやすかった。ラゴンがどんな旦那でも、私にとっては子供が何よりも大切だったという事。ラゴンの嫌さよりも、子供の可愛さの方が何千倍も上回っていた。そして、その子供を大人に [続きを読む]
  • 猪型の性格
  • 私の性格について、少し書きます。普段は天然でほ〜とおめでたい人だけど、何かに夢中になると驚く程とんでもない集中力が出る。勉強に関しても、好きな科目嫌いな科目がハッキリし過ぎている為、頭が悪いのか良いのか良く分からないと言われる。恋愛に関しても、どんなカッコいい人から告白されても、全くなびくことはないのに、自分が好きと思うと必死(笑)になる。人から、打ちのめされる程キツイ事を言われても、気がづかず、 [続きを読む]
  • 心の動き
  • その頃の私は、マニュアル通りには行かない育児に戸惑う事もあったけど、何もかもが新鮮で楽しくて、小さなボーイフレンドに夢中だった。やる事なす事 可愛すぎて、ラゴンにその話を聞いて欲しくて、ラゴンの嫌な部分には目を瞑っていた。大切なこの子の前で、親が言い争いをしたり怖い顔をする事は絶対に子供にとって良くないと思った。親の最低のルールとして、いらない不安や恐怖を与えたくは無かった。、多分、その頃からかな [続きを読む]
  • 最高の贈り物
  • 元々、子どもが大好きな私。Babyを観ているだけで、幸せな気持ちになった。そして、子育てをする毎にその幸せは膨らんで行った。その満たされた気持ちで、それまでのラゴンの性格の悪さや素行は、もうどうでも良くなった。ただ、ここにBabyが居る幸せ、可愛い寝顔、小さい手、何よりも大切な命・・・この大きいな存在だけで、幸せだと思えた。そして、産まれたてのこの子が どんな子に育てるかは全て私に掛かっている、頑張ろう! [続きを読む]
  • 人生観
  • 私が人生で一番感動した事・・・。それは、、、子供を授かった事だった。しらじらと明けていく 8月の朝。長男は元気に産声をあげた。誰よりも何よりも愛おしくて大切な存在に、私は胸が一杯になった。母になった人は、誰もがそう思うように、世界の誰よりも幸せだと言える程嬉しかった。さて、この頃のラゴンはどうだったかと言うと・・・。勿論、ラゴンにとっても、初めてのBaby。パパになった事を一緒に喜んでいた。Babyのお風 [続きを読む]
  • 不倫=離婚?
  • 最近は、驚く程不倫ブームですね?日本人あるあるですが、皆がやってるからやっても良い!とか、他の人がやってる事を自分もしたいと思う人が多いと思います。一昨年から昨年にかけて、不倫の話題が出ない時が無かったくらいテレビで騒いでいましたね。我が家のバカボンも、モレずに、やらかしてくれましたが・・・。 ふ〜。さて、今回からは最悪の夫だったにも関わらず、何故私は離婚をしなかったのか?嘘偽りなく書いていこうと [続きを読む]
  • 男運が悪い4
  • Yの実態を知った時でさえ、私の心は揺れ動く事は無かった。私の事をこんなに好きになってくれたのだから、私の為に頑張ってくれる。そう信じて疑わなかった。そして、Yの親が私の家に挨拶に来て少しずつ婚約の話も出ていた。頻繁にYに会うことも出来るようになり、Yの事がよく見えてきてそして、やっと目が覚めた。Yは仕事が続かないわけじゃなく、やる気が無い人間だった。まず、ニートと結婚なんて出来ないから、何度も仕事の事 [続きを読む]
  • 男運が悪すぎる3
  • 明けましておめでとうございます。昨年は、ブログを観て頂きましてありがとうございました。今年も頑張って更新しますので、宜しくお願いします。では、スタート。付き合って3年経った頃、何度かYの家にも行って、お互いに結婚を意識していた。前にも書いたように、私にとっては理想のタイプ本気で大好きだった。ただ・・・・Yは 喘息持ちで、仕事を何度も変わっていた。少し不安を感じていた。そして、後で分かったのは、実際は [続きを読む]
  • 男運の悪さNo2
  • 前回の記事で、ジャンケンで!と書いたけど、その話を聞いた時、ジャンケン〜?オイッ!と思った。だって、もしY君が負けてたらどうなってたんだろう??でも、やはりそこは私の後々の男運の悪さが特化していたんだろう。その時は、彼と出会った事で人生がバラ色になった気がしたんだから。Y君は誰が見ても、ハンサムでカッコよくて話をすれば冗談を言って直ぐに友達が出来て、いつも皆の中心にいるタイプの子だった。完璧に私は「 [続きを読む]
  • 運命を感じた人
  • こんばんは!少し空いちゃいましたが、一つの仕事が落ち着いてきたのでこれから頑張って投稿します。さて、今回は、次の最悪男の話でしたね。では、行きます!それは、私が19歳の夏。高校時代の友達6人と、山口県に旅行に行ったのです。その時会ったのが、私が人生で初めてビビッと来たY君です。相手は地元の男の子達。私達は、自転車をレンタルして萩の町を観光していた。Yも友達6人で遊んでいた。Yと目があった瞬間、私の目にはY [続きを読む]
  • 気付く
  • 彼とのデートは、高校の帰りに、歩いて6分位の俊彦の家にお邪魔して、2時間くらい話をして、家まで送り届けてくれると言う、毎回決まったパターンだった。久しぶりに帰ってきてるのに、それだけ・・・?と思ったけど、恋愛なんて、文通か電話くらいしかした事がない私はそれでも、とても幸せだった。彼も硬派だから、仕方がないと思っていた。・・・・が、その日。私は気付いてしまったのです。俊彦の浮気の証拠を!それは・・・帰 [続きを読む]
  • そもそも男運が悪い
  • 大変長い間ご無沙汰しました。生きてます! (笑)何かがあったわけではありませんが、時間制限された仕事が忙し過ぎて、夜な夜なブログを開く時間がとれませんでした。 それなのに、毎日覗いて頂いた方々ありがとうございます。とても感謝しています。さてさて、言い訳はほどほどにして、そろそろ続き行きます!まずは・・・私のモチベーションを書く前に情けないけど、私の男運の悪さを語らせてね。本気で自分から好きになった [続きを読む]
  • Good luck!
  • 事件以来、アベンとは2度だけ電話で話をしたけど、自殺をしようと思ったアベンを、とても心配していた私は何とか精神的に落ち着いたと知ってホッとした。もし、アベンに何かあったら、その原因を作った私が、一番責任を感じるだろうから・・・。でも、  もうこれで、アベンはきっと大丈夫。多分、2度と話す事も会う事も無いと思う。がんばれ!!さて、いよいよ、次回からは最終章に突入します。最低最悪のラゴンと何故今まで離婚 [続きを読む]
  • フラッシュバック
  • アベンの告白で、私の知らなかった倫子の恐ろしい性格が分かった。開き直り、逆切れ、旦那を患者扱いし、入院でもさせようとでも思ったんだろうか???前回、悪魔のような・・と書いたけど、ようなじゃなくて本物の悪魔だった。そして、アベンは私にこう言った。「カレンさんに、今回の事を教えて貰ってなければ、アイツはきっと・・・うん、絶対に・・・不倫を続けて後、数年でオレが退職した時、退職金を持って離婚するつもりや [続きを読む]
  • 不倫女の開き直り
  • ラゴンのダブル不倫発覚後、一番読み違えてたのは倫子の行動と性格だった。元々、不倫なんてする女は心の醜い人間だとは思っていたけど、まさか、アベンと倫子がこんな展開になってしまうとは、夢にも思わなかった。どんな最悪の性格だとしても、自分がダブル不倫をして修羅場にまでなって、反省しない人間がいるんだ・・・・。私の常識の範囲では、全く理解出来なかった。そして、アベンは倫子に連れられ、大きな病院の精神科に連 [続きを読む]
  • 悪魔のような倫子
  • アベンから、直ぐに電話があった。ア 「ご無沙汰してます・・・カレンさん。 その後どうですか?」久しぶりに聞くアベンの声・・・。声のトーンは普通に感じた。カ 「ありがとうございます。こちらは今の所(ラゴンは)大人しくしてるけど、そちらはどうですか?」私は、あれだけの大修羅場があったのだから、倫子も少しは反省して大人しくなってるだろう・・と思っていた。ところが、倫子はそんなに甘くなかった。ア 「それが [続きを読む]
  • 悪魔のような不倫女
  • さて、本題に話を戻します。私が想像していたラゴンと倫子のなれそめは、全く逆だった。それが分かった所で、ラゴンの悪行は全く変わらないけど。ただ、私が知らなかった倫子の恐ろしい本性が分かった。そして、これだけの大修羅場になったら、いくら倫子でも少しは反省してアベンに誠意を示すはずだと思っていた。時は流れ、アベンからの連絡もなく、何となく安心していた。ところが今年の3月頃、突然アベンからメッセージが届い [続きを読む]
  • やっちまった男2
  • H は、あれだけ必死でゲットした人妻とダブル不倫をしながら他の女にアプローチを始めた。私は、不倫する男の心境を知りたくて参考の為に聞いてみた。(聞いたところで、理解不能だとおもうけど?)「ところでドゲス君(H)、何で不倫してたのに他の人にまで手を出したわけ?」「え、そりゃ人妻はそのままキープして、ちょっと刺激が欲しかったからや」この後、散々ボロカス言ってやった!! 「ふざけんな〜〜!」と。こんな H  [続きを読む]
  • やっちまった不倫男
  • ”やっちまった男”を H と呼ぶ事にしましょう。H は、私の同級生で、昔から素で話せる友達です。異性なのに、「あほちゃうか!」とか、「ボケ!」とか、平気で言える仲。だって、そういうバカな事をよくするから・・・。そんな、バカな H だけど、意外な事に、関東で大きな会社に勤務し、既に管理職。収入も高く、家は輸入住宅。綺麗な奥さんと息子と言う外から見ると とても理想的な旦那でした。ところがこの H 不倫常習 [続きを読む]
  • 浮気男について!
  • 少し横道に逸れますが、浮気する男について書きたいと思います。ラゴンや私の友達や周りの旦那、同僚の浮気男、ありとあらゆる私の全てのデーターから(どれだけあるねん?)ハッキリと言える事がある。浮気男は浮気を繰り返す!現在進行形の不倫女子には耳が痛いかもしれませんが、浮気が始まると、最初は相手をゲットする為に必死で愛をアピールしてくる。多分、それは・・・・その時は相手を自分の物にしたくて本気をだしている [続きを読む]